--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/05 Wed  01:35
イナズマイレブンGO22話 集え!革命の旗に!! 感想

 感想完成はまだですが、自分に発破をかけるために更新しておきます。あと、とりあえず言いたいこと。

ダンボール戦機BOOST

どういうつもりだ日野おおおおおおおおお!!!!!


追記:感想更新しました!しかし、ダンボール戦機完全版(?)かぁ・・・まぁ、スパーク/ボンバーにおけるオーガポジションみたいな感じなのでしょうかね。しかし、バンの新機体が「イプシロン」・・・。バンの機体の持つ武器が槍だったり、その最後のアタックファンクションが「グングニル」だったり、そのモーションがどう見ても「ドリルスマッシャー」だったりと、誰とは言いませんが

オサームノウズ

このお方を思い起こさせます。

 さて、それでは全国大会一回戦、月山国光との試合の感想です。


 さて、いつもと変わらぬ朝の登校風景。登校してきた狩屋が校舎に向かおうとすると、彼の目の前に霧野が現れます。当然霧野は“秋空チャレンジャーズ”との試合で狩屋に負傷させかけられたことについて問い詰めますが、狩屋は「言いがかり」とどこ吹く風。

狩谷と霧野 1

そして、「言いたいことがあるならはっきり言って下さいよ」との挑発(?)した狩屋に、遂に霧野は

霧野:「“シード”・・・なのか?」

と尋ねます。対する狩屋の反応は

狩屋:「シー・・・ド?」

と「何を言っているんだこいつは」という感じ。しかし霧野は

霧野:「お前は雷門を混乱させるために“フィフスセクター”から送り込まれた“シード”だ。オレはそう思ってる。どうなんだ・・・答えろ!」

と問い詰めます。狩屋はいまいち真意の汲み取れない表情で黙っていましたが、そこにタイミング良くというか悪くというか天馬たちの一行が到着。狩屋は自分に疑いを持たれたくないためか、「オレ、先輩に『ホーリーロード』のこと教えてもらってたんだ」と嘘をつきますが、水鳥にはいまいち信じてもらえてないような・・・?
 さてOP明け、霧野は元“シード”であった剣城に相談を持ちかけます。

剣城:「狩屋をどう思うか・・・ですか。」

狩屋:「以前・・・どこかであいつに会ったことはないか?」

剣城:「“シード”だと・・・疑ってるんですか?」

霧野:「うっ・・・。」

剣城:「確かに狩屋は優れた素質を持ってます。」

剣城と霧野 1

霧野:「“フィフスセクター”に目をつけられてもおかしくないほどの・・・だろ?」

剣城:「だからって・・・

剣城と霧野 2

“シード”とは限りませんよ。

この審議の是非はともかく、剣城って身内の上下関係に関しては意外と礼儀正しいですよね。黒木にもきちんと敬語使ってましたし、円堂にも敬語使うようになりましたし、今回は霧野にも。普段は基本物静かというか孤高だけど試合に関しては熱くなるあたり、豪炎寺と同じですね。
 さて、その問題児狩屋はというと、サッカー棟の前で不貞腐れていました。シーンの切り替え的にいまいち分からなかったのですが、彼は別に剣城と霧野のやり取りを見ていたわけではない・・・んですよね?まぁそれは置いといて、そこに現れた天馬と信介。さすがの天馬も霧野の様子に何か感じるモノがあったのか、「霧野先輩と何かあったの?」と尋ねます。対する狩屋は、変に疑われてもまずいと思ったのか単に疑問を解決するためなのか、正直に「霧野先輩に、『お前は“シード”だ』って言われた」と正直に返答。で、続く言葉が

狩屋:「で、 “ シ ー ド ” っ て 何 ? 」

このシーンの狩屋は素っぽいんだよなぁ・・・。これで本当に“シード”だったら彼の演技の幅は某超次元テニスプレイヤー入江さん並みだと思います。ちなみにここで信介が「知らないの?」、天馬が「えぇ・・・」とか言ってましたけど、お前らだって存在を知ったのは随分最近じゃなかったかとか突っ込んじゃいけないんですかね。で、信介の(ドヤァ顔の解説の後、狩屋は天馬に質問を投げかけます。

狩屋:「オレがもし本当に“シード”だったら、天馬君は、どうする?」

天馬:「んー・・・別にどうもしない。」

狩谷マサキ 11

狩屋:「はぁ!?」

天馬:「狩屋はチームの仲間だし、それに“シード”だって敵とは限らないもん。」

信介:「剣城も“シード”だったけど、今は仲間だもんね!」

その言葉に狩屋は複雑な表情を浮かべますが、かつて信じていた仲間だとか先輩に裏切られた過去でもあるんですかね。
 さて練習時、天馬からパスを受けた狩屋の前から霧野が迫ってきます。

狩谷と霧野 2

その様子を見て不敵に笑った狩屋はすれ違いざまに

狩谷と霧野 3

霧野に足を引っ掛けられて転んび、足を痛めたようなふりをしてメンバーの同情を買います。しかも、「霧野先輩を責めないでください!」と優等生の演技もばっちりです。

霧野蘭丸 4

ころっと騙される部員一同ですが、監督&コーチはというと・・・

円堂監督と鬼道コーチ 2

相変わらず真意を見せぬ厳しい表情。恐らく円堂も鬼道も狩屋の動向を疑ってはいるのでしょう・・・が、具体的な方針はいまいち分かりません。
 と、言うわけで1週間後、「ホーリーロード」開会式の日。緒戦の月山国光戦では一乃、青山はスタメン落ちのようです。

一乃と青山 7

「南沢さんもいないし行けると思った」と言っていますが、剣城と天馬は貴重な「化身」使いですから温存以外の目的でスタメン落ちはありえないでしょうし、となると他の1軍メンバーを蹴落とすしかないですからね。今回は信介も狩屋にスタメンの座を奪われたみたいですし。「入部したばっかの1年が出るってのに・・・」とまぁこぼしても当然の愚痴をこぼすと、それを聞きつけたのか否かは分かりませんが鬼道さんが「青山、一乃、気を抜くんじゃない。お前たちも、いつでも出られるように準備しておけ」と励ましの言葉をかけていました。・・・ここまで言ったからには出させてあげてほしいものですが・・・と、本戦会場の“ロシアンルーレットスタジアム”に到着。・・・名前からして不穏な香りしかしませんが、とりあえず全景はもう少しお待ちを。
 というわけで開会式は夜になってから。・・・正直日の高いうちから会場入りしている理由がいまいち分からないのですが、開会式のリハーサルでもやっていたのでしょうかね。と、言うわけで開会式が行われるのは・・・

アマノミカドスタジアム 1

ここ、アマノミカドスタジアム。ちなみにここはロシアンルーレットスタジアムの一施設です。解説は10年前からおなじみ・・・

角馬王将 1

角馬王将氏。やはり老けましたね・・・。同じ週のダンボール戦機にも解説員として登場していましたね。そして、全国大会というだけあって聖帝・イシドシュウジが挨拶に出るのですが、その前のやり取りで彼の側近たちが「雷門が上がってきたことで聖帝選挙に悪い影響が出なければいいのですが」とほざいていましたが、そう思うなら最初から全力で潰しにかかればいいと思います。まぁ聖帝が意味不明な指示を下していたから潰せなかったのでしょうが。

イシドシュウジ 5

と、言うわけで聖帝の演説が始まりますが・・・

円堂監督と鬼道コーチ 3

心なしか円堂、鬼道さんの表情が険しい気がします。これは敵対組織のボスを見ての反応なのか、かつて見たことのある誰かに似ているからなのか・・・。しかし、この構図を見た瞬間、

円堂監督と鬼道コーチ 3EX

この台詞を思い出しました。
 と、言うわけで翌日から決勝トーナメント開始。ここでようやくロシアンルーレットスタジアムの全景が明かされます。・・・まぁOPでも映ってはいるんだけどさ。

ロシアンルーレットスタジアム 1

中央にあるのが開会式を行ったアマノミカドスタジアムで、その周りに砂漠、氷、海、それから良く分からないスタジアムが2つ。とりあえず見た瞬間思ったことは、ポケモンリーグでやれってところでしょうか。

ホーリーライナー 1

こちらがロシアンルーレットスタジアム内での移動手段、ホーリーライナー。相手校と向かい合うように座る必要があり、相手校との間にはガラスの壁が設置されています。何と言うか、目のやりどころに困りますね、こんな構造。相手選手にがん飛ばしてると誤解されても困りますし。・・・と、そのホーリーライナーで、雷門を離れた南沢さんと再会することに。ホーリーライナーを下車した後、まずは月山国光の監督が登場。

近藤哲士 1

名前は近藤哲士。鬼道さん曰く「策士」らしいです・・・が、この外見・・・本当にサッカー部の監督かよ・・・。

ノボリとクダリ 1
憲兵番長 1

見た目的にこいつらを思い出しました。で、南沢さんが月山国光に転校した理由ですが、本人曰く

南沢さん:「お前たちに現実ってものを教えてやろうと思ってな。大きな流れに逆らって叩きつぶされる・・・雷門も哀れなもんだ。」

さすがにこの物言いには雷門の3年生がキレますが、それを止める人物が。車田の「何だお前は!」の問いに対し・・・

兵頭:「兵頭 司。

月山国光 1

月山国光のキャプテンを務めている。南沢は素晴らしいサッカーセンスを持っている。その才能は、月山国光、そして“フィフスセクター”のサッカーをさらに実りあるものとするだろう。」

まぁこんなこと言ってますが、今回の描写に限って言えば兵頭の目は節穴だし南沢さんは自信過剰」とまとめられると思います。その理由は後述ということで。で、雷門3年部員は南沢さんとずっと一緒だったので複雑な表情ですが、その一方で倉間は

倉間典人 6

倉間:「南沢さんのスタイルなら分かってるし、むしろやりやすいさ。」

おま・・・フラグ・・・。もうこの台詞を聞いた時点で「あ、今回も咬ませになるだろうな」って予想がつきましたからね。・・・正直、聞く前から「倉間が得点を決める」という希望なんて持ち合わせていませんでしたが・・・。
 と、言うわけで雷門vs月山国光の試合会場は・・・

サイクロンスタジアム 1

サイクロンスタジアム。巨大な扇風機が取り付けられていること、そしてその名前から何となくこれから起こる出来事が予測できる気がしますが・・・。とりあえず近藤監督曰く、「サイクロンスタジアムの恐ろしさを知った時、雷門中は崩壊する」のだそうです。
 さてCM明け、両チームのスタメン発表。

雷門 スタメン 月山国光戦
月山国光 スタメン

雷門はもともと信介が入っていたところに狩屋が入った以外に変化はなし。全国大会になったからかベンチメンバーの枠の隣に監督の枠が設けられましたが、これから出てくる監督には台詞なり仕事が宛がわれると言うことなのでしょうかね。
 雷門のキックオフから試合開始・・・と、直後に兵頭が「壱の構え!」と指示して月山国光の選手は全員サイドに寄り、中央をがら空きにすると言う布陣に。一乃が「罠じゃないと良いけど・・・」と呟いていましたが、むしろこんな布陣で罠じゃない場合をお目にかかりたいです。まぁ敢えて撃たせて鉄壁のGKが取る → カウンターって戦法もあるにはあるかもしれませんが、失点のリスクは少ない方がいいですし、まぁ常識的に考えたら罠でしょう。しかし罠と分かったところでその目的が分からなければ対処のしようもありませんし、今の雷門に出来ることは攻めることのみ。・・・と、「不動の陣」と称してサイドに寄った選手たちが片膝立ちになったと思ったらサイクロンスタジアムの扇風機が稼働し始めて・・・

倉間典人 7
サイクロンスタジアム 2

竜 巻 発 生 。 この発想はなかったwwwまともにサッカーさせるつもりないだろwwwwwそして何がすごいって、竜巻が発生するのもさることながら、竜巻に巻き込まれて地面に叩きつけられたくせにプレイに何の支障も来たさない倉間が一番すごいです。
 と、言うわけでボールは月山国光に渡りますが、月山国光は中央のライン上に発生して相手ゴールへ直進していく竜巻を盾にして相手陣内へ切り込む「弐の構え」、「炎の陣」でディフェンスを受けずに進撃。そして6→9→10→11の順にボールが渡り、11番がシュートを決めようとしますが・・・

狩屋:「ここは通さないぜ!」

一文字:「邪魔立て無用!!」

ハンターズネット 2

狩屋:「ハンターズネット』!!

ハンターズネット 3
ハンターズネット 4

と、シュートブロックでない「ハンターズネット」は相手選手を弾き飛ばす効果があるようですね。で、霧野のパス要請を無視してそのまま上がって行く狩屋。ディフェンス成功時には明るくなった円堂の表情も、このプレイを見て若干険しいものに変わります。そして、

狩谷マサキ 12

先ほどディフェンスをした一文字に、今度は逆にボールを奪われる羽目に。そして、ボールはフリーの南沢さんに渡り・・・

南沢篤志 3

南沢さん:「行くぞ三国!お前にこれが止められるか!!

ソニックショット 2

ソ ニ ッ ク シ ョ ッ ト 』 ! !

フェンス・オブ・ガイア 4

三国さん:「フ ェ ン ス ・ オ ブ ・ ガ イ ア 』 ! !

南沢篤志 4

南沢さん:「なにっ!?」

というわけでまるで成長していない南沢さんに対して、三国さんは新たな必殺技で完璧にゴールを守ります。そして雷門のカウンターとなりますが、南沢さんはというと

南沢篤志 5

南沢さん:「・・・三国・・・!!」

何か震えていました。お前・・・そもそも「バーニングキャッチ」にすら止められるようなシュートが、「化身」のシュートを止めた必殺技に勝てる道理があるかよ・・・。
 というわけでボールは車田から神童、天馬へと渡りますが、同時に月山国光は「参の構え」を発動して全員が右に寄ります。天馬はおとなしくがら空きになった左側を走って月山国光陣内へと切り込みますが、

天馬 19

目の前に竜巻が発生。ここで、鬼道さんがデータ収集を終えて「月山国光は竜巻の発生および移動パターンを知っている」という結論を出します。まぁ、

サイクロン解析 1

何かよく分からない情報端末でいちいち確認してますしね。アドバンテージってレベルじゃない。しかし円堂は余裕の表情。その視線の先にいる天馬は・・・竜巻に突っ込んでいきます。

南沢篤志 6

兵頭:「バカな!?」

南沢さん:「やけになったか!?」

天馬 20

天馬:「行く手を阻む向かい風も、乗ってしまえば追い風になる!!

天馬 21

そよかぜステップ』!!

竜巻って向かい風なのか、向かい風に乗ったって押し流されるだけなんじゃないかとか思うところですが、「そよかぜステップ」は相手をかすめるように回転して相手を回避・突破するモーションなので、それを利用して竜巻の勢いに乗って加速できるという演出は上手いと思いました。しかし、「そよかぜステップ」は大活躍ですね。相手の「化身」召喚モーションの隙をついて突破したり、スタジアムギミックを逆に利用したり。ゲームでもこれが再現されていると面白いのですが。
 と、言うわけでこのまま「マッハウィンド」を撃つのかと思いきや、天馬は2人がかりでディフェンスされかかったため倉間にパス。そして・・・

サイドワインダー 4

倉間:「『サイドワインダー』!!

兵頭司 1

兵頭:「うおおぉぉああああ!我が力を見よ!!

巨神ギガンテス 1
巨神ギガンテス 2

『 巨 神 ギ ガ ン テ ス 』 ! ! 

ギガンティックボム 1
ギガンティックボム 2

『 ギ ガ ン テ ィ ッ ク ボ ム 』 ! ! 

さすがに全国大会に出る「化身」使い、「化身」の称号も天馬の「化身」と同じく“神”を冠しています。さらに、今までの「化身」使いとは違って「化身」を出し、必殺技を出したにもかかわらず息一つ乱していません。これが全国レベルなのでしょうかね。
 さて、兵頭がゴールを守ったと同時に再び竜巻が発生。兵頭はそこにボールを蹴り込み、「弐の構え」を発動。竜巻の動きの分からない雷門は、ボールがどこに向かっているのかはおろか今どこを進んでいるのかすら完全には把握できません。しかし、ここで神童が「相手の動きをよく見るんだ!」と指示して

神のタクト 2

神のタクト」を発動。見事にボールの落下地点を予測・・・しますが、既に竜巻は雷門陣内へ侵入してきており、その風の力で天城は身動きがとれません。そこで霧野がボールを取りに行こうとしますが、そこに狩屋が出しゃばってきます。そして、2人同時にボールを取りに行ったせいで・・・

狩屋と霧野 4

激突。そのままボールは南沢さんに渡り、再び「ソニックショット」。三国さんは素手で取れると考えたらしく、コースを完ぺきに読んで跳躍します・・・が、ここでイレギュラーが発生。

三国さん 21
三国さん 20
三国さん 22

必殺技と竜巻を絡めることが出来るのは何も天馬だけじゃないとばかりに竜巻でシュートのコースを変え、先制点を奪った南沢さん。

南沢篤志 7

すごいドヤ顔を決めてくれます・・・が、6番が霧野に言うには、

6番:「この得点・・・15番の手柄だな。」

とのこと。・・・まぁ、スタジアムギミックを上手く利用したと言えば聞こえはいいですが、逆に言えばそうしなければ得点できないってことですからね。そもそも狩屋が出しゃばらなければボールはもっと違うコースに行っていたでしょうし、三国さんが「フェンス・オブ・ガイア」を発動していれば「ソニックショット」のコースが変わろうとセーブできていたでしょうし。とは言え試合に「もし~だったら」は通用しませんが。
 さて、防御できたであろうディフェンスを妨害された霧野は怒り心頭です。・・・が、相変わらず狩屋はどこ吹く風・・・と思いきや、少し様子が違う感じ。

霧野:「狩屋ぁ・・・!」

狩屋:「・・・霧野先輩の言う通りですよ。」

霧野:「なんだと!?」

狩屋:「・・・オレ・・・フッ、

狩屋マサキ 13

“ シ ー ド ” な ん で す 。

霧野蘭丸 5

霧野:「なっ・・・!!

22話の引き

と、狩屋が衝撃(?)の告白をしたとことで今回は終わり。まぁ本当に“シード”なのかは怪しいところですが・・・倉間のシュートが失敗した時もほくそ笑んでいたり、ミスリードを狙ってるっぽい描写もないわけじゃないんですよねぇ。
 さて次回。遂に・・・と言ったって初登場から何回も経っているわけではないのですが「ハンターズネット」が破られるようです。そして狩屋は

狩屋マサキ 予告 2

何かを真剣に叫んでるっぽい?霧野との溝は埋まるんでしょうか・・・?


 いやぁ、感想書く前に別の記事更新したらだめですね。「今週は更新した」って気になって更新するモチベーションが全く上がりませんから。まぁ無事に完成できて良かったです。
スポンサーサイト
Comment

☆ 

どうも、眠くてしかたないユウです。

狩屋はシードだったらしいですね……言葉を信じるなら。
少なくとも前半からの「シードって何?」な様子は全て嘘でしょうか。
次回、ハンターズネットが破られそうなので、反応に期待です。
「俺の技がああああ!」って言って覚醒したら面白いですね(何を期待してる

月山国光に入って実力が上がったのかと思っていた南沢、相変わらずでした。
イナズマの世界では新必殺技を次々に披露しなければやられますね。
まあ、竜巻を使って点を取ってくれたのは良かったです。

ってかあの竜巻なんなんだよ……
超次元サッカーはいつも私の予想を上回るwww


そしてダンボール戦機がブーストに進化。

ダンボール戦機はアニメのみでゲームは買っていなかったのですが……
なぜかって? 金が無いんですww
バイトしたいけども、年齢が足りませんし根性も足りません。


今回も楽しく読ませていただきました。
では、次回も待ってます!

☆ 

狩屋ってヤンデレ?と何か思ったあにゃです、こんにちは。
今の自分はイナイレよりポケモンだろ!状態です。うわあどうしよう。

月山国光の監督は普通にクダリさんの亜種だと思いましたwww
一瞬「え?今日ポケモン?南沢さんアーボック使うの?」
とか思いました。
っていうか南沢さんってギャグ漫画日和のうさみちゃんじゃ((

個人的に、狩屋くんはシードじゃない気がする。
シード=強い=あこがれ というか単に霧野が嫌いでいやがらせとk((

竜巻.........うん。さすがは超次元サッカー


ここからポケモンタイム......ごめんなさい話してみたかったんです。


ポケモンホワイトを無くしてしまい、
カナダでは買えないから祖母に送ってもらうことに。
プラチナで新しいカセットに送るポケモンをそだてています。
(プラチナ→弟→自分 的な)
で、そのポケモンがこの子たち3匹。

*レントラー@メンタルハーブ ♂(名前:ノエル)
*ボーマンダ@ラムの実 ♂(名前:ミッシェル)
*ラプラス@するどいツメ ♂(名前:ケイト)

ガチとか弟に言われたけど、
オーダイルと伝ポケしか使ってない人に言われたくないです。

........どうすれば強くなれますかアカンコ様。


長文失礼しました。

☆ 

わずか半年で、ダンボール戦機の完全版がくる‥‥だと‥‥w早すぎでしょうw

サイクロン‥‥。
確か帝国でも、そんな技が使える選手がいるということは言わないでおこうかなw

倉間は‥‥この先活躍する時が来るんでしょうかね?可能性がかなり薄そうで‥‥いやなんでもない。
でも、サイクロンに巻き込まれて地面に叩きつけられても、起き上がれる程のタフガイなのは凄いです。

2体目の「神」が付いた化身出ましたね。
どうせなら、ポセイドンも「海王」ではなく「海神」にすれば良かったのに‥‥学校名が由来なのは仕方ないのかもしれませんが。

南沢さんのあの焦り顔を見ると、雷門とは実力の差が開いてしまったのかな。
新技を覚えて来なくても、せめてソニックショットをV進化させて来るのかな~と期待してたんですが‥‥これだもん‥‥w

毎回、天馬が凄い活躍をしてくれますね。「風」の必殺技を利用して竜巻を突破するのは良かったです。

狩屋が本当にシードなのかは、いまいち分かりませんね‥‥。
シードについてよくわからない発言をしていたので、終わり際の告白は本当なのか微妙ですが。

感想お疲れ様でした!

☆ はじめまして

おはようございます。
はじめてコメントさせていただきます、柿ピー@と申します。

子どもに教えてもらい、こちらには何度もお邪魔させていただいてたんですがコメントの書き込みよろしいですか??(#^.^#)

1週間GOもダン戦もお休みで少し拍子抜けの週でしたが、アカンコさんの記事が更新されて、またモチベーション上がりました。

たぶん親世代の私は、前作の超次元サッカーが新鮮で以後ずっとはまってるんですが、22話の竜巻スタジアムにはびっくりでした。相手チームばかりに優位に働くなんて…い、いいんですか??(笑)

根本的に逆境を乗り越えるための超次元サッカーなんですけどね。
年齢不詳の兵頭君、治好きな私には『ドンピシャ』ですしっっ!!

でも、おばちゃんの私は「戦場(スタジアム)ぐらいはフェアで」って思ったわけです。

そんな愚痴言われてもって感じですよね。
なんだかんだ言ってても23話を楽しみにしてる柿ピー@です。

アカンコさんも体調に気をつけて次回更新頑張ってくださいませ。
楽しみにしてます。
あ、勉強のほうもね。(高校生の親なので)

ついついの長文、お許しくださいm(__)m

☆ 

何?アカンコ。ダンボールの完全版が出るのが早すぎる?逆に考えるんだ。元のUMDを弟や友人に「あげちゃってもいいさ」と考えるんだ。オレはそうするつもりですよ。完全版とオリジナルは何らかの縛りが入るかも知れませんが対戦可能みたいですし、どうせ新LBXだろーが何だろーが耐性と速さしか違わない訳ですし少なくともオレは悲しいけどレベルファイブの犬ですし対戦相手は少しでも多い方が良いですしねw

サイクロンスタジアム・・・ゲームなら風属性優遇のスタジアム、って感じでしょうか。
竜巻に巻き込まれるとボールをこぼす、みたいなギミックがありそうですねえ。楽しそうでもあり、こんなの・・・サッカーじゃねえ!って言いたくなったりしますが堪えます。でもプレミアムとかでやられるとめんどくさそうですね。

南沢さん・・・ソニックショットを止められた際の顔がもうねwシードの決定に従うなら自分の実力が大なり小なり上がっている事を実感する事も難しいだろうし、あの自信はどこから来てるんだろうwここはソニックショットを止められた際に三国さんを賞賛するくらいの余裕を見せるか、調子に乗るな、みたいな台詞を吐いて隠し球フラグを立てるかと思ってましたが、三国・・・!ってww
まあ狩野の事はスルーで。この行動に何の意味が?なんて思ってるときにノリだとか特に大した理由や意味は無い、なんて言われたらカチンときますしねw
あのキーパー相手にどう点を取るのでしょうかね。ロストエンジェル!→ギガンティックウワー!→ハーモニクス!→ギガンティックウワ(ry みたいな今までのような雑な点の取り方はして貰いたくないところですw

☆ 

ついに全国ですね。
確かにポケモンリーグでやれば良いと思いました。
あんなバカでかいのいくらかかるのか。
ゲームでもああいう感じで竜巻が出なくては意味無いので確実に出てきますね。
見た感じ氷のところはつるつるしてサッカー出来ないとか、
砂のところは暑いとか、移動速度が落ちるとかありそうな気がします。
そのへんが分からないうちにゲームがやりたいです。
3ds持ってないんですよね~どうしようか迷ってます。
ダンボール戦機とイナズマどっちが面白いですか?
レベル5なので安心できそうですが。
先週は休みだったので楽しみです。

☆ 

ユウさんコメントありがとうございます。

狩屋はシードだったらしいですね……言葉を信じるなら。
少なくとも前半からの「シードって何?」な様子は全て嘘でしょうか。
次回、ハンターズネットが破られそうなので、反応に期待です。
「俺の技がああああ!」って言って覚醒したら面白いですね(何を期待してる
狩屋の“シード”説はどうなんでしょうねぇ。もし本当に“シード”だったらそれはそれで面白そうですが・・・。狩屋は自信家ですから、自分の必殺技が破られたら必要以上に動揺しそうですねwww


月山国光に入って実力が上がったのかと思っていた南沢、相変わらずでした。
イナズマの世界では新必殺技を次々に披露しなければやられますね。
まあ、竜巻を使って点を取ってくれたのは良かったです。
しかし竜巻がなければ素手で取られそうな感じになっていたのが何とも・・・南沢さんの活躍に期待したいですけど、どうなるでしょう・・・。


ってかあの竜巻なんなんだよ……
超次元サッカーはいつも私の予想を上回るwww
「3」で戦術を必殺技化して、「GO」でどこをいじってくるのかと思ったらスタジアムですからね。流石と言うほかないです。


そしてダンボール戦機がブーストに進化。

ダンボール戦機はアニメのみでゲームは買っていなかったのですが……
なぜかって? 金が無いんですww
バイトしたいけども、年齢が足りませんし根性も足りません。
僕はゲームを買うために節約しまくっていた時期がありましたねぇ・・・今はバイトをしているので大丈夫ですが。

☆ 

あにゃさんコメントありがとうございます。

狩屋ってヤンデレ?と何か思ったあにゃです、こんにちは。
今の自分はイナイレよりポケモンだろ!状態です。うわあどうしよう。
僕も未だにポケモンやってますね。と言うか、僕はポケモン→イナズマ→ポケモン→イナズマ・・・のサイクルでゲームやってますね。


月山国光の監督は普通にクダリさんの亜種だと思いましたwww
一瞬「え?今日ポケモン?南沢さんアーボック使うの?」
とか思いました。
っていうか南沢さんってギャグ漫画日和のうさみちゃんじゃ((
倉間さんがハブネークみたいなの召喚してたじゃないですか!ゑ?違う?


個人的に、狩屋くんはシードじゃない気がする。
シード=強い=あこがれ というか単に霧野が嫌いでいやがらせとk((
まぁ、霧野が嫌いで精神攻撃しているだけでしょうねwww


竜巻.........うん。さすがは超次元サッカー
しかも相手だけに情報を与えてるとか、公平に試合をさせる気が微塵もないですよねwww


ここからポケモンタイム......ごめんなさい話してみたかったんです。
把握しますた。


ポケモンホワイトを無くしてしまい、
カナダでは買えないから祖母に送ってもらうことに。
プラチナで新しいカセットに送るポケモンをそだてています。
(プラチナ→弟→自分 的な)
で、そのポケモンがこの子たち3匹。

*レントラー@メンタルハーブ ♂(名前:ノエル)
*ボーマンダ@ラムの実 ♂(名前:ミッシェル)
*ラプラス@するどいツメ ♂(名前:ケイト)

ガチとか弟に言われたけど、
オーダイルと伝ポケしか使ってない人に言われたくないです。

........どうすれば強くなれますかアカンコ様。
まぁポケモンの選抜自体はあにゃさんの好きなものでよいと思います。で、その後に必要なのが

1:性格の選択
2:努力値(基礎ポイント)を溜める

の2つですね。例えば鈍速で高火力物理のドサイドンなら攻撃が上がり、特攻の下がる「いじっぱり」な性格、特に素早さに長けるサンダースなら素早さが上がり、攻撃の下がる「臆病」な性格などですね。努力値に関しては・・・ここで説明すると長くなりすぎるので専門サイトさんで調べるといいかと思います。簡潔に言うならば、タウリンやブロムへキシンをやる、素早さを上げたいならコイキングやバスラオを重点的に倒し続けるなどです。
他にも技の選択やポケモンに与える役割(速攻で相手を倒す、自己再生などで回復をしながら相手をジワジワ倒していく)など、考えることは山ほどあるんですがね。とりあえず、

ポケモン第五世代・対戦考察まとめwiki
http://www14.atwiki.jp/bwpokekousatsu/

このサイトは育成の参考になると思います。

☆ 

ヴォンさんコメントありがとうございます。

わずか半年で、ダンボール戦機の完全版がくる‥‥だと‥‥w早すぎでしょうw
何だか有料で試験版を掴まされた気分ですwww


サイクロン‥‥。
確か帝国でも、そんな技が使える選手がいるということは言わないでおこうかなw
染岡さんボイスの万丈さんですね、分かります。


倉間は‥‥この先活躍する時が来るんでしょうかね?可能性がかなり薄そうで‥‥いやなんでもない。
でも、サイクロンに巻き込まれて地面に叩きつけられても、起き上がれる程のタフガイなのは凄いです。
もう倉間が点を決められなくてサッカー嫌になって退部しても責められない気がしてきました・・・。そして割とあっさり立ち上がった倉間は「超次元サッカーをする奴はこの程度普通だぜ!」と体現していたと思います。


2体目の「神」が付いた化身出ましたね。
どうせなら、ポセイドンも「海王」ではなく「海神」にすれば良かったのに‥‥学校名が由来なのは仕方ないのかもしれませんが。
そもそもポセイドン自身が神ですからねぇ・・・。仕方ないとは言え、何だかなぁという感じがします。


南沢さんのあの焦り顔を見ると、雷門とは実力の差が開いてしまったのかな。
新技を覚えて来なくても、せめてソニックショットをV進化させて来るのかな~と期待してたんですが‥‥これだもん‥‥w
三国さんが強くなりすぎた感じですね・・・wそもそも「化身」のシュートを力を乗せた止めてしまった三国さんに「ソニックショット」は通じませんし、「旋風陣」から「真」が消えていた時点でV進化が廃止された恐れもありますしね・・・。


毎回、天馬が凄い活躍をしてくれますね。「風」の必殺技を利用して竜巻を突破するのは良かったです。
毎回毎回どこかが強化されると言うか、新たな力に目覚めると言うか・・・w


狩屋が本当にシードなのかは、いまいち分かりませんね‥‥。
シードについてよくわからない発言をしていたので、終わり際の告白は本当なのか微妙ですが。
どうも違うっぽいですけどね・・・。ただ、チームと融和しようとしないのは過去に何かあったんでしょうね。

☆ 

柿ピー@さん初めまして、コメントありがとうございます。

おはようございます。
はじめてコメントさせていただきます、柿ピー@と申します。

子どもに教えてもらい、こちらには何度もお邪魔させていただいてたんですがコメントの書き込みよろしいですか??(#^.^#)
コメントはいつでも歓迎していますので、ぜひぜひコメントして下さい!


1週間GOもダン戦もお休みで少し拍子抜けの週でしたが、アカンコさんの記事が更新されて、またモチベーション上がりました。
秋の番組交換期間だったのでしょうかね?ちなみに感想が1週間遅れになったのは完全にたまたまですw


たぶん親世代の私は、前作の超次元サッカーが新鮮で以後ずっとはまってるんですが、22話の竜巻スタジアムにはびっくりでした。相手チームばかりに優位に働くなんて…い、いいんですか??(笑)
相手優位に動いているわけではなく、相手はただ「動きを知ってる」だけなんですよね。相手も予測装置がなければどこから竜巻がくるか分かりませんし、こちら側も利用する気になれば利用できますからね。ただサッカーフィールドに竜巻が発生すること自体は大問題なんですが。


根本的に逆境を乗り越えるための超次元サッカーなんですけどね。
年齢不詳の兵頭君、治好きな私には『ドンピシャ』ですしっっ!!
年齢詐称(ry


でも、おばちゃんの私は「戦場(スタジアム)ぐらいはフェアで」って思ったわけです。
そのままだったらスタジアムはフェアなんですけどね・・・発生&コースを予測する機械を渡しているのが問題なんですよ。


そんな愚痴言われてもって感じですよね。
なんだかんだ言ってても23話を楽しみにしてる柿ピー@です。

アカンコさんも体調に気をつけて次回更新頑張ってくださいませ。
楽しみにしてます。
あ、勉強のほうもね。(高校生の親なので)
分かりました!とりあえずこのコメント返信が終わったら英語の予習します!!

☆ 

一角さんコメントありがとうございます。

何?アカンコ。ダンボールの完全版が出るのが早すぎる?逆に考えるんだ。元のUMDを弟や友人に「あげちゃってもいいさ」と考えるんだ。オレはそうするつもりですよ。完全版とオリジナルは何らかの縛りが入るかも知れませんが対戦可能みたいですし、どうせ新LBXだろーが何だろーが耐性と速さしか違わない訳ですし少なくともオレは悲しいけどレベルファイブの犬ですし対戦相手は少しでも多い方が良いですしねw
何?一角。友人にあげればいい?逆に考えるんだ。・・・僕にそんな友人がいると思っているのか?まぁ僕もレベルファイブの犬ですからおとなしく尻尾を振って買っちゃうんですけどねー。


サイクロンスタジアム・・・ゲームなら風属性優遇のスタジアム、って感じでしょうか。
竜巻に巻き込まれるとボールをこぼす、みたいなギミックがありそうですねえ。楽しそうでもあり、こんなの・・・サッカーじゃねえ!って言いたくなったりしますが堪えます。でもプレミアムとかでやられるとめんどくさそうですね。
竜巻を上手く避けることのできるテクニックがあればいいんですけどね・・・。もしかすると、風属性のドリブルでなら突破可能とか、そういう効果があるのかもしれません。


南沢さん・・・ソニックショットを止められた際の顔がもうねwシードの決定に従うなら自分の実力が大なり小なり上がっている事を実感する事も難しいだろうし、あの自信はどこから来てるんだろうwここはソニックショットを止められた際に三国さんを賞賛するくらいの余裕を見せるか、調子に乗るな、みたいな台詞を吐いて隠し球フラグを立てるかと思ってましたが、三国・・・!ってww
どうにも小者臭いんですよね、南沢さん・・・。・・・うん、南沢さんについてはこのくらいしかコメントできないw


まあ狩野の事はスルーで。この行動に何の意味が?なんて思ってるときにノリだとか特に大した理由や意味は無い、なんて言われたらカチンときますしねw
あのキーパー相手にどう点を取るのでしょうかね。ロストエンジェル!→ギガンティックウワー!→ハーモニクス!→ギガンティックウワ(ry みたいな今までのような雑な点の取り方はして貰いたくないところですw
ようやくシュートチェインが出てきて倉間が初得点・・・あまり雑な展開ではなくてよかったです。そして、「魔神ペガサス」は「ギガンティックボム」に勝てるのでしょうか・・・?

☆ 

timberさんコメントありがとうございます。

ついに全国ですね。
確かにポケモンリーグでやれば良いと思いました。
あんなバカでかいのいくらかかるのか。
そもそもロシアンルーレットスタジアム自体今年ようやく出来たみたいですしね。逆に考えれば、登場して2年近くでここまででかい施設を作ったりするってすごいんですけどね。


ゲームでもああいう感じで竜巻が出なくては意味無いので確実に出てきますね。
見た感じ氷のところはつるつるしてサッカー出来ないとか、
砂のところは暑いとか、移動速度が落ちるとかありそうな気がします。
そのへんが分からないうちにゲームがやりたいです。
海だったらスタジアムが揺れるとかでしょうかね。ゲームは早くやりたい・・・ですけどやったらアニメの展開が分かって新鮮な気持ちで感想が書けない・・・というジレンマですw


3ds持ってないんですよね~どうしようか迷ってます。
ダンボール戦機とイナズマどっちが面白いですか?
レベル5なので安心できそうですが。
先週は休みだったので楽しみです。
人によるでしょうねぇ。イナズマは操作に慣れるまで結構面倒、ダンボール戦機は操作に関しては王道と言うか普通です。そしてGOではまた操作が変わる可能性がありますし・・・そもそもタイプの違うゲームですからね、こればっかりはどちらが面白いとは断言できません。

☆ リンクを…

こんにちは、お元気でしょうか?柿ピー@です。
やっとリンクの貼り方を覚えて、リンクを貼らせて(ん??貼らさせて?)いただきました。相互リンクだなんて、恐れ多くて言えません。23話少しほっとできる展開になって安心してます(笑)また来ますね!

☆ 

お久しぶりです。
なんか、全国大会のフィールドってポケモンスタジアムみたいですよね。
自分的に月山国光の監督はイナズマにしては珍しく普通な名前だと思います。

あっ、ちなみに「近藤哲士」ではなく「近藤啓士」です。
この回はエンディングでも間違ってましたが、23話ではちゃんと修正されてました。

☆ Re:リンクを…

柿ピー@さんコメントありがとうございます。

こんにちは、お元気でしょうか?柿ピー@です。
やっとリンクの貼り方を覚えて、リンクを貼らせて(ん??貼らさせて?)いただきました。相互リンクだなんて、恐れ多くて言えません。23話少しほっとできる展開になって安心してます(笑)また来ますね!
ありがとうございます。お返しと言ってはあれですが、こちらもリンク貼らせていただきますね。問題があったら、お手数ではありますがコメントをお願いします。

☆ 

burningさんコメントありがとうございます。

お久しぶりです。
なんか、全国大会のフィールドってポケモンスタジアムみたいですよね。
自分的に月山国光の監督はイナズマにしては珍しく普通な名前だと思います。
やっぱりあのスタジアムはポケモンですよねぇ・・・w近藤監督は普通ですね。まぁ見た目が普通ではないのですが・・・。


あっ、ちなみに「近藤哲士」ではなく「近藤啓士」です。
この回はエンディングでも間違ってましたが、23話ではちゃんと修正されてました。
あ、誤植だったんですか。「けいじ」と呼ばれていたのに「哲」の字を使うんだなぁ・・・とあんまり深く考えてませんでした。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


たまにはどうでもいいことをつらつらと ≪         HOME         ≫ イナズマイレブンGO23話 恐怖のサイクロンスタジアム! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。