--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/29 Fri  02:27
イナズマイレブン34話 衝撃!エイリア学園!! 感想

 よし、これでノルマ消化ができそうだ。こんにちは、アカンコです。今回はまともな試合だったし、次の展開を色々妄想できる回だったと思います。では、感想と参りましょう。


 先週のラストで円堂にボールを蹴ってよこされたレーゼは、「またお前たちか・・・。」と心底嫌そうな様子。まあ、2回も圧倒的な点差で倒した相手がしつこく勝負を挑んできたら、嫌でも「またか・・・。」と思うに違いありません。もう、ジェミニストームの面々はキレてもいいと思うんだ。
 「地球人の学習能力は想像以上に低いらしいな。」と言うレーゼの挑発を、塔子が「宇宙人の想像力も大したことないね。私たちがパワーアップしたとは思わないの?」と返したのに対し、レーゼは嘲笑してから言い放ちます。
レーゼ:「いいだろう。地球にはこんな言葉がある・・・『二度あることは三度ある』と!!
 ちょwww予想通りすぎてワロタwwwwwそれにしても、レーゼは日本のことを勉強しすぎです。他の連中はどうだか知らないけど・・・。それにしても蹴ったボールの軌道すら超次元だ。
 そして、何故か雪だるまを破壊し、「凍てつく北の大地を、溶かすほどの熱気!!」とか言いつつ中から出てきた実況の角馬。こいつの存在自体が超次元だ。京都なら仏像の中から、沖縄なら砂像の中から現れそうです。もう、キャラバンに乗せてやれよ・・・。さらに、全国同時中継を行なっていました。これ、全国の視聴者は何を思って見るんでしょう。「サッ・・・カー?」と思ってくれていればいいのですが、如何せん超次元世界の住人ですから、「おお、あの必殺技スゲー!!」くらいしか思ってないのかもしれません。
 そして、試合開始前に監督は吹雪君に「DFに専念し、エターナルブリザードは封印すること。」との指示を出します。一之瀬がこれに反発するも、「意見は聞いてないわ。」と聞く耳を持たない監督。せめて、視聴者には具体的な指示をしない理由を教えてほしいところです。そりゃ、結果的に正しかろうと、反感を持たれる一因にはなると思います。鬼道さんはやはり頭をフル回転させているようですが。
夏美:「この試合は、白恋中を守るためだけじゃない。 全 人 類 の 命 運 がかかった大事な一戦よ。」
 いやあ、すごいです。何がすごいって、仮にもサッカーアニメの中で「全人類の命運」という言葉が聞けるとは思ってもいませんでした。正直、こんなもので命運を決められてしまう、事情を知らない外国の人々はとばっちりもいいところだと思います。
鬼道さん:「ああ・・・。監督もそれを承知の上で吹雪をDFに起用したはずだ。・・・勝つぞ。
 相変わらずかっこいい鬼道さん。豪炎寺がいなくなったことで円堂の副官としての1人という面が強調されてきたと思います。しかし、その次のセリフで僕と弟は硬直しました。
染岡さん:「へっ。俺のシュートで勝利を決めてやる。
 えっと・・・あの・・・ちょっと待ってくださいね・・・。
(過去のシーンを思い出している。)
 ごめんなさい。悪い予感しかしないんですけど・・・。
 それはともかくとして、この話の全体の中で入院組を意識する言動があったのがよかった。彼らのことを「仲間」だと再認識させてくれるセリフですからね。今回の脚本家さんはなかなかいい仕事をしていると思います。そして、それを待ちのビルについている巨大スクリーンで見る響木前監督とサガミネーター。ギター背負ってないで小学館に行けよ!編集員(?)たちが待ってるぞ!!それにしても、響木前監督はなんでこんなところで見ているのでしょう。店にはTVくらいあるでしょうし、いざとなれば雷門中の地下基地にだって入れるはずです。もしかしたら、ラーメンの原料を買いに行く最中だったのかもしれません。
 そんな感じでキックオフ。第3者視点の実況に笑いました。雷門が負けたらお前も危ないんだぞ、角馬?
レーゼ:「本気で我々に勝てると思っているならば、愚かとしか言いようがない。」
染岡さん:「なんだとぉ!?」
鬼道さん:「言わせておけ。俺たちのサッカーで、黙らせるまで。
 挑発に乗ってしまう染岡さんを見て、「ああ、やっぱり染岡さんは染岡さんだ。」と、再確認できました。それにしても、鬼道さんはいちいち名言が多すぎます。鬼道さんに目をつけたのは間違いではありませんでした。
 最初と同じく、まったく染岡さんを止めようとしないレーゼ。それについての頓珍漢な実況にも笑いました。ちゃんと見ておけよ。レーゼ動いてないぞwwwそれでも「どうだ!」とか言ってしまう染岡さんは、最高の道化師です。結局あっさりボールを奪われる染岡さん。きっと、実況スレは賑わっていたことでしょう。それにしても、角馬ってよくジェミニストームのメンバーの名前を逐一覚えてますよね。僕はレーゼとゴルレオ、後なぜかガニメデとカロンを覚えていますが、それだけです。やはり練習の成果はあり、相手の動きに普通についていける雷門イレブン。レーゼはこれを見て、「ほう、少しはできるようになったようだな・・・。」と、死亡フラグです。みんな、吹雪君の言うように「風になれた」ようです。ところで、「ウィンタースポーツをしただけでこんなに身体能力が上がるか!!」なんて野暮なツッコミを入れる人は・・・いませんね。古参、新参の視聴者を問わず、イナズマを見ていて我々の常識で測れないことが起こったら、こう叫びましょう。「これが、イナズマクオリティ!!」
 しかし、ボールを奪うことはできても点は奪えない雷門イレブン。当然です。現在まともに使えるシュートの必殺技は、「ドラクラ」、「ツインブースト」、「ザ・フェニックス」、「エターナルブリザード」のみ。それも、宇宙人相手じゃゴールを開ける訳にもいかないので「フェニックス」は使用不可、「ドラクラ」は咬ませ、「エタブリ」は封印状態ですから、まともに使える必殺技が「ブースト」のみであり、雷門のアタッカー不足、及び豪炎寺の重要性がよく分かる事実です。まあ、それでもまともに必殺技を出せるようになっただけましなのかもしれません。弟は、「ザ・タワーやってる間に突破できるだろwww」とか言ってましたけどね。僕もそう思いますが、戦隊ものでヒーロー名乗りを上げている時に敵の怪人が攻撃をせずに傍観しているだけのように、イナズマの世界では必殺技が成功した場合はそれを受けなければならない、という約束があるのでしょう。
 そして、染岡さんの必殺技「ドラゴンクラッシュ」!しかし、やはり咬ませの代名詞の名は伊達でなく、相手の必殺技「ブラックホール」にて防がれます。ちなみに、この技はカードで先に名前が出てきていたので、描写のあり得なさ以外に笑えるところはありませんでした。ちなみに、「ゆがむ空間」が催眠術になったのも、おそらくこれが原因です。と言うかそれ以上に、明らかにボールを握り潰していると思うのですが・・・。
 そして、レーゼの動きを「アイスグランド」で止める吹雪君。さすがだぜ!早くゲームで使ってみたいです。どんな感じのキャラになるかはわかりませんが、DFにしてもFWにしても活躍が見込めそうです。というか、これを見て「くっ」とか言っている染岡さんは何なんでしょう。吹雪君が目立つくらいなら雷門が負ければいいのにとか思っているとしか思えません。
 そして、吹雪君の活躍で0-0の状態が続きます。それを見て、「最低限の学習能力は持っていたようだな。」と、レーゼはまだ余裕をかましています。なんか、以前は30点台くらいの点数を取れていた相手に前半とは言え1点も決められていない・・・厳密にはこの後1点決めるんですが、この現実を冷静に考えたら余裕なんてかましている場合ではないとは思うのですが。
 そして、レーゼの必殺技「アストロブレイク」!!ジェミニストームの必殺技はクオリティ高いのが多く、結構好きです。インパクトではペンギンの右に出る者はいませんが。とりあえず、それをセオリー通りに「タワー」、「ウォール」で勢いを殺し、「マジン」で防ぐ・・・と思いきや 「 爆 裂 パ ン チ 」 ! !
( ゜Д゜)ポカーン
 いやいや、何をやってんだ。そこは「マジン」で防げただろ。と思いましたが、アニメでは「マジン」は何度も使える技ではないんでしたね。円堂的には「止められたらラッキー」程度の気持ちで使ったのかもしれません。しかし、ここでもレーゼが「分かっただろう?人間は、我々に勝てるはずがないのだ。」とかほざいてくれます。だから、お前がまず現実を見ろと小一時間(ry
 そこで前半終了。「くっそー、あのシュート止められなかった!」、「悔しいっス!」と塔子と壁山が言っていましたが、諸悪の根源は円堂です。でもやはり、円堂は実験的な意味合いで「爆裂パンチ」を放ったことが分かります。・・・相手にこんな余裕を持たれているあたり、ジェミニストームは本当に現実を見るべきだと思います。と、ここで、鬼道さんによる「監督の考え」の解説が行われます。ちなみに、事前に春菜に「どういうこと?お兄ちゃん。」と言われているので、気合の入り方が違います。・・・鬼道さんが・・・どんどん解説役に・・・。本当、春奈の言う通り、「最初から説明してくれればいいのに」!!まあ、円堂たちは変に納得してますし、「エタブリ」解禁もしたので結果オーライか?そしてやはり、不穏な感じの染岡さん。お願いだから足だけは引っ張んないでくれ。
 そして、後半開始。その時に、ジェミニストームの1人が、「奴らは、我々の動きに適応し始めています。・・・油断はできません。」と何とも親切に、それも敬語で忠告を与えてくれるものの、当のレーゼは「人間め・・・我々に抵抗しても無意味だと、教えてやる・・・!」と、見当違い甚だしい受け答えをしていました。「人の忠告は冷静に聞こう。」という人生のアドバイスをくれるアニメ、それがイナズマ!!
 そして、吹雪君があっさりとボールを奪い、裏人格に。吹雪君の強さは、強力なブロック&シュート技があることなんですよね。これは、染岡さん、豪炎寺とも違う特徴です。・・・それ故にワンマンプレーに走ってしまう、ということでもありますが。あと、実況が「グラウンドを吹き抜ける雪風のようだぁ!!」とか言ってましたが、人はそれを吹雪と呼ぶんだよ?
 で、普通のシュートを打つも「ブラックホール」でキャッチされます。当然ですね。さらに、ガニメデの「グラビティション」により、ドリブルの時点でボールを奪取されます。まあ、これで吹雪君がドリブル技を持っていたらジェミニストーム涙目でしたね。
 で、塔子から染岡へのパスをカットし、「ゴールを奪うんだろ?俺に任せとけばいいんだよ!」と言いながらゴールへ向かう裏吹雪君。まあ、ここで染岡さんがむっとするのは正しい。ただ、問題は「フォトンフラッシュ」で吹雪君がボールを奪われた直後のセリフ。
染岡さん:「決められなかったじゃねーかよ!何考えてんだ!」
 うん、今までの試合で君がゴールを決めれなかったとき、仲間は気遣ってくれていたんだということを早く気付こうね・・・。しかし、吹雪君は「いいから見てろ。・・・本番はこれからだ。」と、何か策を考えている様子。
 そして、今回の影の主役、一之瀬。彼は敵の癖を見破るという、アニメ版詐欺師テニスプレイヤーと同じ能力を使い、相手のパスコースを読み、新しい必殺技「フレイムダンス」を編み出します。・・・あの、LEVEL5の皆さん、こいつの属性、火に変えてはくれませんかね?というか、そうじゃないと属性一致技が減りに減って、さらに使えなくなるんですよ・・・。あと、これで吹き飛ばされた相手が明らかに頭から落ちているんですが・・・大丈夫?
 そして、なぜかこれでレーゼの表情が崩壊。あの、「フレイムダンス」のどこにそんなショックを受けたのでしょう。華麗さですか?ここのセリフがよく聞き取れないのですが、おそらく「読まれただと・・・馬鹿な!?」だと思うんですよ。さんざん読まれてたじゃないですか。
 そして、再び相手の癖を読んでボールを奪った一之瀬に、「さあ、俺にシュートを打たせろぉ!」と叫ぶ吹雪君。なんと、この時点で吹雪君の作戦は始まっていました。前回のように、1人よがりのプレイをすると踏んだレーゼは、吹雪君にDFをまとめて当てさせます。しかし、それは吹雪君の予想通り。あろうことか、染岡さんにパスを出し、フリーでゴールを狙える状態にします。そして、ついに染岡さんが覚醒!!なんと、地面を突き破って飛龍が現れます。そして、ボールを天高く蹴りあげ、落下してきたボールをさらに蹴るという、強力シュート!!「ドラクラ」のドラゴンが貧弱だったせいか、この必殺技はかなり強力に見えます。そして、染岡さんが同点ゴール!!何と、再び染岡さんが輝く時代がやってきました!!そして目金君により、「ワイバーンクラッシュ」と名付けられたこの技、これからの活躍に期待です。咬ませにもなり得ますが・・・。でも、ジェミニストームからゴールを奪ったんですから、そうとうな戦力にはなるはずです。これであっさり止められたら、ジェミニストームに苦戦していた彼らの立場がありませんから。
 しかし、ここで吹雪君が一言。
吹雪君:「まだ勝ったわけじゃねぇだろう?決勝点は俺が決めてやる。
 これで若干なりとも不快感を覚える染岡さん。まずいような・・・。
 そして、ロスタイム。レーゼが、「我々が・・・失点・・・。こんな・・・ことが・・・。・・・我々エイリア学園が、ただの人間に敗れるなどあり得ない!あってはならないのだ!!」とか言ってますが、そう思うならさっさと点取っとけ。
 そして、怒りのパワーでスピードアップしたレーゼが、仲間1人とともに必殺技を発動!何と、空間を操作し宇宙を出現させる技!その名も 「 ユ ニ バ ー ス ブ ラ ス ト 」 ! ! 
 かなりかっこいいですが、「タワー」、「ウォール」、そして円堂の強い思いを含んで発動した「マジン」の3連コンボによってゴールを奪うことは敵いませんでした。正直、かなり好みの雰囲気の技なので、ゲーム版ではプレイヤーも使えるような技にしてほしいですね。そして、おそらくこれはジェミニストームの最強必殺技だったのでしょう。レーゼがかなり驚いていました。
 そして、ロスタイムもあとわずか。ボールは染岡さんの手に渡りました。レーゼは当然、再び「ワイバーンクラッシュ」が放たれるものだと思います。今までの試合を見る限りでも、染岡さんはかなり自己顕示欲の強いプレイヤーだとわかったはずですから。しかし、当の染岡さんは(この試合、絶対に勝つためには・・・。)と、吹雪君をちら見。そして、十分DFを引き寄せた後に・・・
染岡さん:「行けぇっ!吹雪ぃ!!」
吹雪君:「染岡っ!?」
 なんと、あれほど嫌っていた吹雪君にパスを。「自分の意見」よりも、「今絶対にしなければならないこと」を優先した染岡さん。今回の主役は誰が何と言おうと染岡さんです。異論は認めません。これで確実に株を上げたと思います。おかげで一之瀬が霞んでしまいます。そして。
吹雪君:「吹き荒れろ・・・!『エターナルブリザード』!!」
 やwwwりwwwすwwwぎwwwなんと、ゴルレオが凍結してしまいました。もうこれじゃあ止めたとか止めてないとかの次元じゃありません。さらに言えばシュートの域を超えています。明らかに「破壊の道具」だと思うのですが・・・。そして、染岡さんに対して一言。
吹雪君:「ナイスアシスト。」
 そりゃそうだwwwFBFの地区、全国を問わず「ドラゴン!」と叫ぶアシストで名を馳せたプレイヤーですよ?染岡さんはwww しかし、これで2人の間にも信頼関係が結ばれたことでしょう。
 これを持って、雷門イレブンの勝利。実況が「これで地球は救われたぁ!!」とか言ってましたが、「1回負けたら撤退する。」なんて言ってましたっけ、彼ら。そして、「こんな馬鹿な・・・我々が・・・ただの人間ごときに・・・。」とぼうぜんと立ち尽くすジェミニストームに向かって、夏美が一言言い放ちました。
夏美:「地球にはこんな言葉があるわ・・・。『三度目の正直』。
 やっぱり言いやがったwwwまあ、言う人間は円堂ではなかったんですが。確かに、円堂には「ことわざに精通している」というイメージがありませんからね。そして、十人十色の形で勝利を喜ぶ地球人。それに対し、レーゼが一言。
レーゼ:「お前たちは知らないのだ・・・本当のエイリア学園の恐ろしさを・・・。
 うん、なんだか予想通りの動きになってきたぞ?
レーゼ:「我々はセカンドランクにすぎない・・・我々の力など・・・イプシロンに比べれば・・・!!
 そう言ったとたん、フィールドに黒い煙が。そこから現れたのは・・・ イ プ シ ロ ン 。
???:「無様だな、レーゼ。」
レーゼ:「デ・・・デザーム様・・・!!
デザーム:「覚悟はできているな?・・・お前たちを、追放する。
 なんと、エイリア学園の掟では「敗北=追放」のようです。これは、某テニス漫画の王者もびっくりだ。そして、デザームが蹴ったボールが光を放つと、なんということでしょう・・・ジェミニストームが消滅してしまいました。あのような強さを誇ったジェミニストームがこんなにあっさりと退場とは・・・。1期における帝国ポジションだとは思っていましたが、まさかこんなに早く退場とは思いませんでした。そして、デザームの視点は雷門イレブンに移ります。
デザーム:「我々は、エイリア学園ファーストランクチーム、イプシロン!!地球の民たちよ。やがてエイリア学園の真の力を知るだろう。」
 そう言い残して帰っていくと、何とも王道の少年アニメでした。しかし、ここで終わらないのがイナズマイレブン。さらに一悶着あります。そこは北海道の別の場所。囚人護送車が雪道を走っていく道に雪崩を起こすよう狙い、少年がエイリア学園のボールを蹴り、囚人を解放。断言はできませんが、少年が着ていたのはなんと帝国学園のユニフォーム。ここまでくればもうお分かりでしょう。囚人の正体が。イナズマイレブンに、サッカーに深い憎しみを抱いた、1期のラスボス。帝国学園前総帥、世宇子中監督。元イナズマイレブン。
 その名も、 影 山 零 治 。 
 そう、奴は再び雷門中の前に立ちふさがるのです。そしてエイリア学園のボールを見て、かなり意味深なことを呟きます。
影山:「 あ の 御 方 が動き始めたか・・・面白くなってきたな。」
 なんと、と言うか予想通り、と言うか、影山は宇宙人とつながりがあったようです。ならば世宇子スタジアムを作れたのも納得がいきます。あんなもの、人間業では作れません。だんだんと点と点がつながり始め、面白くなって参りました。来週も楽しみです。
 さて、来週はとうとうバフンウニが登場。さらに、さっそくイプシロンが動き始め、漫遊寺中と対決するようなので本当に楽しみです。それにしても、吹雪君モテモテでしたね~。メンバーにあきれられるほどに。


おまけ:今後の予想。
円堂:「やった!イプシロンに勝ったぞ!!」
デザーム:「お前たちは知らないのだ・・・本当のエイリア学園の恐ろしさを・・・。」
???:「無様だな、デザーム。」
デザーム:「な・・・???様・・・!!」
???:「覚悟はできているな?・・・お前たちを、追放する。」
デザーム:「そんな・・・???様・・・。」
イプシロン消滅
???:「我々は、エイリア学園トップランクチーム、○○○○○!!地球の民たちよ。やがてエイリア学園の真の力を知るだろう。」

 うん、こうだ。こうに違いない。というか、OPにレーゼ、デザームのほかに姿の見えない奴が1人いますから、イプシロンがラスボスと言うことは万に一つもないと思います。ただ、その「万に一つ」があるアニメがイナズマですから、何とも言えません。サードランクが出てくる可能性もありますから。ただ、今までのより格下を出してどうする、ということになりますから、ないとは思うんですけどねぇ・・・。
 さあ・・・次は・・・再放送だ・・・!!
スポンサーサイト
Comment

☆ 

はじめましてaruaといいます。いやぁこのサイト面白いですね^^読んでてすごく笑いました^^
今週のイナイレはなかなか突っ込みどころが多かったですね。染岡、うん、今週の主役で異論はないです(笑)
それでは!

☆ 

aruaさんコメントありがとうございます。
>>このサイト面白いですね^^読んでてすごく笑いました^^
 こんなことを言ってもらえるのは、管理人冥利に尽きます><
 わけわかんないことが書いてあったり急に更新が停滞する時もあると思います。ですが、末永く見に来てくださればそれ以上うれしいことはありません。それでは。

☆ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


戦国BASARA 8話感想 ≪         HOME         ≫ KH358Days 感想 No.I ~前書き~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。