--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/10 Sat  00:07
イナズマイレブン90話 帝国の呪縛!前編!! 感想

 気が付いたら19歳になっていたアカンコです。もう10代もラスト1年か・・・と、妙な感慨に浸っております。ボンバーをやっていたら各チームの主将たちのレベルも70に差し掛かろうとしており、超次元トーナメントも一試合を残してSクリアをしてしまったので、そろそろスパークの封も開けようかな、と思っている今日この頃です。ヒデナカタも手に入ったしね。
 しかし、今はまずイナズマの感想。先週のSPに続いて普段通りの放送の感想もうっちゃっているのはいかがなものかとも思いますしね。それと、僕は既にゲームでシナリオをクリアした身ですので、追記に書いた感想には重大なネタばれを書いてしまっていることがあると思います。それが嫌な方は、申し訳ないですがリターンをお勧めいたします。
 それでは、前置きが長くなりましたがイナズマの感想です。

 さて、朝方にライオコット島のセントラルエリアで鬼道さんと佐久間が朝練中。「ツインブースト」をモニュメントの穴を正確に通し。バスケットゴールにいれるという神技を見せてくれましたが、なぜサッカーの大会であるFFIのために開発されたライオコット島にバスケットゴールがあるのかは謎です。その後、佐久間が鬼道さんと共に「オレたちのサッカーで頂点の座を掴む」ことを再び約束しますが、そこで物陰から何かを窺う不動さんとミスターKを発見してしまいます。

ミスターK 1

そのミスターK、もともと帝国学園に所属していた鬼道さんと佐久間には・・・

ミスターK×影山

こう見えます。そう、三度円堂の前に立ちふさがり、そのたびに負けて、遂には消息不明となった男・影山零治。しかし、タイミング悪く車が鬼道さんたちの前を通った隙に、ミスターKは車に乗って去ったらしく、ついでに不動さんもその姿を消していました。
 OP後、不動さんはあっさり見つかってしまいます。・・・と言うか、不動さん自身は逃げようとも隠れようともしていないわけですが。そして、鬼道さんと佐久間は「なぜ影山と会っていたのか」と問い詰めますが、不動さんは「オレが誰と会っていようと、お前らに関係ねぇ」とその場を立ち去りますが、あの距離で「会っていた」と言えるのかどうかは果てしなく疑問です。ともかく、黙秘権を行使する不動さんに佐久間は「また影山につくつもりなのか」と勘繰りますが、鬼道さんはもう不動さんを問い詰めても無駄だと考えたのか、ミスターKを探す方向に目的をシフト。ここからしばらく影山の過去話がおさらいされますが、ここら辺はイナズマを見ている人ならだれでも知っている基本事項ですので割愛させていただきます。まぁ強いて言うなら、源田の叫び声が聞けなかったのが残念。あれか?声優代か?アフロディの分は惜しげもなく使ったのに・・・。
 さてCM明け、場所が変わってジャパンエリアのグラウンド。春奈たち一年組+綱海が立向居の「まおう・ザ・ハンド」習得のためにリンチ特訓しているところからです。ちなみにこの時点で100本以上のシュートを撃っているらしく、沖縄で体力を養っていた綱海以外は倒れてしまいます。こういうシーンを見ると綱海の体力が分かるんですが、逆に何でカタール戦の時はリタイアしたのか謎すぎます。とにかく後輩思いの綱海は休憩を打診しますが、春奈はそれを拒否。ありもしない設定を持ちだしてまで倒れた3人を立たせようとします。ここで目金が「音無じゃなくてやかまし」と言っていますが、これはかつて倉庫神が言っていたことの二番煎じです。え?何話かって?・・・一桁台だったような・・・。それにしても、立向居は原型ができるのは早いのですが、そこから使える技になるまで昇華させるまでに手間取る選手ですね。「何が足りないんだ・・・」と呟く立向居に「そんなもん熱さだ!情熱だ!!心の底から湧きあがってくるもんを、もっと全身で表わすんだよぉ!!そこから必殺技が生まれるんだ」と、まるで松岡修造のようなアドバイスをしてくれます。そして、「心の底から湧きあがってくるもん」を作るため、木暮の発案で立向居を怒らせることに・・・ってか、木暮のは絶対やりすぎだと思うwwwゴミとかクズとか完全に侮辱だろwwwwwしかしそれが功を奏したようで、とにかく「マジン」と言うか「まおう」的なものは出現します。しかし、腕を広げる前に消失。どうしたのかと思ったら、立向居がガチでへこんでました。まぁ立向居のキャラ的に、侮辱されたら怒るよりもまずへこむよなぁとは思いますが。しかし、結局発想が円堂へと帰結するあたり、やっぱり立向居は円堂の下から抜け出せないのかなぁ、とも思います。まぁ、円堂自身最終的には大介さんの技の強化が最強技になるんだけどな!!ともかく、一旦原点に戻って「マジン・ザ・ハンド」を出そうとしたことで何かを掴んだ立向居。完成の日は近いでしょう。
 一方、今回主役の鬼道さん&佐久間。鬼道さんも佐久間も何だかんだでミスターKのことが気にかかっているらしく、練習にいまいち身が入っていません。更にもう1人の主役・不動さんもシュートミスをするなど、やはり練習にいまいち身が入っていません。鈍感な円堂もさすがに感づいたのか、鬼道さんに「何かあったのか?」と尋ねますが、影山の魔の手が円堂たちにまで伸びることを恐れた鬼道さんは「何もない」と言ってはぐらかします。しかし、鈍感極まりない円堂に感づかれたということは、当然久遠監督にも感づかれています。久遠監督は鬼道さん、不動さん、佐久間を呼びつけ、「グラウンドから出ろ」の宣告。それを聞いた円堂は真意が分からずうろたえますが、宣告された3人はその原因が分かっているためあっさりとグラウンドから出ます。と言うか、このグラウンドにいるメンバーの中で「影山がこの島にいるかもしれない」と聞かされてうろたえないのは真帝国戦以後に仲間になった立向居と綱海、それに今回新しく仲間になった虎丸、飛鷹くらいのものでしょう。前者2人については、アフロディが仲間になった際に過去の話を聞かされているかもしれませんし、ストーリー内で語られていないことを考えると絶対にうろたえないと言い切れるのは飛鷹くらいでしょうね。
 と思っていると、いきなり不動さんが消失。鬼道さんは彼が影山とコンタクトを取ろうとしているのではないかと勘繰って、急いでグラウンドから走り去ります。ここで鬼道さんがグラウンドを見渡した際に、豪炎寺、染岡さん、虎丸の3人が集まっていたのにはなんか和みました。虎丸とは仲良くやっているんですね、染岡さん・・・。ゲームでは意外なことに絡みが何度かありましたが。ともかく、鬼道さんは不動さんを探して町をさまよい歩きます。そして、あまりにも影山のことを考えすぎたせいか、

影山の幻覚

こんな幻覚を見ることに。なんだよこの町・・・絶対に訪れたくねぇよ・・・。いつ頭上から鉄骨が落ちてくるか分かったもんじゃねぇ・・・。ちなみにここでミスターKが「会いたかったぞ鬼道・・・。我が最高の作品・・・。」と話しかけるのですが、これが幻覚なのかそれとも実際に起こった出来事なのかは分かりませんでした。
 一方佐久間も鬼道さんを心配して町へと外出しており、鬼道さんを探して路地を歩いていました。すると、誰もいないはずなのにサッカーボールが路地の奥へと転がっていきます。怪しんだ佐久間はそのボールを追いかけ、広場に出ます。そこには誰かがいましたが、逆光のおかげで人相は分かりません。マントが見えたため、佐久間は鬼道さんだと考えますが、すぐに違う人物だと悟ります。その人物・・・そうですね、本名が出るまで“D”にしておきましょう。

デモーニオ・ストラーダ 1
デモーニオ・ストラーダ 2

その“D”はすさまじいスピードで佐久間の横を通り抜け、「あのお方から逃れることはできない」と言い残して去って行きました。
 さて、場面は変わってライオコット島巡回バスのバス停。そのバスの前で何やら考え事をしていた鬼道さんは、不意に佐久間に肩を掴まれます。何事かと思いきや、「オレも行く」と告げる佐久間。鬼道さんは「行くのはオレだけでいい。影山の恐ろしさは、お前も知っているはずだ」と、認めようとしません。が、先ほど遭遇した“D”のことを思い出し、「お前だけを、危険な目にあわせるわけにはいかない!」と食い下がり、結局同行することに。そこから少し離れたところに、空気を読まず円堂が登場。鬼道さんのことを気にかけて探していたらしく、鬼道さんと佐久間がバスに乗り込むのを見て少し驚いた様子。ちなみのそのバスには不動さんまで乗っていました。さらに、ドアが閉まる直前に円堂も乗り込み、奇しくも影山と最も因縁のある4人が一堂に会してしまうことになるのでした。
 さて、みんな大好き予告編。まぁ、何はともあれ

木材落とし

これですね。伝家の宝刀・木材落とし!!もうね、いい加減にしろと言いたくなりますよ。こいつ、何かを落とすことしか能がねぇのか!!画像は手に入りませんでしたが、フィディオにも何かを落としてますし・・・。
 さて、続いて「チームK」。

チームK 予告

なんだ・・・このダンペラ臭は・・・。
 適当な予告感想も次がラスト。

アンジェロ・ガブリーニ

信じられるか・・・?なんだぜ、こいつ・・・。性別すらも超次元・・・というか、FFI全体を見ても明らかに性別を偽ってる選手が結構いるんですよね・・・。え?年齢を偽ってる奴?腐るほどいるだろ。

オサーム様 ゴッドノウズ
テラシュール
※画像はイメージです。


 さて、何だかんだ言って、アカンコはまだバイトが決まっていません。いやぁ、バイトがこんなに叩き落とされるものだとは思わなかったwwwそれにしても・・・イナズマ「3」を買って消費した金の分が埋められる日はいつ来るんだろう・・・。ただでさえ金欠だってのに・・・。
スポンサーサイト
Comment

☆ No title

アカンコさん進むの速いですね・・・

私チンタラやってるんでまだ全然対戦ルートが埋まっていません^^;


そして来ましたねww

伝統の宝刀・木材落としwww

次回予告で盛大に吹きましたよ・・・


では短文ですがこの辺で失礼します

☆ No title

アカンコさんもアンジェロ君引き抜いたんでしょ?そうでしょ?

ローランはおれのもの

☆ No title

南陽さんコメントありがとうございます。

アカンコさん進むの速いですね・・・

私チンタラやってるんでまだ全然対戦ルートが埋まっていません^^;
大学生はいろいろと暇が有り余ってますからね・・・。自分の学力よりも低い大学に入学してしまえばなおさら。僕もスパークはちんたら進めようと思います。


そして来ましたねww

伝統の宝刀・木材落としwww

次回予告で盛大に吹きましたよ・・・
本当は鉄骨を落としたかったんでしょうけど、見つかんなかったんでしょうね・・・。ライオコット島で鉄骨を使ってそうな建築物ってセントラルエリア周辺の建物しかないですから・・・。しかし、絶対に“何かを落とす”ことを殺人手段に使おうとする影山のこだわりはすごいと思います。

☆ No title

55tさんコメントありがとうございます。

アカンコさんもアンジェロ君引き抜いたんでしょ?そうでしょ?
あたりまえじゃないですか。・・・真剣に、「それは愚問って言うんですよ」と返そうかと思いました。


ローランはおれのもの
いや、その理屈はおかしい。

☆ No title

アカンコさん進むの早すぎですw

おれなんかこないだストーリー終わったばかりですし・・



アニメのほうは影山来ましたねー・・・

予告のフィディオと鬼道さんの木材落とし笑いましたw

☆ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ No title

koroneroさんコメントありがとうございます。一応そちらの事情?は分かりました。

アカンコさん進むの早すぎですw

おれなんかこないだストーリー終わったばかりですし・・
これが大学生の力だ!!ちなみに現在はスパークプレイ中ですがね。ちんたらプレイしてたらチームレベルがおかしいことになり始めましたwww


アニメのほうは影山来ましたねー・・・

予告のフィディオと鬼道さんの木材落とし笑いましたw
ある意味「何かを落としての殺害」は影山の代名詞だと思います。自動車事故を誘発させたこともあったのですが、それ以上に鉄骨落としのインパクトがすごすぎたwwwww
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


新テニプリ31、32話感想 ≪         HOME         ≫ アカンコの取扱説明書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。