--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/28 Sat  20:55
イナズマイレブン97話 一之瀬!最後のキックオフ!! 感想

 更新ストップしててすいませんでした、アカンコです。何をやっていたのかと聞かれれば、まぁ別に何もしていないんですけどね。あ、ポケモンホワイト予約してきました!つーか、LEVEL5はさっさと鍵配信しないとポケモンにプレイヤーを取られると思うのですが・・・。
 それではイナズマ感想です。土門のAGOっぷりが変わらずで安心しました。


拍手コメ返信
CACOさん
オサームさまの夢・・・羨まし過ぎる。
コメ返遅れて申し訳ありません。夢を見れたのは良いのですが、あの声とインパクトで目が覚めるのは・・・w

 雨の中、アメリカエリアで一之瀬を待つ秋の描写からスタート。秋の回想によると、一之瀬は秋だけに会いたいと言ってきたみたいです。
 そしてOPの後、若干一之瀬が出てきてすぐに“イナズマジャパン”がTVで“ユニコーン”vs“ナイツ・オブ・クイーン”のダイジェストを見ている描写が入ります。で、土門がフィリップと競りあったり相変わらずの「ボルケイノカット」でポールをブロックしたりしていますが、「ボルケイノカット」って2期の技ですよね・・・。2期の技が通用したりしなかったり、世界のレベルって高いんだか低いんだか分りませんね。特別な技だったはずの「爆熱ストーム」や「ウルフレジェンド」が咬ませと化しているのに、普通の技である「ボルケイノカット」が通用するとかパワーバランスおかしいでしょ(´・ω・)しかも一之瀬が司令塔ってマジか・・・。日本人が加入しないと司令塔のいないアメリカってどうなのよ。まぁ、“ユニコーン”のMFはマークと一之瀬の二枚看板なんですけどね。そしてディランが技も使わずにゴールを奪うとか、“ナイツ・オブ・クイーン”はそろそろ別のGKを採用した方がいいと思います。そして今のところ、“ナイツ・オブ・クイーン”は全敗。イギリスェ・・・。ところで、円堂と鬼道さんは一之瀬のプレイにどこか以前と違う雰囲気を見出した様子。しかしその違和感がどこから来たのものなのかは分からず、風丸の「レベルアップしたからじゃないのか?」という考えに納得してしまいました。そして、円堂は一之瀬、土門との約束、「世界の舞台で戦おう」を思い出し、夕飯前に練習することを決めたのでした。・・・てか、全員やる気ってのはすごいですね。
 ・・・と、ここまでが秋の回想タイムだったようです。そして、回想が終わったちょうど良いタイミングに一之瀬登場。しかし、一之瀬は人を呼びつけたくせになかなか口を開こうとしません。いったいどういうことなのかと考えていると、ようやく一之瀬が口を開きます。
一之瀬:「オレ、この大会が終わったら結婚するんだの後、プロリーグのユースチームに入ることになったんだ。」
と、どこぞの死亡フラグのような言い方で朗報を伝える一之瀬。まぁこの報告でいったんは安心する秋。しかし、その直後に一之瀬は「アメリカに、一緒に来てくれないかな・・・秋」と続けます。その言葉の真意を測りかねる秋でしたが、すぐに一之瀬は「プロでの最初の試合に、秋を招待したいってこと」だと補足します。秋もこれで納得しましたが、一之瀬の表情を見る限り、それが本意でないことは容易に感じ取れますね。
 その後一之瀬は、「この大会での優勝を、入団の手土産にするつもりさ。次の試合、負けないよ」と、更に死亡フラグを積み重ねます。そして、「良い試合にしたい。・・・思い出になるように」と意味深な発言をした後、秋と別れた一之瀬。しかしその様子を見ていた男がいました。その男は・・・ 土 門 。

アスカ・ドモン 1

やめろwww急に出てくるなwwwwwお前ネタキャラ扱いされてるんだからwwwwwま、土門は軽そうに見えて友人思いなキャラですので、一之瀬が心配でストーカーをしてみたんでしょうね。しかし、話の内容聞こえているのだろうか・・・?ちなみにその夜、秋は嫌な予感がしたようで再び一之瀬と連絡を取ろうとしますが、留守電になっており連絡は付けられませんでした。
 翌日、“イナズマジャパン”は一之瀬や土門と戦うこともあって練習に一段と熱が入っています。しかし、一之瀬、土門と直接の面識がないのって、虎丸と飛鷹だけですよね・・・。土方とは沖縄で会っているはずですし。そして、冬花が「みんなをこんなに熱くさせる2人かぁ、どんな人たちなんだろう・・・」と呟くと円堂が「仲間だ!チームが変わっても、あいつらは大切な仲間なんだ」と即答しますが、

カズヤ・イチノセ 1

死んだ人扱いするなwwwwwちなみに土門もこんな扱い。空に映してもいいから、半透明にするなと。そして、在りし日の一之瀬、土門を思い出して気合を入れなおした“イナズマジャパン”。吹雪と風丸が連携必殺技を開発しようとしたり、これ以上技を覚える余地がないはずの綱海さんがサーフボード使って特訓しに行ったり、染岡さんが華麗なプレイで壁山を抜いたりしているときに、円堂、春奈、冬花は秋がいなくなっていることに気がつきます。
 その当人がどこに行っていたかというと、アメリカ代表の宿舎前。秋はそこで土門と出くわします。曰く、一之瀬はチームメイトと共に出かけているそうです。・・・で、お前は一緒に出かけずに買い出しか、という突っ込みは無しにしておきましょう。「伝言なら聞いとくぜ」と言う土門に、「一之瀬君、最近様子が変じゃない?」と尋ねる秋。土門はわざわざ後ろを向いて「オレには全然変わったようには見えないけどなぁ」と、分かりやすすぎる嘘でごまかそうとします。が、幼馴染の目はごまかしきれず、「嘘つくと目をそらす癖」を指摘されます。・・・正直、「背を向ける」っていうのは「目をそらす」レベルの話じゃないですが・・・。それでも土門は嘘をつきとおし、アメリカの宿舎に入ってしまいました。そして、窓から秋を見やりながら心の中で秋に謝る土門。やはり幼馴染を騙すのには心が痛むようです。
 それらの要因を作り出した一之瀬はと言いますと、アメリカ用のグラウンドで練習中。そこにマークとディランが通りかかりますが、ここでのやり取りを見ている限りでは一之瀬の事情を知らないのでしょうか?事情を知っているらしい土門は路地からその様子を覗いていました。と、ここで土門の回想。どうやら、幼少期の交通事故の影響は未だに一之瀬の体を蝕んでいたようです。当然手術をせねばなりませんが、今回の手術に失敗したら二度とサッカーができなくなるという難しい手術みたいです。医者の見解によれば、「時間がたてば命さえ落としかねない」らしいのですが、それよりも医者の声がエドガーであることの方が気になりました。
 夜、一之瀬は自室で(どうして2度もサッカーが奪われる・・・どうしてオレばかり・・・)と考えていましたが、さすがに2回目は死ぬ死ぬ詐欺の罰じゃないでしょうか?そして翌朝、土門は一之瀬が自室からいなくなっていることに気がつきます。慌てて食堂へと走った土門。
土門:「みんな!一之瀬がいないんだ!!」
ディラン:「落ちつけよドモン。」
マーク:「朝のランニングにでも、行ったんじゃないのか?」
ディラン:「うんうん。」
完全スルーかよ。このチームの中で、土門はどんな存在なのでしょうか?1人で買い出しに行かされるわ、話はまともに聞いてもらえないわ、踏んだり蹴ったりだと思うのですが。で、肝心の一之瀬はというと、ジャパンエリアの、宿泊所に近い海岸に来ていました。自分の病のことは言わないと決めたらしいのですが、何だかんだで未練が残っているらしいです。そんなところに綱海さんと円堂が。ここでの円堂の「一之瀬たちとぶつかるときには最高のオレでいたい。最高の試合にするために」という発言に何か感じるものがあったのか、一之瀬はその場を走り去ってしまいました。
 そして再び土門&マーク&ディラン。土門が2人に一之瀬の行方を尋ねますが、マークは「あいつは練習までには必ず戻ってくる」と、やっぱり取り合ってくれませんでした。何だかんだで土門の扱い悪くね?で、一之瀬は普通にグラウンドに戻っていました。幼馴染に心配させるだけさせてあっさり戻ってくるとか、こいつは1期から成長しているんだかしてないんだか分りませんね。そしてチームでの練習中に、ふっきれた一之瀬の独白タイム。
一之瀬:(本当に怖いのは、サッカーができなくなることじゃない。最高の相手とサッカーをする機会を失うことだ!!円堂、キミの熱い思いにオレは応えたい。最後になろうと構わない!次の試合、オレの全てをキミにぶつける。タイムアップの笛が鳴る、その時まで。)
土門:(そうか、お前は決めたんだな。最後の最後まで・・・羽ばたき続けると。)
うん、土門のフォローがナイスすぎる。てか、土門はずっと苦労人ですね。
 さて、試合当日。試合会場はクジャクスタジアムです。谷にまたがるように建設されたこのスタジアム、大規模な地震が起きれば選手、観客もろともお陀仏です。まぁ、ヤマネコスタジアムも増水すればみんなお陀仏なスタジアムでしたが・・・。で、アメリカの試合なのでイナズマ2にも登場したアメリカのケイン大統領が登場したわけですが、登場した瞬間弟が一言。
弟:「キモいwww
キモい言うなよ・・・。で、ゲームならば一之瀬がスタジアムに入場した円堂に向けて「あいさつ代わり」と称した必殺シュートをぶち込むわけですが、アニメだと土門と一之瀬のやり取りを秋が聞いてしまい、割り込むという展開に。秋が廊下を歩いていると、土門の声が聞こえてきました。
土門:「一之瀬、お前の決意は分かった。お前が決めたのならオレは最後まで付き合う。」
一之瀬:「ありがとう、土門!」
土門:「ただ、一つだけ約束してくれ。万が一、試合中プレーできなくなるようなことがあったら・・・」
一之瀬:「その時は、グラウンドを出る。」
土門:「オレは、お前の命が大事だ。ぶっちゃけ、お前には試合には出ずに今すぐにでも手術をしてもらいたい。こうしている間にも、成功の確率は下がって・・・」
と、ここで秋が乱入。「この大会が終わったらプロのユースに入るって言ってたじゃない」と一之瀬を問い詰める秋に、土門が「嘘なんだ」と発言。で、土門の分かりやすい解説によれば、
土門:「プロリーグのユースに誘われたのは本当だ。でも、ユースには入れない。あんときの事故の影響で、一之瀬はまた手術を受けなきゃならないんだ。しかも、手術の成功率は50%。治っても、サッカーさえできるかどうか・・・。」
ということだそうです・・・って、え?これひどくね?つまり、

・手術失敗→サッカーできない。
・手術成功→サッカーさえできるかどうか・・・。

つまり、“成功しようが失敗しようがサッカーはできないよ”ってことですよね?これじゃあ、一之瀬にとっては失敗しようが成功しようが同じだと思うのですが・・・。何と言ったって一之瀬は、サッカーできないことに絶望して死を偽装した男ですし。しかい土門はさりげなく、「この試合が、最後の試合になるかもしれないんだ」という、“一之瀬復活フラグ”も立てておいてくれました。そして、選手入場コールがかかると、一之瀬は秋に背を向けます。
一之瀬:「秋。円堂には言わないでほしい。本気の勝負をしたいんだ、円堂と!」
そう言ってグラウンドへ向かう一之瀬の背中を見やりながら、土門は秋に話しかけます。
土門:「1人で抱え切れるもんじゃねぇ。だから、秋に会いに行ったんだよ。でも、言えなかったんだ。そう言う奴だろ?一之瀬は・・・。・・・バカ野郎が・・・!
最後の「バカ野郎が」がいいですね。一之瀬に対する感情がないまぜになっている感じがよく出ていると思います。
 さて、“イナズマジャパン”のベンチに戻っても一之瀬、土門とのやり取りを引きずっている秋。流石に円堂もその異変に気付いたようですが、やはり鈍いためにうまくごまかされてしまいました。そして整列の時間となります。“イナズマジャパン”のスターティングメンバーは、審判から見て手前から順に、円堂、風丸、豪炎寺、鬼道さん、染岡さん、吹雪、ヒロト、綱海さん、飛鷹、壁山、虎丸。ベンチには立向居、木暮、佐久間、土方、不動さんです。
 そして、“ユニコーン”のキックオフから試合開始。FWのミケーレ・ジャックスからディラン・キースへ、続けてMFのカズヤ・イチノセへとパスします。そのまま一之瀬が上がっていきますが、まずはディランがいい笑顔で豪炎寺の進行を阻んでFWラインを突破。続いてプレスを掛けてきた風丸を残像ができる速さのフェイントで抜き去り、ヒロトが追いつけないほどの速さのドリブルでどんどん切り込んでいきます。・・・2期の一之瀬って手加減してたんじゃねぇの?と、続けて飛鷹、そして綱海さんを華麗なテクニックで避け、吹雪との競り合いはバック宙返りで突破。さらに、「ザ・マウンテン」を使おうとした壁山の隣をすさまじいスピードで走り抜けていき突破。残るは円堂ただ1人。ここで、一之瀬の新たなる必殺技が発動します。

ペガサスショット 1

一之瀬:「行くよ円堂!これがオレの必殺技・・・ 『 ペ ガ サ ス シ ョ ッ ト 』 ! ! 

イジゲン・ザ・ハンド 1

対する円堂は「イジゲン・ザ・ハンド」を使いますが、あっさりと破られてしまいました。・・・最近円堂の必殺技は破壊されてばっかりだな。これだけ見ると、おとなしく「正義の鉄拳G5」を使っとくべきだと思います。そして、もう1人の「サッカーの守君」がアメリカ代表に呼ばれなかったのは、ペガサスを1人で出せるようになったから用済みになったんですね。ともかくあっという間に先制のゴールを許した円堂。ゲームのシナリオ通りに試合が運ぶのであれば、後半にもマークの必殺技で失点をするはずですから、これはなかなか厳しい試合になってきそうですね。しかし円堂は、一言でチームメイトの士気を上げることに成功。これを見た一之瀬は、
一之瀬:(一言で味方を元気づける・・・やっぱり凄いよ、円堂!だからこそオレは、キミと戦いたかったんだ!!)
と、円堂との対決の意思を新たにし、秋が一之瀬の心配をしたところで終わりです。
 で、次回予告。“ユニコーン”の象徴ともいえる必殺技、「ユニコーンブースト」の登場や、風丸と吹雪というどう考えてもあっち方面に人気なペアの「ザ・ハリケーン」が登場するようですね。来週では試合の決着はつかないだろうなぁ。土門の活躍が映っていなかったので、土門が活躍するかどうか少し心配です。


 だいぶ前にバイト決まったという内容に記事を書きましたが、そのバイトが9月いっぱいで廃止されることが決まり、また職無しになってしまうことになりました。どうやら僕はとことん職に恵まれない人のようですね・・・。まぁ、普通のバイトじゃ大学の講義の時間帯のせいで店側が提示する時間帯に働くことができないのが一因だったりもするのですが。
スポンサーサイト
Comment

☆ No title

ザ・ハリケーンなんかやてないでワイバーンブリザードしろよ・・・

ばっかやろうが・・・
って思ったのはオレだけじゃないハズ。

☆ No title

一角さんコメントありがとうございます。

ザ・ハリケーンなんかやてないでワイバーンブリザードしろよ・・・

ばっかやろうが・・・
って思ったのはオレだけじゃないハズ。
何で僕の思考をスーパースキャンしてんスかwwwまぁ、サブタイで「最後のワイバーンブリザード!!」って銘打っちゃったってのが多大なる要因だと思うんだ・・・。「ワイバーンブリザード」は犠牲になったのだ・・・。染岡ェ・・・。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


今週のジャンプ感想はお休みです。 ≪         HOME         ≫ ジャンプ39号感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。