--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/05 Sat  01:31
イナズマイレブン84話 手に入れろ!世界への切符!! 感想

 どうも、アカンコです。風邪はほぼ完全に治った様子。僕は風邪をひいても普通なら1日寝るだけで回復するので、今回は薬の力を借りた上に2日引っ張ったので、相当重症だったみたいです。・・・まぁ38.8℃出れば十分重症の類に入る気もしますが。
 それでは長々と引っ張った韓国戦もいよいよラスト。面白かったですけど、最後のあの人がすべてを持って行きました。

 さて、何とか「竜巻落とし」によって同点まで追いついたイナズマジャパン。しかし豪炎寺の不調、更に飛鷹の力みという不安要素も抱えたまま残りを戦わなければいけません。観客席にいる夕香は何も知らないため無邪気ですが、フクさんは何とも言えない表情。それにしても、今回田野さん名前ありのキャラを2役(壁山、フクさん)か・・・。相手選手のかけもちとかはよくやりますけど、そういう場合は相手方はあまり台詞数多くないですから、今回みたいに2人ともけっこう喋ってるのは珍しい気がします。
 と言うわけでキックオフ。バーンからガゼルにわたり、それを奪おうとした風丸の裏をかいてガゼルがアフロディに回します。そしてあっという間に「ゴッドブレイク」。言い方が変わっていませんでしたが、言い方も含めて「バンク」なのでしょうか?アニメーションに詳しくない僕にはいまいちわかりません。対する円堂は相変わらず圧倒的な防御能力を誇るに至った「正義の鉄拳G5」で応戦。苦戦はするものの、何とかはじき返しました。まぁ、ゲーム的に考えれば当然の結果ですけどね。レベル差がありすぎたり能力に差がありすぎたりしなければ、の話ですが。で、ここの目金の台詞。
目金:「円堂君が復帰したら、さすがのファイアードラゴンもそう簡単に攻略できないですね!!」
立向居ェ・・・。まぁ、主人公補正ですよね・・・。そもそも立向居は大介さんが考案した「最強のキーパー技」を譲ってもらっただけで十分優遇されてますし・・・。でも、この言い方はちょっと立向居に同情するわ。属性一致究極奥義持ちなのに・・・。
 そしてイナズマジャパンのカウンター・・・と思いきや、アフロディが木暮からあっさりとボールを奪い、ついに「ゴッドブレイク」と「ファイアブリザード」という「2」に存在する数多の必殺技の中で最強クラスの一角に名を轟かす2つの融合技、

カオスブレイク

カオスブレイク」が発動!!バーンが足添えてるだけだと思った奴はちょっと表出ろ。さすがにこの一撃は止めきれず、イナズマジャパンはあっと言う間に逆転を許してしまいます。そして、得意げにハイタッチを交わす3人。

バンガゼハイタッチ

・・・。

バーンは?

すいません、これに関してのコメントは控えさせていただきます。
 さて、自陣に戻ったアフロディに「見事でした」とねぎらいの言葉をかけるチャンスウ。しかしアフロディは「まだまだ油断はできないよ。このチームは進化する」と、リードしたからといって安心する気はさらさらないようです。・・・それならまずはジョンスよりもまともなキーパー見つけて来いと言いたくなりますが・・・。さて、イナズマジャパンからのキックオフですが、そう深く切り込む暇もなく飛鷹がボールを奪われてしまいました。そのボールがバーンに渡り、バーンは高速でイナズマジャパン陣内へ切り込みます。そのままシュートに持ち込むバーンでしたが、壁山の新技

ザ・マウンテン

ザ・マウンテン」によりこれを防ぎました。まぁ、通常シュートですから円堂だって止めれたでしょうが・・・。しかもボールは外に出てしまったためファイアードラゴン側のスローイン。イナズマジャパンにとどめを刺そうと再度「カオスブレイク」の構えをとるアフロディ、バーン、ガゼルでしたが、

あっさり止める

ずいぶんと地味な方法で止められました。しかし最近風丸大活躍ですね。活躍しすぎて逆に離脱するんじゃないかと心配になってきます。前例もありますし。で、そのまま飛鷹にパスをした風丸でしたが、飛鷹が力みすぎてパスを受けることに失敗。よりにもよってファイアードラゴン側のコーナーキックと言う結果に。ついでに、何の前触れもなくスズメたちが登場。お前ら生きてたのかwwwしかも無傷wwwww
 さて、「もう1点・・・これでダメ押しさせてもらいますよ」と悪人顔のチャンスウがコーナーキックの準備に入った時、我らが教祖キャプテン円堂も、飛鷹を洗脳覚醒させる準備に入っていました。
円堂:「何を怖がっているんだ、飛鷹!」
飛鷹:「え・・・そんなことは・・・」
円堂:「いいか飛鷹。失敗したって恰好悪くなんかない。もっと恰好悪いのは、失敗を恐れて全力のプレイをしていない、今のお前だ!!」
飛鷹:「・・・キャプテン・・・。」
円堂:「思いっきりプレイしてみろ。失敗したっていいじゃないか。」
飛鷹:「失敗したっていい・・・?」
円堂:「ああ!今のお前を、全部プレイにぶつけてみろよ!!」
飛鷹:「・・・分かったよ、キャプテン・・・。やってやる!!
洗脳完了。相変わらずすごい洗脳の手口です。さすが、染wikiで「超次元な求心力とカリスマを讃え、さながら宗教の様な雰囲気」と書かれるだけのことはあります。しかし、この一連の流れが終わるまで待っていてくれたチャンスウは極めて紳士的であると言わざるをえません。と思っていたらすぐにチャンスウがコーナーキック。この狙い澄ましたタイミング、やっぱり待っていてくれたようです。そして「カオスブレイク」発動の構えがくるも、飛鷹が蹴りを繰り出し空間を切断。空気かそこへと引き込まれて同時にボールを奪いました。ちなみにスズメの言動(↓)を見るに、

「真空魔」解説

技の漢字表記は「真空魔」で良いみたいです。っつーか、最初から使えたのかよ!!まぁ確かに・・・こんな技使えたら番長にもなれるわな・・・。それともこの世界は喧嘩でさえも超次元だと言うのでしょうか?ともかくこれで絶好のカウンターチャンスを得たイナズマジャパン。ちなみにここで鬼道さんが「大した奴だ・・・あの飛鷹も変えたか・・・。」と言いましたが、この台詞はカ○シ先生を思い出しました。ちなみにに円堂が変えてきた人物(一部)

豪炎寺
鬼道さん
雷門初期部員
アフロディ
デザーム様
ヒロト
飛鷹
ダークエンペラーズの皆さん

本当はもっといると思うんですけどね。少なくとも円堂と関われば多かれ少なかれ影響は受けますから。綱海がサッカーに興味を持ったのもそうですし、土門がスパイをやめたのもそうですし。そして久遠監督が「少しは、マシなチームになれそうだな」と呟いていましたが、やっぱり選考試合の時に「これが日本代表候補とはな・・・」と言っていたのは彼らのレベルに失望していたからなんですね。それだけ10年前の桜咲木中の選手たちが優秀だったのか、それとも久遠監督の想定していたレベルが高すぎたのか・・・。
 さて、豪炎寺がこの試合咬ませの役割しか果たしていないヒロトにボールを渡しますが・・・おや?やたらとバックが神々しい・・・?

ヒロト:「行くぞ・・・!

流星ブレードV2

『流星ブレードV2』!!
何ぃぃぃぃ!?今まで散々打っては止められを繰り返していたのは、成長するという、「良い意味でのフラグ」だったみたいです。成長補正がかかったおかげで今まで破れなかった「大爆発張り手」を破って同点ゴール。ところでジョンスの声優って桜塚やっくんなんですね。土方と同じはずなのに全然気付かなかった・・・。
 さてさてこれで残る問題児は豪炎寺ただ1人。腰に手を当てて1人突っ立っている様子から哀愁が漂ってきます。ファイアードラゴン側のキックオフで試合が再開されますが、やはり得点源は「カオスブレイク」。当然始動者となるアフロディを止めようと壁山が「ザ・マウンテン」を発動しますが、対するアフロディはボールを高く上げてそれを突破します。そして「カオスブレイク」を発動しますが・・・

怒りの鉄槌 1
怒りの鉄槌 1.5
怒りの鉄槌 2
怒りの鉄槌 3
※一番上の画像の文字は気にしないこと
※画像のサイズも気にしないこと

新技によりあっさりと止めてしまいました。本当にあっさりで拍子抜けするくらいでしたが・・・。そして目金の必殺技命名タイム。
目金:「『正義の鉄拳』を遥かに超える新技・・・さしずめ、怒りの鉄槌』!!
と、言うわけでどのあたりが「怒り」か分かりませんが新技の名前は「怒りの鉄槌」に決定。それにしてもフィールドの自己再生能力は異常。ところでこれは「正義の鉄拳」の進化系と言うことですが、それはつまり「ゴッドハンド」や「正義の鉄拳」で出てきていた拳は「マジン」の拳だという判断でいいのでしょうか?まぁ「正義の鉄拳」はパンチングでしたからキャッチ技になるだけで十分強化ですが・・・。
 さて、イナズマジャパンの反撃タイム。相手の最強シュートと考えられる「カオスブレイク」を止めたことで士気の上がるイナズマジャパンに対し、チャンスウは「良い戦いになってきましたね・・・ですが世界に行くのは我々です」と、余裕かまして傍観していました。そんなことしてるから負けるんだ、ということは言わないでおいてあげましょう。それが優しさです。さて、ヒロトが体勢を崩しながらも豪炎寺にパスを出し、「タイガーストーム」の構えにうつりますが、今回は勝也医師が全く関わらなかったにも関わらず失敗。ちなみに勝也医師本人はと言うと、会場のモニターで試合を観戦していました。そこまでしてるなら直接見に行ってやれよとか、そこにベンチあるんだからまぁ座れよとかいろいろ言いたくなりますね。
 せっかくの攻撃チャンスを棒に振る結果となったイナズマジャパン。ジョンスからのゴールキックを鬼道さんがカット。そのまま「豪炎寺ィ!!行けぇ!俺たちの挑戦が、このまま終わっていいわけがないだろう!?」と思いをぶつけつつ豪炎寺にパス。そしてさすがに今回は成功かと思いきや、また失敗。ここまで来ると円堂も我慢の限界みたいです。
円堂:「豪炎寺!お前それでもエースストライカーか!!いつだって、オレたちは悔いのないサッカーをしてきた!この試合だってそうだ!!お前の親父さんにも、見せてやろうぜ。サッカーの素晴らしさをさ!!
個人の家族問題をチームメイトの前で堂々と言うあたり、円堂は響木監督に影響を受け始めたのかもしれません。さて、ここから豪炎寺の独白タイム。というか、これだけで覚醒できる当たり円堂の洗脳スキルは本当にすごいです。
豪炎寺:(オレは何を悩んでいたんだろうな。これからオレがどういう道に進もうと、俺のサッカーへの気持ちは変わることはない。お前たちが仲間であることも、変わることはない。それで十分だ。今日も、いつも通り全力で勝利を目指すのみだ!!)
 さぁ覚醒した豪炎寺。しかしジョンスのゴールキックという点は変わりません。先ほどは鬼道さんがゴールキックをカットしましたが今回は・・・まさかの不動さんでした。そしてついに、引っ張り続けたタイガーストームが完成!

タイガーストーム

なんか、根本的につなぎ方が変わってた気がするんですが・・・というか、今まで失敗してたのって撃ち方のせいじゃないの!?ともかく、どちらも強力な必殺シュート、それが合わさったシュートが強力でない道理はありません。見事決勝点を得てイナズマジャパンのしょうr・・・

チャンスウ 開眼

チャンスウ:「まだだ・・・まだだぁ!!!
こいつ・・・開眼しただと・・・!?と、残り時間わずかと言えどまだ同点に追い付くチャンスは残っています。もう一度「カオスブレイク」を放ち同点に持ち込むため、チャンスウを筆頭にアフロディ、バーン、ガゼルが上がっていきます。止めようとするDFを「ならく落とし」で突破し、再度「カオスブレイク」を放つファイアードラゴン。対する円堂は一度「カオスブレイク」を難なく止めた「怒りの鉄槌」で応戦。しかし今回の「カオスブレイク」はファイアードラゴン勢の込めた気迫が違うため、簡単には止められません。どちらも世界に行くために意地をかけた勝負。結果は・・・?

決勝勝利

ギリギリで止めたイナズマジャパンの勝利。ここで一瞬力が抜けながらも悔しそうにしているチャンスウが印象的でした。バーンとガゼルも悔しそうな表情をしていましたが、アフロディだけは「キミたちなら世界の頂に立てるかもしれないな」と、独白ではありますがイナズマジャパンの勝利を称えていました。ちなみにこのシーンのBGMはゲーム版「イナズマイレブン」のOPであり、いわばイナズマイレブンの原点と言える曲かもしれません。大げさですが。そして久遠監督が人知れず微笑むなど、この人も若干イナズマジャパンのメンバーを認めてきた、というところでしょうか?全員が勝利を喜びあう中、観客席にいる夕香と話しに行く豪炎寺。事情を知らない夕香は「これで世界大会に行ける」と喜んでいますが、豪炎寺は行かない気でいるのでその言葉には反応できません。と、なぜかフィールドの勝也医師が登場。え・・・?ここって関係者以外立ち入り禁止じゃないの・・・?さすがイナズマクオリティ。現実で無関係者がフィールドに入ってよくなったら大混乱が発生しますよ。
勝也医師:「これで彼らを世界に送り出すことができたな。しかし彼らにはまだ、お前の力が必要なようだ。修也、歩いて行くがいい。お前は、お前自身の道をな。
どうしてこうなったwwwwwもう全力で過程を吹っ飛ばしているような気がしてならないのはなぜだwwwww今回の試合、豪炎寺は良いところよりも悪いところのほうが目立ってた気がしたのですが・・・?まぁともかく予定通り豪炎寺もFFI本戦に出場できることが決定。吹雪が負傷したところに豪炎寺も抜けるとなってはイナズマジャパンの大幅な弱体化は免れません。そういう意味でも、被害が最低限になってよかったです。
 さて、次回の舞台は・・・

ライオコット島

ライオコット島、別名「サッカーアイランド」。FFI本戦を開催するための島で、各国の国風が再現されている街並みが特徴です。そしてそこに行くために乗るイナズマジャパン専用機が「イナズマジェット」というらしいです。何でもかんでも「イナズマ」をつければいいってもんじゃないと思いますが、そこは置いておきましょう。ちなみに、

青い綱海

綱海は顔を青くしていました。やはり海の男は空が苦手なのでしょうか?船やキャラバンは平気だったのだから、乗り物酔いはしないと思いますが・・・。あ、でも飛行機の離陸・着陸がだめな友人はいましたね。そして・・・

染岡さん 予告 1

我らが染岡さん復活ッ!!しかし、前の記事でも書いたように今の染岡さんの技では世界には通用しないと思うんですよね。それこそ「バハムートクラッシュ」でも覚えてくれない限りは。予告を見る限り吹雪は松葉杖をついていたので最低でも一時離脱が確定している状況ですから、「ワイバーンブリザード」は使えません。かと言って「ドラゴントルネード」は威力に不安が残りますし・・・。まぁこの先の展開に来たいですね。そして、

街中ゴッドハンド

どうしてこうなった・・・?

 さて、CMで一瞬映る悪役・Mr.Kですが・・・

Mr.K

何かどこかで見た顔の造形をしています。その人とは髪の色が違いますが、そこはかつらなり染めるなりで何とかなりますし。声もどこかで聞いたような・・・まぁこれもきっと影山のせいですね。


 現在相変わらずバイト探し中。いい加減にしないとサークルの飲み会とかに出れなくなる・・・付き合い悪いと見なされるとサークル内の立ち位置が無くなるからそれは避けたいんだけどなぁ・・・うーん・・・。こればっかりは何度もトライしてみるしかないか。
スポンサーサイト
Comment

☆ No title

どうしてこうなったが多かったですね^^
今回はいつもと違い爆笑させていただきました

☆ No title

はじめまして!高2のイナズマジャパン改です。染岡の新技は「ワイバーンドラグニティらしいです。ところでSkypeやってる人いませんか?

☆ No title

イナズマさんコメントありがとうございます。

どうしてこうなったが多かったですね^^
ぶっちゃけ勝也さんのは意味不明だったんだ。本当に過程を飛ばしてるとしか思えない。どうしてサッカー続けていいという考えになったのか一切の説明がなされていませんからね。

☆ No title

イナズマジャパン改さんコメントありがとうございます。

染岡の新技はワイバーンドラグニティらしいです。
すごく遊戯王の臭いがする新技ですね。まぁ僕は染岡さんが出てくるだけで満足です。

ところでSkypeやってる人いませんか?
僕はSkypeやってないんですよ。ごめんなさい。

☆ タイトル

初めまして。

コメントすっごく面白いですね(^^♪
ずっと笑ってましたwwwwww

☆ タイトル

イチルさんコメントありがとうございます。

コメントすっごく面白いですね(^^♪
ずっと笑ってましたwwwwww
それはよかったです。是非これからも見に来て下さい。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


染岡さん再登場。 ≪         HOME         ≫ 新テニプリ 29、30話感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。