--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/08 Tue  01:03
ジャンプ感想41号前半

 わずか数日更新しなかっただけで、長い間更新しなかった錯覚に襲われるアカンコです。もはや中毒ですね、うん。
 しつこいですが、ポケモンHG/SS発売まで一週間を切りました。楽しみですね。その前にテストがあるのがネックですが・・・。それではジャンプ感想です。


ワンピース
 先週、モリアの「角刀影」により殺されたオーズ。戦闘で死人が出るのはかなり画期的ですね。CP9編でも死人でませんでしたし。まあ、名前の出ない一般海兵や雑魚海賊はかなりの数が死んでるけどな!!
 それを見た白ひげは「オーズ」と呟く以外、何のリアクションも示しません。そんな彼を海軍中将が狙いますが、「グラグラの実」の能力を使い、一撃で倒す白ひげ。強すぎる。そして、
白ひげ:「オーズを踏み越えて進めぇ!!!」
この一言をして、混戦状態がさらに混戦状態になります。
 そして、先週オーズの片足を切断したドフラミンゴ。今回は白ひげ海賊団13番隊隊長を操り、同士討ちをさせます。いろいろなところで言われていますが、ドフラミンゴはやっぱり「イトイトの実」か何かの能力をもっているのだと思います。糸ならマリオネットのように操りができますし、きつく巻き付けれは切断も可能です。それにしても、
ドフラミンゴ:「正義は勝つって!?そりゃあそうだろ。勝者だけが正義だ!!!!
これは真理だなぁ。将来的に悪とされても、その場においては大概「勝者=正義」になりますからね。
 そして、何か策を考えているらしい智将・“仏のセンゴク”。彼は戦闘に参加せず、エースの処刑台に陣取っていますが、そこにガープが現れます。当然、ガープはその場にいることしかできません。エースを助けたら裏切り者ですからね。そこでガープは涙を流しながら、
ガープ:「エース貴様・・・!!!なぜわしの言う通りに生きなんだ!!!」
と発言。エースにしろルフィにしろ、彼らが海賊になってしまい、海軍に捕まろうものならすぐさま処刑されるとガープには分かっていたのでしょう。兄は大海賊時代を起こしたゴール・D・ロジャーの、弟は世界政府に真っ向から刃を向ける大犯罪者モンキー・D・ドラゴンの、それぞれ息子です。海軍にとっては憎き敵の息子、自分たちに従わねば処刑するに決まっています。だからこそ、ガープはエースにもルフィにも「強い(立派な)海軍になってほしい」と言っていたのでしょう。
 そんな中、上空から声が。上を見上げれば、小さな点が・・・と思いきや、ルフィ、イワンコフ、クロコダイル、ジンベエ、バギー、Mr.3以下その他もろもろの反乱軍でした。ようやく出てきた主人公、ハンコックが反乱軍側に寝返りそうだとか、また衝撃的な事実が判明しそうだとか言いたいことはいろいろありますが、はやる気持ちを抑えて次回を待ちます。1つだけ言うならば、イワンコフがDEATH・WINKを使えば風圧で反乱軍は助かるんじゃなかろうか。まあ、それで白ひげ側にも海軍側にも被害は出るでしょうが、名前のある奴は死なないので無問題です。


ブリーチ
 今回何故かブリーチを読み飛ばしていました。何ででしょうね。
 で、感想なんですが・・・ラブの姿が始解と仮面で完全に鬼に見えることしか感想はありません。手抜きじゃないよ!!
 さて、見開きで大量の狼を率いていたスターク。正直帰刃した際に予測できていたので大して驚きもしませんでした。が、未だローズは動いていませんから、どうなるかは楽しみです。


NARUTO
 うちはと千手って親戚だったのか・・・。正直後づ(ry
 さて、今回も前回に引き続いての戦闘。前回状態2になった重吾でしたが、あっさりと雷影にやられました。雷影の強さが分かりますね。ところで、皮膚を変色させてハイテンションで叫び出しながら本気になったにも関わらずフルボッコにされるって、あれ・・・なんか・・・スポーツ関連の漫画でデジャヴを感じた。しかし・・・何のスポーツだったか・・・。いや、スポーツじゃないのかあれは・・・?
 で、次回は雷影VSサスケ。何と言うか、主人公がキショイ発言するばっかで活躍してねーなぁ。


リボーン
 先週復活した骸。しかし、あくまで彼は「極めて実体に近い幻覚」であるようで、本体はどこかの牢獄に囚われているようです。しかし、骸は意味深な発言を繰り返し、遂には
骸:「我々はすでに動きだしている・・・とだけ言っておきましょう。」
と、何かかっこつけた発言を。しかし、結果的にツナたちが転送装置に炎をともす時間を稼ぎ、消滅。実体の骸が見られる日も近いのでしょうか?
 さて、骸によってまんまとボンゴレとユニに逃げられた白蘭。部下に言われ、ようやく彼の目的を言ってくれます。しかしその中の1フレーズが、
白蘭:「僕は超時空の創造主になれるんだ。」
・・・ある意味某新世界の神よりも壮大な電波です。僕のアンテナでは受信しきれませんでした。駄目だこいつ・・・早く何とかしないと・・・(AA略
 来週は一旦平穏に戻るのでしょうか。それはそれで楽しみです。


 個人的にはこの感想が手抜きに感じます。と言うのは、どの感想を書いていても今回のぬら孫がドーピングコンソメスープだったのに爆笑し、感想を書くのに集中できなかったからです。ネタすぎるだろ、あれは・・・。
 さて、話は変わり、現在我が家のパソコンの調子が悪いんですね。ですから、数日更新しなかったらパソコンがぶっ壊れたかアカンコが死んだんだと思ってください。買ってからそんなに経ってないのになぁ・・・。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


新テニプリ12、13話感想 ≪         HOME         ≫ ジャンプ41号感想後半
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。