--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/26 Sun  00:11
Days感想VI ~キャラ語り3~

 「ジエンド」の1巻と2巻がいまだに入荷しないので少々いらついているアカンコです。たしかに2週間くらいかかるとは言ってたけどさ・・・本当に2週間かかりそうだよこの調子じゃ・・・。
 ですが、8月発売の「マガジンSPECIAL」から掲載が決まったそうです。やったね!・・・喜んでいるのが僕だけでないと祈りたい・・・。単行本の置いていない具合は異常ですよ・・・そりゃ新刊じゃないけどさ・・・。
 それではDays感想です。


サイクス(Saix)
 仲良し3人組を除けば、今作において最も内面が深く語られたキャラクターだと思われる。KHIIを見る限りではゼムナスの忠実な副官だが、実はアクセルに汚れ仕事を任せ、自身は機関の頂点に上り詰めようとしていた。ヴィクセン、レクセウス、ゼクシオン、マールーシャ、ラクシーヌが忘却の城へ送り込まれたのは彼らがサイクスの昇進に支障をきたすと考えられたからで、アクセルは彼らを暗殺するために送り込まれた、言わばサイクスの刺客であった。
 また、アクセルとは子ども時代からの馴染みだったり、機関に入ったのが同時期だったことも明らかになっており、それ故にサイクスはアクセルだけを信用したのだと思われる。奇しくも、ロクサスとシオンが現れたことが発端となり、2人の間にすれ違いが生まれてしまうのだが・・・。
 「存在しなかった城」(機関の本拠地)を脱走しようとするロクサスに対し、「勝手に出ていかれては困るな。」、「では話は省くとしよう。」などと言って勝負をしかけるも敗退し、ロクサスの脱走を許すことになる。ただ、ロクサスが情けをかけたのか消滅はしなかった。このように、彼はロクサス脱走を阻止できなかったのだが、何故かロクサス脱走の罪はアクセル1人が被っている。まったくもってアクセルが不遇であると言わざるを得ない。ちなみに敗北時のセリフは、「キングダムハーツよ・・・我に力を・・・」。キングダムハーツは「心」だけでなく「力」も与えられるのだろうか・・・。
 彼の武器はクレイモア。通常は逆手持ちだが、バーサク時のみ順手持ちになる。クリティカル率も補正も高いため、武器攻撃が非常に頼りになる。一方の魔法力はどちらかと言えば低く、サブウェポンとして使ったり、ケアルなどの回復用魔法だけにしたりするのも手だろう。もっとも、全く使えないと言う程の低さではないので、個人の好みで使い分けよう。
 リミットブレイクは順手に持ち直したクレイモアを必死に振り回し、前方へと暴走する「バーサク」。ファーストリミットではAボタンを押すことでその場ジャンプし、落下して攻撃するが、ファイナルリミットでは浮き上がって静止し、周囲に衝撃波を発生させる。なお、方向転換はなかなか難しい。Aボタンを押してからの攻撃の威力が高いため、上手く連続して攻撃できたらかなりのダメージを期待できるだろう。


サイクスの名言
「キングダムハーツよ・・・我に力を・・・。」
 お前、それIIでも言ってなかったか?「我に心を・・・。」だったかもしれないけど。

「そうだろう?―リア。」
 アクセルとの深い関係を匂わせた一言。ただし、これ以上の情報はクリア後のシークレットレポートまでお預けとなる。


アクセル(Axel)
 仲良し3人組の1人で、今作でメインキャラクターとして活躍し、過去の名前が分かるなど、かなりの情報開示が行われたキャラ。また、今作一連の騒動での一番の被害者。序盤こそ「親友」が2人できるが、それ故に馴染みのサイクスとのすれ違いが発生、終盤では「親友」が2人とも脱走、1人に至っては消滅してしまう。さらに、IIではロクサス脱走の手引きをしたと勘違いされたり、彼自身が機関に歯向かうなどの行動を起こしサイクスに追われ、ソラのために消滅するなどの不遇な人生(?)を送った。ただ、彼自身は後悔していないようなので、それだけが不幸中の幸いである。
 序盤はロクサスの教育係、中盤以降は親友としてのポジション。ただ、後半は事情を知らないロクサスとの間ですれ違いが起こってしまう。そして、ロクサスの脱走を止めようとするも、「誰も悲しまないさ。俺たちはノーバディ・・・心がないんだから。」という言葉に怯み、止めることはできなかった。ここでアクセルは、「俺は!・・・悲しいな・・・。」と発言しており、彼にも心があったのではないかと推察されるが、詳細は不明。
 本名はリア(Lea)。「草原」、「野原」、「草地」の意味があり、原義は「光輝く場所」。ソラ、カイリに対してのリク、ヴェン、アクアに対してのテラと同様、「空」、「海」の兄的なキャラとして「陸」をイメージさせる名前がつけられている。ちなみに、「野原」と言っても声優繋がりのあの人とは一切関係がない。
 武器はチャクラム。近~中距離の間合いで攻撃ができる。シオンに投げたときの描写を見る限り、防がれたり長くアクセルの手を離れたりすると炎となって消滅してしまうようである。
 リミットブレイクは、チャクラムから巨大な炎を発射する「エクスプロージョン」。ファーストリミットは、Aボタンを押し続けている間炎の飛距離が伸び、Aボタンを放すか障害物にあたると爆発し、ファイナルリミットでは爆発の範囲が広がり、2~3回連続でダメージを与えることができる。


アクセルの名言
「ふざけんな!!」
 シオンが機関を脱走し、アクセルが連れ戻そうとした際に、シオンが戦う姿勢を見せたことからアクセルが激怒し叫んだ一言。この後のセリフとムービーのクオリティは鳥肌ものである。

「俺は!・・・悲しいな・・・。」
 ロクサス脱走時の叫び。「・・・悲しいな・・・。」と言い終えたときに、既にロクサスがいなくなっているところがさらに切ない。


デミックス(Demyx)
 アホの子。ノーバディが発生する原因として「強い心の持ち主がハートレスになったときに、残された体と魂が活動を始める」、「中でも強力な力を持つ者は人間時の姿を保ち、XIII機関員となる」とされているが、どちらも彼に当てはまるとは思えない。人間時には音楽に執着していたのだろうか・・・。
 機関員の中では素で軽いキャラのため、スレ内でもネタキャラとして定着していたが、遂にはDays内でもアホキャラ扱いされるようになった。ロクサスに「いつもシタールを弾いているだけ」、「デミックスなら騙せる」、アクセルに「あいつの任務って何だっけ・・・?」と言われ、またシオンによれば「何処かのワールドでシタールを掻き鳴らしていた」と、真面目に任務をやる気がないようである。
 彼の武器はシタール。ギターじゃないよ!デミックスには違いがわからなさそうだが・・・。普通に攻撃する際はシタールで相手をぶん殴るという、演奏家とは思えないことをするが、意外と攻撃力は低い。魔法力が若干高いが、それ以外は割りと低水準。とは言え、魔法力の基本値はゼムナス、ヴィクセン、ラクシーヌ、王様と同率2位(1位はゼクシオンとドナルド)なので、決して低くはない。相手との距離を間違えなければ十分戦える。
 彼のリミットブレイクは、リズムに合わせてAボタンを押すことで水柱を出現させ攻撃する「ウェイブギグズ」。ファーストリミットは自身の周りに水柱を出現させるだけだが、ファイナルリミットでは条件を満たす必要はあるものの、水柱出現直後に全方向へ水を放つ攻撃が自動的に出るようになる。


デミックスの名言
「次の休暇は何時かな・・・。」
 休暇をもらった翌日の発言。真面目に仕事をする気が微塵も感じられない。よくサイクスも彼を勘当しないものである。ちなみに、ボスの命令には従う。流石の彼も、ダスクにされるのは勘弁らしい。

「新曲キタ!」
 彼が書いたシークレットレポートの題名。もう1つ、「かったるい」というものもある。頑張ってトライアルミッションをクリアして出たシークレットレポートがこれらだった時の脱力感は異常である。ちなみに、内容はやっぱりアレである。


 更新が夜中になるのは仕方がないのですが、やっぱり体力が削られたり、眠気から来る誤字・脱字が目立ちますね。自分のパソコンを持ちたいのは山々ですが、そうすれば間違いなく勉強に身が入らなくなり、最悪浪人することにもなりかねませんので、このままでいいのかな、と思ったりもします。
スポンサーサイト
Comment

☆ 

でぶごりの部屋開設者と知り合いですか?
別のホームページ運営してたりしたら教えてほしいです
とにかく連絡とりたいw

☆ 

 一応知り合いです。別のホームページは開設していないみたいですが・・・。
 ちなみにでぶごりさんはあなたが何者なのか皆目見当もつかないらしいです。

☆ 

ミックスマスターというオンゲで友達でした
もう何年か前の話なので覚えてないかもしれないですねorz
ちなみに「£ムド£」というキャラでプレイしてました
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン41話 デザームの罠! 感想 ≪         HOME         ≫ ジャンプ35号感想 前半
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。