--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/09 Mon  23:10
ジャンプ36、37合併号 感想

 総計来場者数50000人突破しました!
来て下さる皆様に、厚く御礼を申し上げます。
 本日サークルの飲み会に行ってきたアカンコです。まだ夏休みに入ってないのにねぇ・・・。僕はまだテストが終わっていないのであまり浮かれた気分にはなれませんでしたが、学科が異なる友人たちはすでにテストがすべて終わっているそうなので、結構はっちゃけてました。
 それでは、毎年恒例お盆に行われる合併号の感想です。


ワンピース
 さて、先週語られていた「“黒ひげ”にやられたルーキー」ってのは、ジュエリー・ボニーでした。まぁ、さすがにドレークはやられないと思ってましたけどね、能力が貴重ですから・・・。能力のしょうもなさから言えば、ボニーかアプーの二択だと思っていましたし。しかし、倒した海賊を海軍との交渉に使うのは意外でした。一応頭は働くんですね。そして、海軍側。“赤犬”の姿は隠しとけよと・・・。ブリーチやナルトと違って、霊圧やチャクラを感知されることないんだからさ・・・。あと、ドフラミンゴが交渉していた相手は、モリアに対し語っていた「センゴクより上の存在」でしょうか?まぁ、そうだろうな。
 そして麦わら海賊団の仲間では、チョッパーとサンジが登場。2人ともしばらく今の島に残り、自身の能力の研鑽に努めるようです。この展開から行くと、麦わら海賊団が再結集するのは(作品時間で)数年後、ということになるかもしれませんね。


NARUTO
 なんか・・・ナルトがどんどんチートになってないか・・・?まぁそれはひとまず置いておき、扉絵がガイさんで吹いたわwww
 さて、先週をもって亡き父母の遺志を受け継いだナルト。「父ちゃんよりかっけー男になる!!!」、「母ちゃんより強ェー忍になる!!!」という目標を立てていましたが、それよりも自来也のことを「エロ仙人」ではなく「自来也先生」と呼んでいたのに違和感。師に対して真面目に敬意を払うことにしたのかとも思いましたが、単行本では修正されてそうな気もするなぁ。もしかしたら、兄弟子である長門が「自来也先生」と呼んでいたのを踏襲したのかもしれません。その長門はカブトに呼び戻されてますが・・・。カブトが穢土転生を使ったシーン、ジャンプ掲載時には「何でカンクロウに使われてるサソリや、小南が回収したはずの長門が復活してるんだろう?」と思いましたが、よく考えたら穢土転生には復活対象の遺体はいらないんでしたね。そう考えると、マダラに対する“切り札”が気になるなぁ。マダラの弟・イズナだと思っていましたが、それくらいならマダラだって予測してそうなものだし・・・。
 さて、またもや鬼鮫さんとガイさんが邂逅しましたが、今回は尾獣の力をコントロールできる人柱力×2、木の葉の忍×3、雲隠れの忍×1と、かなり不利だと言わざるを得ません。さすがにここでは負けて死ぬだろうか・・・?しかし、鬼鮫さんはついに魚呼ばわりされなくなりましたね・・・珍虫呼ばわりとは・・・。


ブリーチ
 藍染は幻覚じゃなかったか・・・。うーん、半分真面目だったから外れたのは残念。てか、藍染が完全に“何しても無駄な敵”になっていて、次にどんな対処をしても、「ハイハイ、また効かないんですね」で済まされてしまうのが残念ですね。かと言って、最初からあまりボコボコにされるのも威厳がなくなりますし・・・。漫画家の立場だと、バランスの取り方が難しいのかもしれませんね。


黒子のバスケ
 さて、遂にウィンターカップの予選がスタート。「キセキの世代」も全員登場。赤司は顔が隠されてますが・・・。それにしても、
黄瀬:「がんばれ。」
緑間:「死ね。
のやり取りに爆笑した。緑間さんはもう成長する展開が思い浮かびませんが、僕は緑間さんを応援し続けます。
 さて、誠凛の相手は丞成高校であり、選手たちは何処と無くモブ臭が漂ってきます。・・・というか、“新生誠凛”の咬ませにしかならねぇよな・・・。と思っていると、丞成の選手が興味深いセリフを。
川瀬:「なっ・・・なんであんな奴がいやがる・・・!?」
津布久:「どうした?」
川瀬:「・・・『キセキの世代』知ってるな?」
津布久:「ああ。たりめーじゃん。」
川瀬:「中学時代・・・奴ら以外にもいたんだ。時代が違えば確実に天才と呼ばれた5人。最強の影に隠れた無冠の逸材。アイツはそのうちの一人だ・・・。どんな状況でもゴール下を支える不屈の魂。“鉄心”木吉鉄平。
なんだ・・・この「裏・キセキの世代」的な存在は・・・。この「裏・キセキ」たちは、きっと別々の中学に在籍していたのでしょうね。そのせいで“無冠”の称号を得てしまったのでしょう。しかし・・・本当に丞成の咬ませ臭がすごい。まぁ、そこまで重要な試合じゃないけどさ・・・。


 あぁ・・・テスト代わりのレポートが面倒くさい・・・。半分読書感想文みたいなものだけどさ。なんだか全体的にやる気が出ません。何ヶ月かのサイクルでこういう時期が回ってくるんですよね。こういうときは、無理をしないことが一番だと分かっているのですが・・・さすがに単位がかかってるとなると無理もしなきゃならんわな。

2010/08/02 Mon  21:32
ジャンプ35号感想

 すげぇ久々のジャンプ感想だよ!!本日無機化学のテスト+自動車学校の実技のコンボを食らって相変わらず疲れているアカンコです。いや、無機化学はすげぇ楽だったんですけどね。「ハロゲンとは何族元素のことか?」という問題を見たときは吹き出しそうになった・・・んですけど、まさか問題用紙がフルカラーだとは思わなかった。いくら私立だとは言え、学費をもっと別の方に使ってほしいです。具体的に言うと、全ての校舎にエアコン備え付けろ。中途半端に備え付けてんじゃねぇよ!校舎移動したらエアコン効いてたり効いてなかったりで環境の変化が面倒なんだよ!!
 そして、僕は産まれて初めて自動車を運転したんですが・・・何これ怖い。教習所が狭いってのもあるんでしょうけど、40km/h 出しただけですごく怖いです。
 それではジャンプ感想です。


ワンピース
 なんか、白ひげ死んでから本当に勢力図が書きかえられているようですね。黒ひげにやられたらしい億越えルーキーって、今回描写されてなかったのはジュエリー・ボニー、スクラッチメン・アプー、X・ドレークかな?この中でやられるとすると・・・うん、どいつもやられそうだ。
 そんでもって、0巻で名前だけ出てきたコング総帥が登場。もともとは元帥でしたので、昇進したんでしょうね。そして、彼に退職を申し出るセンゴク元帥。彼らの談によれば、ガープも職を辞した様子。まぁ彼らの言うとおり、彼らの全盛期に暴れた海賊たち、即ちロジャーやレイリー、シキ、白ひげなどは軒並み引退や死亡していますからね。彼らも退き時なのでしょう。
 さてさて、覇気を覚えてしまったコビーは置いておき、今週号でようやくルフィがやったことが明らかになります。それは、基本的には今回の戦争で亡くなった者を弔うことでしたが、そうであれば2回鳴らせば十分である鐘を16回も鳴らしたとのこと。これを海軍は挑戦と受け取ったようですが、どうもこれはルフィから仲間たちへのメッセージである様子。これがいったい何を意味するのか僕には分かりませんでしたが、麦わらの一味(ゾロ除く)には簡単に分かったようです。なんだろう・・・シャボンディ諸島の16番グローブに集まれ、とかそんな簡単なもんじゃないでしょうし・・・。まぁ、このページのフランキーとブルックのシュールさに気を取られて何も考えていませんでしたが。ところで、ルフィの腕に入れ墨のようなものが見えますが・・・?
 さて、ついでと言ってはなんですが億越えルーキーたちについて書きましょうか。ユースタス・キッドはルフィに敵対心を燃やし、カポネ・ベッジは空の何かに吸い込まれます。これは・・・シキ・・・?それとも黒ひげでしょうか?吸引と言えば黒ひげだよなぁ。バジル・ホーキンスは茶ひげ(笑)さんを殺ってしまい、ウルージは死亡フラグを立てていました。何か・・・億越えの方々が“新世界”の噛ませになりそうで怖いぜ・・・。


NARUTO
 さて、今回で回想も終わり。ワンピースと違って、回想がやたらと面白かったです。ま、どちらがいいかと言えば本編が面白い方がいいですが、願わくば両方面白くしてほしいです。しかし・・・この話は「つまり・・・どういうことだってばよ・・・?」、「サスケェ・・・」のNARUTOだったのだろうか?


ブリーチ
 ギン曰く“神殺槍”は13kmも伸びなければ音速の50倍で伸びることもないそうです。うーん・・・中二病全開で面白い設定だったんだけどなぁ・・・。ただまぁ、ぶっちゃけそんなに早く伸びる必要も、長く伸びる必要もないからなぁ・・・。それにしても、藍染を騙していたということは、護廷十三隊の連中も騙してたことになりますが、“長く、速く伸びる”程度の能力で隊長になれるってすげぇなぁ。
 さて、真の力が明らかになった“神殺槍”によって、胸から左肩が消滅してしまった藍染。もともとギンは藍染を殺すつもりだったそうですが、その理由は後々語られるのでしょうか?まぁ、1つだけ確実に言えることは、来週には藍染が「それは幻だ」と言って復活することだけです。


ぬらりひょんの孫
 さすがに総大将は生きてましたか・・・少し安心しました。しかし、魔王の小槌を動けなくさせた技はなんだったのだろうか。そして、ぬらりひょんの子・奴良鯉伴を殺めた道具も魔王の小槌であることが明らかになります。魔王の小槌を本来所有していると思われる山ン本の考えは一体何なのでしょうか?
 さて、現代のぬらりひょん・リクオは、数多の妖怪を率いて弐條城に侵入。何か400年前に出てきた凱朗汰にそっくりなガイタロウとガイジロウが登場しますが、瞬殺。瞬殺され具合も400年前のそっくりさんにそっくりです。しかしそこに、400年前リクオの曾祖父に当たる人物と、花開院家の陰陽師を大量に殺害した2人組の妖怪が登場。さすがに髪は白くなり老けていますが、それ以外は全く変わっていません。そしてようやく2人の名前が明かされますが、口の大きい方が鬼一口、小柄なほうがさとり。・・・うん、さとりがいるんじゃ負けてもしょうがないね・・・。僕にとっては、さとりと言えばうしとらのさとりです。あの話は良かった。


黒子のバスケ
 「キセキの世代」も案外人間的な弱点があるんですね・・・。てか、どう考えても緑間は能力の使いすぎだと思うのですが。腕にしか負担がかからないのだろうか・・・?まぁ、直接ゴールにボールを叩き込むよりは負担少なそうだけど・・・。でも、バスケットボールをあんだけ高く放り投げるなんて、やっぱり負担がかかりまくりますよね。
 そしてラストで黒子が見せた「見えないドリブル」。まだ完成してないらしいですが、完成したらある程度の説明はなされるのでしょうか?まぁ、説明されても常人には実現不可能なものだろうけどな!!


 今回のトリコは面白かったけどそこまで語ることもなかったので省略!!そして、今回笑ったのがべるぜバブとリボーン。べるぜバブは完全に超次元喧嘩から超次元バレーの域に入っていて爆笑しました。相手方の主将も「1セット目くらいは普通のバレーをしようと思っていた」発言してますし。完全に超次元バレーに入る体勢です。そしてリボーンですが・・・あっさり復活しすぎで笑ったわwwwそもそも先週都合よくボンゴレリング直せるじじいが現れただけでも吹いたってのにwwwww

2010/06/22 Tue  21:07
ジャンプ29号感想

 遊戯王GXの4巻を入手しましたー。これで「E・HERO アブソルートZero」が手に入ったぜ。正直言えば「E・HERO ガイア」も欲しいけど、これは我慢するしかないなぁ。カードショップ行っても見たことないし。
 それではジャンプ感想です。追記から衣無地さんからのバトンです。


NARUTO
 なんか全体的に白い印象を受けたのは僕だけでしょうか?まぁともかくナルトは九尾の力の一部を己のモノとして使えるようになったようです。これって「九尾化」を己の意思でコントロールできるようになったと考えていいのでしょうか?
 さて、ラストに「クシナは先代の九尾の人柱力であった」ことが明かされます。しかし、ミナト、クシナが健在だった時を自来也の回想ではクシナの顔には何もついていなかった気もしますが・・・?九尾がクシナのことを嫌悪しているような態度をとっていることを見ると、クシナは尾獣の力を完全に封印する力でもあったのかもしれませんね。


ブリーチ
僕:「こいつら誰だっけ?」
友人:「一護の同級生。」
僕:「前からいたっけ?」
友人:「いなかったかもしれない。


トリコ
 今回はギャグなノリでしたね。つーかあの家きちんと建築業者に依頼してたのか・・・。何でもグルメ付けりゃいいってもんじゃないぞ・・・。テリーがかなり巨大化してましたし、ココ、マンサム、リンがものすごく久々に登場していましたが、十夢の存在を覚えている人がどれほどいただろうか。僕も一瞬「こいつ誰だったかな・・・?」と一瞬考え込みました。実は最後に登場したのは「BBコーン編」の最初のほうです。意外と最近ですね・・・と書こうと思いましたが、よく考えたらそのあとあほみたいに長い「センチュリースープ編」があったんですね。
 さて、ラストにはユーが持ち帰った「センチュリースープ」をアルファロが「ボス」に献上するシーンが。「ボス」の正体は劇中の主要人物にはよく知られているようですが、読者にはよく分からない人物です。どれだけ人外な人物なのか、期待して待ちたいと思います。


黒子のバスケ
 何の関係もないようなギャグ話を挟めるようになったということは、この漫画にもそれなりの余裕が生まれたということなのでしょうか?
 さて、こちらのギャグ回は次回に繋がるような話は一切なし。僕にとってはギャグの感想を書くほど苦手なことはないので省略させていただきますが、黒子の顔のアップを見るたびに画力の上がり具合が半端じゃないと思います。


ぬらりひょんの孫
 今回、ページに対して内容が少なかった気がするのですが・・・。しかし、リクオは仲間の協力を得られないような状態に追い込まれましたね。これでも「鬼纏」は使用できるのか・・・気になるところです。


 上にも書きましたが、追記で衣無地さんからのバトンです。

2010/06/15 Tue  22:04
ジャンプ28号感想

 なんかしばらく前から咳が出て、全然抜けないアカンコです。回数はそんなに多くないんですけど、1回出たらしばらく止まらないのがきつい。呼吸困難に陥りますから。
 それではジャンプ感想です。


ブリーチ
 何か時間と空間が断絶されているからそこで特訓をするって、要するに「精神と時の部屋」みたいなものだと考えていいのでしょうか?ある意味反則だと思うのですが、まぁオサレだからいいか。


NARUTO
 ミナトはクシナのチャクラがナルトの封印関連で役に立つと踏んだようですけど、クシナの変わったチャクラってのが何なのか気になりますね。他国が欲しがるってことは、尾獣を確実に封じられるとかそんなものでしょうか?ともかく、これでナルトはもう一度九尾からチャクラを取り出すのに挑戦することになるのでしょうか?


トリコ
 先週の僕の懸念も杞憂に終わったようで、トリコのフルコースのうち3つが埋まることになりました。まぁ主食をGODに決めていますから事実上4つでしょうか?ということはずっと空っぽだったフルコースが小松と会ってからあっという間に半分が埋まったってことか。
 さて、今回愛丸のアップが出てきましたが、普通に若い人ですね。まぁ、トリコが愛称で呼んでいましたからそこまで歳は離れていないと思っていましたが。しかし、説明されていたとは言えわざわざ病原菌を食う意味が分からないwww
 もう1つ、サニーが「センチュリースープ」を飲みに来なかったのは与作に稽古をつけてもらっていたからみたいです。サニーの実力でもグルメ界に進出できないということは、クロマドはどれだけ強いのでしょうか?それ以前に、ほぼあらゆる攻撃を跳ね返す力を持っているサニーに勝つとは、与作も十分化け物クラスです。こいつもグルメ細胞を持っているのでしょうか?ともかく、‘アース’はグルメ界にあるということが分かったわけですが、美食會も情報を持っていてもおかしくないですよね。まぁ副料理長1人に支部長2人がやられるという失態を起こしたばかりですから、しばらくは静かに・・・してるよな?さすがにあの人たちも。


黒子のバスケ
 海常と桐皇の試合は110対98で桐皇の勝利。今回はあまり語ることはありません。
 数少ない語ることの1つ目は、青峰にはもう一段階上の実力があるということ。今吉は一度見たことがあるようですが。
今吉:「青峰はまだ底は見せてへん。前に一度だけ見せてもろたんや。アイツにはまだ、もう一つ上がある。まあ、ゆうてもあれはいつでもはできん。今回はやらなかった半分できなかった半分ってとこやろ。強いて心底心配したとすれば、青峰の中に残っとった甘さ・・・ってとこやな。」
ということで、「やらなかった半分」、「できなかった半分」、「甘さ」ということから考えると、「相手を潰すことをも厭わないスーパーパワープレー」でしょうか?

「やらなかった半分」・「甘さ」→黄瀬に対する仲間の情が残っていた。
「できなかった半分」→既にファール数が4つで、あと1つ取ったら退場だった。

まぁ、あくまで予想ですけどね。
 そしてもう1つが、新たなる帝光出身者と思われる存在。
??:「あーいた!!ったく・・・いっつもすぐ迷子になるんじゃねーよ!紫原!!
これに対し黒子が急いで振り返ったり、「挨拶し損ねた」と言っているということは、最後の「キセキ」は紫原なのでしょうか?可能性としては「キセキ」ではない帝光出身者というのもありますけどね・・・。


ぬらりひょんの孫
 今回は氷麗の力を借りて「業」を使用したリクオでしたが・・・発動する前のやり取りがセクハラにしか見えんwwwと友人と話していました。で、この「業」については牛鬼さん曰く
牛鬼:「御業とは――二代目の使った人と妖の血が成せる技。百鬼をまとう業―――それは共に信じ合う者だけを背負い、その畏をおのれの体にまとわせる奥義。折り重なる畏は何倍もの力となる。かつて百鬼はそれをこう呼んだ。百鬼の主の御業、“鬼纏”と―!!」
まぁ長ったらしいですが、要するに仲間の力を増幅しつつ自分の能力として使用できる能力みたいです。これで土蜘蛛の腕を1本粉砕したリクオ。まぁ氷麗は氷雪系の、鴆は毒の性を持っているから分かりやすいですが、これで首無や牛鬼とかの鬼纏を使ったらどうなるか・・・予測もつきませんね。


 最近遊戯王の「E・HERO アブソルートZero」が欲しくて何軒かの本屋をはしごしているのですが、「ライオウ」が付属している2巻と合わせて全く売っていませんね。正直、現在連載中の作品の既刊くらいは常に置いてほしいと思います。欲しいと思っても売ってないんだもん。そりゃ、Amazonとかに客を取られてもしょうがないよなぁ。

2010/06/08 Tue  20:47
ジャンプ27号感想

 新内閣が組閣されましたね。こんにちは、アカンコです。まぁ、我が家の話題はもっぱら「1年もつかどうか」なんですけどね・・・。口蹄疫と普天間問題を丸投げされる状態なわけで、総理大臣が変わったからと言って何とかなる問題だとは思えないんですがね。
 それでは今週もジャンプ感想。履歴書書かなきゃいけないから短いよ!


ブリーチ
 漂白藍染の中から真・藍染が出てきた時は爆笑したwwwしかも若干髪が長くなったり白眼が黒くなったりしてイケメン度と厨二度が上がってるのが何とも言えないwww


ぬらりひょんの孫
 前回「業」を覚えて土蜘蛛の元に向かったリクオでしたが、今週の描写はもっぱら土蜘蛛と鏖地蔵でした。土蜘蛛は自分の欲望のためには何でもするんですね。リクオと戦いたいからって氷麗を生かしておく必要があるのでしょうか?むしろ殺しておいた方が怒りの力でリクオがパワーアップしそうなんですが・・・。まぁ、そんな救いのない展開やってほしいかと言えばそんなはずはないのですけどね。
 一方の鏖地蔵。羽衣狐が鵺を産んだ後に食わせる生き胆の選別作業を行っていたようですがそこに次々と部下からの知らせが・・・。
部下A:「鏖地蔵様・・・。一刻程前・・・清永寺の妖が何者かによって消滅しました。」
部下B:「申し上げます・・・。半刻前に第四の封印西方願寺の妖東方より来たる何者かにより消滅。さらに何者かは西へさらに北へ進行中とのこと。」
部下C:「申し・・・上げます。たった今第三の封印鹿金寺の妖が消滅・・・。何者かはより大きなかたまりとなり・・・」
ここらへん、もはや新たなギャグにしか見えません。まぁこの「何者か」は当然リクオなわけですが、ご丁寧に第五~第三の封印にいる妖怪たちを皆殺し、もしくは配下にして侵攻しているようです。
 そして、龍の姿をした部下Cが報告に到着したころ、リクオは第二の封印・相剋寺に到着。ぬらりひょんの力を使ったのか、氷麗の保護に成功します。
土蜘蛛:「ふん、ぬらりくらりと邪魔くせぇ。あとかたもなく・・・つぶしてやるぜ。
リクオ:「よぉ土蜘蛛・・・今度こそてめーをたたっ斬る!
というわけで次回、リクオvs土蜘蛛みたいですが、リクオの背後にいる妖怪たちは明らかに奴良組の連中ではないように見えるのですが・・・やはり現地で仲間にしたのか?


黒子のバスケ
 黄瀬のバスケ、最終回です。ついに青峰と黄瀬の、時間的に最後の1対1。同じ技を使い、ほぼ同じ身体能力を持つ相手に読み合いは不毛と考えた青峰。今までにない集中力で黄瀬を止めようとします。黄瀬はその裏をかいて笠松にパスをしようとしますが、青峰は見事にそれを阻止。しかし、なぜ青峰は黄瀬が笠松にパスを出そうとしていることに気付いたのか?黄瀬はフェイクに見せかけて笠松にアイコンタクトを送っていましたが、そもそも青峰は自分の力に絶対の自信を持っていますから、味方にパスなどはしません。
青峰:「パスは一見意表をついた選択だが、逆に言えばオレの動きにない一番予測され易い選択だ。オレのバスケは、仲間を頼るようにはできてねぇ。
というわけで海常は決定的なチャンスで痛恨の無得点という結果になってしまいます。それでも黄瀬以外のメンバーは食い下がりますが、黄瀬は糸が切れてしまったのかどうにも動いていないように見えます。試合終了寸前、青峰が「敗因は最後の最後に仲間を頼ったお前の弱さだ」と評しますが、黄瀬本人は
黄瀬:(オレだけじゃここまでやれなかったし、オレだけじゃとっくに試合を投げてる。だから負けるだけならまだしも、オレだけ諦めるわけにはいかねーんスわ。敗因があるとしたらただ、まだ力が足りなかっただけっス。」
青峰:「フン、あたり前なこと言ってんじゃねーよ。」
というわけで桐皇が勝利しました。が、別に「コピーはオリジナルに勝てない」と言う展開も無かったし(結果を見ればそうでしたが)、黄瀬の故障も青峰の退場もなく、たんに黄瀬の力不足という展開で試合は終了しました。しかし、序盤で咬ませになりかけた黄瀬の復活には十分な試合展開でしたし、青峰の立場も保てたので良い展開だったのではないかと思います。そして、黒子の影の薄さが再確認てきました。単に登場してないだけですが。


トリコ
 というわけで「センチュリースープ」完成と同時にトリコの腕も再生。しかし、本当に最後の具材は「ウォールペンギンの涎」だったんですね。まぁそれなりの理由が提示されていたのでそこは良かったと思いますが。
 さて、「センチュリースープ」がトリコの「スープ」の候補になると言う展開は予想どおりなのですが、それよりも問題はG7のパッチが「小松にボディーガードをつけた方がいい」と進言しているのは納得できました。「センチュリースープ」を人工的に作り出したシェフともなれば、美食會がその腕を買って仲間に引き入れようとする恐れがあります。そもそもスタージュン様が「いつか美食會のために働けるようさらに腕を磨け」みたいなことを言っていたので、フラグもばっちりです。少なくとも小松の地位はさらに上がると見ていいでしょう。ただ現在は、「センチュリースープ」が本当にトリコの「スープ」の欄に入るのかが気になります。入るんだったら今週中に入れさせても良かった気がしますが・・・?


 相変わらずバイト探し中。悉く落とされるのはなぜだ(´・ω・`)まぁやっぱりこれは頑張っていろんなところに申し込んでみるしかないのか・・・。何でもいいから職が欲しいです。「イナズマ3」を買ったら財布がさびしいことになりそうです。

Back ≪         HOME         ≫ Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。