--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/09 Sat  15:17
イナズマイレブン102話 よみがえる記憶!冬花の真実!! 感想

 どうもこんにちは、前回の記事でめまいがするとか書いていたら本格的に風邪ひいたアカンコです。まぁブログの更新をするだけの体力は残っているんですがね。今はカブルモの厳選をしています。HABDのVを狙っていますが、なかなか上手くは行きませんね・・・。
 それでは、ゲームではストーリーに絡んでこない“レッドマタドール”が絡んできたイナズマ102話の感想です。

 イナズマジェットがライオコット島へ向かっている構図から今回はスタート。緑川あたりが戻ってきたのかと思ったら、降りてきたのは鬼瓦刑事。夏未が出迎えに来ており、これだけで大介さんに関わる事件関連のものだということが分かります。そして、鬼瓦刑事曰く、当時の記録を再調査したところ、影山と関わりのあった人物に「とんでもない名前」が見つかったとのこと。それは一体・・・?というところで、別の飛行機の離陸のせいで聞こえなくなる声。まぁ、お約束ですね。
 さて、そんなことは露知らず、“オルフェウス”戦に向けて特訓を続ける“イナズマジャパン”。そう言えば、今月号のニンドリか何かで、日野社長だったか誰かが「フィディオは半田の髪がのびただけ」という発言をしていましたね。公式でも自覚あるのかよ・・・。まぁそんなことはともかく休憩タイム。壁山のドリンクボトルを大きくしたり、誰のボトルかすぐ分かるようにイラストを付けたり、と、冬花のマネージャー職も大分板についてきたみたいです。で、ここで専用ボトルが出てきていますが、分かる範囲では、

オレンジの輪:円堂
波:綱海
青龍:染岡さん
虎:虎丸
炎:豪炎寺
雪:吹雪

あたりでしょうか。鬼道さんのボトルはどうなっているのでしょうか・・・ゴーグルか?不動さんはモヒカン、佐久間は眼帯がぱっと思いつきましたが、彼らのボトルが出てこなかったのはイメージをアイコンにしづらいからだと思いました。
 いきなり舞台は夜、宿舎の食堂に。壁山と木暮が一緒に座っているので仲良いんだなぁ・・・と思っていたら、染岡さんと吹雪(と目金?)が一緒に座っていて笑いました。お前ら、一緒に飯食ってる暇あったら「ワイバーンブリザード」見せてくれよ。点決めろとまでは言わないから。で、綱海が巨大なハンバーグ?を一口で突っ込んで食事を終えようとすると、冬花が「ニンジン残ってます」と指摘。綱海が食い忘れたのかと思ったら、
綱海:「オレ、ニンジンだけは苦手っつーか・・・。」
うそ・・・だろ・・・?まさか綱海に苦手なものがあったとは!!しかし、冬花はそれで食い下がろうとはしません。
冬花:「食べないと栄養が偏ります。」
綱海:「あはぁ~・・・。」
冬花:「だから、ニンジンのゼリーです。」

あ、予想外の展開。てっきり、

冬花:「食べないと栄養が偏ります。」

綱海:「そんなこと、海の広さに比べればちっぽけな話さ!!

冬花:「くっ・・・!」

という展開になると思ったのに。そんな期待はともかく、練習時のドリンクといい、今回のゼリーといい、冬花は一人前のマネージャーになろうと一所懸命です。そんな明るい冬花を見ているうちに、円堂は以前久遠監督から聞いた冬花の過去について思い出し、表情を硬くします。しかし、今の冬花の明るい様子を見て、「今のフユッペなら、きっと大丈夫だ」と思い直すのでした。
 しかし翌日、円堂を見ることによって過去の記憶が呼び覚まされかける冬花。今までは夜、夢に見るだけだったにも関わらず、起きていて意識もはっきりしている状況でも発作が起きるということは、催眠療法が限界に近付いているということなのでしょう。それを察した久遠監督は心配し、夜、「どうだ?」と声をかけますが、冬花は真意を読み取れなかったのか、または読んでいる本についての質問だと思ったらしく、「すごく楽しい」、「“イナズマジャパン”のマネージャーになれて良かった」と答えます。当たり前ですが、冬花は自分に催眠療法が施されているなんて知りませんから、久遠監督の期待する答えが返ってこなくても仕方ありませんね。
 翌日、Bブロック、スペイン代表“レッドマタドール”と試合をすることになった“イナズマジャパン”。ここで現在のAブロックのランキングが登場しますが、

1位:イタリア代表“オルフェウス”
2位:日本代表“イナズマジャパン”
3位:アメリカ合衆国代表“ユニコーン”
4位:アルゼンチン代表“ジ・エンパイア”
5位:イギリス代表“ナイツ・オブ・クイーン”

騎士の誇りェ・・・。まぁ、予選を無失点で勝ち上がってきた(笑)方々の順位も大概だとは思いますがwwwで、“レッドマタドール”の選手たちが登場するのですが・・・うん、人をやめた奴がいる。まぁ、“ファイアードラゴン”に比べりゃマシかな・・・。「!?」って思うのがラファエルくらいですし。・・・ひょっとして耐性が付いてきちゃったのか・・・?
 で、試合開始早々「皇帝ペンギン3号」をぶちかます“イナズマジャパン”。GKのフェルミンは、必殺技の「スティンガー」を使いませんでしたが、これはナイス判断と言わざるを得ない。「スティンガー」使ったら100%指を粉砕骨折してましたよ。続いて、“レッドマタドール”の解説。目金曰く、「主将・ケラルドを中心とした攻撃的なチーム」だそうですが、ケラルドはDFです。相手陣内へ深く切り込むって、攻撃的すぎるDFだと思うのですが。綱海?あいつのポジションは事実上FWだよ。ネオジャパン?アレは作戦だよ。で、そのケラルドはオフェンス技、「マタドールフェイント」を発動して染岡さんを突破すると同時に染岡さんのネタ度を上昇させ、3人連携のシュート技・「スリングショット」で「イジゲン・ザ・ハンド」をやぶります。シュートに加えドリブルまで持つDF・・・こいつ、MFに転職した方がいいんじゃないでしょうか。そして“イナズマジャパン”のキックオフで試合再開。再度「皇帝ペンギン3号」の構えを作り出しますが、影山を意識しすぎた鬼道さんは1人で暴走。素晴らしいテクニックで相手のDFを軽々と抜き去りシュートを放ちますが、やはり通常シュートでは止められてしまいました。
 結局、1-1のまま試合終了。試合終了後、爽やかに握手を交わす円堂、ケラルド両主将ですが、
円堂:「決勝トーナメントで会おうぜ!」
ケラルド:「ああ!今度は勝負をつける!!」
と、きっちりフラグを立ててくれました。
 試合終了後、浜辺でタイヤ特訓をする円堂そこに冬花が現れ、先ほどの練習試合について話します。スポーツマンシップの塊のような発言をする円堂でしたが、その円堂の笑顔を見たことで冬花の記憶が呼び覚まされてしまいます。過去、円堂と遊んでいた記憶から数珠つなぎに記憶があふれ出し、遂には両親が死亡した事故まで思い出してしまい、気を失ってしまいます。
 その後、ライオコット病院へと搬送された冬花でしたが・・・

冬花 無表情

 ド ン ! ! !


・・・いや、これ怖いよ!!監督と円堂のテンションは冬花が死んだかのような雰囲気を醸し出してるし、ここだけ見てもサッカーアニメとは思えませんよ!「マモル君、サッカーって良いね」の台詞も「何でここでサッカー?」と言われること請け合いです。しかし、変なところで王道を行くのがイナズマイレブンというアニメ。円堂の涙が冬花の手の甲に落ちたことで、冬花の眼に光が戻ります。・・・これって普通、意識不明の主人公にヒロインの涙が落ちることで主人公が目を覚ますって流れじゃないでしょうか?何が言いたいかっていうと、やっぱりイナズマイレブンは超次元です。そして、東京の先生に電話をかけている久遠監督の腕をつかむ冬花。
冬花:「やめて・・・私、忘れたくない。」
久遠監督:「冬花。」
冬花:「すごく悲しくて、つらくて、苦しいことを思い出したけど、でも、もう忘れたくないの!マモル君や、大切な仲間たちのことを。」
久遠監督:「私は、お前が心配なんだ。」
冬花:「大丈夫。お父さんが、マモル君が、みんなが、仲間がいるから!・・・私分かってた。いつも、気にかけてくれていたこと。心が強くなるように育ててくれたこと。何があってもいいように、見守っていてくれたこと!ずっと私を守ってくれてありがとう、お父さん!」
久遠監督:「・・・冬花・・・。」
うん、すごく感動するシーンだとは思うのですが、東京の先生どうした。
 翌朝?冬花の病室を訪れる円堂。冬花の容体も安定し(まぁもともと病気だったわけではないのですが)、記憶も順調に回復しているようです。そんな折に、冬花は本当の父親が大介さんのことを話していた、ということを円堂に告げます。しかし、何故か父親は大介さんの話をするときはつらい顔をしていたそうです。いったいなぜなのかと思っていたら・・・
夏未:「そこから先は、私が話すわ。」
狙ったとしか思えないタイミングで夏未(と鬼瓦刑事)登場。きっと病室の前で今か今かとタイミングをはかっていたのに違いありません。ともかく、影山の下で働きながら、影山によって狙われた大介さんを逃がした首謀者が冬花の父親・小野正隆であったことが発覚。この事実には流石の久遠監督も驚いたらしく、慌てて鬼瓦刑事の方に顔を向けていました。そして、「まさか、冬花の両親は影山に・・・?」と尋ねる久遠監督でしたが、鬼瓦刑事はそれを否定。その上で、「影山はもっと恐ろしい存在に操られていた可能性がある」という新たな証言を明かしてくれました。しかし、それが誰なのか?どのような方法で操っていたのか?という気になる情報は一切明かされないまま今回の話は終わってしまいました。
 さて、変わったEDの後は予告編ですが・・・その前に今回のEDの感想。一言で表すならば、何が何だか分からない・・・。
 では改めて次回予告。引っ張りまくってようやく“オルフェウス”戦が始まるようです。どうも、ニンドリの情報では必殺タクティクス「カテナチオカウンター」が発動する週もあるようですし、次週にはいきなりルシェが出てくるみたいですし、どのように動くか楽しみですね!


 禁書Ⅱの感想は月曜日になるかもしれませんが、とりあえず書きたいとは思います。まだ見ていないのですが、無理して見て風邪が悪化しても困りますので、少し自重した生活を送ろうと思います。主にポケモン方面で。発売から3週間でプレイ時間200時間超えるってどういうことなの・・・。今までの中で最速ですよ。
スポンサーサイト
Comment

☆ No title

マタドールフェイントを喰らう相手はまさに予想通りでしたww
ラファエルさん怖いよね!!スカウトしたけど!!


ポケモン200時間ですか・・・すごいですね。
こちらはずっとブーバーンいじってますよ。

☆ No title

海の広さに比べればちっぽけな話さ!・・・の件面白かったです。

円堂の涙一滴で冬花が目覚めるシーン、思わず『ミュウツーの逆襲』で績化したサトシがピカチュウを含むポケモン数体の涙で生き返るシーンを思い出しました。
ゲーチス曰く未知の可能性を秘めたポケモンたちですら、教祖様1人には勝てないんですね。

EDではリカの存在をすっかり忘れていたため、後ろ姿を見て
「なんで佐久間が走ってんの?」
と初め勘違いしていました。
イナズマイレブンの絵は女の子と男の娘の見分けがつきにくいですね。

では。

☆ No title

お久しぶりです^^

フユッペが瞳孔開きまくりで意識を失ってるのは私も見た瞬間に「こわっ!」って叫びましたw
せめて目閉じようよ・・・目カッサカッサになんじゃん・・・

今回も楽しく読ませてもらいました^^
では短いですがこれで。

☆ No title

55tさんコメントありがとうございます。

マタドールフェイントを喰らう相手はまさに予想通りでしたww
まぁどう考えても染岡さん以外にいませんよねwww他の連中がやってもシュールな絵にしかならないですから。


ラファエルさん怖いよね!!スカウトしたけど!!
したのかよwwwww


ポケモン200時間ですか・・・すごいですね。
こちらはずっとブーバーンいじってますよ。
ちなみに内訳はというと、

シナリオクリア:26時間
殿堂入りまでの育成:30時間
バトルサブウェイ:20時間
厳選:130時間くらい

書いて見て思ったこと → 廃人・・・。

☆ No title

CACOさんコメントありがとうございます。

海の広さに比べればちっぽけな話さ!・・・の件面白かったです。
ありがとうございます。ただ、生で見ているときはマジで言うんじゃないかと思いながら見ていました。


円堂の涙一滴で冬花が目覚めるシーン、思わず『ミュウツーの逆襲』で績化したサトシがピカチュウを含むポケモン数体の涙で生き返るシーンを思い出しました。
ああ、あのシーンは確かにwwwあのシーンは子供心にもぐっと来て涙腺が緩んだ覚えがあります。


ゲーチス曰く未知の可能性を秘めたポケモンたちですら、教祖様1人には勝てないんですね。
いや・・・さすがに教祖様の涙では石になった人を治すことはできないと思いますよ。やっぱりポケモンの方が未知ですよ。教祖様も人間とは思えませんけどね!ゲェェェチス ゲェェェチス♪ ゲエエエエエエチス ゲエエエエエエチス♪


EDではリカの存在をすっかり忘れていたため、後ろ姿を見て
「なんで佐久間が走ってんの?」
と初め勘違いしていました。
イナズマイレブンの絵は女の子と男の娘の見分けがつきにくいですね。
ああ、確かに髪の色的には近いものがありますね。僕は歌詞の意味不明さに唖然としていたためアニメーションをまともに見ていませんでした・・・。

☆ No title

南陽さんコメントありがとうございます。

フユッペが瞳孔開きまくりで意識を失ってるのは私も見た瞬間に「こわっ!」って叫びましたw
せめて目閉じようよ・・・目カッサカッサになんじゃん・・・
一応医者だったら目を閉じさせることできますよね・・・。冬花のカルテに、容体:問題なし 備考:ドライアイとか書かれてたら笑うしかないですよwww何で目を開けたまま放っておいたのかとwww

☆ No title

何より監督が病院の中で平然とケータイ使ってる事に吹かざるを得なかった。

ペースメーカーの患者さんがいれば久遠は監督を降ろされちゃいますよねw

☆ No title

一角さんコメントありがとうございます。

何より監督が病院の中で平然とケータイ使ってる事に吹かざるを得なかった。

ペースメーカーの患者さんがいれば久遠は監督を降ろされちゃいますよねw
バレなきゃいいんだ(キリッという精神が透けて見えますねwwwそんなに急な話じゃないんだから公衆電話使えばいいのに・・・とは思います。しかも表情がいつもと変わらない(=躊躇していない)というのが何とも・・・。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


ジャンプ44号感想 ≪         HOME         ≫ とある魔術の禁書目録Ⅱ第1話 8月31日(さいごのひ) 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。