--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/27 Mon  23:01
ジャンプ35号感想 前半

 毎日毎日講習ばかりでなかなか辛いアカンコです。本当に、「夏休み?何それ食えるの?」みたいな感じですからね。
 そんな中でも睡眠時間を削って更新するのは何故なのか・・・。そんな無駄なことを考えながらのジャンプ感想です。


NARUTO
 今週も全体的にナルトが気持ち悪かったです。そのことについて書くとこっちが気分悪くなるので、今週は雷影批判の観点で書いていこうと思います。・・・まあ、雷影の言っていることは正論なので、無理があるところは大目に見てください。
 ナルトが「サスケを殺さないでくれ」と頼むところで、ヤマトが白眼云々言ってましたけど、これ一体何年前に出てきた設定でしたっけ?僕の記憶が正しければ、第1部での中忍試験で、ナルトとネジが戦い終わったあとの話でしたよね。偶然アニメを見ていたので覚えてましたけど、普通覚えてないですよ、こんな昔の設定。
 しかも、全く解決していないんですね、この事件。それなのに雷影が木の葉に対してこんなでかい態度をとれるのか不思議です。ヤマトの言った通り、木の葉の人々は血の涙を飲んで戦争を回避したわけですから、普通ならこんな態度とれないと思うんですがねぇ・・・。
 そして五影会談が始まるわけですが・・・なんだろう、まともな話し合いになる気がしない。


ワンピース
 先週、エースがロジャーの息子だと発覚しました。海賊や記者団の反応から、未だにロジャーが恐れられているということがよくわかります。そして以前エースが、「ろくでもねぇ父親の方の半分の血は願い下げだ。」と言っていましたけど、これ、ロジャーのことだったんですね。てっきりドラゴンだと思ってました。・・・っていうか、明らかに「エースの親父はドラゴンだ」と、読者に勘違いさせるのが目的でしたよね。上手いなあ。それにしても、エースはもともと海賊団を創っていたんですね。たしかシャンクスの部下にももともと海賊やってて9700万の懸賞金が懸けられてるとか言ってた奴がいましたので、ある海賊団の船長がさらに強い海賊団の傘下に入ると言うのはこの作品の中ではあまり珍しいことではないもかもしれませんね。
 で、ロジャーがガープを信用した理由が「何回も殺し合いをしたから」っていうのが・・・。何となくわかりますけどね。少年漫画的な意味で。センゴクに頼まなかったのは、ガープがDの一族だからでしょうか。
 で、なんだか影の薄いルフィ一行。正義の門って前回も開いてませんでしたっけ?僕の読み間違いですかね?それにしてもバギーのポーズがwwwギャグとしては非常に秀逸だと思います。なんか、伝説で海を割って道を作った人がいましたけど、それを思い出しますね。
 んでもって書き軍本部に43席の海賊船が登場。何かと思えば全員白ひげの傘下の連中でした。白ひげ強すぎんだろオイ。全員が新世界で名を轟かしている強力な海賊なのに、そいつらがさらに強い奴の部下になって結束してるって、海軍にとっては悪夢以外の何物でもありませんよ。さらにその直後、白ひげ本人と3隻の海賊船が海底から浮上。「14人の隊長が~」と言っていましたが、こいつら全員エース並みの強さを誇る連中ばかりのはずなので、こいつらも戦うとなればかなりの激戦が展開されるでしょう。楽しみです。そして、最後に白ひげの登場。
白ひげ:「おれの愛する息子は無事なんだろうな・・・!!!!」
 たしか、白ひげって登場したときに体に管を付けたりしていたんですが、今は体の調子大丈夫なんですかね?戦ってたら倒れるとかいうのもありそうですが、今の段階でそんなことを心配してもしょうがないですか。威圧感がやばいので、かなり楽しみです。覇気を使って選りすぐりの海兵たちを一気に倒したりは普通にしそうです。


ブリーチ
 アニメで斬魄刀編やるらしいですね。どれが誰のだか分りませんでした。狛村のはなんとなくわかりましたが・・・。
 で、先週なぜか仮面を外して藍染に斬りかかった平子。普通に東仙に止められていて笑いました。一気に瞬間移動して首を掻っ切ればよかったのでは・・・と思うのは山々ですが、これがオサレクオリティです。
 で、ハリベル姐さんはよく見えないので置いておき、スタークVSラブ&ローズ。ここでラブが「3分しかもたないのさ。ヒーローだからな。」とか言ってましたけど、どこのウルトラマンだよと。たしかに虚化できる時間が無限でないことは分かっていますが、3分はないでしょう。たぶん・・・というか確実に、ラブなりのギャグなんだと思います。
 で、白が普通にでかい奴をやっつけていました。弱ッ!!所詮はギリアンを呼び出すしか能がないということでしょうか。しかし、これでワンダーワイスが反応していましたので、ワンダーワイスが帰刃するかもしれませんね。
 そして、平子&狛村VS東仙が始まる・・・と言う時に、修兵が乱入。あれ?六車のとこに行くだろそこは・・・。まあ彼は仮面の軍勢にも藍染側にも知人がいるという稀有な人物ですから、どちらに助太刀する・・・もとい足手まといになる可能性はあったのですが、ふつうは六車のところに行くと考えますよね。まあ、どちらに行っても足手まといですが。


 黒子もぬらりひょんも面白かったのですが、時間がないので相変わらず2回に分けます。トリコの掲載順位が危ないなあ。面白いと思うのでそう簡単には終わってほしくないですね。ただ、美食會編を引っ張りすぎた、という声も聞かれますので、それが影響しているのかもしれません。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


Days感想VI ~キャラ語り3~ ≪         HOME         ≫ ジャンプ35号感想 後半
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。