--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/26 Fri  00:07
イナズマイレブン38話 帝国の逆襲・後編! 感想

最近うだるような暑さの北海道。それでも水不足にならないのが北海道の利点ですね。こんにちは、アカンコです。本州以南の方々に叱られると思いますが、最近本当に暑いです。・・・と思っていたら、本日の最高気温は那覇よりも高かったとか。・・・ギャグってレベルじゃねーぞ・・・。
 あと、TCGでスーパーレアの染岡さんが当たりました。これは、「最近活躍してるからSRにしてやるか!」と言うことなのか、「これ以降出ないから、お情け程度にSRにしてやるか!」のどちらなんでしょう。・・・後者だと思ってしまう僕がいる。
追記:イナズマイレブン2の公式サイトでプロモーションムービーが更新されました。リンクは張りますが、見る人は覚悟してください。特に後半はネタばればかりです。最後の敵らしき奴まで分かってしまいます。アニメを楽しむ上では見ない方がいい・・・見てしまった後、僕はそう思いました。それでもいいなら・・・覚悟してみてください。
リンク:イナズマイレブン2 驚異の侵略者公式HP
 それでは、熱い展開の続くイナズマの感想です。


 先週のラストで発動した「皇帝ペンギン1号」がゴールを決めたのは予想通り。まあ、これで決めれなかったら佐久間涙目ですけど。予想外だったのは、「ゴッドハンド」を使っていたことと円堂が怪我をしたこと。まあ、「トライアングルZ」とか「ゴッドノウズ」とか「アストロ(ry」とか「ユニバーs(ry」とかくらってきて、怪我らしい怪我をしてなかったのもあれですけど。つーか、佐久間の苦しみ方が薬をやっている人の禁断症状に見えた。
鬼道さん:「『皇帝ペンギン1号』は、影山零治が考案したシュート・・・。」
 ・・・はい?「皇帝ペンギン」系の元祖は、影山だったのか!しかも「考案した」ってことは、影山がお手本で発動したのかもしれませんね!!・・・シュールだ・・・。
鬼道さん:「恐ろしいほどの威力を持つ代わりに全身の筋肉は悲鳴をあげ激痛が走る。体にかかる負担があまりにも大きいため、2度と使用しない禁断の技として封印された。あの技を打つのは・・・1試合で2回が限界!3回目は・・・。」
円堂:「2度とサッカーができなくなるということか・・・。」
 はっきり言って、2回うてるだけでも凄いと思うのですが。つーか、「2号」も「1試合2回が限度」みたいなことを、FF地区大会決勝で源田が言っていたと思ったのですが、あれは鬼道さんが負傷していたからですかね?
 鬼道さん曰く、「威力は落ちるが、3人でうつことで負担を減らし、使える技にしたのが『2号』」なんだそうです。先週の僕の予想が当たりましたね。開発したのが影山だというのは予想外でしたが・・・。
鬼道さん:「思い出せ!これが本当の『皇帝ペンギン』だ!!」
 このセリフ、どう考えてもサッカーのものじゃないです。ある意味ドラマのセリフだと言ったほうがまだ通じますよ。だいたい、サッカーと皇帝ペンギンなんて一切関係ないですから。・・・まあ、たしかにペンギンの色的な意味では「2号」が本物ですが・・・。
鬼道さん:「皇帝ペンギン!!」
一ノ瀬、染岡さん:「 2 号 ! ! 」
 染岡さん!とうとう豪炎寺の代わりを務められるだけの実力をつけたんですね!!
 しかし、かなりの威力を誇る「2号」も、源田の「ビーストファング」によって防がれました。
鬼道さん:「ああ・・・『ビーストファング』だ・・・!『皇帝ペンギン1号』と共に封印された禁断の技だ!!」
 え?嘘でしょ?ボールを両手で挟み込むようにキャッチする、現実でも普通にできる技じゃないですか!・・・ひょっとして邪気g(ry それにしても木暮が「あいつら、あんなにサッカーに命かけるなんて・・・。」とか言ってましたけど、よく思い返してみたら命かけすぎですよね。帝国戦では鬼道さんが気付かなかったら雷門イレブン死んでましたし。
 そして、この試合の方向性は「佐久間に『2号』を、源田に『ビーストファング』を使わせない」ということになりました。・・・マネたちも言ってましたけど、非現実的すぎるでしょ・・・。ボールに触れさせないならともかく、キーパーに技を使わせないっていうのは・・・。
鬼道さん:「目を覚ませ!!自分の体を犠牲にした勝利に、何の意味がある!!」
 普通にいいセリフです。それにしても不動のチンピラ具合が先週よりもアップしてる気がするのは気のせいですか?そして、鬼道さんとの競り合いの中で、不動の首にペンダントが下がっていることが判明。ひもの長さ的に、調整すれば胸のあたりに届くでしょうから、おそらくこれを使って佐久間、源田の感情に火をつけたのでしょう。監督が「やはり・・・。」と言っているのは、これがエイリア学園関係のものだということですかね?
 試合はほぼ完全に均衡状態。そんな中で前半終了。当然雷門は攻めていませんから、スコアは0―1のまま。「試合を中止したらどうか」との声が出ているなかで、監督が「『勝つための試合』をするように」との指示を下し、鬼道さんもそれに賛同。裏吹雪君の頼りになる、染岡さんの笑いを誘う言葉も合わさり、何かが起こることは間違いなく、わくわくします。チーム内の結束力も確認できたしね!!しかし、大して指示も出さないくせに都合が悪くなったら「監督命令」って言ってくる監督は、どうにかした方がいいのではないでしょうか。あと、壁山の上に乗っかっている木暮が可愛い。
 そして、なぜか海辺のがけで哀愁を漂わせている響木前監督のもとに、影山から電話が・・・って、番号なぜ知ってるwwwまあ、影山の力なら簡単に調べられるでしょうが・・・。それにしても、影山の名乗り方が「私だ。」なんですけど、これじゃおれおれ詐欺の一歩手前ですよ。
響木:「もはや円堂たちは、俺を必要としていない。そしてサッカー界も、お前を必要としていない。」
 ちょwww存在価値全否定すかwwwwwまあ、サッカーで勝つために人を殺すような奴は必要ありませんけどね。そして、本当に影山はサッカーを愛しているのか?
 そして、後半がスタート。「簡単には行かせねぇよ!」とか言いながらあまりにもあっさりふっ飛ばされる不動からは、染岡さん以上の咬ませ臭がします。その後染岡さんが敵陣深く切り込むも、源田の身を案じるせいでシュートをうてません。このシーンの角馬君の実況、事情を知らないとは言え、さっき源田がキャッチしたとき膝ついてたじゃん・・・そりゃ、うたないだろ・・・。と、染岡さんは脇をすり抜けて行った吹雪君に目をやり、「ワイバーンクラッシュ」発動!しかし、コースを大きく反れてゴールには向かいません。しかし、ボールの先には吹雪君が。そして「エターナルブリザード」!!「ワイクラ」を組み合わせたことでスピードが増し、源田も反応できません。流石だぜ、パスの達人染岡さん!FFでも散々豪炎寺のアシストしてきたからな!!
吹雪君:「俺の動き、よくわかったな。」
染岡さん:「ヘッ、いつか負かしてやろうと思って、いつも観てたからな。大嫌いなお前を。」
 ツンデレですね、わかります。ちゃんと観察眼を持てている染岡さんは素晴らしいのですが、どうしてでしょう・・・。このセリフ、無駄に涙を誘うのですが・・・爆笑の。
 しかし、それで染岡さんを危険視した不動が、染岡さんに対してスライディング。染岡さんは足首を痛めてしまいました。・・・ん?
古株さん:つ□←イエローカード
 なん・・・だと・・・!?今まで・・・ボールを他人に向けて蹴りつけたり、マジンを召喚したり、翼を生やしたり、マントやマフラーをつけたりしてもルール違反じゃなかったのに、ただのスライディングでイエローカード・・・。イナズマの世界にイエローカードがあること自体が不可思議ですが・・・。でも、ここで仲間のために激怒する吹雪君と、冷静な判断を下す染岡さんが素晴らしかった。初期から見ると、染岡さんは本当に成長しています。しているんだけど・・・ね・・・。
 そして、怪我を押して試合を続行する染岡さん。MF、DF陣も佐久間にボールを渡さないよう苦心しますが、不動がわざと一之瀬にボールをぶつけて佐久間へのマークをなくしてことで、遂にボールが渡ってしまいます。「1号」を発動するも、体の痛みで絶叫する佐久間。爆笑しましたよ、このポーズ。本当に、ここまで体を痛めてまで勝ちたいのでしょうか・・・。一方の円堂。先ほどは「ゴッドハンド」で止めきれませんでした。そして今回は・・・鬼道さんが身を呈し、ボールの勢いを殺すことにより、「マジン・ザ・ハンド」で止めることに成功。鬼道さんもサッカー出来なくなるぞ・・・。
 「1号」の反動で歩くことすらままならない佐久間。鬼道さんが説得を試みると、佐久間が自分の心の内を暴露。早い話が、佐久間は鬼道さんを羨んでいた、と言うことです。力の差があまりにも大きいせいでどんなに努力しても自分は鬼道のいる世界には辿り着けない・・・ならば、鬼道の使わない技を使うことで、力を手に入れよう・・・と言うのが佐久間の主張でした。これを見ていた風丸は何かを感じた様子。これでダークサイドに堕ちることはなくなりましたかね?これでダークサイドに堕ちたら今回の教訓が全く生かされないことになります。
 そして3度目の「1号」。・・・毎回鬼道さん絶叫してるけどさ・・・自分が佐久間のそばにいればいいじゃん・・・。体の限界を超えた技に全身がイカれ、顔もやばいことになっている佐久間。そして今回も鬼道さんが止めようとするも、なんと染岡さんが代わりに受け止め、弾き飛ばされます。
染岡さん:「ほらな・・・残しておいて・・・よかっただろ・・・。」ガクッ
鬼道さん:「・・・っ!染岡ぁ――――っ!!

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵   /: : : : ヘ「`    ヽ:Λ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴  /: : : : / ( __ `‐、   l ∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∴∵∴∵∴∵☆彡∵∴ l:/ニV   { ・\ヾ  _,{ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴ |ヽ       ̄ / f・ァ/∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ 、7l    ,、   r'、 { ゙/∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴ У l   {ー`ニ _ 、_ '´/ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ /   \  `ー- У/∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵∴∵:。∴∵∴∵/:.:く    \   -‐ /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴l :.:.:.:ヽ     >一 '´ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
   ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧
  (   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ 無茶しやがって・・・
   i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ /
   三  |  三  |  三  |  三  |
   ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪
  三三   三三  三三  三三
円堂  鬼道さん 吹雪君 僕

 しかし、染岡さんが「1号」を止めるという大切な行動をしたおかげで、1―1の状態を保てました。不動は佐久間にもう1度「1号」をうたせようとしますが、鬼道さんの言った通り、2度うつのが限度だったらしく、痙攣していて移動不能状態になっていました。ここで試合終了となり、引き分けで終了。直後に源田が佐久間を介抱していましたが、2人の間には信頼関係があるんですね。
 一方、引きこもり影山と不動。佐久間と源田を「思ったよりヤワ」と評価する不動に対し、影山は「不動の集めた選手は、不動を含めて2流」という辛辣な評価を下します。さらに、不動も「あのお方」なる者と接点がある様子。怪しげなペンダントも持ってましたから、当然と言えば当然ですか。しかし、影山とは協力体制じゃなかったんですね。
 そして、影山は外に出てきます。時を同じくして、監督が要請した救護用のヘリが。・・・ええと、何で鬼瓦さん乗ってんの?そして、鬼瓦さんが「見つけたぞ、影山ぁ!」と言ったとたんに、なんと船が爆発。弟曰く、「規模が違う。」
鬼道さん:「佐久間をあんな目に合わせて、満足かぁ!?」
影山:「満足?できるわけなかろう!常に勝利する、最高のチームを作り上げるまではな!!・・・これまで私が手掛けた最高の作品を教えてやろう!・・・それは、鬼道!お前だ!!
 何で金田一と同じポーズをしているんだ影山wwwそして、鬼道さんは鬼瓦さんに連れられ空へ、巨大潜水艇は爆破して海の底へと沈んで行きました。・・・いやぁ、この程度で影山が死ぬなんてあり得ませんよね!そして、佐久間、源田ともに病院へと連れられて行きました。
佐久間:「体治ったら・・・またサッカー・・・一緒に・・・やろうぜ・・・。」
鬼道さん:「ああ・・・待ってる。」
 このやり取りでKHIIの序盤でのロクサスとアクセルのやり取りを思い出したのは僕だけじゃないはずだ。一方、響木前監督と瞳子監督の間に亀裂が。響木前監督は自分が傷つけられてサッカーをあきらめた経緯ゆえか、「相手チームの選手であろうと選手を守ることが監督の仕事」と主張。一方瞳子監督は「どんなことをしても勝たなければならない」と、影山そっくりなことを言いだします。しかし、「選手に起こったことは私がすべて責任を負う」とか言ってますけど、そんなこと不可能ですよね。選手が再起不能になったからってこの人がそれを治すことなんてできやしないわけですから。響木前監督が言ってますけど、本当に彼女を動かす原動力は何なんでしょう。そして、クレーンの上には謎の人物、ヒロトが・・・。さらに最後には影山と関わりのあると思われる人物が。かなり地位の高そうな人ですから、実はこの爺さんが「あの御方」なのかもしれませんね。「あの御方」=「エイリア皇帝陛下」なんて一度も言及されていませんでしたから。・・・いろいろと風呂敷広げちゃってますけど、大丈夫なんすかね?
 さあ、次回予告には、絶対出てこないと思っていたシャドウキタ――――――!!!「また一緒にサッカーやろう」と約束していた杉森も出てきてましたね。(シャドウ以外)いい笑顔だ。しかし、稲妻町に戻ってきたというのにまったく入院組に触れないのは・・・。そして、タイトル・・・。どうやら、一番最初に書いたTCGの件は後者のようです。「ろうそくの火は消える直前に最も激しく燃える」とも言いますしね。みなさん、今のうちに染岡さんの雄姿を目に焼き付けておきましょう。2度と見られない日が来るかもしれませんからね。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


いろいろ徒然(愚痴) ≪         HOME         ≫ アカンコの部屋 1周年
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。