--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/03 Sun  23:27
新テニスの王子様4、5話感想

1週間ほど前に季節外れの雪が降った北海道も、最近は非常に温かく、桜が咲き、草木萌える季節となりました。こんにちは、アカンコです。それでは、今回も2話仕立ての新テニプリ感想を書いていこうと思います。

4話:桃太郎の鬼退治
 先月の予想が当たった。まあ、桃に鬼と来れば誰しもが桃太郎を連想するでしょう。
 そして始まる桃城対鬼。で、鬼のラケットがあり得ない。ガットが縦一本、横一本しか張ってないとか何。どう考えても、球をラケットに当てられる確率と当てられない確率とでは当てられない確率のほうが高いと思うのですが。
 そして、鬼は今までのシャッフルマッチの中で一度も上位コートの連中と当たったことがなく、下から這い上がってくるものをことごとく倒していることから「地獄の門番」というあだ名がついたそうです。明らかに不名誉且つ高校生テニスプレイヤーの異名ではないですが、
怖い顔対決
・・・何となく納得できてしまうのが現状です。
 そして、桃城は上手くドロップショットを打ち、ポイントを取った・・・かに見えましたが、鬼が十字ラケットで返していました。よく返せるものだと思います。常人が十字ラケットなんて使ったらまず返球できず、返球できたとしてもガットが切れるのがオチだと思います。
 見事にドロップショットを打ち返した鬼でしたが、桃城もこれを読んでおり、十八番のジャックナイフで今度こそポイントを決めようとします。しかし、
鬼:「ハァーッハッハッハ!!そんなちびたナイフで何を斬るつもりだ!?」
 と、鬼の打つジャックナイフ、その名も「ブラックジャックナイフ」にて打ち返されます。しかもそれだけではなく、桃城の両手首が完全にいかれてしまいました。いやあ、素晴らしいセリフと顔だwww本当に「地獄の門番」といわれるにふさわしい存在です。きっと、彼が上位選手とシャッフルマッチができないのは、彼と当たると他の上位選手が選手生命を断たれてしまうからでしょう。

5話:桃城の決意
 両手首がいかれた桃城ですが、口でラケットを持ったりトスを上げたりしていました。ほらそこ!「それってルール的にいいの?」とか言わない!いいか、テニプリの世界ではなぁ、許斐先生=神!すなわち、許斐先生の考え だけ が唯一無二のルールなんだよ!
 そして、桃城をぼこぼこにする鬼。コート外に飛んで行かなかったり磔にされないのは彼が銀師範やクラウザーさんより良心的だということでしょうか。
鬼:そんな無謀な若造で地獄は賑わってんだよ!!
 うん、絶対違うwwwさすが「地獄の門番」。顔だけでなく、主張も素晴らしく渋いです。しかし、彼と桃城の年は4つくらいしか違わないはずなんですが、「若造」って・・・。まあ、彼は明らかに高校生じゃありません。絶対『や』のつく自由業関係の方だと思います。つーか、あなたと同じくらいの年の方もあなたに地獄に叩き落とされている気がするんですが、彼らも「若造」です・・・ね、そうですね。
 まあ、やはりコーチたちも中学生が鬼に勝てるなどと思ってはおらず、逆に誰一人として選抜から洩れなかった中学生連中を黙らせるために鬼を桃城に当てたようです。まあ、全国優勝したチームの一員をフルボッコにすれば十分効果はあるでしょう。決勝にも出てなかったし、ぼろ雑巾にするには最適だ。
 そして結局6-0で鬼の勝ち。許斐先生にしては割と先が読める話でしたね。まあ、われわれ読者は、「許斐先生は常に裏をかいてくる」と身構えているはずですから、そういう意味では意表を突かれたと言えるのかもしれません。
鬼:・・・貴様、名前は?
鬼:這い上がって来い、桃城 武。
 いやぁ、意外と正々堂々してますね、鬼。しかし、自分で粉砕しておいて「這い上がって来い」も酷いのでは・・・?
 コーチ側にも動きがあり、黒部コーチとは正反対で軽い性格の精神面(麺→たれ→麺)担当の斎藤コーチが現れます。斎藤コーチは二人組を組ませると、とんでもない一言を。なんと、負けたほうは脱落。
 ・・・いや、馬鹿でしょ。え、何?シンクロできるダブルス組がいるのに、そいつらの片方が脱落するって?頭おかしいだろ・・・常識的に考えて・・・(AA略
 しかし、斎藤コーチは精神面のコーチなので、これで「選手たちのメンタル面の強さ」を計ろうとしているのだと思います。・・・ってか、じゃないと大石・菊丸ペアとか柳生・仁王ペアができないし、「皇帝」と「神の子」のどっちかが消えるのはありえない。というわけで、「負けたら脱落宣言」は、嘘確定です。これで本当だったら、僕は永久に許斐先生を神と崇めるでしょう。もう崇めてるけど。
 そして、感想を最後まで書いて思い出したんですけど、鬼って2軍なんですよね・・・。1軍の化け物度はこいつらより上だというのか・・・?第1話の感想でも書きましたけど、許斐先生、自重してください。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン1話 サッカーやろうぜ! 感想 ≪         HOME         ≫ 戦国BASARA5話感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。