イナズマイレブン125話 ついに決着!世界一!! 感想

10 0
 ようやっとポケモンドリームワールドが再開されましたね。早速やってきたアカンコです。早いこと日照りキュウコンやら雨降らしニョロトノやらが欲しいのですが、ポイントを溜めるまでお預けみたいです。
 と言うわけでイナズマ感想ですが、前の記事にも書いたように、画像を取り損なったので文字ばかりで見づらいと思います。それでもおk、と言う方はどうぞ~。何か感想書いてたら色々見つけたのでそこそこ画像があることになりました。


 さてOP前は先週のラストと同じ。先週のラストと言うと、

124話 引き

こんな感じでしたね。「XブラストV2」と「ゴッドキャッチG2」のぶつかり合い・・・で終了と言う流れ。
 で、OP明け。「XブラストV2」の威力は「ゴッドキャッチ」の威力を凌いでおり、「ゴッドキャッチ」を粉砕することに成功。しかし円堂も意地を見せ、意識してなのかどうかは分かりませんがボールの軌道を逸らし、ゴールバーに当てることに成功。これによって得点されることは免れた“イナズマジャパン”でしたが、弾かれたボールはリューがキープ。壁山が止めに入ろうとするものの

ジグザグスパーク 1

ジグザグスパーク」で突破され、リューはそのままダイレクトシュート。円堂はそれを弾きますがボールはユームに渡り、「デュアルストライク」の体勢に。しかし先ほど「デュアルストライク」と見せかけてロココにパスをする・・・と言う戦術を見せましたから、「普通に『デュアルストライク』を撃つ」のか、それとも「ロココにパスをする」のか一瞬悩んでしまった円堂の隙をついて

デュアルストライクV2 1

デュアルストライクV2」が放たれ、円堂は技を出す暇もなくキャッチ。普通、必殺技には必殺技を使わないと止められないのですが、円堂は自ら斜め後ろに跳躍してゴールポストに柱に体を打ちつける形で体を支えることでボールを弾くことに成功。そのボールは吹雪が遠くへ蹴り飛ばしたことで時間の余裕を作ることにも成功しました。
 しかしそのボールを得たのはマキシ。完全に“リトルギガント”のペースである試合展開を見て、フィディオが口を開きます。

フィディオ:「FWの時も、GKの時も、ロココを軸としてハーモニーが形成されている。“イナズマジャパン”が円堂が中心となっているように、ロココが“リトルギガント”を引っ張っているんだ。」

まぁ言いたいことは分かりますが、円堂のことを「マモル」ではなく「円堂」呼ばわりしているんですが、何故でしょうね。で、マキシはリューとのワンツーパスで綱海さんを突破。吹雪にボールを奪われかけますがそれをリューがキープし、止めに入った鬼道さんとヒロトの頭を軽く越えるパスでキートに渡し、ついでに2人を突破。キートのシュートは不動さんに阻まれて失敗ですが、コースを見るに外に出たんでしょうかね。
 さて、佐久間がロングパスを受けようとしていると、ゴールから飛び出したロココがそれを奪取。

ロココ:(ダイスケは僕に自信をつけさせてくれた。サッカーの面白さを教えてくれた!だから、僕は・・・僕達は!ダイスケと一緒に世界のてっぺんへ上り詰める!!

ロココ:「Xブラスト・・・V2』!!

仲間の思いを背負った一撃は、止めに入った“イナズマジャパン”のDF陣を吹き飛ばしてゴールへ直進。円堂も気合を入れて「ゴッドキャッチ」を出しますが、止めることには失敗。しかしDF陣の体を張った守り+「ゴッドキャッチ」で止めていた時間によって走り込んでいた豪炎寺&虎丸のツインボレーで弾くことには成功。しかしコーナーキックから再開となり、不利な状況は全く変わりません。それを見ていた大介さんは、

大介さん:(予想通り。“イナズマジャパン”と戦うことで、チームとして究極の進化を遂げた・・・。この“リトルギガント”に勝てるか?マモル・・・。)

計画通り
※画像に深い意味はありません

さてコーナーキックを蹴るのはマキシ。それを受けたシンティがヘディングで押し込もうとしますが円堂はパンチングでそれを弾きます。しかしそのボールを取ったのはゴーシュ。

ヒートタックル改 1

ヒートタックル 改」によって、

ヒートタックル改 2

鬼道さん、不動さん、佐久間の3人をまとめてふっ飛ばし、突破。続けてリューが「ジグザグスパークV2」で豪炎寺、ヒロト、虎丸を突破。他にも「デュアルストライクV2」や「ダブルグレネードV2」でDF陣が吹っ飛ばされていますが、「ゴッドキャッチ」を破るには若干の威力不足らしく同点の状態を打破できません。しかし、“イナズマジャパン”の選手たちはボールに触れることすらできず、圧倒的に不利な状況。それを見ていた響木監督は

響木監督:(たった一言で選手をここまで変えてしまうとは、流石大介さん。だが、“イナズマジャパン”にはこの男がいる。ここまで選手を導いてきた男が・・・。)

と独白。そしてボールがフィールドから出た時、久遠監督はベンチからフィールドの端まで赴き、ボールをシンティに渡します。その姿に“イナズマジャパン”一同は驚きます。その理由は、冬花曰く

冬花:「今までベンチから動かなかったお父さんが・・・。

その言い方やめろよ!久遠監督が“不動のベンチウォーマー”みたいじゃないか!!まぁそれはいいとして、ゲームでもあったシーンが登場!

久遠:「よく聞けみんな!これから最後の指示を出す。思いっきり、楽しんで来い!!

豪炎寺:「楽しんで・・・?」

円堂:「・・・はい、監督!」

鬼道さん&豪炎寺:「はい!」

その他大勢:「はい!」

春奈:「どういうことですか?こんな苦しいときに『楽しめ』なんて・・・。」

夏未:「たぶんそれが、円堂君たちの力を最大限に引き出す方法だからよ。」

と言うわけで最後の指示はまさかの「楽しんで来い」。まぁイナズマらしいと言えばイナズマらしいですけどね。もともと「サッカーは楽しいもの」というのがイナズマのスタンスでしたから。
 さて、ゲーム初代のOPをBGMとして“リトルギガント”と戦う“イナズマジャパン”。スライディングは決まりませんし、ボールを奪取することもできませんが、そのたびに仲間に声をかけます。そして円堂はゴール前で独白。

円堂:(『楽しんで来い』・・・久遠監督が励ましてくれた。そうだ、監督も一緒に戦ってるんだ。それだけじゃない。ベンチにいるみんなも、ここに来れなかった栗松たちや、

緑川&オサーム様

緑川、砂木沼、応援してくれるみんなも一緒に!こんな凄い舞台で戦えてるんだ!

円堂 ジャンプ

楽しむぞ、全力で!!

すると、なんということでしょう。“イナズマジャパン”メンバーが“リトルギガント”メンバーの動きに対応できるようになっています。これに関してロココは、

ロココ:(少しずつ・・・僕達のプレイに追いついている。強くなってるんだ・・・!)

と解説。普段は腕組みをしているロココですが、この時は驚いたのか腕組みを解いていますね。そして遂に、吹雪がゴーシュからボールを弾くことに成功。そしてそのボールを取るべく鬼道さんと豪炎寺が走りますが、その2人の間を走り抜ける影が1人。そう、ロココです。ロココはそのボールを持った後、佐久間、不動さん、壁山、飛鷹、吹雪を次々と抜き去って決勝点を決めるべく猛然と“イナズマジャパン”ゴールへと迫ります。

ロココ:「マモル、君達が強くなるなら、僕たちも強くなる!

XブラストV3

 『 X ブ ラ ス ト V3 』 ! ! 

フィディオ:「また進化!?」

円堂:「だぁぁぁぁぁ!!

ゴッドキャッチG3

 『 ゴ ッ ド キ ャ ッ チ G3  ! ! 

V3に進化した「Xブラスト」に対し、円堂もG3に進化させた「ゴッドキャッチ」で対抗。更に今までは「ゴッド・・・キャッチ!キャッチ!キャッチ!・・・」とエコーがかかっていたところが、今回は仲間達の声が含まれています。良い演出ですね。それを見たフィディオとロココは

フィディオ:「相手の進化に進化で対抗・・・すごいよ、マモル!」

ロココ:(強い・・・本当に強いよ、マモル!)

と、いい感じに円堂教円堂の強さを評します。当の円堂はと言うと、

円堂:(みんなと・・・一緒に戦える。もう何も恐くない

円堂「サッカーはやっぱり、最高だよな!

いつもどおりでした。
 さてBGMがマジで感謝!に変わり、ロスタイム突入。作中の表現を借りるしかないのが口惜しいところですが、本当に「互いに譲らない」好展開。そんな中で吹雪とリューのぶつかり合いを見せたのはスタッフの遊び心でしょうか・・・。そして、そのぶつかり合いでこぼれたボールを取ったのは何と円堂。これには敵味方とも驚いています・・・が、前にもやったよね、この流れ。まぁ全員疲弊していたせいで気付くのに遅れ、驚いたのかもしれませんが。更にマキシのブロックを鬼道さんとのワンツーパスで回避。“リトルギガント”の選手たちもディフェンスのために戻りますが、追いつけません。そして・・・

円堂:(ここまでこれたのは、みんなのおかげなんだ!)

虎丸:「キャプテン!!」

豪炎寺:「円堂!!」

円堂:「行くぞ、みんな!

全員集合 1
全員集合 2

円堂&豪炎寺&虎丸:はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

ジェットストリーム 1
ジェットストリーム 2

 『 ジ ェ ッ ト ス ト リ ー ム 』 ! ! 


マキシ:「ロココ!」

“リトルギガント”:「ロココォーッ!!」

ロココ:「止める・・・!勝つのは・・・僕達“リトルギガント”だ!! 『 タマシイ・ザ・ハンド G2 』 !! 

マキシ:「やった・・・止めた!止めたぞ!!」

タマシイ・ザ・ハンド 5

ロココ:「・・・!?勢いが・・・!!」

タマシイ・ザ・ハンド 6

ロココ:「止める・・・このボールだけは止めるんだ!!

タマシイ・ザ・ハンド 7
ジェットストリーム 3

ランド氏:「入ったァァーッ!!“イナズマジャパン”ッ!遂に勝ち越しましたッ!!」

と、その瞬間主審が試合終了の笛を鳴らしました。元々ロスタイムだと語られていたので、片方のチームが勝ち越し点を挙げたところで笛を鳴らすのは、まぁ普通のことでしょう。と言うことで試合結果は、

“イナズマジャパン” ― “リトルギガント”
   3   -   2

春奈:「試合・・・終了?」

円堂:「勝った、のか?」

壁山 夢か誠か

壁山:「痛くないっス・・・で、でも・・・。」

壁山の言葉に合わせて電光掲示板を見ても、試合結果は上記のとおり3-2。つまり、第1回FFI優勝は、日本代表“イナズマジャパン”!

サガミネーター

うん、何か変なのいたけど気にしない!で、ゲームでは試合終了後の動向が描かれなかった“リトルギガント”は、相変わらず大介さんが「らしさ」を発揮していました。

荒ぶる大介さん 1
荒ぶる大介さん 2

大介さん:「くぁぁぁぁぁーっ!悔しい!本っ当に悔しい!!いいか!この気持ちを忘れるな!成長の糧にしろ!!もっと強くなれ!そして勝て!!

本当に3期のラストは後腐れしない試合で良かったと思います。ただ、大介さんの「負けたよ守・・・お前のチームは最高だ!」がなかったのが、個人的に残念です。
 一方の“イナズマジャパン”では、ゲームの台詞を忠実に再現していました。

円堂:「久遠監督。」

久遠監督:「俺に言わせれば、まだまだ欠陥だらけだが、お前たちは今、世界で一番マシなプレイが出来るチームになった。・・・よくやった!

まぁ台詞は同じですが、円堂たちの受け止め方が違いますね。ゲーム版だと「世界で一番マシなプレイが出来るチームになった」→「え?」でしたけど、アニメだと「世界で一番マシなプレイが出来るチームになった」の時点で久遠監督が何を言おうとしているのか理解していますからね。僕はどちらの展開も好きです。

円堂 優勝杯
決勝戦後の記念写真

で、試合終了後の写真をバックに、円堂が母親に向けて書いた手紙が朗読されるのですが、これを見ていた母親が一言。

母:「あれ?円堂のお父さんって死んでるの?」

 生 き て ま す 。あくまで大介さんが母方の祖父だから、母親宛の内容なんでしょう。
 ところ変わってライオコット空港。どうやら“リトルギガント”勢がコトアールに帰るらしく、円堂と響木監督が見送りに来たようです。

響木監督:「大介さんに教えてもらったサッカーを、今もこうして続けていられるのは、円堂守との出会いがあったからです。」

と、1期で冬海が監督から退いたために新しい監督が必要になり、円堂が雷雷軒にて響木店主に挑戦するシーンが流れます。懐かしいですね。で、響木監督の言葉の続き。

響木監督:「一度はサッカーを諦めた私を、グラウンドに引き戻してくれた・・・。」

大介さん:「守はきっかけに過ぎんよ。お前の中に燻っていた、『サッカーへの思い』と言う名の、熱い炎があったからこそだ。」

まぁ確かにそうですね。さすがの円堂だって、全く火種のないところにサッカーへの情熱を燃やさせることは難しいでしょうし。

響木監督:「ハッ、サッカーとは不思議なものですなぁ。教えているつもりが、逆に教えられることの方が多い・・・。」

大介さん:「うむ。おかげでこの年になってもまだまだ成長できる。だから止められんのだよ、サッカーは。」

さて、監督たちが感傷に浸っている間に、若者たちは爽やかに握手していました・・・が、

円堂&フィディオ&ロココ

うん・・・分かってたけど、ロココでかいなぁ・・・。そしてそこに大介さんも乱入(?)。

大介さん:「守!楽しかったぞ、決勝。」

円堂:「オレもさ!」

大介さん:「ただな、こんなところで満足するな!」

満足町長:「こんなんじゃ・・・満足できねぇぜ・・・。」

円堂:「分かってるよ、じいちゃん!サッカーに、終わりはないんだよね!」

大介さん:「そうだ、立ち止まるな!今より楽しいサッカーやりたいだろう?」

円堂:「もっちろんさぁ!オレ、もっと強くなる!」

大介さん:「わしもだぁ!」

祖父と孫 2

円堂&大介さん:「AHAHAHAHAHAHA!!」

円堂一族が楽しそうでなによりです。そして、大介さんは孫である円堂に、最後の言葉を送ります。それは、「円堂守になれ」というもの。まぁ個人的な観点で要約するならば、「居るだけで試合の雰囲気を変えられる選手になれ」、「存在感のある選手になれ」と言ったところでしょうか?
 と言うわけで大介さんとロココは飛行機へ。次いで、フィディオとの回想に入ります。いやぁ、初めて会った時のシーンがひどく昔に思えますね。そして、

フィディオ:「話したいことはたくさんあるのに・・・」

円堂:「何か・・・言葉になんないや。」

フィディオ:「ありがとう、マモル。」

円堂:「ありがとう、フィディオ。」

フィディオ:「また、世界大会で会おう。今度は決勝で!」

円堂:「ああ!」

この流れは声優さんが凄く上手かったと思います。
 さて夕方、ジャパンエリアの浜辺でタイヤを下ろす円堂。このタイヤ、もともと大介さんが持ちこんだモノのはずなんですが・・・どうするんでしょうね。と、そこに“イナズマジャパン”のメンバーが集合。そして・・・

染岡さん:「行くぞ!円堂を胴上げだぁ!!」

全員:「おおー!!」

円堂 胴上げ

と、胴上げのシーンで今週は終わり。綺麗な終わり方でしたね。
 と、ゲームの流れを再現するのは今秋まで。残る話は・・・

初代組vs加入組

そう、アニメオリジナルの卒業編。何だかんだで試合はするみたいですね。何故か北海道、京都、大阪、福岡、沖縄から援軍が来ていますが・・・。個人的な興味は、綱海さんの進路です。

卒業式 予告 1

で、虎丸は雷門中に入学したんですね。まぁ当たり前ですか。FF優勝&(自称)宇宙人軍団壊滅&FFI優勝の立役者である円堂が主将をしているサッカー部のある学校と言うと倍率が凄いことになりそうですね。ところで・・・

染岡さん留年?

あれ?染岡さん花つけてなくね?え・・・まさか・・・ 留 年 ! ? ・・・いやいや、豪炎寺の肘で見えないだけ・・・だよね?


 というわけで、円堂守世代もあと2週間で終了。さて、天馬世代でどう転ぶか・・・。相変わらず声優は豪華そうで安心はしました。そう言う問題じゃないけどね!!
ページトップ