--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/15 Mon  23:13
イナズマイレブンの感想

こんばんは、アカンコです。今日で連休も終わりです。皆さんどのように過ごされましたか?僕は、火曜日から定期テスト3日目なのにゲームのレベルUPに勤しんでいました。そのゲームがこちら。
http://www.inazuma.jp/
イナズマイレブン、というサッカー、そしてRPGのゲームです。なんだか小学館が猛烈にプッシュしているというこのゲーム、退屈しのぎに買ってみました。すごく痛いゲームでした。
まず、ストーリーから。
「かつてサッカーにおいて最強を誇った中学校、雷門中。それが今では部員がそろわず廃部寸前。キャプテンの円堂守はこの弱小サッカー部を全国大会優勝に導けるのか?」
まあ、要約するとこんな感じです。始まりは普通です。始まりは。どのようなところが痛いのか。箇条書きで書いていきます。
・当て字が多い。
 非常に当て字が多いゲームです。人名も、学校名も。普通の名前もあるんですが、当て字が圧倒的に多いんです。対戦する学校名を列挙しても・・・尾刈斗(オカルト、怪奇現象を武器に戦う)、野生(のせ、動物に関する名前が多い)、御影専農(みかげせんのう、洗脳されている)、秋葉名戸(しゅうようめいと、秋葉、メイド)、帝国学園(ていこくがくえん、名前だけではこのゲームの良心)、戦国伊賀島(せんごくいがじま、忍者の学校)、千羽山(せんばやま、名前は普通)、静修木戸川(せいしゅうきどかわ、帝国と同じく、良心)、世宇子(ゼウス、レギュラーの名前がオリュンポス12神)というように、帝国、千羽山、木戸川以外はすべて痛い名前です。
 さらに、キャラの名前も当て字。最も顕著なのが世宇子。選手情報の上から三人をあげます。
  ・安芸 玲須(あき たままつ、通称アキレス)
  ・明天名 智(あてな とも、通称アテナ)
  ・亜風炉 照美(あふろ てるみ、通称アフロディ)
 完全に当て字、痛すぎます。他にも野生がひどいので、気になる方は
http://pokowiki.com/inazuma11/
のライバルチームを見てみてください。

・技が痛い。
 かつて不可能技の数々で我々読者の腹筋を崩壊させてきた「テニスの王子様」。このゲームはその技のはるかに斜め上を行く技ばかりです。例えば・・・
  ・オーラでボールをキャッチ
  ・体に炎をまとい相手のDFを突破
  ・分身して相手を惑わし、突破する 
 ここまでは、常人でもできる技です。
さらにレギュラー陣は・・・
  ・追い風を受けて猛ダッシュ、相手を空の彼方に吹き飛ばす
  ・地面を隆起させ、相手を吹っ飛ばす
  ・DFとGKが協力して巨大な壁を作り、ゴールを守る
  ・フィールドに津波発生
  ・天使になる
  ・時間を止める
 どう考えてもファンタジーマンガの域です。ここまで来ると「ああ、製作者側も楽しんでいるんだなぁ・・・」としか思えません。

 さて、この2点だけでもこのゲームの痛さがわかったはずです。そして、この自分の部屋で「ヒャッハー、ウラゼウス9-0で倒したぜー!!」と叫んでいる管理人の痛さもわかったと思います。
 2009年4月26日追記:この記事を書いた1月後くらいに、10-0で勝つことに成功し、つい先日メインファイルのプレイ時間が100時間突破。3つの記録を合わせれば近々200時間を超えるでしょう。
 しかし、ゲーム自体は斬新ですし、それなりに楽しめます。この記事で一人でも多くの方がこのゲームに興味を持ってくれればうれしいと思います。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


TEST ≪         HOME         ≫ 2008年まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。