--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/05 Sun  23:11
イナズマイレブン爆熱ファンブック感想

 トランスフォーマーリベンジを友人と共に見て来ました。アカンコです、こんにちは。ターミネーター4を一緒に見に行った友人と同一人物です。友達少ないので。JRの駅に行くバスがあまりにも遅すぎて遅刻しかけたぜ!制限時速40キロの道路を平均時速20キロで走るとか、馬鹿なの?死ぬの?ゆっくり走っていいから定刻通りに運行しろ、と言いたい。で、運転手に文句言ったんですよ。
僕:「すいません、10:02のJRに乗りたいんで、もう少し速度上げてくれませんか?」
運転手:「急いでるなら1本前のバスに乗ればよかったじゃないですか^^」
 まじで死ね。普通に走ったら15分かかんねぇんだよ!10分以上遅れて運行しておいて、よく「もう1本(略」とかほざけるな?週末クオリティも大概にしろよ。
 それでは、イナズマファンブックの感想です。

 まずは「2」の情報。まあ、これ目当てで買った人が殆どな気がしますし、実際半分は「2」の情報で占められています。
 で、ストーリー先行公開に載っているのはアニメやゲーム雑誌にて既出なので置いておきます。
 塔子と吹雪君の紹介ですが、一応塔子はMFなんですけど・・・(TCGより)。あと、「ザ・タワー」をくらっているのは誰でしょうね?見たことないユニフォームですが。
 回れる地方の公開では、北海道、奈良、京都、愛媛が載っていましたが、地図やゲーム雑誌の情報、PVなども考えると、岩手、新潟、東京、大阪、高知、広島、福岡、熊本、沖縄には行けそうな感じがします。あと、愛媛の紹介で「とりあえず、ミカンは食べておきたい!」とか書かれてますけど、書くことなかったんだなぁと思ってしまいます。赤いペンギンが飛んでくるぞ。
 そしてジェミニストームとイプシロンの紹介。最速公開とか言ってますけど、アニメやゲーム雑誌の方が先なんじゃ・・・いや、何でもない。しかし、ジェミニよりもイプシロンの方が優遇されている気がするのは僕だけですかね?イプシロンメンバーは全員一言書いてあるのに。まあ、それはさておき、イプシロンメンバーの説明が結構サッカーと関係なくてワロタ。
モール:地球の空気はマズイのか。
マキュア:その髪はプロペラか・・・?
ゼル:地球人だったらイケメン。
 ゼルの説明は他に何とかならなかったのでしょうか。「地球人だったら」って、宇宙人でも十分イケメンだよ!あと、デザーム様の首に巻かれているのはマフラーなのか髪の毛なのか。多分マフラーですよね。PVの台詞が渋すぎですよデザーム様!「この地で死に絶えるがいい。」とか、サッカーゲームの台詞じゃないよ!!
 そして、SP、白恋、漫遊寺、真・帝国の紹介。前半2つはいいとして、まず漫遊寺。主将が影田ではなく垣田であることはりんたろうさんや掲示板の情報でわかっていたのですが、何故アニメでは影田に雷門への説明役やイプシロンに対する交渉役を任せたのでしょう。やはり、イケメンは交渉でも強いということですか、そうですか。
 そして真・帝国。佐久間と源田を除けば、変人が殆どという悲惨なチーム。小鳥遊と目座は目を隠している痛い人、竺和、帯屋は誰に需要があるのかよくわからないデザイン、郷院は某漫画のガキ大将を彷彿とさせ、比得と日柄に至っては人に見えないと、弥谷と不動が割りと良心的なデザインに見えます。しかし、(僕にとっての)朗報もありました。それは、洞面、辺見、寺門がストーリーに関わることがわかったこと。良かったね、寺門・・・忘れられてなくて・・・。あと、不動が「オレこそが 真・帝国学園のキャプテン・・・ 不動明王さまよ!」とか言ってるんですけど、アニメを見た後では失笑しかできません。
 新必殺技の特集。結構既出のものが多いですね。てか殆どか。「アルマジロサーカス」は名前は出ていないものの初期から存在が明らかになってましたし。
 「ドラゴンキャノン」:・・・とうとう染岡さんの専売特許が・・・。ところで、これ発動してるのは漫遊寺の影田?
 
 「ワームホール」:これ、技の途中までしか写ってませんけど、これって、


デ    ←○

 こう来たボールを、

   0
デ 0 ←○
   0

 ネットで捕えて、

  0
 0 0
  ↓
  ○



 ワープさせ、自分の足元に落とすって技なんですよ。

注)デ:デザーム様
  ○:ボール
  0:ワームホール


 完全にチートです。空間を操る技が遂に来たか・・・!

「どこんじょうキャッチ」:サッカーなめるな。

「ねっけつヘッド」:なぜか円堂の着ているユニフォームが雷門のものではないのですが・・・。ある意味、「ねっけつパンチ」よりも危険ですよね。脳震とう起こしますよ。

 後は4人対戦できることとフューチャーの情報。正直、Wi-Fiで対戦がしたかった。全国にいる猛者と戦ってみたいです。
 そして「1」のおさらい。「人気キャラが次々誕生!!」という部分があるんですが、その選抜基準がイミフ。円堂、豪炎寺、鬼道さん、アフロディはわかる。風丸もなんとなくはわかります。が、たまごろうは漫画でプッシュされすぎて逆に引かれ、一之瀬は電波な行動と技の貧弱さから敬遠され、壁山とサガミネーターに至っては話題にすら上がらないという感じなのですが。そして、次のページを見て、さらに驚愕。
こいつを育てろ!お勧め選手ベスト3
1位:一之瀬
2位:サガミネーター
3位:ディオ
(;^ω^)<・・・。

 あの、どこから攻めていいんですか。一之瀬育てても、「ザ・フェニックス」以外の技が残念な上、頼みの綱の「ザ・フェニックス」も、完全上位互換である「ザ・ギャラクシー」の影響で用済み扱い。サガミネーターは最強技が属性不一致の「リフレクトバスター」ってのがどうも・・・。これなら、佐久間やアルテミス、シャドウを紹介すべきでしょう。あ、ディオ だ け はまともなキャラですね。名前の割に「ヘブンズタイム」を覚えないとかは言っちゃだめだ。
 まあ、漫画とカードは置いておきます。言いたいことは、鬼道さんがあまりにも邪悪すぎる。それだけです。
 そして最後のプレゼント。「ゴッドノウズ」か「つなみウォール」が抽選で各1名に当たる、というものですが、実際この2つの技、強さが釣り合っているように見えて、実は全く釣り合ってないんですよ。では、少し比較してみましょう。

ゴッドノウズ
 利点:威力がS、消費TPが低い、属性が風、GK以外なら誰でも使える、1人で使える
 欠点:特になし

つなみウォール
 利点:威力がS
 欠点:消費TPが威力相応に高い、属性が風、キャッチではなくカウンター、GKしか使えない

 と、このように「ゴッドノウズ」が利点だらけなのに対し、「つなみウォール」は欠点が目立ちます。つまり、どちらに応募した方が特か、と言えば当然「ゴッドノウズ」なわけです。

 以上、イナズマファンブックの感想でした。頑張って10月1日までにHGのシナリオ―せめてジョウトだけでも―をクリアし、イナズマ2をプレイしたいと思います。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


新テニプリ8、9話感想 ≪         HOME         ≫ ジャンプ32号感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。