--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/08 Tue  20:47
ジャンプ27号感想

 新内閣が組閣されましたね。こんにちは、アカンコです。まぁ、我が家の話題はもっぱら「1年もつかどうか」なんですけどね・・・。口蹄疫と普天間問題を丸投げされる状態なわけで、総理大臣が変わったからと言って何とかなる問題だとは思えないんですがね。
 それでは今週もジャンプ感想。履歴書書かなきゃいけないから短いよ!


ブリーチ
 漂白藍染の中から真・藍染が出てきた時は爆笑したwwwしかも若干髪が長くなったり白眼が黒くなったりしてイケメン度と厨二度が上がってるのが何とも言えないwww


ぬらりひょんの孫
 前回「業」を覚えて土蜘蛛の元に向かったリクオでしたが、今週の描写はもっぱら土蜘蛛と鏖地蔵でした。土蜘蛛は自分の欲望のためには何でもするんですね。リクオと戦いたいからって氷麗を生かしておく必要があるのでしょうか?むしろ殺しておいた方が怒りの力でリクオがパワーアップしそうなんですが・・・。まぁ、そんな救いのない展開やってほしいかと言えばそんなはずはないのですけどね。
 一方の鏖地蔵。羽衣狐が鵺を産んだ後に食わせる生き胆の選別作業を行っていたようですがそこに次々と部下からの知らせが・・・。
部下A:「鏖地蔵様・・・。一刻程前・・・清永寺の妖が何者かによって消滅しました。」
部下B:「申し上げます・・・。半刻前に第四の封印西方願寺の妖東方より来たる何者かにより消滅。さらに何者かは西へさらに北へ進行中とのこと。」
部下C:「申し・・・上げます。たった今第三の封印鹿金寺の妖が消滅・・・。何者かはより大きなかたまりとなり・・・」
ここらへん、もはや新たなギャグにしか見えません。まぁこの「何者か」は当然リクオなわけですが、ご丁寧に第五~第三の封印にいる妖怪たちを皆殺し、もしくは配下にして侵攻しているようです。
 そして、龍の姿をした部下Cが報告に到着したころ、リクオは第二の封印・相剋寺に到着。ぬらりひょんの力を使ったのか、氷麗の保護に成功します。
土蜘蛛:「ふん、ぬらりくらりと邪魔くせぇ。あとかたもなく・・・つぶしてやるぜ。
リクオ:「よぉ土蜘蛛・・・今度こそてめーをたたっ斬る!
というわけで次回、リクオvs土蜘蛛みたいですが、リクオの背後にいる妖怪たちは明らかに奴良組の連中ではないように見えるのですが・・・やはり現地で仲間にしたのか?


黒子のバスケ
 黄瀬のバスケ、最終回です。ついに青峰と黄瀬の、時間的に最後の1対1。同じ技を使い、ほぼ同じ身体能力を持つ相手に読み合いは不毛と考えた青峰。今までにない集中力で黄瀬を止めようとします。黄瀬はその裏をかいて笠松にパスをしようとしますが、青峰は見事にそれを阻止。しかし、なぜ青峰は黄瀬が笠松にパスを出そうとしていることに気付いたのか?黄瀬はフェイクに見せかけて笠松にアイコンタクトを送っていましたが、そもそも青峰は自分の力に絶対の自信を持っていますから、味方にパスなどはしません。
青峰:「パスは一見意表をついた選択だが、逆に言えばオレの動きにない一番予測され易い選択だ。オレのバスケは、仲間を頼るようにはできてねぇ。
というわけで海常は決定的なチャンスで痛恨の無得点という結果になってしまいます。それでも黄瀬以外のメンバーは食い下がりますが、黄瀬は糸が切れてしまったのかどうにも動いていないように見えます。試合終了寸前、青峰が「敗因は最後の最後に仲間を頼ったお前の弱さだ」と評しますが、黄瀬本人は
黄瀬:(オレだけじゃここまでやれなかったし、オレだけじゃとっくに試合を投げてる。だから負けるだけならまだしも、オレだけ諦めるわけにはいかねーんスわ。敗因があるとしたらただ、まだ力が足りなかっただけっス。」
青峰:「フン、あたり前なこと言ってんじゃねーよ。」
というわけで桐皇が勝利しました。が、別に「コピーはオリジナルに勝てない」と言う展開も無かったし(結果を見ればそうでしたが)、黄瀬の故障も青峰の退場もなく、たんに黄瀬の力不足という展開で試合は終了しました。しかし、序盤で咬ませになりかけた黄瀬の復活には十分な試合展開でしたし、青峰の立場も保てたので良い展開だったのではないかと思います。そして、黒子の影の薄さが再確認てきました。単に登場してないだけですが。


トリコ
 というわけで「センチュリースープ」完成と同時にトリコの腕も再生。しかし、本当に最後の具材は「ウォールペンギンの涎」だったんですね。まぁそれなりの理由が提示されていたのでそこは良かったと思いますが。
 さて、「センチュリースープ」がトリコの「スープ」の候補になると言う展開は予想どおりなのですが、それよりも問題はG7のパッチが「小松にボディーガードをつけた方がいい」と進言しているのは納得できました。「センチュリースープ」を人工的に作り出したシェフともなれば、美食會がその腕を買って仲間に引き入れようとする恐れがあります。そもそもスタージュン様が「いつか美食會のために働けるようさらに腕を磨け」みたいなことを言っていたので、フラグもばっちりです。少なくとも小松の地位はさらに上がると見ていいでしょう。ただ現在は、「センチュリースープ」が本当にトリコの「スープ」の欄に入るのかが気になります。入るんだったら今週中に入れさせても良かった気がしますが・・・?


 相変わらずバイト探し中。悉く落とされるのはなぜだ(´・ω・`)まぁやっぱりこれは頑張っていろんなところに申し込んでみるしかないのか・・・。何でもいいから職が欲しいです。「イナズマ3」を買ったら財布がさびしいことになりそうです。
スポンサーサイト
Comment

☆ No title

後輩の自分が言うことではありませんが

課題は早めにやっとくべきですよ~

☆ No title

イナズマさんコメントありがとうございます。

後輩の自分が言うことではありませんが

課題は早めにやっとくべきですよ~
ご忠告ありがとうございますwwwどうにも不真面目な性分なもので、頭で分かっていても実行はしないというダメ人間です。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


新テニプリ 29、30話感想 ≪         HOME         ≫ 最後に気を抜いた方が悪い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。