--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/05 Tue  20:16
ジャンプ44号感想


        祝☆60000HIT!!!
    ありがとうございます!!!



 ワンピースが再開したのでジャンプ感想を書く気が起きました、アカンコです。ヒンバスの厳選を放っても書きたいと思わせるんだからなぁ、流石はワンピースです。まぁ今回はそこまで動きはなかったけどさwww



ワンピース
 冒頭でいきなりルフィが姿を見せていたのには驚きました。成長した姿はすぐには見せないと思っていたので。それに関しては他のメンバーも同じですね。とは言え、そこまで劇的に変わったと言えるメンバーは・・・あ、ブルックか・・・。何なのでしょうね、あれ。絶対に海軍に追われる立場だと思うのですが。それを逃れてミュージシャンになってるんだもんなぁwww何やってんだよwwwwwそれでもきっちりシャボンディ諸島に来る点、麦わら海賊団の一員であるという自覚はあるのでしょう。で・・・チョッパー・・・おま・・・。外見はおろか中身も成長してないような気がするんだけど・・・?でもまぁ、きっと成長してるんだろうなぁ・・・してくれないと困るというか。
 さて、シャボンディ諸島では麦わら海賊団の偽者がその名を騙って幅を利かせていましたが、幸か不幸か偽物のルフィが本物のルフィと開港してしまいました。成長した実力が見られるのはもっと後だと思っていましたが、いきなりその片鱗を見ることができそうで楽しみです。


ブリーチ
 一護・・・お前、もう休め(´・ω・)つ旦


ぬらりひょんの孫
 さすが竜二、自分で嘘つきの名を名乗るだけのことはあり、見事に羽衣狐を騙すことに成功しましたね。もっとも、結果としては不意に現れた土蜘蛛により鵺の封印は失敗に終わるわけですが・・・。それでも、「知力と協力をすれば妖怪にも対抗できる」ということを証明できたのは良かったと思います。何と言っても、最強の陰陽師である十三代目秀元が「千年を生きる大妖怪どもに人間が勝てる道理があるわけない」と発言しちゃう世界だからね・・・。


黒子のバスケ
 相変わらず緑間さんはチートだと思います。そのチートが仲間と協力することを覚えたのだから、これ以上厄介なことはありませんね。「オレを止めたければ一瞬たりとも気を抜くな」のシーンが非常に印象に残りました。台詞は間違っているかもしれませんが。
 で、この試合はたぶん誠凛が負けるんじゃないかと思います。で、“悪童”と戦って苦戦するも勝利してWCへ進む・・・という流れだと思いますが。まぁ、少なくとも言えることは、秀徳が泉真館に負けることは十中八九ないということです。


 相変わらず短くてすいません。夏休みが明けて1週間ほどたち、徐々に疲れを感じるようになりました。北海道だけでなく、日本全体として冬に向かっていますので、皆さん健康に気をつけてお過ごしください。僕は本格的にめまいを起こし始めました。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


久々にバトンです。 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン102話 よみがえる記憶!冬花の真実!! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。