--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/22 Sat  01:25
イナズマイレブン7話 河川敷の決闘! 感想

 どうも、明日に模試があるせいで日曜日に「土曜講習」があるので、結構きついアカンコです。しかし、マガスペでZ-END復活!ラフ・Jが出てきたのも良かったですが、これ「マインザーグ」読んでないと混乱するような・・・。単行本未収録の1部から今回始まった2部の間に何があったのか全く分からないので、5巻の早期発効に期待します。
 それから、無記名の方から拍手コメントがありました。ありがとうございます。
以下返信

>たしかに、新メンバー入れる球に無理やり既存のメンバーを抜かしている感はありますよね・・・。入院させるのは、ジェミニストームの強さを際立たせる効果を持たせたと言えば説明はつきますが、染岡さんの怪我を誰も気にしていなかったことは不自然ですし、仰るとおり風丸の性格はかなりネガティブになっていると思います。
 あと、僕は別に初期メンバーは嫌ってませんよ。染岡さん大好きですし。ただ、栗松には良い感情は持ってませんけどね。

 それでは、「僕が書いていなかったイナズマ感想」です。

 今回登場するのは御影専修農業高校付属中学、略して御影専農。いきなり雷門と試合をしていますが、まあ明らかにおかしい眼鏡をかけているので怪しいとわかりますね。で、「ファイアトルネード」を「シュートポケット」で防ぎ、下鶴のシュートで御影が4点目を取り試合終了・・・と思ったら、御影の選手は雷門中のデータと戦っていたのでした。ここで、御影の監督が影山や鬼道さんに「勝利は間違いない」とか言っていましたが、「データを信用しすぎた奴は負ける」というのが少年漫画やアニメの鉄の法則ですから、この時点で御影の敗北は濃厚です。しかし、この監督、顔に何つけてんだよ・・・変態すぎるだろ・・・。
 そんな中、雷門の面々は今日も元気に河川敷で練習中。ふと橋を見上げると、やたらとギャラリーがいます。風丸が、「ついに俺たちのファンができたのか?」とか言ってますが、こいつはこの頃から楽観主義だったんですね。今に始まったことじゃなかったw
 そんな中、必殺技の練習をしようとする面々。しかし、グラウンドに雷門家の車が現れます。場寅さん・・・体を大切にして下さいよ・・・。そして、車から降りてきた夏美は「必殺技の練習を禁止する」と宣言。憤慨する円堂に「橋の上にいるのはファンではなく他校の偵察隊」だと伝える豪炎寺。つーか、知ってるならさっさと言って下さいよ豪炎寺さん。
円堂:「けど、必殺技なしでどうやって!!」
豪炎寺:「円堂!必殺技だけがサッカーじゃないぞ。」
 お前は何を言っているんだ。これは、超次元サッカーなんだよ!!by修造

 参考。14:27くらい
 さて、そのころ御影の連中に鬼道さんが絡んでいました。それにしても、杉森の髪型は凄いなぁ・・・。とある一部で「バフンウニ」呼ばわりされていた木暮よりです。で、鬼道さんはここで雷門のことを「バカ」、円堂のことを「大バカ」と言っていますが、これは鬼道さんなりに「評価」しているんでしょうね。それにしても、アニメ版の鬼道さんは善人のオーラが出てるなぁ。
 んでもって、相変わらず河川敷で練習中の雷門。FFの初戦に勝ち、理事長の娘がマネージャーになったのに学校のグラウンドを使えないサッカー部って・・・。そんなところに、御影の2人が巨大トレーラー数台を引き連れて現れます。・・・イナズマクオリティですよ、うん。
 そして、いろいろあって決闘へ。結果は下鶴の「ファイアトルネード」を円堂が「熱血パンチ」で止め損ね、豪炎寺の「ファイアトルネード」が杉森の「シュートポケット」に止められ、雷門の惨敗。下鶴VS円堂の結果は当然として、豪炎寺VS杉森は主に属性の優劣面から納得いきません。つーか、「ファイアトルネード」が全国で通用したとか、昨年のFFのレベルはどんだけ低かったのでしょう。ちなみにその夕方、土門が鬼道さんと繋がっているところが描写されますが、今に始まったことじゃないのでどうでもいいですね。
 んでもって雷門中サッカー部室。春菜の情報によれば、杉森が御影の正GKになってからは、御影は無失点を貫いているそうです。まあ、強さ6とは言え属性最強のキーパー技を持っていますからねぇ・・・。そこで、円堂は「初ゴールを奪うのは俺たちだ!」と燃え始めますが、風丸に「根拠なく燃えている場合じゃない」と突っ込まれます。おや、楽観主義じゃないですね。さらに、「新必殺技だ!」とほざきだす円堂にも風丸と染岡さんが突っ込んでいました。まったく、いつでもポジティブってのも考えものですね。つーか、染岡さん喋ってるなぁ。試合の時は必ずセリフありますけどね。「ドラゴン!」だけだとしても。
 そして、夏美に呼び出される雷門サッカー部。しかし、呼び出された場所に集合しても夏美の姿はありません。土門が「陰気なところ」と言ったのも無理はありません。そこで、目金君が解説をしてくれます。
目金君:「ここは、雷門中七不思議の1つ、『開かずの扉』・・・。昔、ここで生徒が忽然と姿を消してまった・・・。それ以来、ここに入った者は、二度と戻ってこないという・・・。」
 そいつは恐ろしい・・・。みんなが驚いている中、影野は一切恐れている描写がなく笑えます。・・・と思っていたら、普通に扉が開きました。「開かずの扉」じゃねーじゃんwwwしかし、ここで壁山の魂が抜けているのには爆笑したwww
 当然、中から現れたのは夏美。その扉の中にあったのは、かつてイナズマイレブンが特訓のために使っていたと言われる施設、「イナビカリ修練場」ゲーム版では、期間限定で「ハーヴェスト」の秘伝書が手に入るも、それに気がつかなかったプレイヤーが取り損ね、泣く泣く2週目をやる羽目になることが往々にして起こると言われる魔の施設。まあ、毎回毎回4対4のミニゲームで単調であることもある意味「魔」ですが・・・。
 で、そこで特訓をすることになった雷門の面々ですが、サッカーに関する施設はほぼ0と言っても過言ではありません。どうするのか・・・と思っていたら、施設が起動。ベルトコンベアーの上で走り続けないと車に轢かれる特訓、高速で回転するすり鉢状のフィールドで走り続ける特訓、上からビームが降ってくる特訓など、円堂の施設以外にサッカー要素のあるものが全くありません。ナニワランドの地下の方がはるかにサッカーらしいです。
影野:「存在が消えちゃうかも。」
 ワロタwwwたしかに、この施設では下手したら「失敗=死」の公式が成り立ってしまう可能性があるから末恐ろしいです。しかし、円堂は「オラワクワクすっぞ!!」「おもしれぇ!!」と燃え始めました。軽く基地外です。
 そして、特訓が終わり、扉が開きました。中を覗くと、見えるのは累々と横たわる屍・・・ではなく、殺人特訓をこなしてきて瀕死状態の雷門イレブンでした。春菜が、「救急箱持ってきます!」とか言ってますけど、これはさすがに救急箱で何とかなるものなのでしょうか・・・。そして、口々に愚痴を言う部員たちに円堂は声をかけます。
円堂:「元気出せ・・・!伝説のイナズマイレブンと同じ特訓を乗り越えたんだぜ!!」
豪炎寺:「その通りだ。この特訓は無駄にはならない。」
円堂:「よーし、試合まであと1週間、毎日続けるぞ!!」
一堂:「お~・・・。」
土門:「もういやだ、2度とごめんだ。こんな特訓が何の役に立つって言うんだ・・・。」
 なんだかんだで円堂と豪炎寺は気力が残ってますねwwwまあ、豪炎寺はもともと名門校でサッカーをやってたんだから当然か。しかし、同じく帝国でサッカーをやっていたはずの土門は相当へばってますね。まあ、「何の役に立つって言うんだ・・・。」というのは、土門だけでなく視聴者の多くが考えた事だろうと思います。
 それから毎日イナビカリで特訓し、雷雷軒でラーメンを食べる日々。特訓後に普通にラーメンを食っている円堂&豪炎寺と、まともに食べず突いているだけの染岡さん&風丸を比べてみても素の気力が違う気がします。まあ、普通ならば急激な運動をした場合は体が飲食物を受け付けない気がするんですが・・・。その後、再び特訓後の様子が描かれていますが、なんだかんだで普通に動けているあたりに進歩を感じますね。ちゃんと特訓に付き合っている土門は何だかんだで人がいいです。
 そして試合当日。野生とはあまりにも文化レベルが違いすぎて笑いました。しかし、フィールドの上にアンテナがあるというのは、初めて見た人は上からレーザーでも発射してくると思ったのではないでしょうか。少なくとも僕はそう思いました(ゲーム版で)。その予感は、帝国学園戦でもっと別の形で実現することになりましたが。
 そして、ラストで再び邂逅する円堂と杉森。
円堂:「この前はやられちまったけど、今日は絶対に負けないからな。」
杉森:「君たちが勝つ確率は分かっている。」
円堂:「へーぇ、どれくらいだ?」
杉森:「聞かない方がいい。」
 うん、素晴らしい引きですね。未だに評判が高い回の前座であるだけあります。それにしても、ラストまで書けるのはいつになるやら・・・気長にやります。

 ゲッサンがコンビニに置いていません。イナズマ2を2本買うために節約をしているのですが、ひょっとして2ヶ月で売り上げの低さから入荷を切られたのでしょうか。ザマァwww
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン45話 激震!最強のジェネシス!! 感想 ≪         HOME         ≫ うしおととら感想 №1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。