--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/15 Sat  18:00
イナズマイレブン81話 アジア最強!ファイアードラゴン!! 感想

 どうやら無事に更新できそうですね。こんにちは、アカンコです。どうしても2回以上見る時間が取れないんですよね、平日は。しかし今回はネタだらけだったので更新をするのが楽しみな回でもありました。
 それでは韓国の前座としてデコチャリと戦った(?)イナズマイレブンの感想です。

 先週のラスト同様、カラスがデコチャリ(笑)に乗って現われたところから。正直古株さんのドライビングテクニックなら避けられると思うのですが、そこら辺は考えないことにします。で、カラスが何をしに来たのかと言えば、彼が言うには「応援」だそうですが、要するに「妨害」です。そして「先輩に世話になった連中もこんなにたくさん集まってくれましたよ~」と言いつつ。背後の4人を紹介するカラス。そうか・・・今の若者は4人が「たくさん」なのか・・・。どんだけ友達少ないんだよ。つーか、これ警察呼べばいいだけなんですけどね。それか、目撃者がいないなら必殺技で殺g(ryしかし、ここで話し合いに出てしまうと言うありえない選択をするのがイナズマクオリティ。
 さて、OP後もデコチャリ軍団ですが・・・提供がネタばれです。

ファイアードラゴン

これは・・・何という人外集団・・・。後列が完全に魔物の巣窟です。やっぱりチャンスウがまともに見えてくるレベル。ですが、前列向かって左端は顔面偏差値要員ですね。
 と言うわけで改めましてデコチャリ軍団。綱海が「性質の悪い嫌がらせ」と的を射た発言をして腕を上げますが、カラスも「暴力を振るったら出場停止処分になる」と、これまた現実的な発言をします。そしてこの様子を見ているイナズマジャパン。不動さんの表情が絶妙です。

チンピラ

お前どっちの味方なんだよと言いたくなるようなチンピラ臭い表情。さすが不動さん。三期のネタキャラとして確固とした地位を築いています。そして、円堂がデコチャリ軍団へと歩を進めますが、飛鷹が「お別れです!みなさん」と宣言し、飛鷹がデコチャリ軍団を押さえておく隙に、イナズマジャパンメンバーは会場に向かえと言い出しました。当然円堂はこれを止め、「俺たちは全員でイナズマジャパンなんだ」とのたまいます。これに切れたっぽいカラス。

安い背景

妙に安っぽい背景とアツヤの声で「そんなもん俺たちが全部ぶっ壊してやるぜぇぇぇぇ!!!」と叫び始めます。まぁ、ガチで喧嘩したらサッカーボール持っているとか必殺技があるとか以前に数の差で押し負けるのは明白なわけですが、そんなことも構わず突っ込むデコチャリ軍団。と、そこにスケボーに乗ったスズメたちが!・・・別にどうでもいいっちゃいいんですが、こいつらが敵を引き付ける囮の役割をしてくれました。しかも即効で負けているため、本当に囮にしかならないと言う。
 そしてスズメを生贄に捧げたことで無事にスタジアムに到着したイナズマジャパン。ここで久遠監督が「遅いぞ!何をやっていたんだ!!」とか言ってくれればかなりネタになったのですが、残念ながらすぐにスタジアム内に向かうことを優先させたようです。会場内にはすでにお客さんがいっぱい。きっちりヒデ・ナカタとルカも観戦していますし、なぜか響木監督は妙なところで立っての観戦。お前、そこ絶対関係者以外立ち入り禁止の場所だろ・・・。まぁ、イナズマジャパンのメンバーは全員で円陣を組みます。・・・ん?全員・・・?

仲間はずれは誰だ

不動さん仲間外れにされとるー!!すげーよ!めちゃくちゃナチュラルに仲間外れにされてる!!まぁあいつは円陣なんざ組みたがらなさそうだけどさ・・・。と、そこに「元気そうだね。」と聞き覚えのある声が。もちろん声の主はアフロディ。その背後からバーンとガゼルさんが現れたわけですが・・・ガゼルさん声高ッ!声優さん変わったのかと思いました。マジで。ちなみにバーンは大して変わらない声。ゲーム雑誌に書かれていたのとまったく同じセリフを発してくれました。と、そこで人外集団韓国代表ファイアードラゴンが全員登場。それを見た円堂は「え・・・でも何で・・・。」と言う当然の疑問を発します。それに対するアフロディの答えは、
アフロディ:「不思議ではないだろう?僕が母国のチームに選ばれても。」
いやいやいやいや!!不思議だから!!!僕初めて知りましたよ。「亜風炉照美」という名前の韓国人がいるなんてな!!・・・まぁ、韓国で生まれ育った日本人、という設定も捨て切れないか・・・。うん、そういうことにしておきましょう。社長は一体何を意図してアフロディを韓国人にしたんだ・・・?そして、ファイアードラゴン主将のチェ チャンスウが登場。冷静な紳士然とした性格ですが、「決勝戦のフィールドには龍がいますから」と、やっぱりこいつも厨二でした。ちなみに彼らが去って行ったあとにアフロディたちに言及したのはなぜか土方。お前、アフロディと直接の面識ないだろwwwwwと、ここでチャンスウについて目金から解説が入ります。「稀代の天才ゲームメイカー」、「龍を操る者」という呼び名が与えられるほど卓越した試合巧者みたいです。「龍を操る者」にふさわしいのは染おk(ry
 そして、各々ウォームアップをするイナズマジャパン。ヒロトとリュウジはバーンとガゼルが相手であることに対し、「エイリア学園の仲間たちと戦い続けるのが、オレたちの運命なのかも知れない」と、まさかのオサーム様を回想します。しかも「トライアングルZ」が中途半端しか映っていないというwwwwwそして鬼道さんはチャンスウのことを考えていたようですが、そこに不動さんがちゃちゃを入れます。彼もエイリア石を使っていたので、バーンやガゼルの存在は知っていたのでしょう。軽い調子の不動さんに対し、鬼道さんが「これはみんなの力を合わせないと決して勝てない試合だぞ」と言いますが、不動さんは「どうせオレは今日も出番なしさ」と自虐し始めました。不動さん・・・ネタの量が半端じゃないっす。そんな中、久遠監督に呼ばれる円堂。監督は「この試合、勝てると思うか」と尋ねます。円堂は当然「勝つ」と言いますが、監督は
久遠監督:「お前には、何も見えていないようだな・・・キャプテンでありながら。今のままでは、イナズマジャパンは絶対に勝てない。それが分からないお前は・・・キャプテン失格だ。
円堂:「どういうことですか、監督!」
久遠監督:「今のお前は、必要ないということだ・・・このチームにはな。」
何と用済み宣言をされた円堂。そしてスタメン落ちと言う、かなり驚くべき展開・・・なのでしょうが、放送前に社長がツイッターでネタばれをかましてきたので大して驚きもしませんでした。それに、アフロディ韓国人設定という、悪い方向での衝撃展開が待っていたので、霞んでしまいます。
 そして試合開始ですが・・・韓国の監督は何回見ても吹くwwwwwこれはステレオタイプってレベルじゃねぇぇぇぇwwwwwちなみに解説の角馬王将さんに言わせますと、円堂は「イナズマジャパンの守護神」なんだそうです。・・・結構失点してた気がするんだけどなぁ・・・。そもそも過去の経歴からいっても失点していない試合なんて数えるほどしかないと思うのですが。随分弱い守護神だな。ちなみに代理主将は鬼道さん。もともと彼も帝国学園の主将だったので、主将の仕事には慣れているでしょう。そして、「円堂を気にする栗松」の図が、すごく・・・シュールです・・・。
 そんなこんなでホイッスル。豪炎寺と吹雪の2トップから風丸にわたり、相手のスライディングをジャンプで避けて空中でパス。豪炎寺と吹雪にわたりそうだったため、チャンスウが妙な動き↓

うざいチャンスウ

で2人にマークをつけます。しかし、ボールには回転がかかっておりヒロトのもとへ。そして一期「ドラゴンクラッシュ」への道を着々と登り始めている「流星ブレード」で早くもシュートを放ちます。対するGK・チョ ジョンスは「バーンアウト」と「爆裂パンチ」を足して2で割って若干の改変を加えた様な技、「大爆発張り手」を繰り出します。うん、軽く人殺せるレベル。今に始まったことじゃないけど。しかし、掛け声がダサい。弟曰く、「最初(両掌に炎が出るところ)はかっこいいのに、張り手がダサい」とのこと。更に言うならばパンチングであると同時に明らかに自分がダメージを食らっていると言う突っ込みどころの多さ。何なんだこれは・・・。
 そして、ボールはチャンスウにわたります。更に「涼野!南雲!アフロディ!上がりなさい!!」と、相手をかく乱させる作戦に出ます。それは現実的でいい戦略だと思うのですが、なぜアフロディだけ愛称で呼ぶんだ?で、結局シュートを撃つのはアフロディ。オサーム様も「改」へとレベルを上げていましたが、本家はすでに「真」までレベルを上げていました。対する立向居は「ムゲン・ザ・ハンドG5」を発動。これは良かった。迫力が増していて、「これなら破られないだろう」と思わせる何かがあります。G1はシャレにならないからなぁ。つーか、ゲームもこんな感じにしてほしかった。
 そして、再びファイアードラゴンボールになるものの、豪炎寺がスライディングでボールを奪取しますが、まさかのファール。アニメの世界では必殺技はファールにならないものの、スライディングはファールになるみたいです。イエローカードが出ないあたりが不動さんとの差でしょうか?そしてファイアードラゴンがパスを出すものの、巨漢の土方とキム ウンヨンがぶつかり合ってボールはフリーに。それを飛鷹がもらいあがっていきますが、隙だらけだったためバーンとガゼルに奪取されます。そのまま上がっていく2人。DF能力のなさに定評のある土方と、相変わらず抜かれ役の壁山が抜かれ、あとはシュートを撃たれるだけになる・・・と思いきや、FWであるはずの吹雪がDFの位置まで戻ってきて、新必殺技「スノーエンジェル」を発動!!

スノーエンジェル 1
スノーエンジェル 2

2人まとめて凍らせるとか、鬼畜ってレベルじゃありません。しかも声がwww今週は宮野さん大活躍ですね。ちなみに「男なのに『エンジェル』ってどうなの?」と思って調べると、天使自体は男性でも女性でもないらしいです。豆知識ですね、役立ちませんが。更にそのまま吹雪が土方にパス。連携技をしようと言うのですが、それよりも土方はDFの仕事をしてほしいです。何でアメリカ行っちゃったんだよ土門・・・お前の「ボルケイノカット」は役に立つ技だったのに・・・。と、愚痴を言っている間に2人の新連携必殺技「サンダービースト」を発動!・・・なんか、1時間半前の番組で「サンダービースト」のようなカードを使う連中がいましたよね・・・。確かサンダーユニk(ry対するジョンスは「大爆発張り手」で応戦しますが、結局は勢いを殺しきれずに点を決められてしまいます。しかし、ふっ飛ばされる様子がどう見ても自爆にしか見えない。
 見事に先制点を取ったイナズマジャパン。しかし、チャンスウ以下ファイアードラゴンの面々はうろたえておらず、むしろ余裕すら感じさせます。
チャンスウ:「なるほど・・よくわかりました、イナズマジャパンの実力。では、始めましょうか、皆さん。」
アフロディ:「やるんだね。『完全なる戦術』。」
チャンスウ:「見せてあげましょう・・・

完璧な戦術

『パーフェクトゾーンプレス』を!!
すげー!何かかっこいいです。チャンスウがかっこよく思えてきた僕は末期かもしれません。
 と言うわけで次回予告。明らかにフィールドに竜巻が発生していますが、これが「パーフェクトゾーンプレス」。ちなみに「ゾーンプレス」と言うのはサッカーでは普通の戦術らしく、6話で雷門が使っています。その時の染岡さん曰く「どんどんスタミナを使っちまう」そうですが・・・?そして、

ゴッドブレイク

アフロディの究極奥義、「ゴッドブレイク」が登場!!実に神々しいです。そろそろ不動さんの出番がくるでしょうか?そして円堂の出番は?来週も楽しみですね。


 この感想を書いている間に2回ミスをして記事を全部消してしまい、午後から部屋の模様替えを行ったため感想更新の時間が遅くなってしまいました。さて・・・大学の課題に戻るか・・・。
スポンサーサイト
Comment

☆ はじめまして^^

はじめましてイナズマと申します^^
あなたの感想面白いので是非また診たいと思います。
また訪問しますね^^

☆ No title

イナズマさんコメントありがとうございます。

面白いと言っていただけると感無量です。ぜひまた来て下さい。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


DSが壊れた・・・だと? ≪         HOME         ≫ ジャンプの感想は明日になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。