--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/04 Fri  17:49
イナズマイレブン117話 襲撃!究極の強化人間!! 感想

 本日で期末テストがいったん終了のアカンコです。来週の火曜と木曜か金曜にテストがあるんですが、一応一息つける状態になりました。今のところ落とした単位数はゼロ。悪くはないのですが、2年生以降はもう少し余裕をもった科目選択をしたいと思います。
 一息つけたところで、日野晃博社長がゲスト出演したトップランナーを見ました。面白かったのですが、一番笑ったのが社長室でしたね。無駄に広い(褒め言葉)。弟も「日野wwwww」という感じでした。
 さて、あと一カ月でイナズマの枠移行&ダンボール戦機開始ですね。アニメ版HPを見に行ったらダンボール戦機アニメ版PVが公開されていましたが・・・久遠監督何やってんすか?しかも大介さんまでいるし・・・。ちなみに財前総理の声優さん(中村悠一さん)もいますが、まぁいいんです。財前総理は出ますから。だって、イナズマの世界と段ボール戦機の世界は同じらしいですからね!・・・円堂出てくるなよー。
 それでは前置きが長くなりましたが、イナズマ117話感想です。



 相変わらずですが最初の方は先週のおさらいなので割愛。ところで、リューの声は梶さんらしいのですが・・・マジで?まぁ先週ラストの流れからイナズマキャラバンでコトアールエリアへ向かう“イナズマジャパン”+α。つーか、リューはコトアールエリアからエントランスエリアまで走ってきたのか?体力すげぇな・・・。で、

声優ネタ?

壁山と佐久間を隣同士にしたのはスタッフの遊び心でしょうか?
 さて、コトアールエリアでは現在進行形で攻撃が続行中。そんな中、“リトルギガント”の選手たちはエリアの住人の救出活動にあたっています。

ドラゴ&ジニー
ウォルター・マウンテン 1
シンティ&ロココ 予告

で、ここでロココが肩を抑えていますが、

肩負傷

どうやら救出の際に勢い余って肩をぶつけたようです。ところで、シンティの声優さんは風丸役の西墻さんなんだそうな。今のところ、ロココは例外として“リトルギガント”の声優さんは、

シンティ=西垣さん(風丸)
リュー=梶さん(一之瀬、不動)
ゴーシュ=吉野さん(鬼道さん)

が判明していますが、とりあえず全員雷門部員をやっていた方々です。もしかしたら、全員雷門部員役をやっている方々がやっているのかもしれませんね。ドラゴさんは土田さん(ヒデ)なのでは?という声も一部で上がっていますが・・・。と、そこにユームが登場。どうやら弟とはぐれた少年を連れてきたようですが、ここのロココの「え?弟がいない?」の言い方が、すげぇいらついた喋り方に聞こえました。しかし、ユームにその少年をまかせると、ロココは単身弟を探しに崩壊したコトアールエリアに戻って行きました。
 一方の“イナズマジャパン”サイド。コトアールエリアは遠目に見ると膨大な土煙が上がっており、被害の甚大さを物語っています。近くで見た結果は言わずもがな、染岡さんは「何だよこれ・・・無茶苦茶じゃねぇか・・・!」、綱海さんは「ひでぇことしやがるぜ・・・!」と、怒りと困惑を隠しきれません。それは教祖様も同じで、信徒たちチームメイトに「壊してる奴を止める」ことを指示します。
 さて再びロココサイド。少年の弟を探していたロココは、半壊した家屋に隠れていた探し人を無事に見つけます。ちなみにこのシーンをgifアニメで繰り返した人がおり、その様はどう見ても【禁則事項】にしか見えませんでした。あと、ライオコット島の環境ってどうなってるんでしょうね?背景の木がどう見てもバオバブにしか見えんのですが・・・。まぁそれはいいとして、襲撃者に見つかってしまうロココ。襲撃者はシュートで柱を粉砕し、ロココの頭上に倒すと言う荒技を行いますが、ロココはそれを受け止めます。しかし、肩を負傷しているロココは徐々に押され、柱に押しつぶされるかと思われたその時、

教祖様:「『熱血パンチ』!!」

柱飛びすぎだろwwwwwこれほどの威力を持つ「熱血パンチ」でもまともに活躍できない超次元サッカー、その超次元具合が窺い知れる一幕です。そしてその場に集結した“イナズマジャパン”やミスター・アラヤ。ミスター・アラヤを見たロココの反応は「ダイスケ!」であったため、アニメでも大介さんは「アラヤ・ダイスケ」を名乗っていたことが分かりますね。・・・つーか、「師匠」じゃねーのか?
 と、そこに拍手をする謎の人物が。

チーム・ガルシルド 1

・・・・・・。えぇと、中央の人物がどう見てもヘンクタッカー君なのですが、その正体は!?

チーム・ガルシルド 2

やっぱりヘンクタッカー君でした。しかし、彼らは何者なのか。彼らは、「ガルシルドのために作られた私設サッカーチーム」であるチーム・ガルシルド。ヘンクタッカー君の宣言と共に、土煙の奥からカッコ良くガルシルドが登場。「やはりお前だったか!」、「そんなこったろうと思ったぜ!」と、“イナズマジャパン”からの信頼も厚いガルシルド。鬼道さんは「なぜコトアールの町を破壊する!?」と尋ねますが、ガルシルドの反応は、

ガルシルド:「『なぜ』?知りたければその男に聞いてみるんだな。」

立向居:「この人に?」

ガルシルド:「そうだ。コトアール代表“リトルギガント”の監督、ミスター・アラヤ。・・・いや、円堂大介にな!!

ぶっちゃけこのシーンだけ切り出して見ると、ガルシルドが探偵で大介さんが犯人に見えますが、逆ですからね。で、ようやく“イナズマジャパン”にも大介さんの生存および正体が明確にされたわけですが、反応が異常に薄い。特に円堂。そんな孫を差し置いて、ガルシルドと積年の因縁を込めた口げんかを展開する大介さん。大介さんが「わしを引っ張り出すためにこんなことをするとは、さすがのお前も焦ってきたと見える。普段は人を操り遠くから見ているだけのお前がな」と言えば、「貴様にだけは言われたくないわ。40年もの間、隠れて私のことをかぎまわっていたお前にはな」と返すガルシルド。で、40年前と言えば皆さんお馴染みフットボールフロンティア決勝に向かう雷門中サッカー部のバスが影山の細工により事故を起こし、帝国学園がフットボールフロンティア制覇を成し遂げた年です。まぁ、ヒロトと虎丸と飛鷹(と新規視聴者)のために解説が入りますが、要するにあの事故は当時中学生だった影山1人の力ではなく、ガルシルドが力を与えて裏で糸を引いていた、というのが真相だと言うことです。
 さて、大介さんとガルシルドの口げんかも大詰めを迎え、ガルシルドは大介さんと“イナズマジャパン”を叩きつぶすことを宣言。なぜ“イナズマジャパン”まで・・・と思うと、ガルシルド曰く「私が潰すのは貴様と貴様のサッカー」とのことで、要するに円堂」を叩きつぶす、ということでしょう。で、遂に円堂がキレて勝負を受けることを宣言。あっさり「守」、「じいちゃん」呼びしてますが、アニメらしい超展開です。スピードが速すぎる。そして「サッカーを悪いことに使うなんて絶対に許せない」と言う円堂。その心情を持って1期では世宇子を叩きつぶし、2期ではエイリア学園を壊滅に追い込みました。恐らく今回も・・・でしょうね。そして、久々に喋る豪炎寺。・・・こいつ・・・本当に主要キャラだよね・・・?何かこんだけ喋らないと他の役でもあまり喋ってないんじゃないかと思ってしまいます。ところで野島さん、ゴーカイジャーに出るって・・・おま・・・。
 さて、それに反発するのがロココ。今まで大介さんにサッカーを教わってきた上、自身のエリアを襲われて黙ってなんていられない、というのは凄く真っ当な考えです。しかし、大介さんは彼の肩のことを見抜いていました。・・・それにしても活躍しませんね、ロココ。やっと喋ったと思ったらこれですし。スレでの変遷はと言うと、

ロココちゃん息してない

目を開けたまま死んでいる

新鮮な空気を吸いすぎて負傷

駄目だ・・・どうせ活躍してもネタになるに決まってる・・・。で、教祖様の説得を受けてここは身を引くことに決めたロココ。それにしても、外国勢は背が高いですね。ロココと円堂だと頭1つ分違いますし、大介さんとガルシルドの差は異常です。しかし、日本にも染岡さんのような長身もいますし、円堂一族はあまり背が高くないのかもしれません。
 さてCM明け・・・なのですが、時間変更のお知らせが入りましたね。

鬼道がいっぱい

円堂:「うわっ!鬼道がいっぱい!!

鬼道さん:「円堂・・・(♯^ω^)

どうやら教祖様には、ゴーグルを着けている生物は全て鬼道に見えるみたいです。・・・鬼道さん・・・ゴーグル外してたら誰だか認識されなくなるんじゃ・・・。
 では改めてCM明け。

どこから来た?

角馬親子のアグレッシブさには頭が下がりますね!!いったいどうやって試合のあることを嗅ぎつけたのやら・・・。と、いうわけで“チーム・ガルシルド”のスタメンはこちら。

チーム・ガルシルド 3

1:GK、フォクス
2:DF、ジャッカル
3:DF、ラボック・ヘンクタッカー
4:DF、バファロ
5:DF、ディンゴ
6:MF、オウル
7:MF、ヘッジホッグ
8:MF、マンティス
9:MF、クロウ
10:FW、コヨーテ
11:FW、スコーピオ

一方の“イナズマジャパン”は佐久間、染岡さん、木暮、土方、立向居が控え。珍しく不動さんがスタメンか・・・でも佐久間がいないから「皇帝ペンギン3号」はないな・・・。と、突如ロココが回想を開始。この回想で大切なのは、夏未の「どんな困難がにも、ただただ前だけを見て向かっていく・・・それが大介さんのサッカーなのね」という台詞なのでしょうが、それ以上に何故ロココは走っていないのでしょうか?FPじゃないからか・・・と思いましたが、どう見ても控えGKのケーンは走っていますからねぇ・・・もう走り終えたのか、片付けが終わったら走るのか。
 ともかくキックオフ。豪炎寺→虎丸→風丸→ヒロト→鬼道さんとボールを繋いでいく“イナズマジャパン”。鬼道さんの前にマンティスが立ち塞がり、一旦はボールを奪取しますが、鬼道さんが華麗な立て直しでボールを再度奪い、ボールはまだ“イナズマジャパン”のもの。そして豪炎寺にパスを出す鬼道さんでしたが、バファロが赤黒いオーラを纏ったかと思うと彼の走るスピードがアップ。パスをカットしてしまいました。そしてヘッジホッグへパスを出すバファロ。・・・声優さん誰かなぁ?なんだか最近そんなことが気になります。で、パスを出されたヘッジホッグを止めようと風丸が上がりますが、ヘッジホッグも赤黒いオーラを纏ってスピードアップ。風丸を抜き去ります。更に立ち塞がる不動さんに対しては跳躍で回避。そしてマンティスにパスを出しますが・・・声、目金?この跳躍を見た綱海さんは「何なんだよ・・・あのジャンプ力・・・!?」と驚きますが、正直あの程度なら結構跳んでたやついると思うんですがね。野生とか。一方の鬼道さんは(そうか・・・こいつらもRHプログラムを・・・)と判断し、「油断するな!相手は強化人間プログラムを受けているぞ!!」と注意を喚起。その言葉と同時に、マンティスは残像を発生させて「スノーエンジェル」を突破。そして、何故か吹雪の前で止まります。ボール奪いに行けよ・・・と思いますが・・・。で、ここで円堂が

円堂:「なんでそんなことを・・・!そんな体でサッカーをしたら、体がぼろぼろに!!」

剣崎:「ウゾダドンドコドーン!」

ヘンクタッカー君:「ハッハッハ、何も分かってないようですねぇ。私たちがロニージョたちと同じだと思っているのですか?」

鬼道さん:「何っ・・・!?どう言うことだ!?」

ヘンクタッカー君:「“ザ・キングダム”のロニージョ、そして更には“チームK”のデモーニオ・・・彼らは単なる実験台でしかなかったのです。

円堂:「実験台!?」

ヘンクタッカー君:「そう・・・強化人間プログラムを完成させるために必要なデータをとるための・・・ね。彼らは十分役目を果たしてくれました・・・自らの体を犠牲にしてね。そして完成したのが私たち・・・究極の強化人間プレーヤーなのです!!」

どうでもいいけど、DFだよね、ヘンクタッカー君。何でゴール前まで上がってるのさ。そして、デモーニオやロニージョを実験台として利用したことに怒りを隠さない円堂でしたが、ヘンクタッカー君は「すべてはガルシルドの支配する理想の世界のため」として意に介さず、試合再開。マンティスはあっさり吹雪を抜き去ります。一方の“イナズマジャパン”は円堂と同じ理由で怒る綱海さんが

綱海さん:「そんなことさせるかよ!理想ってのはなぁ、実験なんかじゃねぇ、自分の手で実現させるもんなんだよ!!

と良さげな台詞を吐きつつマンティスに突進しますが、マンティスは背後のクロウとの連携ドリブル技を発動。

ジャッジスルー3 1

マンティス&クロウ:ジャッジスルー3』!!

来ました!初代、驚異の侵略者!!、世界への挑戦!!の全てで新たなシリーズを登場させてきた「ジャッジスルー」の第三段階、「ジャッジスルー3」!染wikiから引用すると、

・帝国学園の必殺技であるイリュージョンボールとジャッジスルーの融合技
・相手をボール越しに蹴りつけるジャッジスルー、連続蹴りをかますジャッジスルー2とは違い、ボールをぶつけるだけなので、若干地味な感は否めない。
・逆に、「アニメに出せるジャッジスルー」がジャッジスルー3なのかもしれない。
まさにテレビ界の審判PTAのジャッジをスルーした訳である。

最後、誰が上手いこと言えと。ともかく、蹴りつけられたボールの2発目までは耐えた綱海さんでしたが、3発目は耐え切れず吹き飛ばされてしまいます。しかし、何故かボールを持ったのが技を発動したマンティスではなくクロウ。いやまぁ、本来「ジャッジスルー3」を発動しているのはボールを蹴っている方で、「イリュージョンボール」を発動してるのは相方なんだけどさ・・・。そして、ヒロトと不動さんがフォローに来る前にコヨーテにパスを出すクロウですが・・・声が染岡さんです、本当にありがとうございました。そして、コヨーテは飛鷹です。

コヨーテ:「くらえ・・・これが究極の強化人間プレーヤーの必殺技・・・!!

ガンショット 1

ガンショット』!!

来ました!「デススピアー」のコピー元!!つーかこれ、ドイツの技なんですけどね・・・。何故「分身デスゾーン」や「分身ペンギン」にしなかったのか・・・。で、対する円堂は「真イジゲン・ザ・ハンド」を破られました。元々止められるとも思ってないしね、視聴者は。「強化人間なんかに負けるもんか!」とか言われても、「どーせ破られるんでしょー」程度にしか思いませんでしたからね、僕は。しかし、ロココのあの気の溜め方は・・・!!には笑いました。サッカーで出てくる言葉じゃねぇwwwしかも「ゴッドハンドX」の溜め方と共通点ないですし。で、立向居が「円堂さんの・・・『真イジゲン・ザ・ハンド』が・・・破られた・・・」とか驚いていますが、どうやらこいつは今までの試合、ベンチで寝ていたようですね。どう見ても止めてる回数の方が少ないって。染岡さんも「なんて破壊力なんだ・・・」と言っていますが、「イジゲン・ザ・ハンド」が弱すぎるため、相手の必殺シュートが強いのか「イジゲン・ザ・ハンド」が弱いのか判断つかないんですよね。噛ませは、ある程度活躍していないと成り立ちませんから。そういう意味で、染岡さんは活躍と噛ませのバランスが神懸かっているわけです。
 さて、ガルシルドやマネージャー、ロココも「大介のサッカーが破られた」と考えているようですが、当の大介さんは「勝負は後半だな・・・」と冷静に分析。そして夏未に「しっかり選手の動きを見ているんだぞ」と指示。やはりこの人は“イナズマイレブン”や“リトルギガント”を育て上げただけの実力ある監督なんでしょうね。と、今週はここで終わり。ラストシーンでヒロトが映っていたのは「天空落とし」フラグか?
 さて予告編。クロウが「デーモンカット」を発動しようとしているっぽいですね。「デーモンカット」はゲームでも「使える」技なので、「ジ・オーガ」で秘伝書が出てくれてありがたい限りです。そして、

ゴッドキャッチ 予告

マジンさん進化!ウイルス種に進化すると「魔王」ですが、正当進化したようです。しかし・・・何かが足りない・・・と思ったら、マントが足りないんでした。マントがないとマジンさんと変わっているのが顔だけになっちゃうじゃないか!!こんなんじゃ満足・・・できねぇぜ・・・。


 何か、書くべきことは冒頭で書ききってしまったような気がします。・・・あ、今週の遊戯王は面白かったです。映画の再上映に合わせてかパラドックスもアニメで登場しましたし、

ZONE:「手札からトラップ発動」

クロウ:「手札からトラップ!?汚ねぇぞ!!」

視聴者:「お前が言うな!」つデルタ・クロウ-アンチ・リバース

という感じで「クロウの『お前が言うな!』語録」も増えましたし、ZONEのネタキャラ化も進みましたし。

ZONE:「私はカードを叩きつけてターン終了!」

とりあえず、イナズマにしても遊戯王にしても、残りの話を全力で描いてほしいですね。
スポンサーサイト
Comment

☆ タイトル

これまでの「イジゲン」を破った技のまとめ。

ペガサスショット(二回目は止める)
ユニコーンブースト
グランフェンリル
スリングショット
オーディンソード
ブレイブショット
ヘブンドライブ
シャドウレイ
ストライクサンバ
ガンショット

''も'' ''う'' ''や'' ''め'' ''て'' ''く'' ''れ''

☆ タイトル

ヴォンさんコメントありがとうございます。

これまでの「イジゲン」を破った技のまとめ。
(省略)
“も” “う” “や” “め” “て” “く” “れ”
そして特に活躍もないまま「ゴッドキャッチ」の犠牲となる「イジゲン・ザ・ハンド」・・・。「オレだけの必殺技」とは何だったのか・・・。

☆ 

あの頃の信頼出来る円堂はどこへやら。これも究極奥義が起こした悲しい事故なんですよね。
正味期限切れが早すぎるぜENDさんよォ!

ゴッドハンド→13話で破れるも、要所要所で活躍する。DE戦のトリを勤める。

熱血パンチ→横っとびと合わせて活躍する。ファイアトルネード、つちだるまに破られる等威力は高くないが、爆烈パンチに応用される。その後、残念だったなぁ!真・熱血パンチは連続で出せる!ようになる。

マジン・ザ・ハンド→特訓によりレベルアップ、世宇子~大海原(約半年)間、円堂最高のキーパー技として活躍する。
正義の鉄拳→ガイアブレイクを止めるもグングニルにうわー!される。信用度は低いが進化を続け、アジア予選まで使われる。

いかりのてっつい→初登場補正でカオスブレイクを止めるも、エクスカリバーに敗れる。すぐにイジゲンを覚えた為、シュートブロックと合わせて位にしか使われない。

イジゲン・ダ・ハンド→お察し下さい
………どうしてこうなった!

☆ 

一角さんコメントありがとうございます。

あの頃の信頼出来る円堂はどこへやら。これも究極奥義が起こした悲しい事故なんですよね。
正味期限切れが早すぎるぜENDさんよォ!
アニメスタッフにはアンチENDと、ついでにアンチGO!ENJIがいるとしか思えないくらいの不遇っぷりですよねw「鉄槌」にしろ「イジゲン」にしろ、あそこまでひどい扱いになる技ではないのですが・・・。


技の解説
………どうしてこうなった!
実際、「ゴッドハンド」や「マジン」の方が「鉄拳」、「鉄槌」、「イジゲン」よりもまだ頼りになる印象があるので困りますね。実際、「鉄拳」は完成したその日に、「鉄槌」と「イジゲン」は完成した次の試合で破られてますし・・・。やっぱりスタッフの中に「僕の名はアンチエンドー!」とか言ってる奴がいるのかもしれません。

☆ 

この調子だとゴッドキャッチも次の試合で破られそうですね。

☆ 

ttttさんコメントありがとうございます。

この調子だとゴッドキャッチも次の試合で破られそうですね。
この「次の試合」というのが“チーム・ガルシルド”戦なのか“リトルギガント”戦なのかいまいち分かりませんが、“リトルギガント”戦では「Xブラスト」なり「ダブル・ジョー」なりに破られるでしょうね。

☆ はじめまして

始めましてネコにすずと申します、以後お見知りおきを。

117話感想
さすが染岡さん、自分が出ない代わりに、相手チームで暴れてくれちゃってます^^
ガンショット強くね(威力やバイです)
マンティスがこの回で好きになった。
ヘンクタッカー君はヘブンズタイムを使っていたんですよ。
だから、話ができて、試合もとまってたんですよ^^
だって、指をパチン!と鳴らしたら、試合が再開したし。
ディンゴしゃべってください。

>“リトルギガント”戦では「Xブラスト」なり「ダブル・ジョー」なりに破られるでしょうね。

まさかまだ完成できずに、破られるとか(TT)
何話ぐらい使うんでしょうか(4話くらいかな)

☆ Re:はじめまして

ネコにすずさん初めまして、コメントありがとうございます。

さすが染岡さん、自分が出ない代わりに、相手チームで暴れてくれちゃってます^^
しかもチームのキャプテン差し置いて2つも必殺技使ってますからね~。「ジャッジスルー3」は連携ですがw・・・心なしか、顔も若干似てる気がします。


ガンショット強くね(威力やバイです)
「ガンショット」が強いんだか「イジゲン・ザ・ハンド」が弱いんだか分からないんですよね、「イジゲン」が破られまくってるせいで。でもまぁ、弱くはないんでしょうね。


マンティスがこの回で好きになった。
必殺技は1つですけど、地味に切り込み隊長を務めてますよね。マンティス(=カマキリ)だけに。


ヘンクタッカー君はヘブンズタイムを使っていたんですよ。
だから、話ができて、試合もとまってたんですよ^^
だって、指をパチン!と鳴らしたら、試合が再開したし。
確かにそれは思いましたwゲームでは覚えるけどアニメ的にはアフロディの持ち技だから使えない・・・ということであのような感じになったとか、想像すると面白いですね。


ディンゴしゃべってください。
声優代の節約です。


まさかまだ完成できずに、破られるとか(TT)
何話ぐらい使うんでしょうか(4話くらいかな)
1期では「マジン・ザ・ハンド」習得に、2期では「正義の鉄拳」習得に長い時間をかけた円堂ですから、今回も長くかかるかもしれませんね。・・・しかし、かなり強い部類に入る技だけに簡単に破られてほしくはないですね、「ゴッドキャッチ」。

☆ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


日曜日だって言うのに・・・。 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン118話 恐怖のチームガルシルド! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。