--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/25 Mon  12:50
ジャンプ8号感想

 何かもう、イナズマとジャンプの感想しか書いてませんね。こんにちは、アカンコです。明日から二次試験のために登校せねば・・・マンドクセ。
 それではジャンプ感想です。


ワンピース
 ガープは結局非情にはなりきれませんでしたね。まぁ、キャラ的に人情とか大切にしそうですし。
 そして、ようやく処刑台へと辿り着いたルフィ。残るはセンゴクだけですが、何か大仏みたいな姿になりました。「仏のセンゴク」の二つ名はここから来ているのでしょうか?
 センゴクの行動で崩れ出した処刑台に向けて、海軍の兵士たちが砲撃。黄猿によって手錠の鍵が破壊されたためにエースは炎を無効化出来ず、死んだ・・・と思いきや、よく分からなかったのですがMr.3の能力で手錠を開けたようで、炎を無効化。目的は達しましたし、後はどうやって退却するかですね。


ぬらりひょんの孫
 今週の表紙でしたね。センターカラーでしたし、好調な感じで嬉しいです。
 さて、花開院家に宝舟の情報が入った様です。そして、十三代目が差し出した「螺旋の封印」の立体模型を出現させ伏目稲荷神社な場所を確認、十三代目が「『アイツ』が巣食っている」発言をすると、何で知ってるんすかね?
 そして、謎の鳥居の空間に取り込まれた淡島。千手観音の妖怪が支配している様です。大量の鳥居が置いてあり、その鳥居は空間系の能力の様子。一つの鳥居に一本の手が対応しているようですね。
 淡島が何が何だか分からない状態に陥っていると、鳥居を通じて黒田坊が援護。「エロ田坊」呼ばわりは酷でぇよwwwwwしかし、千手観音の妖怪はその鳥居を破壊。自己紹介によると、「二十七面千手百足(にじゅうななめんせんじゅむかで)」と言うそうです。平仮名だと良い感じにウザイです。
 来週は淡島の畏が見られるみたいで楽しみです。ところで、あの子供はいったい何なんでしょう・・・?


トリコ
先週、ボギーに栓抜きショットを発動した滝丸。先週の僕の予想とは裏腹に、ノーダメージ。と言うのもボギーの骨格は通常の人間とは異なるらしく、栓抜きショットである骨を外したとしても、体を支えている複数の骨の中の一本が外れたに過ぎないので、一見するとノーダメージに見える様です。これはグルメ細胞の力なのかただの特異体質なのか・・・。
 そして、自分の体を鎖鎌に見立てて攻撃してくるボギー。それに対する滝丸は、栓抜きショットを使うだけ。当然ボギーには大して効かず、ダメージを受け続けて体が動かなくなってしまいます。
 しかし、気力で立ち上がった滝丸は、敢えてボギーに深く体を刺させることで相手の動きを封じ、「決して動かせない骨」を栓抜きショットで弾き出すことに成功。ボギーの末路が気になるところです。


黒子のバスケ
 先週ラストに登場した木吉。黒子を見て悩みがありそうと見抜いた様ですが、「君の悩みなんて知ったこっちゃない」と言い出すなど、軽く意味不明な性格をしています。
 そして、木吉が復活したのと時を同じくして火神も復活。しかし、青峰を含めワンマンプレイを是とする桐皇に負けたことからか、入部したばかりの頃の様に仲間を頼らないワンマンプレイを繰り返しています。
 それを見た木吉が、復帰したての人間が先輩だからとレギュラーの座を奪うのも・・・と、レギュラーの座を賭けての1on1を提案。それを見た日向はため息をつき、木吉のことをこう評します。
日向:「いつだって全力で、バスケバカで、ボケてて、そんで、いつも何か企んでる。
この1on1も木吉の策略なのでしょうか?来週も楽しみです。


 イナズマ2で「ムゲン・ザ・ハンド」のレベルをG5にするのが作業すぎて疲れました。成長要素は面白いので、もっと使用回数少なくてもレベルが上がるようにして下さい。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン66話 地上最強のチームへ!! ブリザード編 感想 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン67話 地上最強のチームへ!ファイア編!! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。