--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/03 Fri  00:24
イナズマイレブン39話 最後のワイバーンブリザード! 感想

 鬱だ・・・染岡さんが抜けるなんて・・・。こんにちは、アカンコです。最近、面白いブログに出会ったらリンクを申し込むべきか真剣に悩んでいます。現在はりんたろうさんのところを経由して様々なブログを見てますからね・・・。あ、別にりんたろうさんのところを拠点と見ているわけではないですよ。もともとりんたろうさんのブログが面白くてリンクを申し込んだわけですし。
 気がついたらもう7月ですね。僕の誕生月でもあります。書き忘れたのですが、先日北海道で影山という人が逮捕されました。残念ながら名前は零治じゃなかったんですがね・・・。
 で、何でこんなに前置きが長いかと言うと、染岡さんが抜けたからです。シャドウ出てきたのはうれしいけどさ・・・染岡さん抜く必要ないだろスタッフ・・・。あ、感想はまた後日。マジで眠いです。書くことは決まってますけど、推敲していたらたぶん終わるのが2時くらいになって明日の模試に響きますし。
 お詫びではないですが、「バックアップとしてこんな連中でチーム作ったら強くね?」というものを作ってみました。能力はゲーム準拠です(ジェミニストーム以外)。
GK:杉森/ポセイドン/ゴルレオ
DF:ディオ、アポロン、アテナ、ガニメデ
MF:アフロディ、アルテミス、イカロス、レーゼ
FW:シャドウ、ディアム

 ・・・これはひどい・・・。ほとんどが世宇子とかね。作ってから考えると、僕の場合ゲームやっててDFのいる位置まで攻め込まれることって稀なんですよ。だから「DFは誰でもいいや」って感じなんですよ。ですから、DFの面子を決めるのにめっちゃ困りました。ま、酔狂で作ったと思ってください。え・・・?入院組・・・?まあ、単純な戦闘力の問題ですから。
 それでは、明日の更新をしばしお待ちください。追記:お待たせしました、感想更新しました!!「続きを読む」からご覧ください。

 いきなり登場したシャドウ。声がどんなものか危惧していたのですが・・・凄く・・・普通です・・・。
シャドウ:「『ダークトルネード』!!」
杉森:「『シュートポケット』!!・・・うぼぁ!いいシュートだ、シャドウ!」
 杉森タフ過ぎワロタwwwあっさりと立ち上がりすぎだwwwww
シャドウ:「まだまだだ・・・まだ完成とは言えない。もう一度、撃つ!」
弟:「シャドウが普通の努力家だ。」
 たしかにその通り。「シュートポケット」破れるだけで浮かれちゃだめですよ!ゲーム版よろしく、「つなみウォール」を破れなきゃ!ブラックホール?ワームホール?何それおいし(ry

 久々に稲妻町に帰ってきた雷門イレブン。栗松が「懐かしい気がする」とか言ってますけど、故郷に帰ってきて純粋に懐かしくないのか、と聞きたくなります。そんな中、染岡さんは脚の怪我が治ってなく、瞳子監督は憂い顔。微妙に不安材料が残ります。
 キャラバンが河川敷を通りかかると、シャドウが「ダークトルネード」を打っているところに出くわします。サッカー大好き円堂は当然古株さんにキャラバンを止めてもらい、風丸と共に外へ。よかったね風丸・・・空気空気言われなくなってきたよ、最近。フラグ立てまくりだけど・・・。それにしても、一応杉森は3年なんだから、円堂は敬語使ってもいいと思うんだ。
木暮:「ウッシッシ・・・変な頭。」
 お前が言うな。
杉森:「こいつの名前は闇野カゲト。みんなシャドウって呼んでいる。雷門の転校生だそうだが。」
 誰だよあだ名作った奴wwwあまりにも厨ニ病が過ぎるぞwwwwwまあ、名前に「闇」と「カゲ」が入っていれば名付けたくもなりますか。多分こいつの名前を全部漢字に直したら「闇野影人」になると思います。え?どうでもいい?サーセン。
シャドウ:「俺は強い奴が好きだ。だから、雷門に来た。ところがお前たちは、旅立ったあとだった・・・。」
 切ねぇぇぇ――――!!!強いと聞いたから楽しみに転校してみたら、校舎は崩壊してるわ、目的のチームはいないわと踏んだり蹴ったりです。しかし、シャドウはいつの時点で転校を決めていたんでしょうね。FF優勝決定した日=ジェミニストームが雷門に現れた日=シャドウが転校して来た日、なんですよ。つまりシャドウは、全国優勝してもいないチームに転校しようとしていたってことになります。まあ、40年間無敗だった帝国を倒した時点で決めていたのかもしれませんが。
杉森:「だから、うちにスカウトしたんだ。日本一になったお前たちでも、何度も挑戦しなければ勝てなかった相手なんだろう?噂では、今度の敵はさらに強いというじゃないか。だから、俺たちがバックに控えているんだと思って、お前たちには、安心して戦ってほしいんだ。」
 杉森がいい人すぎるwww御影専農と試合した時とは大違いです。あと、シャドウは「ダークトルネード」が完成した時点でチーム入りするそうです。「ダークトルネード」より「デスゾーン」を覚えた方が・・・は禁句です。それにしても、これは再登場期待していいのでしょうか。ゲーム版では豪炎寺との合体技とか覚えないかな、とか思ってしまいますが、多分無理でしょう。1でも十分強かったですからね。強力なドリブル技覚えさせればGK以外のポジションを器用にこなせますから。
 そして雷門中に戻ったイナズマキャラバン。廃墟の残骸がすべて片付いており、再建工事が始まっているところを見ると、出発してからはそれなりに時間がたっているようです。まあ、奈良→北海道→愛媛→稲妻町(東京?)と移動していれば、いやでも時間は過ぎ去っていくわけですが。
 理事長に休めと言われたにも関わらず、鉄塔を訪れる円堂。タイヤなどの特訓道具が残っているあたり、ここら辺の管理はどうなっているのか疑問です・・・が、これこそイナズマクオリティ。
 回想で久々に出た入院組。半田あたりと栗松の立場を変えてもいいと思うんだ。まあ、半田2号という存在はいるけどさ。声はいいよね、半田2号。ともかく、お見舞いに行ったのが円堂だけとかひどくね?全員で行こうぜ・・・3人も新メンバーいるじゃないか・・・。ああ、製作費の問d(ry
 そして、木暮はイナビカリ修練場へ、それ以外は河川敷で特訓中。怪我をしているのに「ワイバーンブリザード」を見せようとする染岡さんは、相変わらず自己顕示欲が激しい人だと思いました。そして、
染岡さん:「ワイバーン・・・!」
吹雪君:「ブリザァァァド!!」
杉森:「うぼぁぁ!!」
シャドウ:「これが、雷門の実力か・・・!」
杉森:「見事な連携技以下略」
 杉森をもっと労れ。いくら彼がタフだとしても、端から見れば公開リンチですよ。弟は純粋な「エターナルブリザード」の方が強いと思っているそうです。まあ、染岡さんが技にかかわるとロクなことが起こりませんからね。「ドラゴントルネード」は「ファイアトルネード」より決定力が低いわ、「ワイバーンブリザード」を撃った後に怪我させられるわ、など。あと、「吹雪は吹雪、豪炎寺は豪炎寺だ。」とか言っている染岡さんは、あまりにもデレ過ぎだと思いました。
 一方の木暮。イナビカリ修練場での虐待特訓に音を上げ、逃げ出すところで春奈と出くわし、逃亡に失敗。春奈に言いくるめられ、木暮が人を信じなくなったを話してくれました。まあ、早い話が置いて行かれたと。でも、木暮の母親がどうなったかはわからないんですよね。誰かに消されたかもしれませんし。・・・まさか、木暮が孤児になったのは影山の・・・いや、何でもない。あと、春奈はどうやって蛙を頭に乗せたのか・・・。ちょっと無理のある位置ですよね。他にも、特訓は終わっていないはずなのに修練場の扉が開いたりなど、不可思議な点はありますが、放っておきます。
 木暮が修練場で特訓を再開した頃、円堂は河川敷に到着。相変わらず染岡さんと吹雪君は杉森を痛めつけて相手に特訓中。やはり染岡さんは脚が痛い様子。それを見た吹雪君が一言、
吹雪君:「おいおいなんだよ、もうばてたのかぁ!?」
 染岡さん労ってやれよ・・・(´・ω・`)表人格のときは気遣ってたのに・・・。
 で、無理をして染岡さん自滅。古株さんが「真・帝国戦のあと、ちゃんとケアしなかったな。」と言っていましたけど、普通誰かが気にしそうなものなのに・・・染岡さんを外そうとするスタッフの露骨な悪意を感z・・・うわ何するやめr あと、先週瞳子監督が、「選手に起こったことは、全て私が責任を負います!」とか宣言してましたけど、それなら選手のケアも責任持てよ!!
 そして染岡さんはチーム離脱。まあ、仕方ないですよね。故障者を連れていくよりは、置いていって治療に専念させた方が選手のためにもなりますから。あと、風丸が「今の俺たちに必要なのは、自分の体がどうなろうと勝とうとする気迫です!!」とか言ってましたけど、こいつはその信念を実行した佐久間の末路を見て、何も感じなかったのでしょうか。着々と黒化フラグを立てています。しかし、染岡さんは「悔しいが仕方ない」と割り切った様子。精神面で成長してるな、染岡さん・・・。そして、チームの雰囲気が沈んでいる中、春奈が衝撃的なことを言いだしました。
春奈:「そうだ!皆さんに報告があるんです!木暮君、できちゃったんです!」
鬼道さん:「イプシロン戦で見せた、新技か?」
春奈:「はい!」
 いきなり「できちゃったんです!」とか言われたらびっくりしますよね。僕も初見のときは、「こいつは何を言っているんだ!」とか思いましたから。鬼道さんきっとドキドキしていたと思います。春菜に手を出したら相手かまわずペンギン飛ばしてきますからね。
 そして木暮が新技を披露してくれました。なるほど、360度をカバーできるから強いことは強いのですが・・・竜巻出てないじゃねーか!弱体化してますよ、これ。そして名前は「せんぷうじん」に決定。漢字で書くと「旋風陣」ですかね?・・・たしかに、イプシロンと戦ったときに出したやつは「旋風陣」って感じですが、今回のはどちらかと言えば「旋風脚」ですよ。これから強化されるのでしょうか・・・。
 そして、チームの士気が上がり、円堂が最終回っぽい演説をしている最中、いつの間にか消えていたシャドウが帰還。
杉森:「シャドウ、どうだ。あれが雷門中サッカー部キャプテン、円堂守だ。」
シャドウ:「あの熱さ、嫌いじゃない。」
 これはやはり仲間フラグでしょうか・・・。個人的には再登場してほしいですが。
 そんな中、瞳子監督や理事長たちは戦略会議。大阪はあまりエイリア学園の被害を受けていないのか、とにかく今までのエイリア学園の連中の行動を考えて、大阪に何らかの拠点があると踏んだようです。そして、まともに休む間もなく雷門イレブンは大阪へ。・・・染岡さんが離脱し、元来からのメンバーが壁山と栗松だけになりましたね・・・もはや栗松なんてネタにも使えないキャラなのに・・・。なんでこいつがチームから抜けないかと言えば、特にエピソードを作ることもできないキャラだからのような気がします。まったく、ゲームでは「退部させられない」、「まともな技を覚えない」、「バクで増える」、アニメでは「いるのかいないのかわからない」、カードでは、「大して強くない上効果なし」という体たらく。もはや存在価値なくね?以上、栗松に対する愚痴でした。
 そして、瞳子監督も意味深な言葉を残しました。「サッカーは楽しいもの。あの人も、それを気付いてほしい。」と言ってましたけど、「あの人」とは誰なんでしょう。現時点での最有力候補はやはり影山でしょうか。瞳子監督との関係を年齢的に考えるなら、親子になってしまうわけですが・・・。いや・・・うん、それはないよな・・・。他の候補は、エイリア皇帝陛下でしょうか。それか大穴でヒロトかもしれませんけどね。
 来週は大阪。予告編の題名に「名前負け」という言葉を思い出しました。
 USJをモデルにしようとして失敗したような施設が出てましたけど、この中で戦うんでしょうか。・・・なんか、一ノ瀬なら「結婚しろ!」と言われても、「俺は円堂と土門と秋にしか興味ないよ!」とか言いそうで怖いです。そして、鬼道さんと対決してたドレッドヘアーの娘がいましたけど、あいつ、鬼道さんの本当の妹なんじゃないでしょうか。よかったね鬼道さん!戸籍も違うし、気兼なく春奈と結婚できるよ!最近木暮にとらrやめてペンギン翔ばすのはGYAAAA!!!
 それにしても、豪炎寺は戻ってくること確定ですけど、染岡さんは戻ってくるのでしょうか・・・。もしかしたら、バックアップチームの一員として活躍してるかもしれませんね。適応能力高いですから、「ダークワイバーントルネード」とか開発して活躍してくれますよ!・・・それにしてもいいキャラを失いました
。まあ、スタッフにしてみれば、「ドラゴンクラッシュ」を使えなくなった時点で、言い変えれば相手のGKの技を探る咬ませとしての役目ができなくなった時点で、お役御免のキャラだったのかもしれません。ちなみに、咬ませの役割は一ノ瀬の「スピニングシュート」に受け継がれたものと思われます。
スポンサーサイト
Comment

☆ 

私のブログが面白いなんて・・・ありがとうございます><

染岡離脱は本当に残念です↓
結局吹雪くん&豪炎寺の強い者同士のツートップかい。とつっこみたくなるわけで・・・。

7月はアカンコさんのお誕生日ですか!一応同い年になるわけですね^^笑

☆ 

 りんたろうさんコメントありがとうございます。
>私のブログが面白いなんて・・・ありがとうございます><
 自分を卑下するのはやめましょうよ。毎日人が来てくれているということは、面白いと思ってくれている人がそれだけいるってことに繋がるんですから。

>染岡離脱は本当に残念です↓
 なんだかんだで人気ありましたからね、染岡さん。戻ってくるのか非常に気になります。

>7月はアカンコさんのお誕生日ですか!一応同い年になるわけですね^^笑
 そう、「一応」同い年ですよ先輩(笑)!ちなみに誕生日は8日。七夕に生まれたかったぜorz
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


ジャンプ31号感想 ≪         HOME         ≫ 新テニプリ8、9話感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。