--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/25 Thu  09:40
イナズマイレブン71話 開幕!世界への挑戦!! 感想

 それでは随分と間があきましたが、イナズマ71話の感想です。


 先週ラストで「オーストラリア戦までの二日間、練習をすること、および合宿所からの外出を禁止する」という命令をだした久遠監督。個別の部屋を与えられた円堂たちでしたが、円堂は練習をしないために禁断症状を起こします。部屋から顔を出し、廊下の様子を窺う円堂の目に映ったのは、同じく廊下の様子を窺う風丸。それに鬼道さん、ヒロト、綱海さん、リュウジも加わって外に出ようとします。が、ちゃんと久遠監督が見張っていました。当然ながら外出許可を出さない久遠監督に対し、鬼道さんが桜咲木中の件を持ち出します。何か、ここら辺鬼道さんらしくないよなぁ。鬼道さんは何が起ころうと動じないはずなのに・・・。しかし、それでもやっぱり動じない久遠監督。諦める六人でしたが、ヒロトが「やっぱり呪われた監督なんだよ。」とか言い出した時は吹いたwwwおまwwwもうちょっと賢い奴だと思ってたのにwwwwwすると不動が登場。
不動:「うるせーなぁ。たった二日練習が出来ないくらいで自信をなくしちまうんなら、代表を辞退するんだな。」
あんたはまずその過剰な自信を何とかしろwww
 そして食堂。「運動しないから腹がすかない」とか言いつつ食ってた壁山は何と言うか、お約束ですね。そして、さっさと食い終わった飛鷹に「もう部屋に戻るのか」と尋ねる風丸。「どうしようとオレの勝手だ」と返す飛鷹に、今度は円堂が「少し話さないか」と持ちかけます。対する飛鷹は、
トビー:「キャプテン、ありがたい話ですが、オレは知ってもらうほど大した人間じゃありません。失礼します。」
ちょwww対応違うwwwww一応キャプテンは立場が上、という認識なんですかね。そして春奈が飛鷹のことを「少し不良っぽい」と評しますが、秋は「考えすぎ」と返答。髪型を見ろよ、と思いましたが、超次元ヘアーの連中はたくさんいますからね。主に鬼道さんとか鬼道さんとか鬼道さんとか。
 目金の役立たずぶりは置いておき、秋と春奈が手に入れた情報は、「ビッグウェイブスは海の男たち」なんだそうな。綱海さん活躍フラグです、本当に(ryイケメンが二人ほどいましたが、個人的には向かって一番左のしゃくれ眼鏡のおっさんが気になりました。何か見たことある気がする。そして戦術面では、ビッグウェイブスは攻撃を完全に封じるのだとか。千羽山ですか?それに燃える円堂でしたが、久遠監督が食堂の前で待ち構えており、練習は出来ませんでした。
 そして相変わらず外に出る機会を窺っていた円堂(と壁山)は、虎丸が久遠監督に「帰らせて下さい」と頼んでいるのを目撃します。当然突っぱねるものだと見ていた円堂たちでしたが、久遠監督はあっさり帰宅を許可。いぶかしんでいる円堂を見ていた冬っぺが、「事情があるんじゃ?」と言い出します。そりゃね、特別待遇なんだから事情があるのは当たり前だろ!!と言いたくなりますが。
 そしたら塔子とリカ登場。あのさ、塔子の私服がスーツって何?普通の私服描いてやれよ!まぁ似合ってるとは思うけど。ところで、リカはダーリン追っかけてアメリカ行かなかったのか?そして、塔子の「本当に大丈夫なのか?その監督・・・。」の台詞は、某責任の重みを感じさせない監督に送っていただきたいものです。
 ある時、秋が合宿所の外を掃いていると小者臭漂う連中が現れ、飛鷹を呼び出します。慌てて部屋を飛び出し、久遠監督に外出許可を求める飛鷹。久遠監督の沈黙に「すぐ戻る」と頭を下げ、飛鷹は合宿所を出て行きました。それを追おうとする円堂と鬼道さんでしたが、「お前たちには外出許可を出していない」と突っぱねました。その際鬼道さんは、飛鷹が初心者だと判断した上で自問します。
鬼道さん:「何故代表に選ばれた・・・あいつはお世辞にも上手いとは言えない。染岡やシャドウの方が数段上だった・・・。監督は、このチームをどうするつもりなんだ?」
顔が見られなくなったと思ったら名前で登場するあたり、染岡さんはさすがです。
 そして、工事中らしき場所へ辿り着いた飛鷹と三下以下の臭いしかしない連中。その中の鈴目(?)が「オレたちとつるんで青春しましょう!球遊びなんかやめて。」と言い出し、飛鷹がプッツン。蹴りでコンクリートと思われる塊をぶっ壊しました。そして、「見捨てるんですかオレたちを!?」と尋ねる鈴目に、「ああそうだよ。」、「お前たちとは縁を切ったんだ。」、「(自分がいなくてチームがまとまらなくても)そんなのオレの知ったことじゃない。」と完全に決別。そして去り際に(オレは決めたんだ。サッカーに全てをかけると・・・!)と独白。過去に何かあったのでしょうか。
 さて、偶然合宿所を脱け出せた綱海さん。明らかに手ぶらで脱出したのに海パンにサーフボードを持って河川敷へ。「全ての川は海に通じる!」とか宣ってましたが、帰る時のことを考えてません。でもそんなこと、海の広さに比べr(ryと、河川敷の上にかかる橋を渡っていた車に乗っていた塔子とリカが綱海さんを呼び止めました。
 そんなある時、豪炎寺の部屋を尋ねる鬼道さん。監督が信用出来ないとのことでしたが、豪炎寺は久遠監督を信じる立場を示します。理由は、「円堂が信じるから」。・・・やっぱり円堂は存在するだけで洗脳波動を放っていると見てよさそうですね。そのうちメンバーが久遠監督に「何で私を信じた?円堂が信じると言ったからか?お前たちは円堂がいなければまともに人を信じることも出来ないのか!!」とか言われる日が来そうです。と、その時、壁の向こうからボールが弾む音が。円堂が禁断症状の悪化により部屋で練習を始めたところでした。そこに乱入した豪炎寺と鬼道さん。豪炎寺が取り、鬼道さんが撃ち、円堂が止める。やはり「1」のメインキャラであるこの3人は優遇されてますね。そして、洗脳演説もとい世界一への夢を語る円堂。さりげなく廊下にメンバーが集まって盗み聞きをしています。そして、再び世界一への思いを新たにするメンバーたち。・・・あれ?吹雪は?
 一方の綱海さんサイド。塔子、リカと共に車で海へと送ってもらったようです。スミスとさくらのSPが運転している車ですから、どう考えても税金の無駄遣いです、本当に以下略。
 合宿所で各々が個室で練習を行う中、不動は寝ていました。しかし、部屋にはボロボロになったボールとユニフォーム、そして壁にはボールの跡が・・・。不動は、某プロのタクティクスの人と同じで人の見えないところで努力をするタイプなのかも知れません。そして、その様子を合宿所の外から確認する久遠監督。こうなることを見越していたようです。
 そんなこんなでFFIアジア地区予選開会式。演説に立っているのが財前総理ということは、やはり日本主催なんでしょうか?実況はやはり角馬王将。ちなみにバンガゼアフロは映りませんでした。
 開会式終了後、すぐに日本vsオーストラリア。スターティングメンバーは、

FW:豪炎寺、吹雪、ヒロト
MF:鬼道、風丸、緑川
DF:壁山、綱海、土方、木暮
GK:円堂

やっぱりと言うか案の定なんですが、円堂、豪炎寺、鬼道さん、吹雪はレギュラー入り。風丸はMFかぁ。設定は美味しいのに能力がない風丸。「3」ではもう少し能力を上げてほしいものです。
 そして、試合開始早々オーストラリアの必殺タクティクス・「ボックスロックディフェンス」が発動。ちなみに分からない方はいないと思いますが、‘タクティクス=戦略’です。そして、ボールを奪取された鬼道さん。綱海さんと土方がそれを奪い返そうとしますが、連携の特訓もしていないわけですから息が合わずに激突。そしてオーストラリアの必殺シュート・「メガロドン」!!ジョーズですね、分かります。対する円堂は「正義の鉄拳G2」。お約束通りゴールを決められます。たまには失点なしで、先制点を決めて逃げ切る試合が見てみたいものです。
 そして次回、虎丸が登場するようです。ちゃんとシュートを撃つのか、それともパスをだすのか、ある意味動向が気になります。


 僕は国立二次の後期試験を受けないためしばらく勉強はしなくていいのですが、それだと予想外に暇ですね。堕落した生活を送りそうです。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


ジャンプ12号感想 ≪         HOME         ≫ ただいま!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。