--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/02 Tue  20:07
ジャンプ9号感想

 気がついたらもう2月ですね。こんにちは、アカンコです。明日からイナズマイレブンは世界編。公式サイトには代表候補が載っていましたが、正直トップにいるメンバーたちで確定のはずですから、これ以上ないネタバレですね。・・・さすがにトップ詐欺はやりませんよね?予告詐欺やタイトル詐欺をやってる番組ですから油断出来ませんが。
 それではジャンプ感想です。


ワンピース
 先週、Mr.3の協力で無事エースを救出したルフィ。二人とも能力者であることに加え、血は繋がっていなくとも兄弟ですから息の合い方は抜群です。それにしても、能力的な相性もあるとは言え大将の攻撃を防いだエースはさすが白ひげ海賊団二番隊隊長です。
 さらに、白ひげやエース、ルフィを逃がすためにスクアードが犠牲になろうとしますが、白ひげがそれを止め、「最期」の船長命令を下します。
白ひげ:「お前らとおれはここで別れる!!!!全員!!必ず生きて!!!無事新世界へ帰還しろ!!!」
・・・ここまでフラグ立てて白ひげが死ななかったら、ものすごくガッカリなんですが・・・。いや、さすがに死にますよね?尾田先生?しかし、最後の描写を見るに、白ひげは仲間の中でも異端だったのでしょうね。彼がほしかったのは財宝ではなかったようですが・・・?


ブリーチ
 ギン動けやwwwww役割が解説してるだけで吹いたwwwww
 ところで、ギンは何で藍染に従ってるんですかね?狐目だからか、最後は裏切りそうな気がします。


NARUTO
 ラストのサスケの見下した表情がツボに入りました。たぶんこれでダンゾウは死んだでしょうから、七代目火影はカカシですかね?と言うか、火影がコロコロ変わりすぎな気がするんですが。


ぬらりひょんの孫
 なんかスレで妙に人気が出ている淡島。二十七面千手百足に、自身の「ハツ」を放ちます。その名も「戦乙女演舞」。普通に腕が切断されていますが、当然ながら百足は生きていました。むしろ、腹を貫通する攻撃をくらった淡島の方がダメージくらってるんですが。まぁ、ぬらりひょんが心臓食われて生きていたという前例がありますから、この程度で妖怪は死なないのでしょう。
 そして、百足を斬っても死なないことから、「泣いている男の子」を斬ればいいのでは?と考えた淡島。と、その時、かつての雨蔵との会話を思い出します。そして、淡島がとった行動は、「天女のヒョウイ―完全なる母性 イザナミ」によって男の子を抱きしめること。これで男の子が泣きやんだのと同時に弱体化する百足。この妖怪は、男の子が作り出した空間に巣食っていたみたいです。これは意外。てっきり百足が作った空間に男の子を呼び込み、その恐怖を吸っているんだと思っていました。
 そして淡島は、弱体化した百足に「鬼神のヒョウイ―完全なる父性 イザナギ」を放ち、百足を討伐。無事にリクオたちのいる空間に戻ります。そんな場所に現れたのは、十三代目秀元と、花開院竜二と花開院魔魅流。・・・あの、術者であるゆらは?まぁ、これで奴良組と花開院家が協力・・・でしょうか?次回も楽しみです。


トリコ
 ボギー、仙骨を斬られてリタイア。トミーさんの蟲のエサルートですね。ご冥福をお祈りします。
 さて、お次はマッチさん+モブヤクザ×3vs初登場で名前を書かれなかった地味支部長バリーガモン。亀の甲羅を装備して防御は万全、更に寒冷地に対応した体と、アイスヘルでの活躍のためだけに作られたキャラな気がします。しかし、ここで支部長二人殺られたらヤバいと思うのですが・・・。
 と言うわけで、マッチさんの脱力が完了する三分の間、バリーを引き付けておくモブヤクザ×3。正直、甲羅を装備している、とか油を出せる、とかそんなに防御面に自信があるなら銃とか無視してマッチさん殺せよと思いますが、まぁそこは漫画ですからね。


黒子のバスケ
 先週レギュラーを賭けて1on1を挑んだ木吉。どうなるかと思いきや、負けました。しかし、履いていたのがバスケットシューズではなく上履きであったこと、1年のブランクがあったことを考えると、まだまだ全盛期の実力には至っていないのでしょう。
 そして、久々に登場した秀徳。主将の大坪の話によれば、「木吉は一年前の決勝リーグには姿を現すことはなかったが、いたら秀徳の敗北もあり得た」らしいです。更に、緑間も中学時代に木吉と邂逅したことがあったらしく、よく覚えているそうな。しかし、黒子はベンチ入りしたばかりだったので覚えていないだろう、とのこと。黒子の才能が見出されたのは他の面子よりも若干遅かった、ということでしょうか?
 部活終了後、共に帰る日向と木吉。日向は火神のことを案じていましたが、木吉は黒子のことを案じていました。そして、「自分もぶちあたった壁」に二人は直面しているようです。いまいち木吉の底が測れませんが、少なくとも彼の存在がマイナスに働くことはないでしょうから、どうなるが楽しみです。


 何か最近ダルいです。ちゃんと寝てるんだけどなぁ・・・。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン67話 地上最強のチームへ!ファイア編!! 感想 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン68話 集結!日本代表!! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。