--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/04 Tue  23:07
ジャンプ36号感想後半

 明日から講習が再開されるので、テンションがかなり低いアカンコです。絶対に関わりたくなかった先生が講習を担当することがテンションの下がり具合に拍車を掛けています。それではジャンプ後半感想です。


トリコ
 先週、無事にBBコーンを収穫できたトリコとテリー。それをポップコーンにするためにウール火山へとやってきました。正直、1000度を超える温度でようやくポップコーンにできるBBコーンはもはや植物の一種だとは思えませんし、脱水症状を起こさないトリコやテリーももはや動物の範疇にないと思います。
 まあ、調理の描写が今回の大半でしたが、こんなに調理が難しい食材はフグ鯨以来ですね。どちらも精密な調理が必要ですから、大ざっぱな性格をしているトリコにとっては調理しづらいかと思います。・・・まあ、火山に来ないと調理できない時点で調理のしづらさはMAXですが。あと、「小松を連れてくればよかった・・・。」とか言ってますけど、小松だったら火山で干上がってしまいますし、そもそも植物地獄を抜け出せる気がしません。たしかに無事に連れてこられたら戦力になることは間違いないと思いますが。
 さて、BBコーンでできたポップコーンは「フルコース」のオードブルに決定。正直、サラダになると思っていましたので予想外です。それにしても、トリコはまだ植物関係しかフルコースに入れていませんね。魚料理、肉料理、主菜はなんとなく激しいバトルが行われそうな気がします。それにしても、火山灰ですら食えるとか、この世界はやっぱりどこかおかしいです。
 火山で料理をしていた正体不明な奴が登場して今回は終わり。テリーが食われそうになってますが、まあそんなことにはならないでしょう。BBコーンを食ったことでテリーのグルメ細胞が進化し、こいつを倒してしまうのかもしれません。つーか、咬ませの匂いしかしてきません。

ぬらりひょんの孫
 先週、遠野の妖怪たちに誘拐されたリクオ。今回みたいな日常(ではないんでしょうけど)風景が描かれるのは、読む分には楽しいです。感想を書くのが難しいですが。しかし、河童と言いカマイタチと言い、「うしとら」でも遠野に出てきた妖怪たちですね。蛇妖が出てきてくれれば完璧です。
 ところで、先週ぬらりひょんが言っていた「次の段階」とは、「畏れを断ち切る」ということでいいのでしょうか。第一段階が「畏れの奪い合い」でしたから、それで決着がつかないのであれば、相手の畏れを断ち切ってしまうことで相手の畏れを一気に減らせるわけですから、非常に合理的な考え方だと思います。


黒子のバスケ
 先週、「天賦の跳躍力」を開花させた火神。しかし、それに体が付いていかないために一気にガス欠になりました。・・・駄目すぎる・・・。それにしても、こうなる可能性をすぐに見極めた黒子と相手の監督の洞察力はすごいですね。正直、すぐに気が付きそうな気もしますが。
 そして、ハーフタイム。黄瀬が危惧していたように、「自分1人で勝たなければ」という観念から視野が狭くなっている火神。しかし、ここで黒子が一喝。しかもタメ口。今までが敬語だったから、というのが大きな原因だと思いますが、黒子のタメ口に違和感。しかし、言ってることの根底は今までの主張と変わってませんね。「『キセキの世代』を倒すために、『絶対勝利主義』という相手と同じ考えになってどうする」って話ですから。
 さて、火神の頭が冷えたところで、黒子が後出しじゃんけん発言をします。こうなっては相手に勝ち目はありません。しかし、黄瀬にしろ緑間にしろ高校生になって新たに技能を持ち合わせていたというのに、黒子だけ何もないというのは正直おかしいので、ある意味自然と言えるかもしれません。ただ、中学のころから持ち合わせていたのなら緑間に対抗策を打ち出される可能性もありますが。
 効果は何でしょうね。「相手にボールを認識できなくさせる」というチート能力でも一切驚きませんよ!


 SQ・・・というか厳密には新テニプリを読んできましたが、あまりにも予想どおりでした。しかし、次代の部長に未来を託すための手塚・跡部様の行動は素晴らしかったです。それにしても、CDの発売が近いですね。早く買いたいです。今月は単行本も発売しますし、テニプリのバーゲンセールだと思います。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


ジャンプ36号感想前半 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン43話 じいちゃんの究極奥義! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。