--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/28 Fri  00:06
イナズマイレブン83話 立ちあがれキャプテン! 感想

 何か気づいたらイナズマイレブンTCG リバーシブルセット 雷門イレブン×ダークエンペラーズを買ってしまっていたアカンコです。うおぉ、金がないってのに何やってんだ・・・。まぁ、大学入学時にもらった商品券が残っているので、いざとなったらそれを切り札として使います。
 それではついに不動さんが出陣したイナズマ感想!いろんなところで言われてますが、BGMがでかすぎて台詞が聞こえないところがあったなぁ。

 と言うわけで前回の引きと同じように、不動さんが出陣したところから。もう周りのメンバーからの視線があれですし、それを全く気にしていない不動さんの背中も笑いを誘います。その不動さん、ベンチを見やって薄く笑いながらつぶやきます。
不動さん:「見せてやるぜ・・・不動明王のサッカーをな・・・。」
不動さんのサッカー・・・。ファール率が高すぎるサッカーですね、分かります。
 と言っていたら、OP明けにいきなりバーンとの競り合い。何度もチャージをする不動さんですが、バーンが振り切ろうと強力なチャージをしようとした瞬間にそれを避け、体勢を崩したバーンからボールを奪いました。脱・超次元サッカーでも目指しているのでしょうか?その後もファイアードラゴンの選手を挑発(?)してそれを抜くと言った頭脳プレーでボールを前線に運びます。それを見た稀代の天才ゲームメイカー・チャンスウはと言うと、
チャンスウ:「油断なりませんね・・・日本にあんな選手がいたとは。」
と、かなり不動さんを高く評価していました。どっかの誰かとは違って二流扱いはしないんですね。と思っていたら、不動さんはいきなり自陣に戻り始めます。当然それを追いかけるファイアードラゴン。しかしそれも不動さんの策で、何と壁山にボールをぶつけた反動でボールを前線へと跳ね返して相手選手を抜くという行動に出ます。さらに風丸も同じ扱い。チャンスウも「味方にあんなボールを・・・」と、若干動揺しています。ヒロトのパスの要請にも応じない不動さんでしたが、それでも相手陣内へ切り込んだ不動さん。しかし、必殺シュートでないにもかかわらず何故か正面目がけてシュートを打つという奇行に走ったために止められてしまった不動さんのシュート。それを見てのチャンスウの評価は
チャンスウ:「惜しい男ですね・・・あれほどの才能を持ちながら、自ら孤立を選ぶとは。」
と、やっぱり高く買っているようです。ここまで来ると買い被りじゃないかと思えるくらいに。一方味方であるはずのイナズマジャパンからは不評です。そりゃ、いくら相手を抜くためとはいえボールをぶつけられたら腹が立ちますし、声かけをシカトされたらイラッときます。そして登場しているとわりにはルカしか喋っていないヒデ&ルカですが、今回もルカしか喋らないみたいです。
ルカ:「試合中に仲間割れとは・・・アジアのレベルは、こんなモノかい?」
現実はもっとひどいんだぜ!!韓国相手に惨敗してるからな!!まぁ、ここはヒロトが仲裁しますが不動さんは嘲笑って去っていきます。冬っぺが言っているように、「誰も信じていない」のかもしれません。それを見た鬼道さんは「どうしてあいつは・・・!」とイライラしていますがここでメンバーの過去を暴くのに定評がある響木監督が現れます。
響木監督:「強い思いを持った者は強くなれる。・・・たとえ、それが正しき方向でなかろうとな。」
なんというか、こんな概念的台詞はサッカーアニメではなくファンタジーアニメにこそふさわしいような気もしますが、ある意味超次元サッカーもファンタジーの類なのかもしれません。そして、響木監督は不動の許可も得ずベンチのメンバーに不動さんの過去を話し始めます。どうやらこの親父にプライバシーの概念はないようです。で、その過去を言うのが「不動さんの父親は上司の失敗の責任を負わされて不当に会社をやめさせられ、借金取りに追われるようになった。母親はそんな父親を否定し、『偉くなって人を見返せ』と指導。不動さんはそれを歪んだ形で受け入れた」というもの。なんか、父親の設定がやけにリアルなんですが・・・。ともかく、この土台があって不動さんは不良になったみたいです。そしてさらなる力を手に入れるために懐かしの影山に取り入ろうとするも、「二流」宣言をされて失敗。それからは路地裏とかをうろついていたみたいですが、不動さんの中に眠るサッカープレイヤーとしての素質を感じた響木監督がスカウトに踏み切ったようです。しかし、この人の情報網は一体どうなっているんだ。その後、不動さんの過去を教えてくれたことに関してお礼を言う鬼道さん。しかし、「それとこれとは別」と、不動さんを受け入れることは拒否。響木監督も「それはお前たち次第」と言うなど、ある程度の常識は持っているようです。
 そして相変わらずバラバラなフィールド。また不動さんは真ん中にシュートを打ちこみ、あっさりとジョンスに止められています。だから少しくらい四隅を狙えと。それを見ている円堂に「このままでは間違いなく日本は負ける。どうする、円堂」と、完全他人ごとな質問の仕方をする久遠監督。「どうする、円堂」じゃなくて、この状態をどうにかするのが監督の仕事だと思うのですが、違うのでしょうか?それに対する円堂の答えは「わからない」。久遠監督のアドバイスはと言うと、「試合を見るな、チームを見ろ」と言うもの。・・・ここまで言うなら答えを教えてやってもいい気がしますが・・・。
 CM明け、ついに不動さんが「パーフェクトゾーンプレス」に捕まります。そしてボールを奪ってガゼルが受け取りますが、風丸のスライディングでボールは外へ。・・・なんかFFI編に入ってから風丸がやたらと活躍している気がします。「3」では能力値がちゃんと上がっているのでしょうか?そして「パスを出せ!みんなに合わせろ」という風丸でしたが、「オレに命令するな!オレは出したい時に出す」と突っぱね、ついに「勝手にしろ」と見放されてしまいました。その後もスローインをあっさりとカットする不動さん。しかし、不動さんの厄介さと単独でしか攻めてこない短所はすでに見切られているため、前に2人、後ろに3人の5人体制で完全に包囲されます。そしてついに風丸にパスをする不動さんですが、少し遠すぎてパスを受け取れませんでした。壁山、ヒロトと立て続けにパスミスをする不動さんでしたが、ベンチの円堂、鬼道さんからすれば「普段のみんななら取れているパス」と言うことで、ひょっとして嫌がらせでパスを取っていないのか・・・と思ったら、不動さんを信頼していないため普段のプレーができなかったそうです。
 そんな感じで信頼関係にひびが入りつつあるイナズマジャパンにとどめを刺さんとばかりに襲い来る、「2」での最強クラスの必殺技、

ファイアブリザード

ファイアブリザード」!!!飛鷹が飛びだしますが、止めることは失敗。「ムゲン・ザ・ハンドG5」も砕かれましたが、栗松と木暮の生贄によって「ファイアブリザード」は無効化されました。ここで円堂は、「飛鷹はミスを恐れてボールを怖がっている」と分析。そのうち「ボールは友達だ!」とか言い出しそうです。
 その後チャンスウのコーナーキックから試合再開。再び飛鷹が前面に出るも失敗。何とか立向居のプレーで追加点は許しませんでした。その後、風丸が不動さんを無視したプレイをしていましたが、個人的な感情を考えればこれもやむなしかもしれません。そしてヒロトから虎丸にパスが渡り「タイガーストーム」の体勢に入りますが、また豪炎寺が集中力を欠いて失敗。もう本当に豪炎寺は制裁を受けた方がいいんじゃなかろうか。それらすべてを見ていた円堂は、「みんな焦ってる・・・全員がちぐはぐで、どう動いていいのか分からないんだ」と評します。そして自分の頬をたたいた際にキーパーグローブを見て、何かに気づいた円堂。その答えとは、
円堂:「オレ、世界と戦うために自分を鍛えることばかり考えていました。そのせいで、大事なことを忘れていたんですね。みんなを・・・チームを見るってことを!!
と、言うことで答えは「キャプテンとして自分だけでなくチーム全員を見る」という、極めて常識的かつ基本的なことでした。だからこそ忘れていたのだ、とも取れますが。しかしこれで円堂は人望があるキャプテンと言うだけでなく、役割を自覚したキャプテンとして一皮むけたのかもしれません。久遠監督も、「あいつらを世界の舞台へ連れて行ってやれ」と、円堂の答えに満足した様子です。さらにこのタイミングで鬼道さんも復活。相手にとっては士気を上げるキャプテンだけでなく天才ゲームメイカーまでをも同時に投入と言うことで厄介なことこの上ありません。しかし、ここの
久遠監督:「選手交代!立向居勇気に代わって・・・円堂守!!
は、今まではなかったシーンなのでなんかキました。しかし、チャンスウも真面目な表情ですし各々敗退・引き分け・没収試合に持ち込まれたアフロディ、ガゼル、バーンもどことなく嬉しそうです。
 さて、投入されていきなり「みんな、勝ちたくないのか!?」と愚問を投げかける円堂。当然風丸の反応は「勝ちたい」と言うものでした。そこで円堂は「不動の言葉じゃなくプレイを見ろ」、「ボールは嘘をつかない」と、ベンチから見ていたものとしてのアドバイスを投げかけます。しかし、いきなりプレイを改めろと言われても無理なものですよね。そして観客とヒデ&ルカ。相変わらずルカしか喋りません。
ルカ:「ようやく11人そろったね、ヒデ。君のお気に入りが入って、どれだけチームが変わるか、見せてもらうよ。」
ということでジョンスのキックから試合再開。やっぱりパスカットにかけては天才的な不動さんですが、ファイアードラゴンも慣れてきています。そしてやっぱりパスミス。風丸はまだ不動のことを信じられていないようです。・・・そりゃボールをぶつけられた相手ですからね・・・。続いては鬼道さんへのパス。描写的にはパスミスになりそうでしたが、鬼道さんが全力で走ったことでパスがつながりました。そして鬼道さんは「もっと速く、強いパスで構わない!」と不動さんにパスし、それをまた鬼道さんにパス。そして鬼道さんのシュートですが、ジョンスのパンチングに防がれました。そしてDFラインでは、風丸と壁山が不動さんに関して雑談中でした。ここで風丸と壁山は、「不動はすべて分かっていてパスを出している」という結論に達します。その後は壁山、風丸もパスを取れるようになり、「不動さんが最初に1人で攻め込んでいたのは敵のデータを把握して完璧なパスを出せるようにするため」であったことが明かされます。・・・何と言うか、データプレイヤーですね。不動さん問題はこれにて解決したようです。
円堂:「不動の勝ちたい!世界へ行きたい!という熱い思いは・・・」
5K:「オレたちと一緒だ!!」
と、締めにふさわしい言葉も持ってきてくれました。
 そして、見方が不動さんの能力に気付いたのと同様にチャンスウも不動さんの危険性に気付いた様子です。
チャンスウ:「不動がチームの歯車として機能し始めた・・・これ以上自由にプレイさせるのは危険です!!
また相手選手を故障させる気かお前はwwwwwそして言葉通り不動さんのマークに着いたチャンスウ。しかし、真顔で「龍の誇りにかけて抜かせません!!」とか言っちゃうのはどうなんだろう。やっぱりこいつは重症みたいです。と、そこに鬼道さんが登場!!いがみ合っていた二人がついに連携を・・・

キラーフィールズ1
キラーフィールズ 2

見事チャンスウを吹き飛ばして突破口を開きました。なんか実況が「華麗に抜き去った」とか言ってるけど、「力技で吹き飛ばした」ってのが事実だぜ!!
目金:「フィールド上の、相手のプレイヤーの動きを殺してしまう技!名づけて、キラーフィールズ』!!
というわけでもはやドリブル技とは言えないドリブル技を編み出した2人。そのまま不動はゴールへと切り込むかと思いきや、風丸、壁山にバックパス。高度・上昇速度共にファイアードラゴンのほうが優勢でしたが、何と2人は空中でさらにジャンプをするというありえない動きをし、風丸が壁山の足の裏を蹴りつける反動でさらに跳び、

竜巻落とし 1

オーバーヘッドキックをすると言う、まるで「イナズマ落とし」の派生のような技を繰り出します。ちなみにスレでは「スカイラブハリケーン」とか言われてましたが、キャプテン翼で同じ技があったのでしょうか?ともかくこの技、「大爆発張り手」を破って同点ゴール。しかし、やっぱりジョンスのふっ飛ばされてる原因が自業自得にしか見えん・・・。ちなみにこの技、本来ならば綱海と壁山が使うはずだった技のようですが、綱海にとっては決めてくれたことのほうが大きいみたいです。そして、ようやく風丸と不動さんが和解。
風丸:「最高のタイミングだったよ。」
不動さん:「オレが欲しいのは、勝利だけだ。」
円堂:「何だ・・・?あの態度。」
鬼道さん:「フッ・・・あれが不動明王なのさ。」
風丸:「だな。」
壁山:「はいっす!」
そして1人背を向けていた不動さんでしたが、その表情が

不動さん 笑顔

これ。スレでは「ついにデレたか」、「ツンデレだ」と言う書き込みが見受けられました。
 一方、まさかの追加点を許したファイアードラゴン。チャンスウの表情も一転して厳しいモノになっています。
チャンスウ:「新たにあのような必殺技を編み出していたとは・・・!」
アフロディ:「言ったはずだよ。『イナズマジャパンは強い』、と。」
バーン:「だが最後に勝つのは・・・」
ガゼル:「我々ファイアードラゴンだ。」

何というシュールさ

なんつーか。バーンとガゼルの登場の仕方がスライド式だったのが無駄に笑いを誘います。
 そして、豪炎寺と飛鷹を見やる円堂。キャプテンの腕章を触っているのを見ると、キャプテンとしての自覚が出てきたようです。
円堂:「勝つぞ!みんなぁ!!

83話 ラスト

勝って世界だ!!!

 と、言うわけで次回予告。もう、必殺技祭りですね!!

カオスブレイク?
壁山 新技
怒りの鉄槌 1

更にこれらの他に「タイガーストーム」、「しんくうま」の登場が確定しています。これは楽しみだ。もう韓国戦も大詰めですね。


 さて、毎回恒例ネタバレCMが絶好調ですが、

天空と魔界
クリックして拡大

なんか全体的に微妙なメンバーだな・・・。ウルビダとかレアンとかアイシーみたいな娘はいないものでしょうか。まぁMr.Kっぽいやつとかロココの必殺技っぽいやつとかいろいろありますが、アップロードするのも結構骨なんで自分で見てください。
イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー 公式サイト
 ところでみなさん、今回のラストの1枚絵、何かを思い起こさせませんでしたか?え?何もない?そうですか。それでは画像まとめファイルにあったコラを持って今回の更新の〆とさせていただきます。ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

83話 ラスト コラ  2
スポンサーサイト
Comment

☆ No title

さすがアカンコさん^^
俺はまだまとまらずかけてません。参考にします^^
来週はしんくうまと怒りの鉄槌タイガーストームに
カオスブレイクがでます^^しかし自分は・・・・・修学旅行で
MIRENAIZE泣き

☆ No title

イナズマさんコメントありがとうございます。

俺はまだまとまらずかけてません。参考にします^^
僕は見ながら書いてるから楽ですよー。書き始めのころは記憶だけで書こうとしていましたが、それがいかに無謀かはすぐに分かりました。

来週はしんくうまと怒りの鉄槌タイガーストームに
カオスブレイクがでます^^しかし自分は・・・・・修学旅行で
MIRENAIZE泣き
本当に新技祭りですよね。しかし、修学旅行ですか!そういえば、そろそろそういう時期かもしれませんね。イナズマは録画やDVD、YouTubeなどで見ることができますが、修学旅行は1回きりの体験です。ぜひ適度に羽目をはずして記憶に残るモノにしてください。

☆ No title

アカンコさん
>本当に新技祭りですよね。しかし、修学旅行ですか!そういえば、そ>ろそろそういう時期かもしれませんね。イナズマは録画やDVD、You>Tubeなどで見ることができますが、修学旅行は1回きりの体験で  >す。ぜひ適度に羽目をはずして記憶に残るモノにしてください。
はい^^帰ってきてから友達と一緒にイナズマを鑑賞します^^
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


危うく無題にするところだったぜ・・・。 ≪         HOME         ≫ 慣れないことは疲れるなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。