--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/11/30 Wed  16:30
イナズマイレブンGO29話 宿命の対決!木戸川清修!! 感想

 更新遅れました、アカンコです。今週は別に忙しくなかったんですが・・・なかったんですが・・・ワンセグで録画するのを忘れてモチベーションが上がりませんでした!やっぱり手元におけるTVがあると更新には便利なんですよね、特に僕みたいに細々書くようなタイプの人間には。

 さて、言い訳はここまでにして・・・来月からバイト先の1番ベテランだったパートさんが辞めてしまうため、先輩3人と僕が交代制で責任者的立ち位置に就かなければならなくなるので、結構忙しくなります・・・と言いたいところですが、今だって毎日最後まで残らされているため実際問題大して変わらないということに気付きました。これならブログの休止とか考えなくてもよさげだな!

 というわけで10年来の因縁がある1校、木戸川との試合が始まった29話感想です。個人的に、僕にとって重要なのは本編よりも予告でしたが!

 さてさて、本編感想の前にこちら。

早期ダウンロード特典

「イナズマGO」発売日からしばらくの間限定配信される中学時代の円堂&豪炎寺ですが、共に「化身」の具現化に成功しているみたいですね。円堂の方は「魔神グレイト」らしいですが、豪炎寺は何でしょう。とりあえず、「イナズマ」時代に出現させていた「マジン」さんとは全く違う・・・なんか、スマートな悪魔みたいな風貌ですね。これはこれでかっこいいと思いますが。

 では本編。「ホーリーロード」全国大会も第2試合までが全て終了。無論雷門中も勝者のグループに入っていますが、

イシドシュウジ 7

聖帝は不満げな様子。とは言え、「どうして雷門中がここまで調子に乗ったのか」と言えば8割は聖帝のせいですからね。泳がせて利用する(キリッとか言ってた時期に潰しときゃよかったんですよ・・・と、どうやら聖帝に客人が。

聖帝:「久しぶりだな・・・。」

と、聖帝が反応するその客人は

アフロディ監督 1

アフロディこと亜風炉照美!相変わらず美形ですね・・・下手したら中学時代よりも。
 さてOP明け、雷門中は鬼道監督新体制のもとで着々と実力を上げている様子。まずは輝ですが、

浜野海士 3

一旦浜野へのディフェンスを回避されますが、天城の「相手の動きをよく見ろ、相手だって突っ立ってボール奪われるのを待っているわけじゃない」という非の打ち所のない正論を聞いたことで

浜野海士 4
浜野海士 5

あっさりと浜野に追いつきボールを奪取。相変わらず天才的である。一方で、鬼道さんが注目しているのは車田。

車田剛一 6

一応鬼道さんの考案した基礎体力アップメニューはこなしているのでしょうが、今一つスタミナが持たないみたいです。三国さんは主要キャラよりでスポット当たってますし、天城は先週当たった・・・ということで、木戸川戦では車田にスポットが当たるんですかね。一方、天馬・信介ペアと狩屋は例の連携必殺技の特訓をしているみたいです。ちなみに名前は「ドカーンジャンプ」に決定したようです。技が成功した暁には、試合でこの技が発動するたびに狩屋が恥ずかしい思いをしなければならないんですね。完全にいじめです、本当にありがとうございました。ちなみにどこまで完成しているかと言えば、

天馬 37
天馬 38
天馬 39

スタートの時点で躓いています。そして、必殺技の始動が完全に「竜巻落とし」ですね。ちなみに名前に関しては水鳥が「だいたい名前が悪いんだろ」とかコメントしていました。何でこの名前に決めたんでしょうね、天馬たちは・・・。
 さて、二回戦を突破し、雷門の流れに乗る学校も出てきて革命も調子づき、練習にも熱が入る雷門サッカー部。その様子を見ていた神童は、「天馬が入部してきたことで全てが変わった」と、霧野とともに回想を始めます。まぁそこら辺は今まで「イナズマGO」を見ていた人なら今さらなことなので割愛。で、白熱した練習の中で天馬たちが目をつけたのは錦。ボールキープ能力は前評判以上のもので、空中で体を寝かせたまま横に高速回転するという「その動き必要なの?」と聞きたくなるような動きを見せてくれます。そんな錦に注目する2人でしたが、練習に付き合わされてるのに自分が放っておかれることに不満を感じた狩屋は、

天馬 40

相手の注意を逸らしていたずらを仕掛ける行動に出ました。・・・ゑ?ボールを蹴ってるのはいたずらの範疇じゃない?あれだよ、「超次元悪戯」ってやつだ。まぁ他人を付き合わせてるのに自分たちの関心事を優先させる天馬たちにも非はありますしね。
 さて練習後、割と珍しいロッカールームでの着替えシーン。

ロッカールーム 1

・・・ロッカーでかくね?メンバーの平均身長がどれくらいか分かりませんが、錦や三国さんは大人である円堂や鬼道さんより一回り低い程度でしょうから・・・いや、不毛な検証は止めておきます。さて、帰ろうとする錦を呼び止めた天馬と信介は、錦にイタリアのサッカーについて尋ねます。それに対する錦の答えは、

錦:「イタリアのサッカーか・・・。あれは『パスタ』ぜよ!

天馬:「なん・・・だと・・・?」
信介:「どういう・・・ことだ・・・。」
視聴者:「何を言っている錦!まるで意味が分からんぞ!!」


さて、発言した錦本人は「よく考えるぜよ!」と天馬たちをからかっているのか本当に「パスタ」だと考えているのかよく分からない感じで去ってしまったので、天馬と信介は葵を加えて錦の発言を検証しつつ帰路につきます。

天馬 41

そして何故か始まるパスタの種類教室ここで葵が「一言で『パスタ』と言っても色々あるんだから!」という言葉から、天馬は「イタリアのサッカー」を「『サッカー』と言っても一言では言えない」ものだと推理。信介には賛同を得られていましたが、葵にはイマイチ。ちなみに僕はさっぱり分かりませんでした。
 さて、発言者の錦本人はと言うと、とある空き地で特訓中。

錦龍馬 12
錦龍馬 15
錦龍馬 14

どうやら、シュートのコントロールを上げる特訓をしているようです・・・が、これってどちらかと言えばボールに回転をかけず真っすぐ飛ばす特訓なんじゃないですかね。どんなにコントロールがあっても回転をかけたらポイントに命中させるのは難しいでしょうし。・・・それとも、回転を加えたうえでやろうとしているのでしょうか。無謀と言わざるを得ませんが、これ、超次元サッカーだからなぁ・・・。しかしこの特訓自体は、同じくイタリアから帰ってきた鬼道さんすら驚愕させるほどの特訓だったみたいです。
 さて、特訓と言えば今回スポットが当たりそうな車田。スタミナ不足っぽい描写がありましたが、毎夜ランニングに出ているみたいです。何が彼を駆り立てるのかと言えば、

車田剛一 7

車田:(狩屋には負けないぜ!オレにだって3年の意地がある!レギュラーの座は、必ず奪い返してみせる!!

という、まぁ良い意味でのプライドみたいです。しかし、雷門で言うレギュラーって要するにファーストチームなんじゃないですかね。一応ベンチに選手は控えさせときますが、それは相手や選手自身の体調によって柔軟な対応をするためですし、ここは「スタメンの座は~」って言わせるのが表現的には正しいと思うのですが。
 さて翌日、雷門の次の相手が決定。その相手とは、昨年真剣勝負の決勝で雷門が惜敗した因縁の相手、木戸川清修中学校。10年前と変わらず超名門校です。おのずと緊張が走る雷門イレブンですが、そうでない方が数名。そもそもサッカーを始めたのがごく最近という輝がまず1人目。

輝:「ねぇねぇ、木戸川静修って、そんなに強いとこなの?」

強いよ!あんたのおじさんが引率校を優勝させるために八百長を頼んで、それが拒否されたらそこのエースストライカーの妹を事故に合わせてエースストライカーが試合に来られなくする程度には強いよ!!・・・というのは事実ですが、その頃から変わらず名門の座を守り続けているというのは凄いことですね。と、そこで最近の事情にあまり詳しくない故のもう1人、狩屋が会話に加わります。

狩屋:「勝ったって、“フィフスセクター”の勝敗指示があったからだろ?」

三国さん:「・・・あの試合は違う。あの時はもう、聖帝選挙の結果が決まっていたからな・・・勝敗指示は出ていなかった。オレたちは、本気の勝負で負けたんだ。」

「雷門が本気の勝負で木戸川に負けた」というのは何話だったか最初の方に出ていた話ですが、勝敗指示が出ていないことにもきちんとした理由があったんですね。・・・しかし、結果は2-0の状態で雷門が1点を取り返すものの試合終了で敗北って感じでしたから、主に敗北の原因は誰とは言わないけど紙すぎるGKのせいなんじゃおっと何でもない。・・・と、神童は遠い目をして昨年の試合を振り返ります。

貴志部大河 過去 1
貴志部大河 過去 2

どうやら同じ背番号9を背負う貴志部という選手と因縁がある・・・というか実力があると認めているようです。と、そのとき、青山が「今年は楽勝かもしれない」などとのたまい始めます。試合に出られなくて遂におかしくなったか・・・と思いましたが、一乃も含めて彼らは彼らなりに自分のできることをしていたようで、木戸川の調査・偵察をしていたようです。・・・鬼道さん、せめて彼らの気持ちだけでも汲んで、少しくらい試合に出させてあげて下さい本当に。
 さて、その頃の木戸川には、何やら不穏な空気が漂っていました。

総介:「フッ、何が革命だ、くだらない。」

滝快彦 1

快彦:「くだらない!?」

滝総介 1

総介:「ああ、くだらないね。そんなことして何になる。言われたとおりにやってれば、オレたちはプロリーグのユースへ行ける。中学サッカーなんて、所詮はそれまでの繋ぎ。」

快彦:「だからって、兄さんは雷門のサッカーを見て、何も感じないのかよ!?本気でサッカーをしたいって思わないのかよ!?」

滝総介 2

総介:「だったら本当のことを言ってやる。結局お前は僻んでんだよ!実力がなくてレギュラーに慣れないことを、“フィフスセクター”のせいにしてな!」

貴志部大河 1

と、いうわけで兄弟喧嘩を内包した仲間われが発生しているようです。「イナズマ」という作品において、「サッカーは仲間と一丸となって相手に立ち向かうことで勝利できる」というスタンスは基本的に崩れていませんし実際のところチームスポーツは基本的にそうですから、天城と浜野は次の試合は楽勝と考えているようです。・・・が、ここで水を差すのが完全に空気と化している剣城。

剣城:「そう上手く行きますかね・・・。」

三国さん:「どういうことだ?」

鬼道さん:「みんなも知っている通り、木戸川静修は“フィフスセクター”の力が特に強く働いている学校だ。その木戸川静修にオレたちが勝つようなことがあれば・・・」

三国さん:「革命が一気に勢いづく・・・!」

霧野:「“フィフスセクター”が、このまま放って置いておくわけはないということですね。」

木戸川静修に聖帝率いる“フィフスセクター”の力が特に強く働いている・・・となると、聖帝の正体が豪炎寺ではないかという説にもう一つ有力な理由がつきますね。そしてもちろん“フィフスセクター”はこのまま放っておくほど甘い組織ではありません。

貴志部大河 2

 夕方、学校から帰路に就く貴志部。主将として、二分してしまっているチームを如何にしてまとめるか苦慮しているようです。彼に言わせれば“フィフスセクター”に反抗する快彦側はもちろん、“フィフスセクター”に従う総介側もまた、サッカーへの情熱を持ち合わせているようです。まぁそうでなければ「プロリーグのユースに~」何て言いませんよね。この世界でサッカーは社会的地位ですから、基本内申点のためのものですし。・・・と、思い悩む貴志部に声をかける人物が。

アフロディ:「木戸川静修って、こっちかな?」

アフロディ監督 2

美の女神の異名を持つアフロディ、卓越したサッカーセンスを持つ彼ですが、彼こそが“フィフスセクター”の策。・・・しかし、今までどこで何やってたか分からない奴を策として使うって、割と真面目に“フィフスセクター”って人材難なのではないですかね。
 さて、どういうわけか「1223!イナズマイレブンGO!!」の掛け声がなくなったCM明け、雷門の練習では「ドカーンジャンプ」に成功の兆しが見えてきたことを筆頭に他の選手の動きも良さげですが、貴志部のことを気にかける神童と、どうにもいまいち動きの悪い車田の調子がよくありません。そんな不安要素を抱えての試合当日、相変わらず気まずさ満点のホーリーライナーで、神童は貴志部の瞳に迷いがないことを看破、

アフロディ監督 3

更にアフロディが木戸川の監督として就任したことが判明します。・・・しかし、春奈の説明はもう少し何とかなりませんでしたかね。確かに雷門中と戦ったし“イナズマジャパン”とも戦いましたが、エイリア学園襲来の際には一時期“イナズマキャラバン”に所属していたこともあったじゃないですかー!!
 と、いうわけでホーリーライナーがスタジアムに到着!さーて今週のスタジアムは!?

ウォーターワールドスタジアム 1
ウォーターワールドスタジアム 2

ウォーターワールドスタジアム」!!巨大扇風機、スタジアム全体凍結中という視覚に来るスタジアムを2回見た後では如何せん地味なのは否めませんが、どう見てもボールがフィールド外に出たらお陀仏なのはご愛嬌でしょうか。まぁ、FFIの「クジャクスタジアム」はボールが飛んでったら絶対に拾いに行けないスタジアムでしたから、船を出せば拾いに行ける分こちらはまだ良心的かもしれません。

天馬 42

しかも足場はしっかりしており、板と板の継ぎ目も徹底して均されているようで、ドリブルにおける心配もなし。現状特に障害となるギミックは見当たりません。そして、運命の(?)スタメン発表!

FW:剣城、倉間

まぁ安定の2人。ストライカーズ2012によれば輝もFWみたいですが、輝は相手の動きや味方の動きを観察させて強化してから出すのが真髄でしょうし、この2人が安牌でしょう。

MF:神童、浜野、錦、天馬

神童と天馬は「化身使い」としてスタメン安定、錦もその身体能力からスタメンでも問題なし、浜野が選ばれたのは海のスタジアムだから?

DF:信介、狩屋、車田、霧野

霧野はDFの司令塔故にスタメン入りは必然、狩屋の身体能力も上々であるためスタメンでも不思議はなし。車田が入ろうと天城が入ろうと別に構わないのですが、何でディフェンス技覚えてない信介を積極的にスタメン起用するんだか、今の僕には理解できません。

GK:三国さん

(笑)

さて、こういう形になった今回のスタメン。天城は先週鬼道さんに反抗してましたから私怨で外されても文句は言えないと思いますけど、やっぱり今までスタメンで出ていた分ショックは大きい様子ですし、

車田剛一 8

車田も同級生の天城が外されてのスタメン入り故に素直には喜べない様子。しかし、前にも書きましたけどスタメンってその日の選手の体調や相手の選手や戦術、超次元サッカーにおいてはフィールドギミックを考慮に入れて決めますから、特筆すべき長所(=「化身使い」)のない選手は安定して出られるわけじゃありませんからね。まぁとりあえず言いたいことは、天城は一乃と青山に頭を下げてから改めて文句を言うべきです。あいつらまだ一回も試合で活躍してねーぞ!・・・秋空チャレンジャーズ?あれはノーカンで。
 と、言うわけで試合開始なわけですが・・・天城が(何でオレだけ・・・!)とかのたまってます。「オレ『だけ』」とか思いっきり速水をディスってますね。天城、お前は一回頭を冷やせ。そもそもお前出てるわりにはまともに技使ってないし活躍もしてねーだろ。

雷門 スタメン 木戸川戦
木戸川 スタメン

 さて改めて試合開始ですが・・・木戸川は素晴らしいパス回しで雷門を翻弄。とても仲間われをしているチームには見えません。

神童:「どういうことだ・・・仲間われをしていたんじゃなかったのか!?」

貴志部:「ああ、してたさ。けど今は違う。今のオレたちは、“フィフスセクター”のためでも、革命のためでもない。オレたち自身のために戦っているんだ!!

アフロディ:(僕が聖帝に頼まれ、木戸川静修の監督を引き受けた時、チームは崩壊寸前だった。

アフロディ監督 4

このままでは、みんなサッカーに潰されてしまう。“フィフスセクター”でも、革命でもいい。僕は彼らを、救いたいと思った。)

どうやらアフロディは完全に“フィフスセクター”に傾倒しているわけではなく、利用されつつ利用している、見たいな関係のようですね。そして、ある日の夕方、監督となったアフロディは木戸川の選手たちにある指示を下します。

アフロディ監督 5

アフロディ:「雷門を倒せ!!そうすれば、君たちの進むべき道は見える!!」

この言葉で、木戸川の選手たちは「己の進むべき道」を見定めるため、“フィフスセクター”の思惑も雷門の思惑も無視した上で、一丸となって雷門を倒すことに決めたようです。

貴志部大河 3

そうして迷いを捨てた貴志部は狩屋と信介を突破。その様子に気を取られた天馬のマークを振り切った総介は前線に飛び出し、貴志部は総介にパス。

神童拓人 39
神童拓人 40

まーた三国さん失点か・・・と思いきや!

鬼道監督 6

両監督にも不測の事態、スタジアムに水が噴き上がり・・・

ウォーターワールドスタジアム 3

スタジアムが分断!!今回の舞台、「ウォーターワールドスタジアム」は、いきなり噴き出してスタジアムの形を変えてしまう水との戦いになりそうです。
 さて、予告。と言っても見どころはやはりこのお方!!

染岡さん 予告 1

ファミ通やコロコロで立ち絵が公開された時から言われてましたが、どう見ても危ない人にしか見えない染岡さんの登場です!!いやぁ、バイトのせいで生で見られないのがつらい・・・!あ、その他は染岡さんに比べれば霞むので割愛します。


 神羅フロンティア、メインコンテンツを試験的に再開させたら参加した人もしていない人もがゲームに参加できないどころかゲームに入れないって意味が分かりませんね。一体今までの休止は何だったのでしょうか・・・。
スポンサーサイト
Comment

☆ 

お久しぶりです!!!
しばらくコメントしなくてすみませんでした;;

イナゴ 面白いことになってきていますよね!!
特に アフロディが出てきたから このごろの私は 狂喜乱舞ですww
以外とアフロディが美形だった・・・

あと もう聖帝は豪炎寺でいいですよね。
久しぶりだ とか言っちゃてますし。

剣城(これで漢字あってるはず) はこの頃空気すぎますww
あんまりしゃべらないしwwww

ピッチダウンはもうなんか・・・・・・あれですね。
選手落ちたらどうするんだろ・・・?
引き上げるんですかねwww

このごろは部活も大変になってきたので
顔を出せるかわかりませんが
ちょくちょくみにきます!!

バイト頑張ってください!!!
では

☆ 

どうも、冬でも元気なユウです。

円堂と豪炎寺の化身、カッコ良いですね。
神童や天馬の化身の微妙なデザインに比べて

アフロディは髪を結んだこともあって、スーツが良く似合います。
これで母国が韓国なんて信じられませんw
言われた時は本当に驚いたなぁ……外国出身なら西洋の人かと思ってましたので。

そしてパスタのくだりは意味不明でしたw
次週で何かあるのかと思いきや、全く触れられませんでしたし。
きっと、錦はパスタが好きだっただけだ(おい

スタジアムの分断は危険ですよね……
ボール落としたら相手にFKという追加ルールも意味不明です。
まあ、竜巻とか氷とかも同じくらい訳分からなかったですがww


記事内で木戸川清修の清が静になっていました。
時間がありましたら訂正をお願いします。
そして、アカンコさんバイト頑張って下さい!

次回の感想も楽しみに待っています。では。

☆ 

車田先輩には頑張って欲しいところですねえ。ダッシュトレインは未だに破られてませんし、破られる事で昇華させたりとかの展開に期待してます。

しっかし、お互いフィールド情報の無い状態での試合は面白いですね。まあハッキリ言って普通のフィールドでやって欲しいですが。ランダムに床が抜けるって言ってた割に聖帝がフィールド情報を吹き込もうとしたあたり法則性がありそうですね。

アフロディ、染岡さんはまともな大人になってくれていたようで何よりです。今までが微妙すぎたってのはあるでしょうけどもw

余談ですが、神羅大戦面白いですねぇ。地雷陣営に回された時は泣くしかありませんでしたがw
では。

☆ 

彼方さんコメントありがとうございます。

お久しぶりです!!!
しばらくコメントしなくてすみませんでした;;
いえいえ、良いんですよ!むしろ感想上がるの遅くてすいません。返信も遅くてすいません・・・。


イナゴ 面白いことになってきていますよね!!
特に アフロディが出てきたから このごろの私は 狂喜乱舞ですww
以外とアフロディが美形だった・・・
個人的には中学時代よりも大人になったアフロディの方が美形に感じます。しかし相変わらず男には見えないなぁ・・・。


あと もう聖帝は豪炎寺でいいですよね。
久しぶりだ とか言っちゃてますし。
まぁアフロディが“フィフスセクター”側に属していたって可能性も無きにしも非ずですけど、やはり正体は豪炎寺ってのが濃厚ですよね。


剣城(これで漢字あってるはず) はこの頃空気すぎますww
あんまりしゃべらないしwwww
シュートの時にだけふらっと現れる感じですよねwそして「あれ?剣城いたの?」状態に・・・。


ピッチダウンはもうなんか・・・・・・あれですね。
選手落ちたらどうするんだろ・・・?
引き上げるんですかねwww
そこまで深くはないのでしょうが・・・シューズやユニフォームが濡れたら試合に集中できない気がするんですけどねw


このごろは部活も大変になってきたので
顔を出せるかわかりませんが
ちょくちょくみにきます!!

バイト頑張ってください!!!
まずは部活頑張ってください!僕も愚痴を吐きつつバイト頑張ります!!

☆ 

ユウさんコメントありがとうございます。

どうも、冬でも元気なユウです。
四季を通じて引きこもりな僕とは対照的ですね・・・w


円堂と豪炎寺の化身、カッコ良いですね。
神童や天馬の化身の微妙なデザインに比べて
豪炎寺のは特にかっこいい気がします。・・・と言うか、公式で発表されてる「化身」はほとんどかっこいいんですけどねぇ・・・。


アフロディは髪を結んだこともあって、スーツが良く似合います。
これで母国が韓国なんて信じられませんw
言われた時は本当に驚いたなぁ……外国出身なら西洋の人かと思ってましたので。
僕は「育ったのが韓国で生まれは日本」だと信じています。


そしてパスタのくだりは意味不明でしたw
次週で何かあるのかと思いきや、全く触れられませんでしたし。
きっと、錦はパスタが好きだっただけだ(おい
そして染岡さんと出会った時には「飯が合わない」とか言いだしてましたし、本格的に意味不明ですね。「知りたかったらゲームやれよ」って言うLEVEL5からのメッセージでしょうか・・・。


スタジアムの分断は危険ですよね……
ボール落としたら相手にFKという追加ルールも意味不明です。
まあ、竜巻とか氷とかも同じくらい訳分からなかったですがww
たぶんコーナーキックと同じ裁定なんでしょう。ピッチダウンしているエリアにボールが入ったら、ボールがフィールドから出た扱いになる、と言うことで。


記事内で木戸川清修の清が静になっていました。
時間がありましたら訂正をお願いします。
そして、アカンコさんバイト頑張って下さい!

次回の感想も楽しみに待っています。では。
訂正しときました!まだ間違ってたら恥ずかしい限りですが、僕は基本「木戸川」表記なので見逃しはない・・・はず!ところで2週連続で土日出勤ってどういうことなんですか・・・。

☆ 

一角さんコメントありがとうございます。

車田先輩には頑張って欲しいところですねえ。ダッシュトレインは未だに破られてませんし、破られる事で昇華させたりとかの展開に期待してます。
車田に頑張ってほしいのは同意です。しかし、「ダッシュトレイン」を昇華させたら・・・「マッドエクスプレス」になる気しかしないのは僕だけでしょうか・・・w


しっかし、お互いフィールド情報の無い状態での試合は面白いですね。まあハッキリ言って普通のフィールドでやって欲しいですが。ランダムに床が抜けるって言ってた割に聖帝がフィールド情報を吹き込もうとしたあたり法則性がありそうですね。
法則性はどうなんでしょうねぇ。ギミックを教えて、試合までの間に対抗策を考えさせるとかそういう可能性もありますし。しかし、スタジアムにギミックを仕掛けるのはLEVEL5的にもネタ切れなのかな・・・って気はします。


アフロディ、染岡さんはまともな大人になってくれていたようで何よりです。今までが微妙すぎたってのはあるでしょうけどもw
染岡さんが弟子を取るくらいに成長していたのは凄く嬉しいです。そして、努力で日本代表に返り咲いた染岡さんが努力について語ると説得力ありますね。


余談ですが、神羅大戦面白いですねぇ。地雷陣営に回された時は泣くしかありませんでしたがw
神羅対戦は面白いです。そして、報酬で得た紫CPでSが出た時のがっかり感は異常。・・・というか、みんな忠勝とか半蔵とか持ちすぎです、勝てねぇよ・・・w
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブンGO28話 監督・鬼道の不安 感想 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブンGO30話 華麗なる戦術!鬼道VSアフロディ!! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。