--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/01 Mon  21:57
ジャンプ48号感想

 北海道は寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。こんにちは、アカンコです。最近イナズマ3をやっているので、早く駄菓子屋に行ける鍵の配信がなされないかな~と思っています。何と言うか、さっさと最後のノート2が欲しいのです。あとは「グランドファイア」の秘伝書。「グランフェンリル」?何それ食えるの?
 それではジャンプ感想です。


ワンピース
 ようやっと麦わらの一味が一堂に会しましたね。全員集まって思ったのですが、ロビンとブルックは何処が強化されたのでしょうかね?ロビンはガチの戦闘要員と言うよりも不意打ちの支援要因と言った方がいいのでそこまで強化されていなくとも良いのですが、ブルックは基本音楽家とはいえ戦闘もこなす奴ですしねぇ・・・。
 で、一味が島を発つのに協力したのは、ルフィの味方をしていたレイリーやハンコックだけではなく、ゾロに協力し(てい)たペローナ、ナミに協力して(させられて?)いた空島の面々、ウソップに協力していたヘラクレス(ン)、チョッパーに協力していた怪鳥、そしてサンジに協力していたオカマたち。何だかんだでいろいろな連中と親交を持っているのですねぇ、この一味は。そしてようやく魚人島へと出発したサニー号。魚人島ではジンベエとの再会を期待します。


ブリーチ
 久々に復活しましたが・・・ないとないで寂しいものがありますね。少なくともオサレギャグ漫画としては面白と思います。で、今回は久々に黒崎家や高校の日常が描かれラストに「意外と用心深いじゃないか、黒崎一護」と意味深に呟く黒服の男が現れる、と、新編の始まりらしい始まりだったと思います。
 ちなみに弟に言わせると、「誰が新キャラで誰が既存キャラか分からなかった」とのこと。・・・長く続いてると、これが問題なんですよね・・・。僕も一護の友人の顔と名前が全く一致しません。


黒子のバスケ
 誠凛―秀徳は引き分けで終了。うーん、誠凛が負けると思っていたのですが、そう上手く行かなかったですか。とりあえずここで秀徳に花を持たせてあげても良かったと思うのですがねぇ。仮に秀徳が勝利してもこの後に誠凛が霧崎第一に勝利すれば、

1位:秀徳、3勝0敗0分
2位:誠凛、2勝1敗0分
3位:霧崎第一:1勝2敗0分
4位:泉真舘:0勝3敗0分

となり、誠凛は問題なく上に進めるのではないかと思えるのですが・・・。
 さて、今回木吉も足に爆弾を抱えてるっぽいことが分かりましたね。氷室や花宮が言っていたのはこのことだったのでしょうか。・・・しかし、完治もしていないのに復帰はしないでしょうから、再発なのでしょうかね、これ。随分と短い間に再発している気もしますが、バスケって結構ハードそうだからなぁ。


 ぬらりひょんの孫が超展開になっていたり、トリコも目的がはっきりしていい感じになってきたのですが、特別感想を思いつかなかったので今回は(も?)書きません。うーむ、しかし、中間テストのある科目が前期よりも多いってどういうことなの・・・。
スポンサーサイト

2010/10/26 Tue  21:13
ジャンプ47号感想

Q.ポケモンの厳選に疲れたんですが、どうすればいいですか?

A.神は言っている、「3Vで妥協しろ」と・・・。


 はいこんにちは、アカンコです。ちなみに上のやり取りは実際にあったもので、答えた方が僕です。今日は大学にDSを持って行ってないので。さすがに中間テストが近くなるとね・・・自重しなければ。
 それでは久しぶりにジャンプ感想です。


ワンピース
 ようやっと、“麦わらの一味”の成長が見られましたね。・・・戦闘面での話ですが。2年前は全く歯が立たなかったパシフィスタをあっさり倒してしまうあたり、かなり強化された感が漂いますね。しかし、レイリーに師事し覇気を会得したルフィ、現在最強の剣士であるミホークに剣の稽古を受けたゾロは分かりますが、サンジはどうやって強くなったんでしょうね・・・。真面目に拳法の使い手と戦って勝ちまくっていたのでしょうか。
 で、〆が「“海賊王”に、オレはなる!!」だったのも良かったですね。何と言うか、ルフィと言えばこの台詞、という感じがしますから。


NARUTO
 デイダラさん死んでも変わらないよね・・・wいや、デイダラさんは好きなので復活してくれて嬉しいんですよ。ただの人形になっていないこともありがたいですしね。デイダラさんの魅力の1つはあの軽さだと思っているので。
 ストーリーとしては、ヤマトが敵方に捕まってしまいましたが、どうなってしまうのでしょうか?わざわざ捕まえた、ということは人質以外の使い道があるのでしょうかね?ヤマトは木遁忍術の使い手ですし・・・。


黒子のバスケ
 今週の感想とは関係ないのですが、持っている漫画の整理をしていて黒子のバスケを1巻から読み直したんですね。そしたら、初期の緑間さんのクオリティが残念で爆笑しました。ストーリーが進むたびに絵のクオリティが上がっているのは分かっていたのですが、初期と最新巻を見比べると一瞬別人が描いたのではないかと錯覚するほどでした。
 で、今週の感想。緑間さんが長距離3Pシュートの弾数の限界を突破した、とか言っていましたが、これは無制限に打てるようになったということなのでしょうか?もしそうならばチート性能に拍車がかかっているのですが・・・。そしてチートと言えば、黒子のバニシングドライブですね。今週で理論が説明されるのかとも思いましたが、完全に無双状態に入っていましたし・・・。それにしても、誠凛がリードして時間ぎりぎりの状態で終わるとか、本当に嫌な予感しかしませんwww本当にどちらが勝って終わるのでしょうか。ストーリー的には誠凛が負けるべきだとは思っているのですが・・・。


ムーンウォーカー
 我らが許斐先生の読み切り!!なのですが・・・いや、うん、普通に面白かったです。が、何と言うのか、良くも悪くもテニプリのイメージが強すぎるんだよなぁ、許斐先生は。テニプリみたいなのを期待して読んでしまったので肩透かし感を食らってしまったのでしょうが、そういうのを取っ払って読めばなかなか面白かったです。しかし・・・所長は女版の田仁志しか見えないんですがwwwそして思ったんですが、やっぱり許斐先生は絵が上手いですね。


 どうでもいいことですが、先週の遊戯王を見ていなかったことを思い出して見たのですが、後半で腹筋が完全に崩壊しましたwww遊星が無表情で(何でDホイールと合体しないんだ・・・)とか言い出すし、プラシドは反省の色を見せずに暴走しようとするし、ホセはもうwww結局ルチアーノが1番マシだったのかよwww機皇神マシニクル∞3(インフィニティ・キュービック)の使い手がネタにならないか、非常に心配かつ楽しみではあります。

2010/10/05 Tue  20:16
ジャンプ44号感想


        祝☆60000HIT!!!
    ありがとうございます!!!



 ワンピースが再開したのでジャンプ感想を書く気が起きました、アカンコです。ヒンバスの厳選を放っても書きたいと思わせるんだからなぁ、流石はワンピースです。まぁ今回はそこまで動きはなかったけどさwww



ワンピース
 冒頭でいきなりルフィが姿を見せていたのには驚きました。成長した姿はすぐには見せないと思っていたので。それに関しては他のメンバーも同じですね。とは言え、そこまで劇的に変わったと言えるメンバーは・・・あ、ブルックか・・・。何なのでしょうね、あれ。絶対に海軍に追われる立場だと思うのですが。それを逃れてミュージシャンになってるんだもんなぁwww何やってんだよwwwwwそれでもきっちりシャボンディ諸島に来る点、麦わら海賊団の一員であるという自覚はあるのでしょう。で・・・チョッパー・・・おま・・・。外見はおろか中身も成長してないような気がするんだけど・・・?でもまぁ、きっと成長してるんだろうなぁ・・・してくれないと困るというか。
 さて、シャボンディ諸島では麦わら海賊団の偽者がその名を騙って幅を利かせていましたが、幸か不幸か偽物のルフィが本物のルフィと開港してしまいました。成長した実力が見られるのはもっと後だと思っていましたが、いきなりその片鱗を見ることができそうで楽しみです。


ブリーチ
 一護・・・お前、もう休め(´・ω・)つ旦


ぬらりひょんの孫
 さすが竜二、自分で嘘つきの名を名乗るだけのことはあり、見事に羽衣狐を騙すことに成功しましたね。もっとも、結果としては不意に現れた土蜘蛛により鵺の封印は失敗に終わるわけですが・・・。それでも、「知力と協力をすれば妖怪にも対抗できる」ということを証明できたのは良かったと思います。何と言っても、最強の陰陽師である十三代目秀元が「千年を生きる大妖怪どもに人間が勝てる道理があるわけない」と発言しちゃう世界だからね・・・。


黒子のバスケ
 相変わらず緑間さんはチートだと思います。そのチートが仲間と協力することを覚えたのだから、これ以上厄介なことはありませんね。「オレを止めたければ一瞬たりとも気を抜くな」のシーンが非常に印象に残りました。台詞は間違っているかもしれませんが。
 で、この試合はたぶん誠凛が負けるんじゃないかと思います。で、“悪童”と戦って苦戦するも勝利してWCへ進む・・・という流れだと思いますが。まぁ、少なくとも言えることは、秀徳が泉真館に負けることは十中八九ないということです。


 相変わらず短くてすいません。夏休みが明けて1週間ほどたち、徐々に疲れを感じるようになりました。北海道だけでなく、日本全体として冬に向かっていますので、皆さん健康に気をつけてお過ごしください。僕は本格的にめまいを起こし始めました。

2010/09/07 Tue  22:57
ジャンプ40号感想

 もうすぐ自動車学校の卒業検定があるアカンコです。しかし今日は自動車学校関連の予定が何もなかったので、午前中に更新しようと思っていました。で、気が付いたら内地から来た同い年のいとことその母親に会ってました。なんででしょうね。それではジャンプ感想です。


NARUTO
 鬼鮫さん、自害しましたね・・・。うん、下手に足掻いてやられるよりも、大物感が出て良かったと思います。ま、もともと「自害」という手段はそのキャラクターの潔さを表すためとか、大物感を損なわせないために使われる手段ですからね。ただ、トラップを仕掛けていたのは何故なんだろう。マダラに届けるためだとしたら、すごく組織のために尽くしたキャラですよね。
 さて、別の場所では小南とマダラが向かいあっていましたが・・・すごく・・・死亡フラグです・・・。


ブリーチ
 今週のブリーチは凄く面白かったwwwww藍染さんがここまで小物になるとは思わなかったよwwwww藍染さんにはかつて彼が言ったとされるあまり強い言葉を遣うなよ、弱く見えるぞの一言を送りたいと思います。


黒子のバスケ
 冒頭でいきなり緑間さんが出てきたのでそれで満足でした。やっぱり緑間さんはすごく良いキャラだと思います。初期の緑間さんは黒歴史ですね、いろんな意味で。
 さて、誠凛を含めた総当たり戦の4校が出揃ましたが、誠凛の他には、「西の王者」と呼ばれながらまともに描かれなかった泉真館、言わずと知れた3Pシューター緑間さん擁する「東の王者」秀徳、そして新興勢力(?)霧崎第一。で、ある意味予想通りというか泉真館は咬ませと化していましたが、問題は秀徳vs霧崎第一。何故か霧崎第一は秀徳戦に主力を一切投入せず、誠凛と泉真館の試合を見物していました。その中の1人を緑間さんは知っている様子で、木吉と同じ「裏キセキ」的存在、“悪童”花宮真なる人物だそうな。数少ない台詞から察するにデータマン的なプレイヤーみたいですが、そのような選手はデータ以外のことや予想外の事態が起こると崩れるというお約束がありますから、黒子の「見えないドライブ」の咬ませになってしまう香りがほのかに漂ってきています。


 ぬらりひょんの孫の小説版第2弾を買いましたが、第3弾も出るんですね。ちょっとプッシュしすぎじゃないだろうか。ただ、第3段には羽衣狐が出るそうですから、それに釣られて買う人が出そうな気もしないでもないです。

2010/08/31 Tue  22:47
ジャンプ39号感想

 もう9月も終わろうかというのに毎日暑いですね、こんにちは、アカンコです。昨日、今日の日中は、部屋でじっとして扇風機に当たっていましたよ。そうしないと汗が湧きだしてくる・・・。
 それではジャンプ感想です。


ワンピース
 今回は、ルフィのメッセージと覇気の解説が入りましたね。まずルフィのメッセージですが、例の写真が出てすぐにネット上で予想が上がっていたので、まぁそこまで驚きはしませんでした。どちらかと言えば、「読み取った人すげぇ」という方面の驚きが大きかったですね。で、おそらく休載あけにはすでに2年経っているのでしょうが、各々がどれだけ成長しているかが楽しみですね。特に、ミホークから剣の教えを受けたゾロがどこまで強くなっているか、楽しみです。
 さて、今回開示されたもう1つの情報、覇気ですが、覇気には「見聞色」、「武装色」、「覇王色」の3色があることが判明。「超人系」、「動物系」、「自然系」の3種類がある悪魔の実とかぶりますね・・・。で、この3つですが、

見聞色:相手の攻撃を読む
武装色:攻撃強化、「自然系」にも攻撃を与えられる
覇王色:威圧して相手を気絶させる(雑魚限定)

・・・あれ?覇王色しょぼくね?まぁ今回ですべてが語られたとは思っていませんが、今回語られた中では覇王色が一番しょぼい気がします。覇王色関連の話って、言っちゃえば結果論ですし。
 ワンピースは来週からしばらく休載。再開した時点でどこまでいっているんでしょうね?順当に考えれば2年後だと思うのですが、修行描写から始まったら別の意味で尾田先生を尊敬します。


NARUTO
 一応「八門遁甲」7つ目の「驚門」を開いたのに、割と元気ですね、ガイさん・・・。伊達に上忍ではないということでしょうか。鬼鮫さんがどうなるのかも気になりますね。ここで逃がしたらもうどうしようもない気がします。


トリコ
 今回の話がどう読んでもBLにしか見えないのは僕が腐っているからなのかな~とか思って他の感想サイトさんを回ってみたのですが、BLに感じたのは僕だけではなかったようで安心しました。


ぬらりひょんの孫
 羽衣狐様マジエロい。椎橋先生マジGJ。あと、京都妖怪側にもそれなりの事情があったようで安心しました。


 すごく短いですねwwwやる気がないわけではなく、時間がないだけです。そう言えば、本州以南の方々はそろそろ夏休み終わりの時期ですかね?当然ながらずっと北海道で暮らしている僕には関係なく、内地の友人に「9月1日と言えば?」と尋ねられて「・・・遊戯王の制限改訂?」と答えてしまいました。お帰り!死者蘇生&ブラックホール!!

        HOME         ≫ Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。