--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/07 Sun  14:50
KH358/2Days感想 No.III ~ストーリー編~

 とうとう隠しキャラ全員を出すことに成功したアカンコです。弟もシナリオをクリアし、ミッションモードで遊んでみています。Daysの感想の3回目。今回はストーリーモード全体を通しての感想を書いていこうと思います。

※注意
 ここから先はゲームのネタばれが書いてある場合があります。閲覧は自己責任でお願いします。


序盤
 まず、DAY255のムービーが若干入った後に、DAY7・・・つまり、ロクサスが機関に入ってから7日目の時点からゲームスタート。しばらくはチュートリアルとして、忘却の城へ行ったメンバーがゲームの基本を教えてくれます。
 ちなみに、これ以降忘却組は出てきません。ゼクシオンのみ、何故か出てくるんですが、あのムービーの存在理由がわからない・・・。まあ僕の見方が足りないだけかもしれませんが。ちなみに、この段階では絶対に完全クリアが不可能な任務もあります。そういうのはホログラムミッションで再挑戦できます。また、アクセルが忘却の城から帰還した直後の任務、ピートの追跡は多くのプレイヤーを悩ませたと聞いています。ちなみに僕もその1人。
 いくつかの任務で完全クリアのやり方が分からず、ホログラムミッションで再挑戦したのもいい思い出・・・なわけあるか!!

中盤
 各々の思惑がだんだんと明るみに出てくる中盤ですが、序盤の後半~中盤の前半は、ロクサス、アクセル、シオンの友情が描かれているので見ている分には楽しいです。ひたすらシーソルトアイス食ってますけど。ただ、中盤の中ごろから前回紹介したような硬い・強い・うざいの3拍子が揃ったボスが出てきたりします。たしか、きちんと宝箱を開けているならば移動や回避の手段として定評があるグライドが手に入るのもこの頃のはず。グライドがなければ完全クリアの難易度が上がったり、不可能となる任務もありますので、早めに取っておいて良かったと思いました。
 さらに、中盤の後半。アクセルの人間だった当時の名前、リア(Axel→Lea+X)が出てくる、シオンが自分の秘密に気がつく中、ロクサスのみ何も知らないまま任務を遂行。デミックスのニートっぷりが唯一のお笑い要素かもしれません。だんだんと暗い雰囲気になってきて、他作品をプレイしてきてない人もこの先の展開がどう間違ってもハッピーエンドにはならないと気がつくのもこの頃。そして、だんだんと雑魚戦がうざくなるのもこの頃。

終盤
 シオンの脱走&連れ戻す任務でロクサスとアクセルの間ですれ違いが起こり、シオンの正体が機関メンバーに暴露されます。メンバーがそれぞれ特徴的な反応をしてくれますが、ここではルクソードの「お互い下位の者は辛いな・・・。」と、お前何処のうだつの上がらない中間管理職?と言いたくなる台詞で笑わせてくれます。よく考えると、IIの時点でルクソードは一番ナンバーが新しいメンバーなんですね。今の今まで気にしてきませんでしたけど。さらに後輩全員が反逆者と言う始末。
 さらに、シグバールがBbSへと繋がるような台詞を吐きつつシオンに気絶させられる事件も起こり、シオン、次いでロクサスが機関を脱走。しかも、ロクサスが脱走するときはサイクスと戦うというおまけ付き。バリニードレス。
 その後、トワイライトタウンにて、心を(心はないけど)鬼にしたシオンとの4連戦、及びシオンの消滅を経て、ロクサスは2刀流になり、さらに攻撃力が無双状態になるという謎仕様となります。そしてラスボスであるリクとの対決。はっきり言ってシオンより弱いなんてことは、ミンナニハナイショダ。しかし、勝っても闇の力を解放したリクに握り潰されるとか、かわいそうにもほどがあります。そして、DAY359だったか60だったか忘れましたが、それがIIの開始時点となります。しかし、この終わり方、何も知らない人が見たら「またあいつの夢だ・・・。」の台詞と相まって、どう考えても 夢 オ チ です、本当にありがとうございました。

総評
 結局のところ、このストーリーを見る限りではロクサスには心があった、というのが妥当かと。思いっきり涙流してますし。そして、タイトルの358/2Daysの意味の個人的解釈としては、「ソラの要素を持つ2人が共に過ごした358日間」の意味だと捉えました。むろん、異論は認めます。あと、「このゲームってどんなストーリー?」って聞かれたら、ひたすらアイス食ってる夢オチゲームと言ってあげてもいいかもしれません。

 さて、改めて見直すとあらすじ紹介になってますけど、如何なもんですかね・・・。なかなか泣けるとは思えるんですが。特に、ロクサスとシオンの最期のやりとりなんか。でも、人それぞれですからね。次回以降しばらくは、ミッションモードで使用できるキャラの使い勝手や主観を交えた紹介を行なっていきます。
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]


イナズマイレブン35話 イプシロン来襲! 感想 ≪         HOME         ≫ イナズマイレブン36話 かくされた力! 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。