--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/11 Tue  21:11
ジャンプ23号感想

 どうも、アカンコです。昨日は日曜日に行ったサークルの新入生歓迎会で飲んだアルコールが回っていたので更新できませんでした。要するに二日酔いですね。さてさてまだまだ寒い日が続いている北海道ですが、ようやく桜が見ごろを迎えたようです。僕の周りでは咲いていませんけどね・・・。
 それではジャンプ感想です。


ブリーチ
 実にブリーチらしいブリーチでしたね。藍染さんがべらべらしゃべってるから一本取られるだろうなぁとか思って読んでたら、本当に一本取られてましたからね。ただ、来週は「私の体構造はすでに死神とは違うのだよ・・・。」とか言って復活してそうです。
 それにしても、一護とギンは傍観だし、一心は登場したかしてないかいまいち分かんなかったし、やっぱり複数のキャラを動かすのって難しいんですかね?


NARUTO
 心の闇が出てくるとか・・・すごく・・・よくある展開です・・・。しかし、八尾も元々は荒れていたんですね。よくもまぁキラービーは尾獣と信頼関係をはぐくんだものです。
 そんなことで、過去に八尾には何かあった様子ですが、暴走したとかそんな感じなのでしょうか?


トリコ
 ジャンプの表紙をめくって出てきたのが全裸になってるサニーの後姿、しかもカラーとか軽くふきました。まずは思考停止しましたけどね・・・いったい誰得だって言うんだ・・・。
 と、言うわけでライフにたどりついたトリコ一行。小松と節乃さんはホテルに向かうため別行動。しかし今回はライフがどんな街なのか、という説明回でしたね。しかし、ゼブラを捕えたのが鉄平だったとは・・・。一応与作の力を借りたと言えど、だいたい四天王と同格だってことですよね。ちなみに今回全裸で出てきたサニーも、与作に用がある様子。本人曰く、
サニー:「“美食神アカシア”の「フルコース」のデザートと言われている・・・!!“アース”の情報を・・・!!!知ってる男だ!!」
“GOD”の次は“アース”ですか・・・。なんだかすごくきな臭いスケールがでかいフルコースみたいですね、アカシアの「人生のフルコース」は。そして、昔から「噂をすれば影」と言われているのを体現したかのように与作が登場。しかも禁煙のところに咥え煙草とか、軽くケンカ売ってます。当然「禁煙だ」と注意されますが、
与作:「なぬ!?“禁止”されてんのか!?ならばそのルール破ろう!!世界には!!そうせねば見えない景色がある・・・!!
なんだろう・・・この「意味ないけどかっこいいこと言ってみた」感は・・・。しかも、何だかこの人のデザインに似たデザインの美食屋がデビル大蛇に食われた記憶があるんですが・・・。他人の空似だね、うん・・・。


ぬらりひょんの孫
 花開院本家に攻め込んできたしょうけら。二十七代目を始めとした強力な陰陽師たちが隊列を組んで術を発動しますが、しょうけらは十字を切ってそれを無効化させます。
しょうけら:「十字を見て畏れるのなら、それは罪人の証。懺悔は終わったか。これより、裁きを始める。
まぁぶっちゃけキリスト教ってこんな宗教じゃない気がするんですが、この際どうでもいいことにしておきましょう。しかし、ようやく登場したかと思えば対していいところも見せられずにやられる二十七代目・・・合掌。もう少し奮闘してもよかったんじゃないかなぁ。まぁここで秋房が出てきたのはよかったんですが、どちらも白髪の長髪だったので一瞬「何でしょうけらが屋敷の中から出てきたんだ?」と思ってしまいました。
 屋敷と言えば、中には青田坊が在留中。青田坊がもともとは人間だったことはリクオの口から明言されていますが、過去の様子が一瞬映し出されましたね。これだけの描写で予測するのは難しいですが、子供たちを殺されて妖怪化するとかでしょうか?と、言うわけで青田坊が戦闘に乱入。
青田坊:「兄ちゃん悪りぃけど、出ていってくれや。陰陽師助ける義理はねぇが、守んなきゃならねぇもんがあるんでな!!」
久々に妖怪形態の青田坊を見た気がしますが、こんなに恰好良かったかなぁ?一応「奴良組の突撃隊長」を名乗っているので、そこそこ戦えるのではないでしょうか?とは言え相手も400年前から存在している古参妖怪。そう簡単に倒されはしないでしょう。


黒子のバスケ
 もはやタイトルを「黄瀬のバスケ」に変えていいほど黄瀬が主人公している黒子のバスケ。今週でようやく前半終了です。黄瀬は青峰の模倣をすることを決めましたが、下手すると第4Qまでかかる恐れがあるとのこと。僕はバスケをやったことがないので分かりませんが、1Qだけとは言え4人VS5人でやることがいかに無謀かは分かるつもりです。その青峰はと言えば「俺に勝てるのは俺だけだ」のスタンスを貫き、第3Q以降も試合に出るつもりの様子。
 さて、気分の入れ替えのために外に出ていた黄瀬は、飲み物を買うために会場を出るも2秒で仲間とはぐれた黒子と出会います。その黒子に「どちらが勝つと思うか」を尋ねる黄瀬でしたが、黒子は「どちらが勝つかは分からない」と返答。そしてその後の黄瀬の台詞、
黄瀬:「勝てるかどうかわからない今の方が、気持ちイイんス。」
の時の黄瀬がやたらとイケメンでした。
 そして第3Qが開始されると、いきなり黄瀬が青峰の動きを模倣し始めました。それ自体は今吉がファールをして止めましたが、ここに来て黄瀬が急成長を遂げているみたいです。しかし、体に負荷をかけすぎてリタイアと言う展開しか思い浮かばないのはなぜだ。


 さて、この記事の頭に「日曜日にサークルの新入生歓迎会に参加した」と書きましたが、その二次会で僕は産まれて初めてカラオケに行きました。ぶっちゃけなに歌っていいものか分かりません。イナズマの曲は基本1番しか分かんないし・・・。つーわけで「Butter-Fly」を歌ってきました。ええ、デジモンアドベンチャーの主題歌ですね。
 デジモンと言えば、今年の7月からまたアニメが始まってゲームも発売するとか・・・。しかし、アニメの公式トップに出ているのがオメガモンのパチモンみたいなやつとかウイルス種メタルグレイモンの出来損ないみたいなやつなので、若干テンション下がります。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン80話 最後の試合 感想 ≪         HOME         ≫ 金色のイナズマイレブン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。