--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/17 Tue  20:16
ジャンプ51号感想

 やっぱりワンピがないとモチベーションが上がらないアカンコです。11月も中盤に入ったと言うのに、全く雪の積もる気配がありません。そんな状況で近所の家々がクリスマスイルミネーションを始めても、風情もへったくれもあったもんじゃありません。
 それではジャンプ感想です。


ブリーチ
 正直別段書くこともないんですが、全く良いとこ無しだったヤミーさんには爆笑したよwww絶対にスターク、バラガン、ハリベル、ウルキオラ、ノイトラ、グリムジョーの方が強かったよwwwwwゾマリさんやザエルさんは微妙・・・だけど、やっぱりヤミーよりは強そうだな。
 そう言えば、一護の親父が出てくるのは次の次の編だとか言う噂があるみたいですね。さっさと風呂敷畳もうぜ。


ぬらりひょんの孫
 今週はなかなか面白かったですね。
 奴良組本家から京都に向かって航海・・・と言うか航空中の宝船と小判船。側近(河童除く)、遠野勢以外の妖怪たちはのほほんと酒を呑みながら談笑していました。羽衣狐に挑むのにこんなんで良いのか・・・?
 船の速度が遅いのをリクオに進言しようとした納豆小僧ですが、リクオは現在取り込み中とのこと。食料庫らしきところでキュウリに味噌付けて食べている雨造には笑いましたが、会議に行かなくていいのかお前はwwwww
 で、その会議。普段本家では木魚達磨がやっている議事進行は黒がやっていました。何気にショウエイも着いて来てるんですね。四国編では良いとこ無しでしたから、ある程度は活躍してほしいです。親父は400年前の京都で活躍してましたし。あと、牛鬼組は同行してないみたいですね。
 で、リクオの部下でもないのに奴良組の妖怪から下に扱われるのは不当だと主張する遠野勢が、「奴良組も落ち目だな」、「リクオにハツもヒョウイも教えなかったのは、側近の誰も出来ないからだろう」と挑発。リクオを部屋の外に出した首無が「奴良組が全盛を誇ったのは二代目の時代だった」と言っていますが、首無を始め、黒、青、河童などの大半の側近は親父の時代の妖怪たちなんですね。黒、青は彼らの親父らしき姿の妖怪が総大将の過去に出ていましたが、首無はおそらく二代目にスカウトなり何なりさせたのだろうと推測してみます。シルエット2つは、一方は烏天狗みたいですがもう一方は・・・?ただのイメージかもしれませんが。あと、二代目の髪色母親譲りですかね?リクオ、総大将は白と黒ですが、二代目は黒一色ですから。とりあえず、若頭側近たちは力を押さえているみたいですね。二代目が死んだ後、総大将は妖怪同士の抗争を起こして、リクオが命を落とさないために戦闘方法を教えてこなかったのでしょう。力が無ければ争いも起こさないでしょうしね。
 そして、互いに挑発しあった末に首無vsイタク。イタクの攻撃を普通に避けたことから考えると、やっぱり首無はかなり強いみたいですね。
首無:「常州の弦殺師首無それが私の・・・江戸時代の呼び名だ。」
うん、無駄にかっこいいわ。しかし、リクオは何も気づいていないみたいで・・・。騒がしいのに、鈍感すぎるだろ。あと、来週は「何者か」がやって来るみたいですね。
 それにしてもイタクは、四国妖怪を統一した隠神刑部狸を畏れさせ、京都でかなりの勢力を誇り、陰陽師の最大勢力花開院家でも太刀討ち出来なかった羽衣狐を(十三代目秀元の力を借りたとは言え)倒した総大将が作った百鬼夜行と畏れられる軍団を更に強化し全盛を誇らせた妖怪任侠最大最強勢力奴良組二代目総大将ぬらりひょんの息子の側近たちが、本当に「ハツもヒョウイも使えない」と思っていたのでしょうか・・・。さすがに常識的に考えろと言いたいです。


トリコ
 前回、第四支部支部長バリーガモン、第五支部支部長ボギーウッズ、さらに副料理長トミーロッドが登場。GTロボには乗っていませんが、この吹雪の中で平然としていられる彼らにGTロボなどいらないでしょう。それにしても、副料理長はスタージュン様だけがまともなデザインですね。グリンパーチもトミーも虫じゃねーか。
 ゾンゲ様ご一行がガウチの群れに出くわす中、トリコたちは順当に先に進んで行きます。しかし、先に進むにつれて吹雪はますますひどくなり、トリコたちはその場のバイソンを狩ってコートを作ることに成功。トリコ程ではないですが、滝丸、マッチも強いですね。まぁ、ここまでの吹雪を受けて脱落していない時点で並以上の強さを持っているのは分かりますが。その後、仲間の敵討ちとばかりに現れたバイソンの群れを殺そうとしたマッチをトリコが止め、威嚇で追い払います。それを見たマッチはゼブラとトリコを比べているようですが、ゼブラはかなりの危険人物みたいですね。ただ、今回の描写を見る限りではトリコと全く正反対の思想を持っているはずなのに、トリコが特別ゼブラを嫌っている描写はないんですよね。どういうことなんでしょう?
 さて、トリコたち、そしてゾンゲ組とは違うグループで唯一生き残っているのがマスクを被ったワンピのキラーに似た人物。トミーはそいつに向けて、口から虫を出して攻撃しようとします。バリー、ボギーの様子から察するに、かなりの広範囲攻撃のようですが、どんな攻撃なのか、そしてマスクの人物は何者なのか、ついでにゾンゲたちは無事に帰れるのか、来週以降にも期待です。


 だいぶ前の話ですが、ペアプリを買いました。薄さに対してかなり高いですが、紙質が良い&カラー大量なのと、内容で十分納得できる値段でした。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン58話 炸裂!ファイアブリザード!! 感想 ≪         HOME         ≫ ジャンプ52号感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。