--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/06 Mon  11:10
イナズマイレブンGO37話 硝子細工の天才 38話 解き放たれる太陽の化身! 感想

 一応復活、お待たせしましたアカンコです。更新しない間もコメント・拍手コメントをくださった皆さん、来て下さった皆さん、本当にありがとうございます。何で更新が止まってしまったのかと言うと、単純にやる気がうせていたことが3割、将来のことで悩み半分鬱っぽくなっていて、この調子で更新しても面白い記事は書けないだろうと判断したことが7割です。

 最近の動きとしては・・・相変わらず神羅万象フロンティア面白いです。覚醒カードが欲しいあまりにリアルウェハースに手を出してしまう程度に。それから、pixivでのイナズマ人気を目の当たりにして、初期から目をつけていた身としては嬉しかったりしています。・・・え?腐女子層が多いって?まぁ公式で

・ピッチピチのユニフォームを着ながら「好きだよ円堂君・・・君のその目!!
・ジャージのファスナーを降ろしながら「やらないか?
・男に対して「君の剣城」とか「松風天馬は僕が貰うよ

こんなキャラクターたちがいるアニメですから・・・。

 まぁ今も完全に悩みが払拭できたわけではないのですが、とりあえず春休みに入りましたし自分を甘やかすのもダメだと思うので更新しようと思います。クオリティ低くても簡便な!


 さて、“ホーリーロード”も終盤に差し掛かり、練習に熱が入る雷門イレブン。そんな中で浮かない顔をしているのが、

西園信介 16

三国さんに「雷門のキーパー や ら な い か ?」と誘われた信介。いくら楽観的な性格をしている信介とは言え、ここまでフィールドプレーヤーとしてプレイしてきたのにいきなりGKやってみないかと言われてホイホイついていくほど短慮ではないようです。そんな彼の相談役はもちろん天馬。天馬は信介に「キーパーやりたくないの?」と問いかけますが、信介の返答は「分からない」、しかし「いやってわけじゃない」。そんな信介に、天馬は幻影戦の信介にプレーを「安心してゴールを任せられた」と評価して励まします。それで少し元気になった信介は、「本当はゴールを決められるんじゃないかと怖かった」と本音を漏らし、

信介:「改めて三国先輩の凄さが分かったよ・・・。」

と呟きます。

☆個人的に振り返る三国さんの凄さ(ほぼネタ)☆

・「バーニングキャッチ」の失敗率は9割を超える
・相手が剣城とは言えハーフラインからのシュートに反応が遅れる
・“シード”の通常シュートに「バーニングキャッチ」を発動、止めたのは良いがかなり押し込まれる
・(試合的には)その数分後に「ゴールのことは心配するな!(キリッ」
・怪我をしたわけでもないのにGKの座を天馬に奪われる
・「皇帝ペンギン2号」を止めるか!?と思ったら狩屋に役目を奪われる
・相手をなめてかかったせいでシュートの軌道がそれたのに翻弄されて失点
・一文字:「ありゃザルよ!!
・「『パンサーブリザード』!!」 → 「決めさせてたまるか!」 → 技が間に合わない
・「『アイシクルロード』!!」 → 一歩も動けない
・「フェンス・オブ・ガイア」も徐々に咬ませ化が進行
・3回試合をして20本近いシュートが放たれたのにもかかわらず、完全に止められたのは1本のみ(劇場版)
・整形してダンボール戦機Wの世界に登場。それは~まぎれもなく~や~つさ~

ゑ?なんか違うの混ざってる?気のせいだよ気のせい。で、若干暗くなった話題を逸らすために「円堂監督もGKだったんだよね!」と言いだす天馬。信介曰く、「“イナズマジャパン”の時の監督、恰好良かったよね!」と言っていますが、円堂は円堂で脅威の失点率を誇ってた気がするのですが・・・。

イナズマジャパン 1

そして、何故栗松を映したし。10年後の姿が登場するわけでもないのに・・・。まぁそれは良いのですが、信介にとっては円堂は遠い存在であるらしく、未だに悩みは解消せず。

春奈 6

そんな彼らを遠くから見ていた春奈は携帯を取り出してどこかに連絡。何か心当たりでもあるのでしょうか?
 さてOP明け、唐突にインタビューが流れ始めます・・・が、これは太陽が見ているテレビ番組である様子。インタビューの対象は聖帝・イシドシュウジが率いる聖堂山中の主将、

黒裂真命 1

黒裂真命(クロサキ マコト)。心・技・体の全てがそろった「サッカーの神の申し子」というどこぞのテニヌに登場する黄金聖闘士顔負けの五感破壊能力を持つあのお方を彷彿とさせる異名を持つ黒崎ですが、ゲームでは「君たちを最高の相手だと認めている」的なことを言いながら、時折小馬鹿にしたように笑ってくるという小者臭さを見せてくれるうえ、特に何かをするわけでもなく前半終了とともに解雇されるという(ある意味で)衝撃の末路を辿ってくれます。
 さて、新雲学園との試合に向けての練習も終わり、帰路につく雷門イレブン。そんな中、信介は帰ろうとしません。天馬は信介に一緒に帰ろうと呼びかけますが、信介は「先に帰ってて」と辞退。天馬も神童に「放っておいてやれ、1人で向き合わせてやるんだ」とアドバイスされて、その場は引き下がります。で、絶賛落ち込み中の信介に声をかけたのは春奈。一体何事かと思いきや・・・

春奈 7

兵器練習道具を持ちだしていました。かつてイナビカリ修練場で円堂たちが使っていた道具の1つですね。・・・と、信介が春奈と共に練習を始めようとしているのと時を同じくして、雷門中の校門に1人の男が訪れていました。

立向居勇気 1

???:「ここに来るのも久しぶりだな・・・。」

 舞台は再び太陽の入院する病院へ。サッカーボールを睨む太陽の病室に、見舞客が・・・

イシドシュウジ 10

太陽:「あ!イシドさん!!」

表情がどう見ても豪炎寺です、本当にありがとうございました。さて、イシドが何をしていたのかというと、太陽の経過について担当医と話していたようです。検査の結果から言えば、結果は良好で退院の許可も出たとのこと。ただ、とりあえず今度の試合を見送るべきだという考えのようで。そう報告するイシドに、太陽は食い下がります。

太陽:「サッカーだけなんです、僕が夢中になれること・・・。辛くても不安でも、グラウンドにいる間は全部忘れられる・・・サッカーが僕の命を繋いできたんです!・・・試合に出られないなら僕、死んだと同じです・・・。」

太陽の必死の訴えに対する答えが描かれぬまま、病室を後にするイシド。と、彼は自身の隣に立つ男に気付きます。

宇都宮虎丸 1

イシド:「虎丸・・・。」

ドババル虎丸、凛々しくなりましたね。どうやら虎丸はイシドの側近中の側近という立場らしく、雨宮への対応をどうするべきか、意見を出します。

虎丸:「まさか、雨宮を試合に出すつもりではないでしょうね。雨宮の才能は本物です、そしてサッカーに対する気持ちも。しかし、今彼の体が試合に耐えられるとは思えない。可哀そうですが、やはり“ホーリーロード”は彼には無理です。」

イシド:「・・・雨宮を見ていると思いだすんだ・・・『あいつ』のことを。『あいつ』と同じだ。サッカーへの気持ち、そして、思うようにサッカーが出来ないことへの苛立ち・・・。」

イシドの語る『あいつ』とは、体に爆弾を抱えながらも世界の舞台で羽ばたいた、

豪炎寺修也 2

“ザ・フェニックス”一之瀬一哉。正直エイリア学園戦では目も当てられない惨状になっていましたが、FFIでは恐ろしいほどに強化されていましたね。まぁ病気持ちの人が妙に強いって言うのは「北斗の拳」から続く伝統なのかもしれませんが。ジョインジョイントキイノチハナゲテステルモノ
 さて公園らしき場所のベンチで信介について考える天馬。結局「信介が悩んでいるのは本気でサッカーに向き合っているからだ」と結論を出し、帰って特訓するために立ち上がりますが、近くでサッカーをしていた少年たちのボールが足元に転がってきたことで、1人の男と出会います。

千宮路大悟 1

白いスーツ、ピンクの髪、浅黒い肌と、誰とは言いませんがどこかの誰かを彷彿とさせるこの男、イシドと共にいた人物と同一の方です。どういうつもりか小学校低学年くらいの少年たちと混ざってサッカーをしていたらしく、天馬もサッカーに誘い、その様子を微笑をたたえながら眺めていました。しばらく後、天馬と並んでベンチに座っていたこの男は、少年たちがボールを蹴る様を眺めつつ、天馬に話しかけます。

???:「サッカーはいい・・・初めて会った者同士の心もすぐに繋いでくれる。」

天馬:「そうですね・・・初めて会った人でも1度グラウンドに立って一緒にボールを追いかけると、すぐに友達になれます。」

???:「・・・逆に言えば、サッカーにはそれだけの力がある、ということだ。」

天馬:「力・・・ですか?」

???:「うむ・・・。しかし、その力も時として人に残酷な事を強いる・・・。」

天馬:「それってどういうことですか?」

千宮路大悟 2

???:「どんなに頑張っても勝てない者もいる。彼らはやがて、サッカーに絶望し、サッカーに背を向けるだろう・・・。いいかね?人と人を繋ぐ力は、同時に人と人とを切り離す力でもあるのだ。」

そう言ってその男は天馬に名を尋ね、「サッカーが出来なる辛さを想像してみろ」という謎めいた言葉、そして「ホーリーロードでの活躍を楽しみにしている」という旨を伝えてその場から去って行きました。この男の目的とは一体・・・?
 一方、サッカー棟グラウンドでGKの練習をしている信介。経験的にも体格的にもなかなか止めるのに難儀している彼の前に、スーツを着た男が現れますが・・・立向居ですね、うん。10年前、円堂を目指して特訓を続けた彼は、信介に「円堂は遠いが、だからこそ目指す意味がある」とアドバイスし、立向居は信介の練習に付き合うことに。立向居曰く、信介のボールを見る目、瞬発力、身のこなしの軽さにはGKとしての才能を感じるようです。そして練習が一段落した後、信介にGKの魅力を語り始めます。

立向居勇気 2

立向居:「ゴールキーパーは他のプレイヤーとは違う。味方と敵と、フィールドの全部を自分の中に取り込まなきゃならない。・・・オレたちゴールキーパーが活躍するのは、いつだってピンチの時だ。でも楽しいよ。チームのためにたった1人でゴールを守るなんて、最高だと思わないかい?最後はストライカーと一騎打ちだ!怖いけど、オレはワクワクする。そして敵と味方、フィールドのみんなの思いがこもったボールをこの手で受け止めるんだ・・・!やりがいのあるポジションだとオレは思うな。」

何だか勧誘してるようにも見えますが、あくまで魅力を語っているだけです。ちなみにこのシーンで立向居は「魔王・ザ・ハンド」の構えをとっていますが、ゲームでの「化身」に魔王さんはいません。・・・「魔神グレイト」がいるんだから、色違いとして「魔王○○」みたいな感じで出してあげても良かったと思うんですがねぇ。
 さて、立向居との特訓でキーパーに対する自信を深めた信介ですが、結局立向居は自分が何者なのかは名乗らなかったようです。そして立向居との特訓の翌日、天馬を相手にキーパーの練習をしていた信介に強烈なシュートを放つ人物が!

南沢篤志 17

僕たちの南沢さんがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

兵頭司 4

そして性格イケメンの真面目に年齢詐称しているとしか思えない兵頭さんも登場。これで2年生ですよ、兵頭さん。敬語使ってないんでずっと3年と思ってたんですけどねぇ、ゲームで見たときびっくりしました。彼らの要件はと言うと、これからの試合に向けて三国を鍛えることが目的だそうです。まぁこちらからしてみれば三国さんは鍛え直すべきだと思うのが半分、鍛えてもどうしようもないんじゃないかという思いが半分な訳ですが、三国さんは彼らに信介の特訓を頼んだみたいです。ちなみにゲームでは彼らに加えて雪村や貴志部など、改心した学校の選手たちが集まった革命選抜チームが登場するのですが、残念ながらアニメでは登場しないみたいです。貴志部の「化身」はここで登場するのかと思ったのですが・・・。
 と、言うわけで信介の特訓は、天馬、輝、神童、倉間、南沢さん、錦、剣城という強烈なキック力を持つメンバーのシュートを受けることみたいです。で、通常シュートはそれなりに止められる信介ですが、南沢さんの「ソニックショット」など、必殺技に対抗しうる手段を持ち合わせていません。さらに、「お前の体格ではボールに押し込まれるだけ」という厳しいお言葉も。まぁその通りではあるんですけどね。兵頭さんとかはGK、DFに向いた体型をしていますが。その後も「伝来宝刀」、「サイドワインダー」でフルボッコにされる信介ですが、背中からは化身の兆候である黒いオーラが出始めました。それを悟った兵頭は、剣城に「化身」のシュートを指示。無論、兵頭と剣城の狙いは「化身」の共鳴現象によって信介の中の「化身」を叩き起こすことなのですが、ここで唐突に挟まった鬼道さんのドヤ顔に不意打ちを食らいましたw

剣城京介 37
ロストエンジェル 2

さて、「ロストエンジェル」に向き合った信介の運命は・・・

西園信介 17

普通に止めていました。どうやら「化身」の共鳴現象の目論見は成功したようですね。ちなみに「化身」を持つ選手たちは「人の限界を超え、進化した子供たち」、通称「セカンドステージ・チルドレン」である、ということが「究極の絆 グリフォン」で語られています。そしてそれを研究することがゴッドエデンの真の目的であり、“フィフスセクター”に対する謎の支援者からの依頼である、とも。これがGOの2作目におけるテーマになるのでしょうか・・・?

立向居勇気 3

 夕方、旧サッカー部室の前に鬼道さん、春奈、立向居が立っていました。

春奈:「御苦労さま、立向居君。」

立向居:「いきなり君に呼び出された時は面喰ったけど、来て良かったよ。初心を思い出した・・・って言うのかな。円堂さんを超えたくて必死で特訓してた自分を思い出した。あの頃の気持ち・・・忘れないようにしないと。」

アニメで語られるのか否かは分かりませんけど、一応立向居ってプロサッカー選手やってるんですよね・・・。いくらかつての仲間とは言え呼び出されてすぐに来られるなんて・・・暇なんでしょうか・・・。
 一方今回はあまり目立った活躍のない天馬は、太陽のお見舞いにと病院を訪れていました。しかしベッドはもぬけのからで、中にいたのは冬花のみ。曰く、太陽は退院したとのことで、天馬は「そんなに重い病気じゃなかった」、「どこかでサッカーやってるかなぁ」と楽観的に言いますが、冬花はそれを遮るように「無理だと思うわ」と呟きます。そして、

冬花:「太陽君、小さいころから病気で・・・本当は激しい運動を禁じられているの。だから、サッカーは・・・。」

と、いうことで天馬に太陽の体の秘密がばれたところで次回に続きます。今回は2話分まとめているので続けて38話の感想です。


 さて、早速ホーリーライナー乗り場からのスタート。泣いても笑っても、雷門イレブンが選手としてホーリーライナーに乗るのはこれが最後です。士気を高めている雷門イレブンの向かい側に、新雲イレブンも到着。イケメンもいれば人外がいる展開にはもう慣れっこです。そして、新雲が擁すると言われる「10年に1人の天才プレイヤー」。春奈の見立てでは

根淵海友 1

・チームの得点源の2年生FW、根淵 海友(ネブチ ウミトモ)

真住火朗志 1

・同じく得点源の1年生MF、真住 火朗志(マズミ ヒロシ)

佐田土佐丸 1

・今大会最少失点の2年生GK、佐田 土佐丸(サタ トサマル)

この3人のうちの誰からしいです。
 さてさて「おい。サッカーさせろよ」と言いたくなるような奇抜すぎる仕掛けを用意してきたロシアンルーレットスタジアムも今回登場するスタジアムで最後。今回登場するスタジアムは・・・

デザートスタジアム 1

デザートスタジアム!!砂のスタジアムですが、基本的には土のグラウンドと変わらないらしく、表面上はさしたる障害のないスタジアムみたいです。が、今までのスタジアムで散々苦しめられてきた雷門イレブンは、「どんな仕掛けがあるか分からない」と疑念を抱いている模様。一方、それと時を同じくして新雲の背番号11を背負った選手がスタジアムに登場。その名も・・・

雨宮太陽 8

雨 宮 太 陽 。しかし彼は病気でサッカーが出来なかったはずですが・・・。
 さて、ウォームアップ中、恐るべき加速力と跳躍力を見せて天馬の元へ降り立つ太陽。天馬の「君・・・サッカーをしちゃいけないんじゃ・・・?」という問いに、太陽は少しさびしそうに「聞いちゃったんだ・・・」と呟きますが、すぐに元の調子に戻ります。

雨宮太陽 9

太陽:「そうだよ。僕の体はサッカーみたいな激しいスポーツには耐えられない。でもね、サッカーが好きなんだ。だから隠れて練習をした。上手くなっていくのが嬉しかった。

雨宮太陽 10

・・・でも、病気が悪化して、医者にサッカーを止められてしまったんだ。そんな時、見たんだ。雷門のサッカーを、君のプレーを!僕の中に、サッカーへの思いが溢れて、もう止めることが出来なかった!僕は雷門に勝つ!勝って優勝するんだ!その夢を手にするためなら、病気だってなんだって跳ね返してみせる!!

と、己の身すら顧みずただひたすらにサッカーにおける頂点を目指す太陽に、天馬も「負けるわけにはいかない」と返します。
 一方、前回「化身」を出すことに成功した信介ですが、やはり先発GKは三国さん。その三国さんは、

三国さん 37

何か片手でゴールポストにぶら下がって懸垂をするという、一体何の意味があるんだかよく分からない行動に出ていました。正直この人GK辞めてSASUKEにでも出たら良いのではないでしょうか。
 というわけでスターティングメンバー発表。

雷門 スタメン 新雲戦
新雲 スタメン

雷門はだいたいこの布陣で固定化されてきていますね。ちなみにこのメンバーの中で公式戦に出ていないのは一乃だけ・・・ですよね?決勝戦で負傷者が出ての交代、以外で一乃がフィールドに立てる日がくるのか・・・とても不安です。一方の新雲は太陽がホーリーロード初出場&1年生ながら主将という新しい展開。さらに、「10年に1人の天才プレイヤー」とは太陽であることも発覚。世界クラスの実力を持っているらしく、1年生ながら主将を任されているのはそこら辺が関係あるのかもしれません。
 さて、この試合には聖帝たるイシド、側近の虎丸、

千宮路大悟 4

そして千宮路大悟・大和親子。もっとも息子である大和は今回喋りませんが・・・。しかし作画悪いな。太陽用の医療チームを配備するあたり、“フィフスセクター”も太陽の才能は高く買っているようですね。ここで判明したことは、“フィフスセクター”の実質敵最高権力者は千宮路である、ということですね。
 さてキックオフ・・・と思ったら即刻ギミック発動。

倉間典人 11

強力な砂の流れが発生する「流砂」、これがこのスタジアムのギミックです。いきなり倉間が流されてボールは新雲側のスローインに。早速太陽にボールが渡りますが、太陽は止めに来た神童に反応することすら許さぬまま突破。次いで天馬と対峙しますが、2人のいる足場に流砂が発生。しかし太陽は誰もいないところにパスを出し、砂の動きを利用してボールと自分の動きをコントロール、天馬を突破します。

太陽:(僕だって、いつか太陽の下に出るんだ!!誰にも邪魔させやしない!!

と独白する太陽は、狩屋、霧野、天城を次々と抜き去って三国さんと1vs1の状況に持ち込みます。

太陽:(もってくれ、僕の体!ホーリーロードで優勝する、その時まで!!)

太陽神アポロ 1
太陽神アポロ 2

太陽:「『 太 陽 神 ア ポ ロ 』 ! ! 」

遂に解き放たれた「太陽の『化身』」、「太陽神アポロ」。個人的に、「太陽神アポロ」のテロップはもっと派手でも良かった・・・というか、少々地味な気がするんですけどね。僕の中で、「アポロ」は太陽が己の命を激しく燃やして出している・・・ってイメージなので。

太陽神アポロ 3
フェンス・オブ・ガイア 9
フェンス・オブ・ガイア 10

それはともかく、その強さは「化身」の必殺技でないシュートで「フェンス・オブ・ガイア」を粉砕するほど。ホーリーロード準決勝、先取点は新雲学園です・・・が、これを見ていたイシドは「あと1度だ」という不穏な呟きをもらします。
 雷門のキックオフで試合が再開されますが、雷門は相変わらず流砂に翻弄されています。一方の新雲は太陽以外が全員守備に回り、雷門の攻撃を封殺。再び太陽にボールが渡ります。が、雷門も負けじと狩屋、霧野、天城の3人体制で太陽を徹底マーク。流石の太陽も突破に手間取りますが、逆に3人がかりでもボールを奪えそうな気配はありません。とは言え太陽もこの展開は読んでおり、雷門のディフェンスラインが薄くなったところで根淵と真住が前線に上がります。しかし三国さんの指示で根淵は信介にマークされ、シュートを打てるのは真住のみ。結果、真住のシュートも三国さんががっちりキャッチ。ディフェンス対オフェンスの読み合いは雷門が一枚上手だったようです。ここで、鬼道さんのよく分かるサッカー解説。

鬼道監督 9

鬼道さん:「サッカーには2人の司令塔がいる。攻撃を指揮する『ゲームメイカー』、そして守備を統率し、チーム全体に指示を出す『ゴールキーパー』・・・。守備の要だからこそ、キーパーは『守護神』と呼ばれるんだ。」

正直、イナズマの世界ではGK自体が紙すぎて「守護神(笑)」状態な気が・・・。ただ、この鬼道さんの説明を聞いていると円堂って指示出してたかなぁって思いますよね。まぁチーム全体が円堂に心酔していましたから、「円堂がGKである」ってことが重要だったのかもしれませんが。
 三国さんの冷静な判断力で難を逃れた雷門でしたが、錦の言うように「敵をよけたら砂が、砂をよけたら敵が」という状態のため、攻撃がふるいません。「フライングルートパス」もこの足場では十分な高さが稼げないでしょうし、突破口はあるのか・・・?というところで信介の新技が登場。

スカイウォーク 1

スカイウォーク」!!三段ジャンプとか流石超次元・・・。しかしこれで流砂を突破した信介は神童にパスし、

フォルテシモ 4

そのまま「フォルテシモ」!!対する佐田は・・・

鉄壁のギガドーン 1

佐田:「鉄壁のギガドーン』!!

鉄壁のギガドーン 2

色違いじゃないですかー!やだー!!しかも色違い「化身」だした人この会場にいるし!!たださすがに前評判の通りの実力者、「フォルテシモ」に対して技を使うこともなく止めるという実力を見せてくれました。
 ボールは太陽に渡り、太陽は霧野を突破。そして・・・

サンシャインフォース 1
サンシャインフォース 2
サンシャインフォース 3
サンシャインフォース 4

太陽:「 『 サ ン シ ャ イ ン フ ォ ー ス 』 ! ! 」

サンシャインフォース 5

その威力は「ハンターズネット」、「アトランティスウォール」、「フェンス・オブ・ガイア」を立て続けに破るほど。しかし太陽も「化身」を出した直後とは言えかなり疲れている様子を示し、イシドも「ここまでか・・・」と呟きます。・・・そう思うなら、“フィフスセクター”の権力で強制交代させてやれとも思うのですが・・・ここで交代させたら太陽の病気と闘う気力がなくなると判断したんですかね。ともかく、ここで「自分では雨宮のシュートは止めることが出来ない」と確信した三国さん。鬼道さんにアイコンタクトを送り・・・

鬼道さん:「キーパー、三国に代わって・・・西園!!

妙に気合の入ったBGMと共にGK交代!!

西園信介 18

 というわけでGKが交代され、三国さんがDFに入るのかなーと思っていたら、

三国さん 38

車田がDFに入って三国さんはベンチへ。点数を入れられての交代なので雷門からのキックオフですが、開始早々流砂で足を止めた倉間が根淵にボールを奪われます。そのままボールは太陽に渡りますが、天馬がその前に立ち塞がり、一進一退のボールの奪い合いを展開します。しかし天馬は、今対峙している太陽と病院でボールを蹴り合った太陽との様子の違いに違和感を覚えます。そうしてプレイに出来た隙を突き、天馬を突破する太陽。同時に剣城は天馬がプレイに精彩を欠いていることに気付いて顔をしかめていました。よく気付くないおい。そのまま太陽無双に入りますが、DF最後の狩屋を抜こうとしたところで太陽の足が止まります。が、抜きに来ると思っていた狩屋にはそれが十分なフェイントとして機能し、根淵へのパスが通ります・・・が、太陽が足を止めたのはフェイントではなく、真面目にガタが来ているからみたいです。しかしそのことに気付いたのは天馬のみ、パスを受けた根淵はシュートを放ち、対する信介は「化身」を出そうとするも失敗、パンチングで難を逃れます。が、根淵は遂に本気を出して「化身」を発動!!

根淵:「ならこいつだ!

海帝ネプチューン 1

『 海 帝 ネ プ チ ュ ー ン 』!!

また色違いじゃないっすかー!やだー!!しかし海王の「ポセイドン」とは異なり、今回は「化身」技を発動!

ヘヴィアクアランス 1

根淵:「 『 ヘ ヴ ィ ア ク ア ラ ン ス 』 ! ! 」

一方、相変わらず「化身」を出しきれない信介に、三国さんは「あの特訓を思い出せ!!」と叫びます。「あの特訓」、それは「止めることに集中すること」。そして遂に、信介の「化身」が現出!!

護星神タイタニアス 1

信介:「 『 護 星 神 タ イ タ ニ ア ス 』 ! ! 」

「タイタニアス」は「ヘヴィアクアランス」を両手で叩き潰し、ゴールを死守!「タイタニアス」は「収まりきらぬ力が電流となり体を走る」ほど強力な「化身」なので、その強さを存分に見せつけてくれましたね。ただ、信介に電気が出る「化身」を使わせるのは・・・どう考えてもピカチうわなにをするやめr
 さて、信介のセーブに加えて神童が砂の動きを把握したことで一気に雷門ペースに。

神のタクト 3

「神のタクト」によって攻め込んだ神童は・・・

奏者マエストロ 5
ハーモニクス 3

ハーモニクス」!!対する佐田は・・・

ギガンティックボム 3
ギガンティックボム 4

佐田:「ギガンティックボム』!!

鉄壁のギガドーン 3

ですよねー。「化身」対決は神童が競り勝ち、1-2に。
 新雲からのキックオフで攻めるのはやはり太陽。ドリブルのキレこそ落ちていませんが、胸を抑えるあたりやはり限界は近い様子。しかしそれでもなお「アポロ」を出現させ、再度雷門を突き離そうとします。対する信介も「タイタニアス」を召還。

サンシャインフォース 4

太陽:「サンシャインフォース』!!

マジン・ザ・ハンド 1
マジン・ザ・ハンド 2
マジン・ザ・ハンド 3

信介:「マ ジ ン ・ ザ ・ ハ ン ド 』 ! !

何と信介は「遠すぎる」と語っていた円堂の技を継承!しかし円堂は「グレイト・ザ・ハンド」を覚醒させていたのであった。一方渾身の必殺技を止められた太陽は息を切らし、胸を抑え、膝をつくという、とてもプレイを続行できないように見える状態になりながらも「すごい、すごいよ雷門は・・・僕が考えていた以上に強い!」と強敵に出会えた喜びを隠しません。一方そんな太陽の事情を知っている天馬は、何とも言えない表情で太陽を見つめました。
 さてキャッチされたボールは錦へ渡り、神童へとロングパス。神童は「化身」を出す構えを見せ、佐田も「今度は止める!」と腰を落とします・・・が、神童はボールをスルー。代わってキャッチしたのは剣城!!

ロストエンジェル 2

剣城:「『ロストエンジェル』!!

ギガンティックボム 4

佐田:「ギガンティックボム』!!

佐田土佐丸 2

しかし再び「ギガドーン」敗北。・・・この試合だけ見ると、「今大会最少失点(笑)」、「鉄壁(笑)のギガドーン」状態ですね・・・。
 同点の2-2となり、総力戦の様相を呈してきた試合、遂に太陽までもが守備に回らねばならないほど雷門は勢いづき始めました。しかしやはり太陽の力は圧倒的で、極限状態でありながら浜野からボールを奪取し、雷門陣内へと切り込んでいきます。しかし胸を押さえて体勢を崩したところでボールを神童に奪われ、膝をつく太陽。そんな太陽に意識を奪われる天馬ですが、神童からのラストパスを受け、決定的なチャンスを演出します。

佐田土佐丸 3

・・・が、シュートはゴールポストに当たって弾かれ、雷門は決定的なチャンスをモノにすることができませんでした。
 ハーフタイム、ベンチで息を切らす天馬の前に、剣城が立ち塞がります。

剣城:「松風・・・何故手を抜いた?

全員:「!?」

剣城:「今、雷門で本気を出していないのは、お前だけだ。」

天馬:「そんな・・・!」

剣城京介 38

剣城:「やる気がないなら、フィールドから出ろ!!

天馬 46

剣城の厳しい叱責を受けたところで、今回は終わり。剣城も随分と雷門に染まってきましたねぇ・・・そして、天馬の実力を随分と分かっているんですね。
 というわけで次回予告。

魔神ペガサスアーク 予告 1

TVでは初登場の「魔神ペガサスアーク」ですね。小説版の情報から、やはり「ゴッドエデン」への強化合宿は木戸川戦と幻影戦の間だと判明したので、一応幻影戦でも「ペガサスアーク」は出せたはずですがお目見えはしませんでしたし、なるべくゲームと合わせようと考えたのでしょうか?とりあえず映画を見れていない人には初披露なので、ド派手なバトルを展開してほしいものです。


 やはり2話分まとめるのは無理があったかなぁ・・・すごく疲れましたし時間がかかりました。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
Comment

☆ 

お疲れ様でした。
大和ファンとしては先日の作画はほんといただけませんでした(苦笑)まぁ、突然登場したのでびっくりしたほうが大きいですけど。
…あの私服もちょっと×…と、大和のことばかりになってしまいました(笑)

☆ 

アカンコさんお久しぶりです。
毎日、アカンコの部屋に来ていましたが更新がないので心配でしたが安心しました。
ゲームは受験なのでまだやってないんですけど、この調子でいくと、5から7月あたりに1部は終わりそうですかね?
まぁ、毎年新作が出ているイナズマイレブンですから、今年も新作が出て続きが出ると思いますが。
とにかく早くgoがやりたいです。正直シャインとダークどっちがお勧めですか?両方持っているアカンコさんに聞きたいです。
では!

☆ 

はじめましてアカンコさん
更新お疲れ様です
いつも楽しく読ませてもらってます

私も時々将来のことで鬱っぽくなりますw
でも、お互い頑張りましょうね

では、次の更新楽しみにしてます
コメント失礼しました

☆ 

お久しぶりです!

pixivでもちゃんと投稿している男性はいますよ。
ただ、pixivで入会している人は7割以上が女性の方なので、圧倒的に少ないですがね。

なんで、イナズマってホモくさい人が多いんでしょうかね?w
あの太陽が天馬に飛びついたシーンは狙っているのか・・・?
いや、狙ってるな・・・w

☆ 

更新お疲れ様です。神羅フロンティアは本当時間泥棒ですね。ゲームの消化が捗らないですw

欝ですかー。病は経験してませんが精神面が体に影響する状態での仰欝状態は本当キツいですねアレは。痛みで身動きが取れなくなって不自由さに苛立って落ち込んでまた痛んでの繰り返しで。

ギガドーンはゲーム的に見たら消耗してたから仕方ない、って思えるけどアニ専の方には佐田さんがザルにしか見えないっすねこれwGOの敵GKは一回シュートを得意技で止めてそれ以降はザル化が多いような気がするなあwHRでシュートを二回以上止めた敵GKいましたっけ?w一回も止められなかった人ならいましたが。

☆ 

お久しぶりです!!!
更新してない間も、更新してないかな~?と
ちょくちょく見に来てましたw

今さらなんですが、映画とっっっても楽しかったです。
ですが1つ心残りなことが・・・

大風谷ばかりに目がいってて、五条さんを見ることができなかったのが最大の不覚です。
大風谷が出てきたときにあまりの顔に(1人で声をこらえて)大爆笑して、
画面に大風谷が出るたびに爆笑し、大風谷だけに目がいって・・・・
友達に「五条さんどこに出てた?見つけれなかったんだけど・・・orz」と聞いたら
「五条さんちょくちょく出てたよww五条さんで笑ってるのかと思ったwwww」
と言われ絶句しました。

ちなみに大風谷はオレブンに入れる予定です!!!
目と鼻の位置が素晴らしいと思いませんか?!!!
いつかすれ違いしたいでs


佐田君ザルでしたねw
ゲームでもイマイチの性能だなんt(三国さんもだけど)
そんな佐田君好きですけどね!

38話は三国さんは(作画が)かっこよくて嬉しかったですw

ピクシブはよく見ますが絵が素敵な方ばかり腐ってるので複雑な心境です;;
公式も狙い始めてる?のが悲しいです。。。

ゆっくりとでいいので、
次の更新楽しみに待ってます^^!!

☆ 

柿ピー@さんコメントありがとうございます。

お疲れ様でした。
大和ファンとしては先日の作画はほんといただけませんでした(苦笑)まぁ、突然登場したのでびっくりしたほうが大きいですけど。
…あの私服もちょっと×…と、大和のことばかりになってしまいました(笑)
柿ピー@さん大和好きですねwしかし、この話で大和が出てきたところで伏線と言うには若干弱いんじゃないかなぁ・・・と思ったりします。

☆ 

timberさんコメントありがとうございます。

アカンコさんお久しぶりです。
毎日、アカンコの部屋に来ていましたが更新がないので心配でしたが安心しました。
ご心配かけてすいません。僕自身のごたごたと家庭内のごたごた(=弟の受験)のせいで若干自由な時間がなくなっていまして・・・。なるべく1週間に1度の更新はできるよう頑張りたいです。


ゲームは受験なのでまだやってないんですけど、この調子でいくと、5から7月あたりに1部は終わりそうですかね?
まぁ、毎年新作が出ているイナズマイレブンですから、今年も新作が出て続きが出ると思いますが。
とにかく早くgoがやりたいです。正直シャインとダークどっちがお勧めですか?両方持っているアカンコさんに聞きたいです。
では!
決勝戦で何週間かかるか分かりませんが、とりあえずもう終わりが近いのは確かでしょうねぇ。GOの早期購入者特典の冊子に次回作の構想がわずかに書かれていましたので、次回作が出るのは確定だと思います。そして“シャイン”と“ダーク”の、どちらがいいかと言うと・・・白竜とシュウ、夏未と冬花、ヒロトと風丸・・・といった、バージョン限定ストーリーのどちらが見たいかで決めればよいと思います。“アンリミテッドシャイニング”も“エンシャントダーク”も“ゼロ”を倒さないとスカウトできないという鬼畜仕様ですから・・・あまりバージョンの差がないような・・・。

☆ 

まりも220さん初めまして、コメントありがとうございます。

はじめましてアカンコさん
更新お疲れ様です
いつも楽しく読ませてもらってます
ありがとうございます。最近は更新が滞っていますが、週1の更新に戻せるよう頑張ります。


私も時々将来のことで鬱っぽくなりますw
でも、お互い頑張りましょうね
心の準備が出来ていないのにもう社会に出ないといけないとは・・・と考えると気持ちが沈みます。


では、次の更新楽しみにしてます
コメント失礼しました
22日放送分は周回遅れにならないようにします!

☆ 

ヴォンさんコメントありがとうございます。

お久しぶりです!

pixivでもちゃんと投稿している男性はいますよ。
ただ、pixivで入会している人は7割以上が女性の方なので、圧倒的に少ないですがね。
まぁ会員層から言って仕方ないことなんでしょうかねぇ。まぁホモとか腐とか関係無しのネタ絵にもかなり面白いものがありますけれども。


なんで、イナズマってホモくさい人が多いんでしょうかね?w
あの太陽が天馬に飛びついたシーンは狙っているのか・・・?
いや、狙ってるな・・・w
天馬が、誰かがナイスプレーをしたときに抱きつくのは現実でも割とありえるので良いのですが、太陽が天馬を押し倒すシーンはわざわざ入れる必要があったのかよwwwと思わざるを得ませんでしたw

☆ 

一角さんコメントありがとうございます。

更新お疲れ様です。神羅フロンティアは本当時間泥棒ですね。ゲームの消化が捗らないですw
最近僕が更新する意欲起きない原因の一つは神羅Fのせいなのではないかと思えてきました・・・。


欝ですかー。病は経験してませんが精神面が体に影響する状態での仰欝状態は本当キツいですねアレは。痛みで身動きが取れなくなって不自由さに苛立って落ち込んでまた痛んでの繰り返しで。
負のスパイラルって言うのか、僕は自己嫌悪に陥るんですよねぇ、「何やってんだオレは・・・」って感じで。


ギガドーンはゲーム的に見たら消耗してたから仕方ない、って思えるけどアニ専の方には佐田さんがザルにしか見えないっすねこれwGOの敵GKは一回シュートを得意技で止めてそれ以降はザル化が多いような気がするなあwHRでシュートを二回以上止めた敵GKいましたっけ?w一回も止められなかった人ならいましたが。
どうでしたかねぇ・・・2回も止められたら万々歳のような気がする時点で、2回も止められたやつはいないと判断していいと思いますがwというか、何で土佐は「スターリフレクション」を使わなかったのか。「ギガドーン」一辺倒よりもずっと良かったと思うのですが・・・。


拍手コメについて
HAHAHA!僕がギラーゼさんを忘れてるわけがないじゃないですか!でもあの人の技ってGK技じゃ・・・あれ?「ヘルズフィスト」・・・GK技・・・?・・・すいませんっしたー!!

☆ 

マックスさんコメントありがとうございます。

お久しぶりです!!!
更新してない間も、更新してないかな~?と
ちょくちょく見に来てましたw
ああ・・・本当にすいません。1ヶ月以上放置するようなことはしないと決めているのですが・・・ちゃんと更新しないとダメですね、うん。


今さらなんですが、映画とっっっても楽しかったです。
ですが1つ心残りなことが・・・

大風谷ばかりに目がいってて、五条さんを見ることができなかったのが最大の不覚です。
大風谷が出てきたときにあまりの顔に(1人で声をこらえて)大爆笑して、
画面に大風谷が出るたびに爆笑し、大風谷だけに目がいって・・・・
友達に「五条さんどこに出てた?見つけれなかったんだけど・・・orz」と聞いたら
「五条さんちょくちょく出てたよww五条さんで笑ってるのかと思ったwwww」
と言われ絶句しました。
まぁ五条さん見にくい位置にいましたしね・・・wしかし、ゲームだったら台詞あったのに何で映画では台詞省かれたんでしょうね?声優さんは天城と兼役のはずなのに・・・。


ちなみに大風谷はオレブンに入れる予定です!!!
目と鼻の位置が素晴らしいと思いませんか?!!!
いつかすれ違いしたいでs
たしか「風林火山デストロイヤー」覚えますよね、大風谷・・・ネタでもそうじゃなくてもなかなか・・・。しかし、僕の全く育成していないチームではすれ違っても相手にならないと思いますよw


佐田君ザルでしたねw
ゲームでもイマイチの性能だなんt(三国さんもだけど)
そんな佐田君好きですけどね!
顔も性格もイケメンなだけマシじゃないですか(´;ω;`)ブワッ


38話は三国さんは(作画が)かっこよくて嬉しかったですw
ああ・・・作画だけね・・・(納得しながら)


ピクシブはよく見ますが絵が素敵な方ばかり腐ってるので複雑な心境です;;
公式も狙い始めてる?のが悲しいです。。。
とは言え熱いストーリーやトンデモ展開がメインであるところは変わっていないので、公式はそこまで変化しないとは思いますよ。
逆に変わってしまったら、それこそファンに見捨てられる気がします。


ゆっくりとでいいので、
次の更新楽しみに待ってます^^!!
とりあえず決勝戦は周回遅れにならないように頑張ります!!
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


お久しぶりです! ≪         HOME         ≫ イナズマイレブンGO39話 天馬vs太陽 40話 新キャプテン松風天馬! 簡易感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。