--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/19 Fri  23:54
イナズマイレブン70話 呪われた監督! 感想

 国公立大学の二次試験があと一週間にまで迫ってきました。こんにちは、アカンコです。ちなみに私立は受かると思っていたら受かりました。バンクーバー五輪のスノボを見てたんですが、ショーン・ホワイト別格すぎてワロタwwwあの人こそリアルに超次元です。
 イナズマ3の公式サイトオープン!ブレイクは黒歴史ですか、そうですか。ファミ通ではだいぶプッシュされてましたね。
 それではイナズマ感想です。先週が面白かったせいか、今週はちょっと物足りない感じでした。・・・その割にはアホみたいに長いですがね。自分でも読む気が失せました。忙しい人は太字だけ読んで下さい。


 まずは円堂を起こしに来た秋。円堂の弁によれば、今日から代表選手は合宿だそうな。いったい何処に宿泊しているんでしょうね?雷門中かとも思いましたが、個人の部屋が与えられてましたし、どうなんでしょう?
 そして、練習でハブられているのか自分から避けているのか分からない不動と飛鷹。孤独ですね。そんな中、虎丸登場。彼だけは、合宿ではなく家から通っているらしいです。結束を高めるのが合宿なのに、こんなことが許されていいのでしょうか?しかも、「信号と言う信号がみんな赤信号で・・・。」とか、リアルで言ったら「つくならもっとましな嘘をつけ!」と言われるレベルです。家に帰る理由は、虎丸曰く「自分の部屋でないと眠れない」そうな。しかし、どんなものだか怪しいですよね。スレでは、実は女だとか影山と繋がってるとか言われてますが、僕は「家が貧乏or忙しい」説を推そうと思います。理由は、EDで出前に使う金属の箱みたいな物を持っているから。家が食堂をやっている、とか。それを茶化す不動に対し風丸が、「何であんな奴が選ばれたんだ」とか言ってましたが、もっと別の人に言ってあげて下さい。
 そして久遠監督が登場し、冬っぺがマネージャーに就任。そして、監督が衝撃的な一言を!
久遠監督:「アジア予選に向けて特訓を始めるが、その前に一言言っておく。はっきり言おう。今のお前たちでは世界には通用しない!!
・・・え?何言ってんすかあんた。サッカーを破壊の道具とするハイソルジャーの集まりであるエイリア学園を倒した雷門のメンバー、そしてハイソルジャーであるヒロトが世界レベルではない?またまた、ご冗談を。だいたいこの理論だと、雷門メンバーと同等かそれ以下の強さである一ノ瀬と土門を主力メンバーに据えるアメリカも世界に通用しなくなりますし、「ハイソルジャー計画」が破たんします。更に監督は、「自分のやり方に納得出来ない者がいたとしても、口答えは一切許さない。」と、監督絶対至上主義を発令。何か、選手の意見に対して「あなたの意見は聞いてないわ。」と切り捨てた例のあの人を思い出します。監督は更に続けます。
久遠監督「特に鬼道!吹雪!豪炎寺!円堂!私はお前たちをレギュラーだとは全く考えていない。試合に出たければ、死ぬ気でレギュラーの座を勝ち取ってみろ!!」
まぁ、これは正論。世界相手ですからね。主人公だろうがエースストライカーだろうが天才ゲームメイカーだろうが、馴れ合いは許されません。
 そして練習開始。鬼道さんがリュウジを突破。対するリュウジは「いきなり本気かよ!」・・・監督の演説を聞いてこのセリフ。さすがはエイリア学園最低ランクです。更に、風丸がヒロト、栗松を抜くも、ツナミに奪取されます。三ヶ月の間にディフェンス能力に磨きをかけましたか。だから受験勉強はいいのかと(ry
 そしてヒロトに渡り「流星ブレード」。今さらですが、どこも「ブレード」ではありません。対する円堂は、「正義の鉄拳G2」。押されますが、何とか弾き返しました。三期になって円堂がスパッツを履き始めたのは、「正義の鉄拳」で脚を上げるからでしょうか?ちなみに飛鷹はまた技を失敗してリーゼントのお手入れ。栗松にすら呆れられているとか、ちょっとヤバいですよ元番長!「蹴りのトビー」!これに関して監督は何も言いませんが、何ででしょう?「響木さんがスカウトしたんだし・・・。」とか思っているんでしょうか?響木の人選は総じて微妙だからなぁ・・・瞳子前監督含めて。
 風丸が囲まれますが、鬼道の指示で土方にパス。しかし、選抜試合よろしく虎丸に奪われ、虎丸はシュートチャンス。しかし、虎丸はヒロトにパス。こうなるとシュートを「撃たない」ではなくシュートを「撃てない」と判断した方がよいでしょう。続いて、壁山がリュウジ、ツナミのシュートをブロック。全員好調そうですが監督登場!壁山には「守ってばかりのDFは、私のチームには必要ない!」と言い放ち、風丸には「何故土方にパスを出した?鬼道が言ったからか?お前は鬼道の指示がなければ、満足にプレーも出来ないのか!!」と叱責。夕方になっても「ボサッとするな土方!」、「栗松!それくらい自分で持ち込め!」と厳しいお言葉。ただ、監督の言葉は瞳子の意味不明な采配よりは推察が容易です。「守ってばかりのDFは~」と言うのは、守るよりは攻めた方が試合に勝つ可能性は上がりますし、「攻撃は最大の防御」とも言います。すぐに攻撃に転じろ、という意味でしょう。「鬼道の指示がなければ~」は、一々司令塔の指示を待っていては相手にチャンスをあげるようなものですし、口での指示は相手にも伝わりますからね。
 練習を終えての食堂。円堂は死んでいました。リュウジ、壁山もクタクタでしたが、土方は余裕。さすがは沖縄で肉体労働をしていただけあります。そして、遂に円堂の本音が!
ヒロト:「円堂君はどう思う?あの監督のこと。」
円堂:「どうって・・・そりゃ確かにちょっと変わっているとは思うけど・・・良い監督じゃないか!思ったことを、ハッキリ言ってくれるんだし!きっと、オレたちにはまだまだ足りないところがあるんだよ。世界を目指すためにはさ!」

>思ったことを、ハッキリ言ってくれるんだし!
>思ったことを、ハッキリ言ってくれるんだし!
>思ったことを、ハッキリ言ってくれるんだし!

当て付けか?それは瞳子に対する当て付けなのか!?もしそうだとするならば、一番信頼されていた円堂にすらこの言われよう。瞳子カワイソス。
 そして、食堂に集まらない不良の片割れ、飛鷹。彼は響木の元で必殺技の特訓中。この事情を知っているから、監督も何も言わないのかもしれません。ところで響木が枝を持っていたんですが・・・何これ、伏線?
 翌日。珍しくまともに練習に参加していた不動さんは、あまりにもスルーされているのに腹を立てたのか、風丸に明らかにファールのスライディング。監督が何を言い出すかと思えば、
監督:「不動!ナイスチャージだ。」
(;^ω^)<・・・。
監督、明らかにファールです、それ。とりあえず、超次元でもいいからサッカーのルールブック100回読み直して来い!話はそれからだ。しかし、監督は不動がお気に入りの様子。もしかすると、二人でグルになって残るメンバーの結束を高めようとしているのかもしれません。・・・明らかに崩壊を煽ってますが。
 おかげでまずはリュウジが暴走。しかし壁山よ。「いつもの緑川さんじゃないみたい」って、知り合ってから長くないだろwwwしかし、緑川「さん」であることを考えると、リュウジは2年か?
 そして、久々に登場の雷雷軒。客が入ったのも久々なのか、若干響木の声が嬉しそうです。ちなみに雷雷軒のラーメンは殆どが700円越え。通称ぼったくりラーメンです。しかし、円堂に何か言わせる間もなくラーメンを押し付けたのは、円堂の言葉で他の三人が影響されるのを危惧したからでしょうか?曰くあり気にゴールを触っていた冬っぺも気になるところです。
 翌日。木暮のパス要請に応じず一人で突っ走る不動さん。さすがです。ここの木暮が若干棒読みに聞こえました。そして、春奈は目金と共に中学サッカー協会に忍び込む作戦を立案。理由は久遠監督の過去を探るため。「響木監督が監督をお願いするような人なのに、ネットのデータベースに全然情報がないのはおかしい」と言うのが春奈の理論。そして協会に忍び込もうとしますが、受付の女性に発見されます。雷門中だという理由で関係者以外立入禁止の場所に入れてもらえます。さすが超次元。これがイナズマクオリティ。
 一方の雷門中グラウンド。壁山が体力不足からか倒れ込みます。スパルタはほどほどに。熱射病で死んだら洒落になりません。まぁ、イナズマ世界のサッカー選手が熱射病で死ぬとも思えませんが。
 そして、春奈と目金がサッカー協会で得た情報。それは、「久遠監督はかつてサッカー部を潰した」と言うもの。久遠監督は10年前、桜咲中(さくらざきちゅう、漢字は当て字)の監督をしており、当時の桜咲中はFFの予選を大量得点で勝ち進んでいたそうな。しかし、決勝戦目前に久遠監督が事件を起こし、チームは決勝棄権。残りは詳しい情報がないため分からないものの、久遠監督が呪われた監督であるという噂が流れ始めたとか。・・・10年前と言うと、影山がサッカー協会副理事として権勢を誇り、帝国を優勝させていた時期と重なります。今回はギャグ要素なしで予想してみます。この事件、そして噂は 影 山 の せ い 。
 相変わらず鉄塔広場でタイヤと戯れる円堂。春奈のもたらした情報で悩んでいるようです。その帰り、円堂が河川敷を歩いていると、我らが染岡さん登場!!曰く、FFIには一戦ごとに代表選手を入れ替えられる特別ルールがあり、染岡さんはその枠に入るため頑張っているそうです。つまり、今のメンバーはあくまで一回戦を戦うメンバーってわけですね。自分の出世のためならルールブックに目を通す染岡さんパネェっす。しかし、染岡さんは努力量なら人一倍だよなぁ。そういう点が良いんですが。「俺は絶対に諦めないぜ。また、お前たちと同じフィールドに立つためにな。」のところで染岡さんの愛され具合を確認できました。しかし、代表になったら速攻で監督に噛みついて首になりそうではある。それは否定しない。
 翌日。壁山が引きこもりになってました。まぁ、あそこまでボロボロになったら引きこもりたくもなります。そうしたら円堂は、「好きなんだろ?サッカー。なら、負けるな!辛いなら辛いのごと楽しめばいいんだ!」と、寝言を宣います。それがあっさり出来たら、誰も苦労しません。そして、壁山は「自分はサッカーが大好きだ、だから負けない!」と覚醒。やるじゃん!と思ったら染岡さんが出てきて食ってたシチュー吹いたwww
 そして、FF地区大会の抽選をしたのと同じビルでFFIの抽選会。FFIって、日本主催なのか、それとも作画の都合なのか・・・。FFIは、世界をアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカの5つに分けて予選を行い、優勝した5チームがライオコット島に集結、優勝を決めるわけですが、これだと1チームがシードです。そのため、南極から影山の刺客が送り込まれます。・・・嘘です、忘れて下さい。ちなみにアジア予選は日本を含め八ヶ国。まず登場は優勝候補二翼の一、韓国の「Fire Doragon」。まぁ、こうでもしないと韓国の方々から文句が・・・って、監督がステレオタイプすぎるwwwこれはwwwこれはまずいwwwww続いて優勝候補二翼のもう一、オーストラリアの「Big Waves」、カタールの「Desert Lion」、サウジアラビアの「The Barracuda」と続き、「INAZUMA Japan」の番で、初戦はオーストラリアに決定。二回戦以降はカタール、韓国と戦うのでしょう。てか、試合は二日後って急すぎるだろ!オーストラリア戦に向け、明日から特訓だと意気込むイナズマジャパンでしたが、監督からは練習禁止かつ軟禁宣言。単に休ませるためか、それともスパイ・・・?次回が楽しみですが、当日は二次試験前日のため現地入りで見れるが微妙。悪しからず。
 さて、予告ではツナミの活躍フラグがビンビンですが、とりあえず「ホエールガード」をやってくれれば満足です。何でかって?それはもう、お察し下さい。そして、

teikyouokasann

提供が染岡さんとは、分かっていらっしゃる。


 何か、勝って泣こうぜッ!と雄叫びボーイWAO!のCMを見て、欲しいと思ってしまいました。基本、CD欲しいなんて思わないんだけどなぁ・・・。
 また、バーン、ガゼル、アフロディが韓国チームで登場するのがほぼ確定みたいですが、ガゼルさんは「Fire Doragon」でも「凍てつく闇の冷たさ(笑)」、「絶対零度の闇(笑)」を主張しているのでしょうか?未だに厨二病全開だったら爆笑です。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


ジャンプ11号感想 ≪         HOME         ≫ セカンドインパクト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。