--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/22 Fri  20:10
イナズマイレブン33話 エースストライカーはだれだ! 感想

 本当に時間に余裕のないアカンコです。最近まともにパソコンの前に座れません。一応携帯で更新できることも知ってはいるのですが、やはりパソコンの方が慣れていますし、字数制限もないことから、やはりパソコンでの更新の方が楽ですね。 それではかなり遅れたイナズマ本放送感想です。

 まず紅白戦。紅が鬼道さん、一之瀬、栗松、目金、吹雪君。白が染岡さん、風丸、塔子、土門、壁山。パワーバランスが偏っていると思うのは僕だけでしょうか。ディフェンス能力に関しては白が圧倒的ですが、まったく得点源となるプレイヤーがいないのはいかがなものでしょうか。
 最初こそ白がボールを持っていましたが、風丸を超えるスピードで吹雪君がボールを奪取。鬼道さん、一之瀬の声を無視してワンマンプレー。裏人格の吹雪君に対して、「勝手すぎる」、「僕ら、完全に無視されてますよね。」とぼやく一之瀬と目金。「実際のところ、これで勝てる」とは弟のセリフ。
 それを見かねた染岡さんが「ちょっと待ったぁ!!」とストップ。「だって・・・僕いつもこうしてたし・・・」と主張する吹雪君ですが、「白恋じゃそれでよくてもうちじゃそんなの通用しねぇんだよ!!」と反論する染岡さん。まあ、これは珍しく正しい主張です。でも、対尾刈斗で同じミスしたお前が言うな。
 さらに、「そんな汗臭いの疲れるよ。」という吹雪君ですが、さすがにこれは自分勝手すぎるかと。一応雷門イレブンはこれで実力をつけ、無名校から全国大会の覇者になったわけですから、面と向かって相手を完全否定する発言をするのはデリカシー皆無もいいところです。もう少しオブラートに包むなりしてから自己主張をしないと、癖の強い連中が集まった雷門の中ではぶられる可能性も出てきます。
 それとは逆に風丸は、「エイリア学園からボールを奪うためには吹雪のスピードが必要」ということで、「吹雪に合わせる」と発言。弟は「人間の中では速くても、エイリアン相手には普通だろ?」と言っていましたが、まあその通りだと思います。正直、「ヘブンズタイム」さえあればどうとでも(ry
 そして、吹雪君は雷門イレブンを「風にする」ために校舎裏のゲレンデへ。正直、僕は降雪地帯にすんでいない円堂が「ゲレンデ」という言葉を知っていたことに驚きですが、割と一般的な言葉なんでしょうか?そして、今回の特訓内容はスノーボード。イナビカリのころから分かっていたことですが、特訓も超次元です。これが、イナズマクオリティ。
 そして、吹雪君が一言。
吹雪君:「まあ見ててよ。・・・雪が僕たちを風にしてくれるんだ。」
僕:「電波・・・?」
弟:「い、痛い・・・。」
 スレでもさんざん言われており、僕も弟も言っていることですが、吹雪君はロマンチスト、悪く言えば電波少年です。そして、荒谷が言うには「吹雪君は小さいころからスキーやスノーボードが得意」だったそうです。ならば、なぜサッカーをしているんだ。さらに、特訓の内容は「スノボーで滑りながら、転がってくる雪玉を避ける」というもの。下手したら 死 ぬ と思うのですが。あと、マリ○パーティーにこんなミニゲームがあった気がします。ちなみに、吹雪君はスノボーをやっていると「ゾーン状態」に入るようです。スノボーにそんな効果があるかは知りません。僕はスキーしかやったことがないので。
 そして再発した雪崩のトラウマ。この描写を見る限り、相当の重症です。これまでの描写を見る限り、人が死んでいる事は間違いがないと思います。というか、そうじゃないとここまでのトラウマにはならない。
 そして、スノボーの準備を始める雷門イレブン。壁山のヘルメットに関しては突っ込みません。それは、この直後に突っ込むべきポイントがあるから。
春菜:「お兄ちゃん、やったことあるの?」
鬼道さん:「まあ、見てろ。」
 カッコよすぎるwwwwというか、この二人の絡み事態久々だと思います。鬼道さんは脳内で、「妹にいいところ見せるぜ!」と言っているような気がします。イナズマ界のシスコン二柱の1人ですからね!!あと、新参視聴者および白恋中メンバーは、「兄妹・・・だと?」と思っていると思います。似ている要素が一切ないですからね。
 そして、今回の放送の中で最も重要と思われるシーンの1つ。小さいころの吹雪君がスノボーをしている描写なのですが、その横を赤髪の少年が滑り降りています。その少年は、
 ・マフラーをしている。
 ・髪の先端が上を向いている。
といったように、吹雪君の裏人格との共通点が見出せます(マフラーは表もしていますが)。これはやはり、この少年(あまり年の差はなさそうなので、おそらく双子)が雪崩で死んでしまった、というのが有力かと。そして、それが目の前で起こった、とか自分をかばって雪崩に巻き込まれた、という要素もあったのではないかと思います。
 しかし、染岡さんは「雷門イレブンの特訓は遊びとは違う!苦しい特訓を乗り越えて強くなることに意味があるんだ!!」といいます。まあ、間違っちゃいませんが、
 ・実際吹雪君がこれで強くなっているのは事実。
 ・雷門の特訓は遊びを超えて、もはやギャグ。
 ・染岡さんは特訓をしても永遠の咬ませ。
などといった突っ込みどころがあります。優れたものを取り入れ、そうでないものを廃する。そうやって効率のよさも追求していかなければいけないとは思うんですが。そして吹雪君は「やっぱりそういうの疲れるなぁ・・・同じ力をつけるなら、楽しくやりたくない?」と反論。まあ、染岡さんの主張も吹雪君の主張も正しいので、こんな議論をやっていても完全な水かけ論です。
 そして、スノボーを始める雷門イレブンですが、やはり鬼道さん(と一之瀬&土門)はモノが違う。さすが、一財閥の跡取りとアメリカでサッカーをやっていた連中だけあります。そして、一般人は尻で滑っているという始末。何と言うか、まったく防寒をしていないのですが、いいのでしょうか。転びまくったらジャージがぬれて風邪ひくと思うのですが・・・。あと、壁山につぶされたら死人が出ると思った。
 風丸の描写を見る限り、やはり「ゾーン」に入るのは難しい様子。それを見て吹雪君は、「楽しむんだよ!楽しんだら体の方からついてくるから!」と。そして、染岡さんはその様子を傍観してました。弟が「見てる暇があれば特訓すればいいのに・・・。」と言っていましたが、僕はスレに住み着いているせいか「これでこそ染岡さんwww」と思ってしまいました。
 そして、夕飯の時間ですがメニューがなんとも貧相。これも監督の指示の様子。僕はそれよりも、椅子がない事に驚きを隠せません。それにしても、いちいち食いものを口に入れて30回咬んだら、もう何食ってるか分からなくなると思うのですが。あと、校舎を夜遅くまで無断で使ってるってどうなんだろう。やはり校長の許可とか取ってんのかな。
 そして、今回バスの屋根へフラグを立てに来た談話をしに来たのは風丸。もう、バスの屋根に「キャプテンのお悩み相談室」の看板下げとけwwwここでキャプテンは、「人に変われという前に自分が変わらなきゃいけない」と、およそ中学生らしからぬ名言を残してくれました。もはや哲学者の域だと思うのですが。それに対して風丸は、「力がほしい。『神のアクア』があれば・・・!」と、ダークサイドに堕ちるフラグを立ててくれました。それにしても、久々に登場の影山。やはり2でも再登場するのかもしれません。
 翌日、前言撤回の早すぎる染岡さんと風丸、円堂がいち早くスノボーの特訓を再開。なんだかんだ言いつつ、雷門中の中で一番の努力家は染岡さんなのかもしれません。「ドラクラ」の時も、必死に1人で努力して編み出してましたからね。それはさておき、円堂が気で雪玉を破壊するという、「お前、それどこのドラゴンボ○ルだ?」と問い詰めたくなるような行動を起こしてくれました。うん、お前、格闘家に転向しろ。それにしても、「気を溜める」とか、サッカーの発言じゃありません。これがイナズマクオリティ。
 そして再び吹雪君の過去回想。なんだか、これらの描写を見る限り、死んだ(?)方の少年の方が運動神経はよかったように見えます。

 それから思ったこと。 
 ・朝食。夕食とは打って変わって和風でした。北海道はおいしいものがたくさんありますよ!機会があればぜひ旅行に来てください!!以上、宣伝でした。
 ・円堂が完全に人外だと思います。もはや、不定形の気を発射して雪を削るとか、もうこれ関係で攻撃ができるのではないかと勘繰ってしまします。
 ・監督が初めて(?)雷門イレブンを評価する言動をしていました。しかも、「想像をはるかに超えて」打てば響くと、かなりの高評価です。あとは、ちゃんと作戦を表に出してくれればいい監督だって評価も得られるんだろうけど・・・。こんなんだから、スレで「変態」とか「ショタ」扱いされるんですよ。

 そして、染岡さんが「吹雪!勝負しようぜ!!」と吹雪君に挑戦、吹雪君も「つまり・・・どちらが雷門のエースストライカーか、決めようってことかな?」とファミ通どおりの受け答えでこれを承諾。そう考えても染岡さんに勝ち目のない勝負が始まりました。
 一旦は吹雪君からボールを奪取する染岡さんでしたが、裏の吹雪君が出現。「やるじゃねーか!正直なめてたぜ。」と、何と新参から雑魚扱いされている染岡さん。まあ、裏吹雪君が異常な自信家ということもありますが。そして、なぜかフィールドにリスが現れ、リスにボールが当たることを危惧した裏吹雪君が引っ込み、表の吹雪君に戻ります。そして、その隙に染岡さんがボールを奪い、ゴール。何ということでしょう!「あの」染岡さんが勝ってしまいました。しかし、何でこんなに都合よくリスが現れたのでしょうか・・・?
 1:まったくの偶然。
 2:実は染岡さんが雇った。
 3:影山の陰謀。
さあ、どれだ!!(←果てしなくどうでもいい。
 それにしても、リスがいたことを染岡さんに伝えないあたり、吹雪君の優しさは異常だと思います。そして、染岡さんの新技の登場はいつになるのでしょうか。
 そして、とうとうジェミニストームが来襲。さらに吹雪君の二重人格の謎も解けそうで楽しみです。予告を見る限り、今回はエイリアも本気を出してくるようですし、いい勝負ができるのではないでしょうか。あと、次にレーゼが持ち出してくることわざは、「二度あることは三度ある」で、勝った場合に円堂が「三度目の正直」だ!!と言うのが目に見えるようです。来週も楽しみです。

 そうとう周回遅れになってますが、イナズマ再放送、BASARAの感想もちゃんと書きますよ!頑張っていこうと思います。
スポンサーサイト
Comment

☆ 

いつも感想お疲れ様です^^
私なんてめんどくさ時間が無くて箇条書き感想になったというのに・・・!
素で尊敬します。

ゲレンデは福岡でも使いますよ^^
一般的な言葉と思ってもらってOKだと思います。

「キャプテンのお悩み相談室」いいですねw
そのうち吹雪くんも来そうですなww

☆ 

>ゲレンデは福岡でも使いますよ^^
>一般的な言葉と思ってもらってOKだと思います。
 そうなんですか!情報ありがとうございます。
 それと、長々と感想を描いているのは要点をまとめ切れていないからです。短いほうがいいのに越したことはないんですけどね。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


戦国BASARA 7話感想 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン4話 ドラゴンが出た!! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。