--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/10 Mon  01:09
イナズマイレブン6話 これがイナズマ落としだ! 感想

 講習も明日で最後!こんにちは、アカンコです。昨日の記事を更新したあとにイナズマを見ようと思ってたら、何故かワンピースを見ていました。洗脳だとか超スピードだとか以下略。
 それではのんびり不定期更新の「僕が書いていなかったイナズマ感想」シリーズです。


 前回は、「イナズマ落とし」が完成できる可能性が見えたところまででしたね。今回は、豪炎寺は問題なく、壁山も着地以外は問題ないから合わせてみよう、というところから。入院組が普通に画面に映るのでなんだか嬉しいですね。今では存在を忘れていたり、知らない人もいたりしそうです。ともかく、合わせてみると壁山の調子がよくありません。壁山は高所恐怖症ということです。ですから、思うように次の段階へと進めません。なので、円堂が「高さを克服できるように、特訓してやるから!」と、悪い予感しかしない発言をしてくれます。
 そして、その内容は・・・「水泳部の飛び込み台から飛び降りる」というもの。・・・円堂にしては普通の発想だ・・・。ここで秋が水泳部に頭を下げている描写がきちんとあるのはさすがイナズマです。しかし、壁山は高さで足を滑らせて壮大な水しぶきをあげてくれます。たしか、漫画版では体重150キロだった気がします。よく覚えてませんが。しかし、ここの描写だけ見ると、明らかに溺死しているように見えます。
 で、次は公園の滑り台だったりジャングルジムだったりするわけですが・・・正直あの巨体が滑り台を滑り降りれるのか疑問ですね。その後は部室でなんだか金属質なものを使って高さを克服しようとしていました。で、ここで風丸が円堂との絡みでこんなことを言ってました。
円堂:「敵が強いなら、俺たちはもっと強くなればいい!!」
風丸:「ああ!俺たちも特訓して、1人1人がレベルアップするんだ!!」
 こういう発想のできる風丸が、何であんなに「神のアクア」にこだわっているんでしょうね・・・。あれですかね、無理にでも退場させるためでしょうか。それなら栗松をリストラしようぜ!ブロック技1つも覚えないんだし。
 そして、イレブンが河川敷で特訓中。半田が明らかに「ジグザグスパーク」を使ってるわけですが、完全に素通りされてます。さすが中途半端な人だ!扱いも中途半端だね!ゲームならかなり使えるのにね!!・・・いや本当ですよ。属性優秀、自力で覚える技もそれなりで、秘伝書を使えばシュート、ブロック、ドリブルがどれも使えますし、トリプルディフェンスの相方になれて、特訓や補正なしでの最終的な能力値は何と豪炎寺や鬼道さんと同じ!!さあ、ゲームを持ってる人は半田を育てる作業に戻るんだ!なに?鬼道さんの下位互換だと?トリプルディフェンス使わない?知ったことか!!!
 で、ここで夏美が自家用車に乗って覗きをしています。「たかがボール蹴りに、どうしてあんなに熱中できるのかしら。」と言ってますが、場寅さんも元サッカー部員なら何とか言ってくださいよ。「出しますか?」じゃなくてさ。
 そんな河川敷の特訓でも、どうしても「イナズマ落とし」を完成できない壁山。「どんなことがあっても無理」と考え、「断るしかない」と、鉄塔に向かいます。そこで見たのは、不安定な足場で確実にジャンプができるようになるために特訓する豪炎寺の姿。それに何かを感じる壁山ですが、すぐに円堂がやってきたために看板の裏に隠れます。・・・すごくばればれなのですが、鈍感を極めた円堂はそれに気が付きません。・・・前回は鬼道さんが電柱の裏に隠れてましたし、この世界では何かに隠れれば少しはみ出したりしていてもばれないのかもしれません。それがイナズマクオリティ。で、「俺も付き合うぜ!」と豪炎寺に言う円堂でしたが、協力の内容が「声かけをする」だけ。・・・これって「付き合う」なのでしょうか・・・。後、豪炎寺が足場にしている木の音が、この場にまったくなじんでいなくて笑いました。
 1人特訓している豪炎寺を見て感化されたのか、壁山も家に帰って2段ベッドの上に登って特訓(?)中。そんなとき、弟のサクが現れます。・・・初見の時は髪型がおかしいと思いましたが、よく考えればこの時には鬼道さんという究極のドレッドがいましたし、今では抹茶ソフトクリームや髪をマフラーにしてる奴もいますからね! 
 で、フットボールフロンティア予選1回戦、舞台は野生中。これって、会場校ってどうやって決まるんでしょうね・・・。しかし、そんな疑問も吹っ飛ぶのは野生中の環境。密林である上に滝まであるんですよね。さらに、ここは雷門中から電車でいけるわけですから、それなりに近いわけです。というか、地区大会ですから遠いわけがないと。それなのにこの環境・・・どう考えてもおかしいだろ・・・。しかも、野生中のメンバーは車を見たことがないという発言が。こいつらいったい何時代に生きているんだ・・・見た目がどう考えても人間じゃないし・・・。しかし、サッカー部以外は普通の人間。何ぞこれ。
 そして試合開始。解説はもちろん角馬君です。壁山は「『イナズマ落とし』を使わなくていいように」と願っていますが、ゲーム版では普通にプレイしてたら「イナズマ落とし」を使わなければゴールできません。あしからず。
 そして、豪炎寺が「ファイアトルネード」を撃とうとするも、相手の方がジャンプ力が高くあっさりとボールを奪われます。この高さまでくると、たしかに「空中戦」です。そのまま水前寺にボールが渡り、名前の通りチーターのような駿足で雷門ゴールへと突き進んでいきます。そして大鷲にパス。影野がブロックしようとするも、高すぎて無理でした。そしてそのまま「コンドルダイブ」!角を狙ったものの、円堂はきっちり反応・・・と思いきや、五里が「ターザンキック」を使い、コースを逆に変更。しかしこれにも円堂は反応し、「熱血パンチ」で何とか防いでボールは風丸に渡りました。その後いろいろあって染岡さんに渡ります。
染岡さん:「空中戦で敵わねぇなら、こいつはどうだ!『ドラゴンクラッシュ』!!」
獅子王:「グオオォォォ!!!」
 染岡さんはそのままふっ飛んでしまいましたwwwさすが咬ませの代名詞wwww技を出す間もなく退場wwwwwしかし、これで獅子王にはいっさいのペナルティがないんですよね。この審判は明らかに野生中の手先です。しかし、一番の突っ込みどころはここの実況。
角馬:「おおっと、染岡動けない?大丈夫か?」
 お前はあれ食らって大丈夫でいられるとでも言うのかwwwwwまあともかく、これで土門がDFに、壁山がFWに上がり、準備は万端です。そして、香芽に向かって土門が「キラースライド」!!ここで豪炎寺が(あれは、帝国のディフェンス技!)と驚いていますが、必殺技にも各々の学校の流派みたいなものがあるんですね。たしかにキラースライドやジャッジスルーは帝国しかやらなさそうですし、忍術系は戦国伊賀島でしょう。そうして、上手く豪炎寺にボールが渡るも、普通に壁山が足を引っ張ります。うん、あまりにも予想通りwwwそしてそのまま野生中のターンで、前半終了。
 で、ハーフタイムは特に何もなかったのでそのまま後半へ。いきなり壁山がorzになってしまい、雷門はフルボッコ状態。円堂はぼこぼこです。とうとう顔でキャッチするような状態になってようやく風丸が「円堂ばかりに頼ってられない!」とかほざき始めます。遅いよ気付くのが。試合に対する心構えからなっていない気がします。ともかく全員が奮起し、「ゾーンプレス」なる戦術で相手を妨害します。しかし染岡さん曰く、この戦術は「どんどんスタミナを使っちまう」らしく、全員に疲労の色が目立ちます。「どうして諦めないのか。」とつぶやく壁山に、豪炎寺は「信じているからさ。俺たちが点を取ってくれるって、本気でな!」と答え、さらに続けます。
豪炎寺:「目を閉じるってことは、恐怖から逃げるだけじゃない。あいつらの信頼を裏切るってことだ!!
 さすがです豪炎寺。言うことの1つ1つに重みがありますね。早く戻ってきてほしいものです。ネタバレ板の情報を信ずるならばそろそろでしょうか・・・?ともかく、これで覚醒する壁山。きちんとジャンプすることに成功します。しかし、何故・・・?と、ここで「キャプテンのよく分かる解説」が入ります。
円堂:「そうか!下を見なきゃ怖くない!」
 えええええ!!??そんなのありかよ!!??しかし、これで完成した「イナズマ落とし」。しかし、壁山のユニフォームにはスパイクの跡が残っています。それだけ強く踏みつけたのか、単に豪炎寺のスパイクの裏が汚れていたのか・・・真相は謎です。ともかくこれで先制し、都合よく試合終了。この試合、全体としても珍しい雷門が失点しなかった試合です。しかし、こいつらが昨年帝国とたたかったというのは本当なのでしょうか・・・。いや、戦ったのは事実でも惨敗したのかもしれません。ともかく、これでフットボールフロンティア第1回戦を無事に突破。さらに夏美がマネージャーになり、だんだんと今と同じような環境になりつつあります。
 そして、帝国の総帥室。影山が冬海と連絡を取り、「雷門が『イナズマ落とし』を復活させたか・・・面白い。良い退屈しのぎができた・・・。」と、彼がイナズマイレブンだったことを示す伏線と、若干の死亡フラグを立ててくれました。やっぱりイナズマは初期から面白いです。若干色眼鏡はかかっているかもしれませんが。


 そろそろアルセウスをもらいに映画館へ行こうかな・・・と思います。一応ほしいですしね。
 最近、訪問者リストを眺めてみたりしています。僕が1度も行ったことのないようなブログの人が見に来てくれたりしていますが、どうやってこのブログの存在を知ったのか・・・。やっぱり「イナズマイレブン同盟」が大きいんでしょうか。「同盟」に入った前後から訪問者数が一気に上がりましたし。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


そろそろタイトルもネタ切れだ・・・。 ≪         HOME         ≫ お知らせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。