--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/05 Mon  14:49
ジャンプ18号感想+α

 大学に入る、ということで自分用のパソコンを手に入れたアカンコです。と言ってもインターネットにはつないでいないので、相変わらずブログの更新は家族共用のパソコンから。ついでに、気持ちを新たにするためにテンプレートも変えてみました。ペンギンと違って若干暗めな雰囲気です。
 それではジャンプ感想+新テニプリの感想です。


ワンピース
 さて、先週「この戦いを止めにきた!」みたいなこと言って出てきたシャンクスですが、本当に終わらせてしまいましたね。何でこんなにあっさり戦いをやめたのがいまいち分からないのですが・・・。しかもシャンクスが「オレの顔を立てて」みたいなことを言ってますし。
 また新章突入でしょうか?


黒子のバスケ
 黄瀬と青峰の出会いが描かれていましたが、黄瀬は帝光のバスケ部が強いことを知っていたのに入部しようとしなかったのですかね?一年生の頃に覗くくらいはしてそうなものなのに・・・。
 で、現在ですが・・・見る限りでは青峰のほうが上みたいですね。まぁ「最強」の二つ名は伊達ではありませんか。海常の選手が得点した時、青峰は黒子のことを持ち出しますが、対する黄瀬は、
黄瀬:「オレはアンタを倒したいんだよ。理屈で本能抑えてバスケやれるほど、大人じゃねーよ!」
青峰:「・・・やってみな!」
死亡フラグ・・・いや、やっぱり何でもありません。しかし、先週も書いた気もしますが、ここで青峰に負けられるとちょっとなぁ・・・って感じなので、黄瀬には悪いですが海常が勝てる可能性は低いでしょう。


ぬらりひょんの孫
 首無VS茨木童子ですが、まさかここで毛倡妓が絡んでくるとは思わなかった。単行本の質問コーナーで、「首無と毛倡妓の関係」について尋ねていた人がいたのですが、そこではぐらかしたのにはそれなりの理由があったんですね。攻めが首無、守りが毛倡妓でコンビを組んでいたようですが、二人揃って二代目に拾われたのですかね?
 そして土蜘蛛。人質にした氷麗を吊るしつつ、鬼童丸さんと会話しています。
土蜘蛛:「そういやぁ四百年前といえば・・・」
鬼童丸:「ん。」
土蜘蛛:「鞍馬の天狗はどこ行った?それとあのじじいは何者だい?まぁオレのいねぇ間に、天狗はさすがに年で死んだか。」
鬼童丸:「・・・・・・。天狗?何の話をしているのだ?
土蜘蛛:「あん?」
・・・400年前、間違いなく鞍馬山の大天狗と鬼童丸は同じ大坂城にいたはずなのですが・・・。いったいどういうことでしょうか?大坂城にいたメンツには天狗が魔術でも使って自分の記憶を失わせたのでしょうか。なんにせよ、後ろできな臭いことが起こってそうです。
 と思ったら、さっそく「あのじじい」こと鏖地蔵が登場。
鏖地蔵:「久しぶりじゃな・・・。おうこれじゃこれじゃ。全ては、順調に進んでおるぞ。」
やっぱり何か企んでましたか・・・。「敵対妖怪やくざ」の紹介で、鏖地蔵は羽衣狐とは別に出てきていましたから、
きっと何か企んでいるだろうとは思っていましたが・・・。しかも、夜雀が登場。ということは、鏖地蔵が持っているのは魔王の小槌でしょうか?なんか、最終回手前で山ン本が「今までの戦いはすべて私の計画の範疇だ」とか言い出しそうです。


トリコ
 バギーとボギー食われたぁぁぁ!!トミーもボロボロですし、美食會の戦力はだいぶ削られますね。しかし、鉄平が完全にチートだ・・・。で、もうヘルボロスとパラサイトエンペラーは勝手にしてください状態ですね。
 そして久々に小松が登場しますが、ミクロ型GTロボ(ユー?)が既にセンチュリースープを回収した後でしたから、手遅れですかね?


番外:新テニスの王子様
跡部様:「夜明けのティータイム最高だぜ・・・。貴様ら、いい夢は見れたか?」
いきなりですか跡部様。なんだかんだで全員仲良くやってるんですね。蔵兎座さんと柳生が英語で話していましたし。
 ついに5番、6番コートが鬼を除いて中学生で埋まりました。そして、新たなる1番コートの住人、種子島が現れました。なんか徳川とは違うタイプですが、食わせ物っぽい奴ですね。そして彼曰く、5番コート以降は番号が1つ上がるたびにプレイヤーのレベルはけた違いに上がるとのこと。現に3番コートが4番コートの方々を軽く叩き潰していました。しかし、鬼は3番コートとの総入れ替え戦を望んだようです。
 総入れ替え戦は、勝てば全員コートの入れ替えが起こりますが、負ければ1週間入れ替え戦の申し込みはできないとのこと。銀師範が「なぜ今になって入れ替え戦をする気になったのか」といぶかしんでましたが、鬼曰く、「お前らが俺の魂に火をつけちまった……それだけだ」と、かっこいいことを言ってくれました。そして試合方法は団体戦。どうやって選手を決めるか・・・ということになると、まさかの亜久津が「鬼が決めろ」と提案。理由は「自分たちよりも3番コートのメンツに詳しい」から。そしてオーダーをすでに作っていた鬼には笑ったwww
 その後、手塚は高校デビューをした大和元部長と邂逅。これはわかんねぇwww紙媒体ですから声で判別できませんし。ただ、中学時代では大和元部長は手塚に勝てなかったので、どれだけ強くなったか見ものです。オーラを扱えるようになっていたら笑いますが・・・。ところで、アニメでは大和元部長が再登場していたらしいのですが、たぶんその時は中学時代と同じ恰好だったと思うんですよ。いったい大和元部長に何が起こったというのか・・・。
 そして総入れ替え戦の日。気になるオーダーは、

D2:白石、切原vs松平親彦、都忍

D1:千歳、橘vs鈴木惷、鷲尾一茶

S3:蔵兎座vs中河内外道

S2:手塚vs大和祐大

S1:跡部様vs入江奏多

・・・鬼は出ないんですね。D2は聖書と悪魔という、本来なら相容れない異色のペアが楽しみです。で、相手の松平って・・・初期に出てきたマグナムサーブの松平さんの仲間でしょうか?D1は元九州二翼の親友ペア。S3は磔の蔵兎座さんに「外道」を何持つ相手です。S2は青学部長同士の対決。大和元部長は、ある意味手塚の心の師ですから、どうなるか・・・。ところでS2ってことは、大和元部長は3番コートで2番目に強いのでしょうか?そしてS1は我らが跡部様と3番コートリーダー入江。鬼に「いやなテニス」と言わせる入江。跡部様は勝てるのでしょうか?正直、4番コートの方々がストレート負けしていたらしかったのに、5番コートの面々で勝てるのでしょうか?しかもここで次号休載とか、許斐先生は悪い方向に空気を読みすぎです。


 新テニプリは、ひとつの記事を書くと少し面倒なので、しばらくはジャンプ感想に組み込む形にしたいです。と言っても4週間に1回、しかも来週は休載なんですけどね。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


ゲームのバトン ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン76話 代表交代!?最強の挑戦者たち!! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。